特集 PR

秘宝じゃなくて至宝になった、Turntable Filmsの大きな一歩

秘宝じゃなくて至宝になった、Turntable Filmsの大きな一歩

Turntable Films『Small Town Talk』
インタビュー・テキスト
渡辺裕也
撮影:永峰拓也

誰かの書いた日本語詞にめちゃくちゃ感銘を受けたっていう経験が、多分ないんです。

―サンドロ・ペリにミックスを頼んだ理由には、日本語詞との関連もあったわけですね。そうなると、当然気になるのは「なぜ今回は日本語詞なのか」ということなんですが。

井上:はい。今まで自分が英語詞で歌ってきた理由はすごく単純で、自分の書いたメロディーに日本語を乗せるのが無理だったからなんです。つまり、いちばん大事なのはメロディーなんですよ。そこで自分のメロディーに合う言葉を選んでいったら、結果としてそれが英語になったというか。

―自分の書いたメロディーにうまく乗るのであれば、日本語でもかまわなかったということ?

井上:自分にそれを作る力があるなら、もちろんそれでもよかったと思います。だから、日本語詞を書くってことは、自分のなかでいつか挑戦したいことのひとつではあったんですよね。そこで、今までICレコーダーやiPhoneに録りためてきたメロディーのストックを、「これは日本語でいけるかも」「これは英語じゃないと無理」のふたつに分けてみたら、日本語を乗せた曲のカタチが、ちょっとだけ見えてきて。そんなときにくるりの岸田さんから「次は日本語で書いた方がええんちゃう?」みたいに言われて、これは(日本語詞に挑戦する)ちょうどええタイミングなのかな、と。きっかけとしては、そんな感じでしたね。あと、今回のアルバムに入ってる“Cello”と“Breakfast”ができたときに「これ、意外といけるかも?」みたいな自信も湧いてきて。

Turntable Films『Small Town Talk』ジャケット
Turntable Films『Small Town Talk』ジャケット

―今回の作品を聴いていて、すごく印象的だったのは、井上さんの歌い方がすごくソフトになっていることだったんですよね。恐らくこれも歌詞の変化に起因していることだと思うんですが。

井上:多分、そうなんでしょうね。とは言いつつ、「今回は優しく歌おう」みたいな意識はまったくなかったんですけど、改めて聴き返してみたら「あぁ、たしかに優しいわ」と思いました。僕が日本語で歌うと、そういう声になるんかな。ただ、歌詞の意味合いとかについては、僕はけっこう無責任に捉えているところもあって。

―というのは?

井上:よくいうじゃないですか。歌詞を聴いてたら「この曲、めちゃくちゃ俺の気持ちを歌ってるやん!」みたいに感じることがあるって。僕、それがよくわからないんですよね。誰かの書いた日本語詞にめちゃくちゃ感銘を受けたっていう経験が、多分ないんです。だからこそ、自分が日本語詞を書くことへのプレッシャーとかは特になかったし、それを聴いた人がそれをどう捉えてもかまわないというか。むしろ、自分の歌詞をどう解釈されても嬉しいんですよね。

―なるほど。あと、今回のアルバムでは音作りにおいても大きな変化を遂げていますよね。実質上、『Small Town Talk』は3名のサポートメンバーを含む6人で作った作品だと思うのですが、このバンド編成になった経緯を教えていただけますか。

井上:そもそも今回のアルバムに関しては、(正式メンバーの)3人だけで作るっていう考え方が、最初からなかったんですよ。それより、ここ数年はいろんな人と一緒にやりたかったんです。それこそ、多いときは11人編成でライブをやったときもあるし。

―2012年4月に京都の磔磔で開催されたワンマン公演のときですよね。

井上:そう。あのときは、The Bandの『The Last Waltz』(実質的な解散コンサートで、ボブ・ディランやニール・ヤング、エリック・クラプトンなど豪華なゲストミュージシャンが多数参加した)みたいなライブがやりたかったんです。でも、さすがにその編成でツアーを回るわけにもいかなくて(笑)、少しずつ人数が減っていっていくうちに、おのずと6人でバンドの土台が出来たので、「じゃあ、次のアルバムはこれでいこうかな」と。

井上陽介(Turntable Films)

―なかでも、今作は岩城一彦さんのスライドギターはかなりフィーチャーされていますね。全編でこんなにスライドギターが鳴っているポップスのアルバムって、あんまり聴いたことがないかもしれません。

井上:あははは(笑)。自分でも、(アルバム全編でスライドギターを弾かせるのが)無茶振りやってことは重々わかってました。でも、むしろそれがいい制約になると思って、「どんなことがあっても、今回はこれでがんばらなあかん」と。もしあそこで普通のギターをOKにしてたら、今頃4人くらいのロックバンドらしい編成だったのかもしれない。でも、今回はそういう、よくあるようなフォーマットに則らないものがやりたかったから。

Page 2
前へ 次へ

リリース情報

Turntable Films『Small Town Talk』(CD)
Turntable Films
『Small Town Talk』(CD)

2015年11月11日(水)発売
価格:2,300円(税込)
only in dreams / ODCP-011

1. Light Through
2. What You Find
3. Cello
4. Nostalgia
5. Modern Times
6. Slumberland
7. I Want You
8. Breakfast
9. A Swollen River
10. Into The Water

プロフィール

Turntable Films(たーんてーぶる ふぃるむず)

井上陽介(Vo&G)、谷健人(Ba)、田村夏季(Dr)が京都にて結成した3ピース・バンド。2010年2月にミニ・アルバム「Parables of Fe-Fum」でデビュー。うち2曲が京都FM”α-station”のヘヴィ・プレイに選出され大きな話題を集めると、「ボロフェスタ」「京都大作戦」「都音楽祭」といった人気フェスにも次々と出演。2012年4月にリリースされたファースト・フル・アルバム『Yellow Yesterday』で、日本のインディーロ作・シーンでの確固たる地位を獲得。翌2013年4月29日、同郷のバンド”くるり”との共同イベント「WHOLE LOVE KYOTO」を京都KBSホールにて、同年8月からは、シャムキャッツとのスプリットアナログ盤を携えての全国ツアーを敢行、共に大成功を収めた。そして2015年11月、アルバムとしては実に3年7ヶ月振りとなる2ndアルバム「Small Town Talk」を、 ASIAN KUNG-FU GENERATION後藤正文が主宰するレーベル「only in dreams」よりリリースする。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

君島大空“遠視のコントラルト”

屈折したイノセンスが爆発するような、君島大空の“遠視のコントラルト”のMV。『The Bends』の頃のRadioheadのようなギターとセンシティブに揺ぐボーカルが描き出す、ピュアでまばゆい楽曲世界にクラっとくる。松永つぐみが手がけた映像も素晴らしく、実験映像的なカットを重ね、儚く消え入りそうな繊細で美しい才能を見事に切り取っている。爆音で凝視してほしい。
(山元)

  1. あいみょんから年下の子たち&大人へ 直感と瞬間の大切さを語る 1

    あいみょんから年下の子たち&大人へ 直感と瞬間の大切さを語る

  2. NUMBER GIRLがオリジナルメンバーで再結成、向井秀徳のコメントも 2

    NUMBER GIRLがオリジナルメンバーで再結成、向井秀徳のコメントも

  3. 宮本浩次が感情を露わに車を運転する“冬の花”PV公開 監督は児玉裕一 3

    宮本浩次が感情を露わに車を運転する“冬の花”PV公開 監督は児玉裕一

  4. エロか、フェチか。外林健太と青山裕企が、女性ばかりを撮る理由 4

    エロか、フェチか。外林健太と青山裕企が、女性ばかりを撮る理由

  5. 多部未華子が猫の「にゃらん」と妄想旅 「じゃらん」新CM 5

    多部未華子が猫の「にゃらん」と妄想旅 「じゃらん」新CM

  6. 『RISING SUN ROCK FES』第1弾でナンバガ、スカパラ、King Gnuら8組 6

    『RISING SUN ROCK FES』第1弾でナンバガ、スカパラ、King Gnuら8組

  7. Eveとは何者か? MVの総再生回数2億2千万回を誇る彼の歩みを考察 7

    Eveとは何者か? MVの総再生回数2億2千万回を誇る彼の歩みを考察

  8. CHAIは世の中にPUNKを掲げる。皆がなりたい自分になれるように 8

    CHAIは世の中にPUNKを掲げる。皆がなりたい自分になれるように

  9. 椿昇がバッサリ斬る、社会とアートの関係「京都の街に革命を」 9

    椿昇がバッサリ斬る、社会とアートの関係「京都の街に革命を」

  10. ビル・エヴァンス生誕90周年 生涯辿る記録映画『タイム・リメンバード』 10

    ビル・エヴァンス生誕90周年 生涯辿る記録映画『タイム・リメンバード』