特集 PR

変幻自在に言葉を操る、ぼくのりりっくのぼうよみという名の17歳

変幻自在に言葉を操る、ぼくのりりっくのぼうよみという名の17歳

ぼくのりりっくのぼうよみ『hollow world』
インタビュー・テキスト
武田砂鉄

17歳、現役高校生ボーカリスト、ぼくのりりっくのぼうよみ。動画サイトに投稿した楽曲のポップセンス、何よりも独特の言葉のセンスが注目され、瞬く間にメジャーデビューが決まった。音楽オーディション『閃光ライオット』やFM番組『SCHOOL OF LOCK!』でその認知を広めた彼、「驚愕の才能」と騒ぎ立てる周囲をよそに、言葉に意味を持たせすぎる現代の風潮をサラリとかわしながら、パズルを組み合わせるように、言葉とメロディーを重ねていく。デビューアルバム『hollow world』、トラックメーカーが作った音源に乗せたラップが、実に滑らかに泳ぎわたっている。

実は彼、国語の全国模試で1位をとった経験がある。そして、数か月後には大学受験を控えているという。この日も、模試が終わった直後のインタビューとなった。

メイン画像撮影:神藤剛

高校3年生っていうのは、確かに売りになるんだろうなとは思います。

―今日も朝から模試だったそうですね。以前、全国模試で1位をとったことがあると、いくつかの紹介記事に出ていました。

ぼくのりりっくのぼうよみ(以下ぼくりり):もう3年くらい前ですけどね。都合よく強調されているだけです(笑)。

―大学受験まで、あと数か月ですね。このタイミングでメジャーデビューとは驚きます。悪い大人に騙されたんでしょうか(笑)。

ぼくりり:そうなんです、「今しかない!」「ここが絶好のポイントだ!」と言われました。でもまぁ、高校3年生っていうのは、確かに売りになるんだろうなとは思います。

―えっ、「売りになる」という自覚があるんですか。

ぼくりり:高校3年生とそうでないのとでは、変わるんだろうなとは思っていますね。

ぼくのりりっくのぼうよみ 撮影:神藤剛
ぼくのりりっくのぼうよみ 撮影:神藤剛

―そもそもインターネットで曲を発表するようになってからどれくらい経ちますか?

ぼくりり:もう3、4年になります。ニコニコ動画の「ニコラップ」でVACONという人を見つけ、Twitterを通じて仲良くなり、一緒にやってみないかと誘われたことがきっかけとなりました。

―オーディション『閃光ライオット』で2014年のファイナリストに選ばれたのが、注目を集めるきっかけのひとつになりましたよね。なぜ応募してみようと思われたのですか?

ぼくりり:いや、応募したのではなく、ある日突然ソニーミュージックの方からメールが来たんです。「こんにちは、あなたの歌をネットで聴きました。スタジオに来てください」と。「ん? ヤバいのか、この人?」と疑いながら歌いに出かけました(笑)。その1か月後くらいに、「閃光ライオットに応募しておいたから。今度、2次審査があるから来てください」と、そんな感じで、トントン拍子でファイナルまで勝ち残ったんです。

―モデルやアイドルが「お姉ちゃんが勝手に応募しちゃったんですよー」って弁解しているような感じですね。それって、本当に目指している方からすると、反感を買うパターンです(笑)。

ぼくりり:そうなんです。でも本当に、積極的に何かをやっていたということでもないので……。

―今、音楽評論家の方々が「ぼくりりはくるぞ」と高く評価していたり、「驚愕の17歳」というキャッチコピーがつけられたりしていますが、そういう期待をどのように受け止めてますか?

ぼくりり:いや、どうなんだろうと。期待してくれるのはもちろん嬉しいですけど、それでコケたら、そう言ってる人たちはどうなるのだろうというか……。

―手のひらを返したように言い始めるんじゃないかと。

ぼくりり:そうそう。「ダメだと思ってたんだよ」とか言い始めるのかなって。そうなるとちょっと面白いなと思ってます。

風景が具体的に浮かぶような言葉の描写に、なんとなく「ダサい」という感覚があるんです。

―歌詞を読むと、この言葉はどのようにして選ばれたのだろうかと、いくつも探りを入れたくなります。ご自身のなかにどういった言葉の源泉があって、紡ぐ言葉を自分のものにしているのか、とても興味深いです。

ぼくりり:本はめちゃくちゃ読みますね。自分のなかに枠組みがあって、その枠のなかに入っている言葉から選んで歌詞を書いてみようという感じです。今回の作品の歌詞もおおよそそのように作られています。あるいは、印象的なフレーズがひとつ浮かび、そこから膨らませるように作ることもあります。

―自分の枠組みのなかに、常時新しい言葉を投入していき、その枠組みから、曲にふさわしい言葉だけをチョイスしていくような感覚なのでしょうか。それとも、自分の意思にかかわらず、枠のなかに入ってきた言葉をランダムに接続していく感覚ですか。

ぼくりり:後者だと思います。僕の歌詞は、「それっぽい」言葉を接続していくことが多いんですね。逆に言うと、「山手線」だとか、「コーヒー」だとか、固有名詞は少ないです。

―確かに、場面が固定されたり、風景が具体的に浮かぶような言葉の描写をされないですよね。

ぼくりり:そういう描写は、なんとなく「ダサい」という感覚があるんです。当初は自分の感覚を信じて入れないようにしていたんですけど、今ではとにかく意識的に、それらの言葉を入れないようにしています。限定されてしまうのが嫌なんですね。「新宿の」って書くと、新宿で起きた話だと限定されてしまう。とにかく具体的にしたくないんです。

―何かを主張して、リスナーに共感してもらいたいのであれば、情景を描いたり、気持ちをストレートに伝えたりしますよね。今、流行りの音楽は何かと共感を求めてくる傾向にありますが、そんなことを目指したくはなかった、ということなのでしょうか。

ぼくりり:はい。僕が曲を作り始めた当初、J-POPの歌詞に使われがちな言葉について、例えば「翼広げすぎ問題」というように茶化されている時期でした。今は、あえてそういう言葉を使う意味も分かってきましたけど、当初はその反動もあって、わざわざ難しい言葉を使いたがってましたね。これはこれで中2病的でしたが。

Page 1
次へ

リリース情報

ぼくのりりっくのぼうよみ『hollow world』
ぼくのりりっくのぼうよみ
『hollow world』(CD)

2015年12月16日(水)発売
価格:2,160円(税込)
VICL-64487

1. Black Bird
2. パッチワーク
3. A prisoner in the glasses
4. Collapse
5. CITI
6. sub/objective
7. Venus
8. Pierrot
9. Sunrise(re-build)

プロフィール

ぼくのりりっくのぼうよみ
ぼくのりりっくのぼうよみ

横浜在住の高校3年生、17歳。早くより「ぼくのりりっくのぼうよみ」、「紫外線」の名前で動画サイト等に投稿を開始。高校2年生だった昨年、10代向けでは日本最大級のオーディションである『閃光ライオット』に応募、ファイナリストに選ばれる。TOKYO FM『SCHOOL OF LOCK!』で、その類まれなる才能を高く評価されたことで一躍脚光を浴びた。これまで電波少女のハシシが主催するidler records から4曲入りEP『Parrot’s Paranoia』を発表している。他のトラックメーカーが作った音源にリリックとメロディーを乗せていくラップのスタイルをベースとしつつ、その卓越した言語力に裏打ちされたリリック、唯一無二の素晴らしい歌声、高校生というのが信じられない程のラッパー/ヴォーカリストとしての表現力が武器。

関連チケット情報

2017年7月22日(土)〜7月23日(日)
NUMBER SHOT 2017
会場:海の中道海浜公園 野外劇場(福岡県)
2017年8月5日(土)〜8月6日(日)
WEST GIGANTIC CITYLAND’17
会場:舞洲スポーツアイランド(大阪府)
2017年8月11日(金)〜8月12日(土)
RISING SUN ROCK FESTIVAL 2017 in EZO
会場:石狩湾新港樽川ふ頭横野外特設ステージ(北海道)
2017年10月8日(日)
ぼくのりりっくのぼうよみ
会場:日比谷野外大音楽堂(東京都)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Radiohead“Man Of War”

Radioheadの未発表曲“Man Of War”のPVが公開。この曲は本日発売の『OK Computer』20周年記念盤に収められる3曲の未発表曲のうちの1曲。昼と夜に同じ場所を歩いている男が何者かに後をつけられ、追い詰められていく様を映した短編映画のような映像だ。(後藤)