特集 PR

大島渚を支えた妻・明子、別人格でも大好きだった名匠の晩年を語る

大島渚を支えた妻・明子、別人格でも大好きだった名匠の晩年を語る

『ハッピーエンドの選び方』
インタビュー・テキスト
麦倉正樹
撮影:永峰拓也

『ヴェネチア国際映画祭』で観客賞を受賞するなど、各国の映画ファンから大喝采を浴びた『ハッピーエンドの選び方』。ユーモアに包まれたイスラエル版『おくりびと』という触れ込みのもと、現在日本でも公開中の本作に、なみなみならぬ共感を抱いたという小山明子。小山は2013年に逝去した大島監督の妻であり、17年にも及ぶ長い介護生活を経て、「良き死を迎えるために、今日を一生懸命生きる」ことを強く意識するようになったという。そんな彼女に、本作を見た率直な感想、大島監督の介護生活を通じて感じたこと、さらには小山が現在提唱している「終活」の勧めについて、大いに語ってもらった。

自分のことを鏡で見て、絶句してしまったの。そこには、とんでもない老婆が写っていたから。

―小山さんは本作をご覧になって、どんな感想を持ちましたか?

小山:私たち世代にとっては、本当に身につまされる話というか、現実的に「そうよね」と納得感のあるお話でした。やっぱり、ある年代以上の人は、自分の最期をどうするのか、考えなくてはいけないわよね。私自身、2013年に大島(渚)を見送っているので、映画に出てくる夫妻の話は他人事とは思えませんでした。

『ハッピーエンドの選び方』 ©2014 PIE FILMS/2-TEAM PRODUCTIONS/PALLAS FILM/TWENTY TWENTY VISION
『ハッピーエンドの選び方』 ©2014 PIE FILMS/2-TEAM PRODUCTIONS/PALLAS FILM/TWENTY TWENTY VISION

―「パートナーが病気になったとき、それをどう受け止めるのか?」が、本作のテーマの1つであるように思いますが、1996年に大島監督が最初に脳出血で倒れたとき、小山さん自身は、どんなことを考えましたか?

小山:最初に倒れたときは、まさに青天の霹靂というか、何の心の準備もしていなかったから、それはもう、うろたえましたよ。何をどうすればいいのか、まったくわからなかった。結局、私自身がうつ病になってしまって、その後4年間、入退院を繰り返しましたから。

―今、当時のことを振り返って、何か思うことはありますか?

小山:あのとき私は、女優の仕事を辞めてでも、大島のところに……大島はイギリスのヒースロー空港で倒れたんですけど、そこにすぐ飛んで行くべきだったという後悔は、今でもありますね。そこで行かなかったという選択が、そのあとずっと私を苦しめましたから。当時は女優のお仕事もあったし、すぐに海外に飛ぶことができなかったの。普通だったら、夫の一大事に妻が駆けつけるのは、当たり前じゃないですか。だけど、私は行かなかった。それがのちのち負い目となって、私をうつ病に追い込んだ1つの原因になっていくんだけど。

小山明子
小山明子

―近しい人の大事は、その人自身の問題であるだけではなく、まわりの人々にも、何らかの選択を強いるものですよね。

小山:ただ、こればっかりは、やっぱり準備できないことだから。がんを宣告されて余命何年ですって言われたのと違って、脳出血は突如として来るわけでしょ? この映画で描かれている認知症だってそう。あらかじめ何年後にやって来るとわかっていれば心の準備のしようもあるけれど、そうじゃないから、結局そうなったときに一生懸命考えるしかない。この映画の仲睦まじい老夫婦も、だからこそ葛藤するのよね。

―小山さんも、当時は相当ご自身を追い込まれたとのことですが、そこからどうやって回復なさったのでしょう?

小山:そうね……後悔は後悔として残ったけど、うつ病を克服するきっかけっていうのは、私の場合、見も知らぬ人の一言だったんですよ。当時は、食欲もなかったから、ものすごく痩せてしまって、ただただ大島の面倒だけをみていたんですけど、ある日、大島のリハビリについていったとき、たまたまそのリハビリ施設に来ていた女性が、私にこう話しかけてきたんです。「奥さん、あそこにいるの、大島渚よ」って。

―小山さんにですか?

小山:そう(笑)。それを聞いたとき、もう「何だ、これは」って思ってね。きっと、どっかのおばさんと思われたのね(笑)。でも、私は「あ、そうですか」って言うのが関の山で、「あれは夫です」とも「私、小山です」とも言えなくて。もうなんとも言えない気分だったんですよ。そのときの私は、絶句するばかりで、その後、すごすごと大島の車椅子を押して家に帰ったんですけど、家に着いて自分のことを鏡で見て、また絶句してしまったの。そこには、とんでもない老婆が写っていたから。

―ああ……。

小山:白髪だらけでしわしわで、当時64歳だったのに、80歳ぐらいの老婆がそこにいたんです。今、私は80歳だけど、こんなものじゃなかったわ(笑)。もっと疲れ切った老婆が、そこにいて……そのとき、このままではダメになるって思ったの。すぐメイクをして美容院に行かなくてはと思ったし、水泳教室や料理教室、ヨガの教室にも通うようになって。それから変わったの。だから、私はその見ず知らずの人のひと言で立ち直ったのよ(笑)。

Page 1
次へ

作品情報

『ハッピーエンドの選び方』
『ハッピーエンドの選び方』

2015年11月28日(土)から全国公開中
監督・脚本:シャロン・マイモン、タル・グラニット
出演:
ゼーブ・リバシュ
レバーナ・フィンケルシュタイン
アリサ・ローゼン
イラン・ダール
ラファエル・タボール
配給:アスミック・エース

プロフィール

小山明子(こやま あきこ)

1935年、千葉県に生まれ、横浜本牧で育つ。大谷学園に在学していた20歳のとき、スカウトされて松竹に入社。55年、『ママ横をむいてて』に主演し、映画デビュー。60年、映画監督の大島渚氏と結婚し、フリーに。その後、テレビ、舞台でも活躍。96年2月に大島氏が脳出血で倒れてからは、女優を休業して、介護に専念。近年は、夫の介護のかたわら、「介護体験を語ってほしい」という声に応え、日本各地で介護に関する講演活動も行っている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像