特集 PR

翻訳の第一人者・柴田元幸が語る、映画と小説における翻訳の違い

翻訳の第一人者・柴田元幸が語る、映画と小説における翻訳の違い

『写真家ソール・ライター 急がない人生で見つけた13のこと』
インタビュー・テキスト
小林英治
撮影:中村ナリコ

自宅の椅子で新聞を読みながら「映画にされる価値なんかない。まあでも、仕方ないか……」とカメラに向かってボヤく老人。彼こそが、「20世紀におけるアメリカンフォトの主要な写真家のひとり」(『ニューヨーク・タイムズ・マガジン』)と称されるソール・ライターだ。1940年代後半からニューヨークの街を撮影したカラー写真の先駆者であり、『ハーパース・バザー』や英国版『ヴォーグ』などファッション誌で活躍しながら80年代に表舞台から姿を消した彼は、2006年に個人的なカラー作品をまとめた写真集がドイツ・シュタイデル社から出版されたことで、一躍世界の注目を集めることになる。

映画『ソール・ライター 急がない人生で見つけた13のこと』は、伝説の写真家が最晩年に若き映画監督に語った、人生哲学の言葉がぎっしり詰まったドキュメンタリー。独特の語り口を見事に訳したのは、現代アメリカ文学研究、および翻訳の第一人者である柴田元幸だ。彼に字幕翻訳を依頼したテレビマンユニオンの大野留美を交えて、話をうかがった。

文学の翻訳はいろんな要素を全部伝えようと努め、映画の翻訳は要点を伝えようとします。(柴田)

―大野さんは、なぜこの映画の字幕翻訳を柴田さんに依頼されたのでしょう? 専業以外の方にあえて依頼するというのは珍しいケースですよね。

大野:『ソール・ライター 急がない人生で見つけた13のこと』を、トーマス・リーチ監督に直接問い合わせて初めて見たときに、すごく面白いからぜひ配給したいと思ったんです。ただ、起承転結があって拍手で終わるような話ではないので、これを日本に持ってくるならとても繊細に扱わないと難しいなとも感じて。

『写真家ソール・ライター 急がない人生で見つけた13のこと』
『写真家ソール・ライター 急がない人生で見つけた13のこと』

―「繊細に扱う」とはどのような意味でしょう?

大野:とにかくソール・ライターのインタビューがベースになっているので、かなりの量の字幕を観客に読んでもらわなきゃいけない。これは大きなハードルになるだろうと初めから感じていました。あとでご覧になるとわかりますが、ソール・ライターは独特な語り口に人柄が滲み出ているような人なので、普通の字幕の考え方でやってしまうと、いろいろなものを取りこぼしてしまうんじゃないかと思ったんです。それで、言葉選びにこだわった字幕をお願いしようと、昔からポール・オースターなどの翻訳などで敬愛していた柴田さんに、お忙しいのは承知でご連絡したんです。

柴田:そんな重い責任を負ってるとは知らなかったよ(笑)。僕は大野さんにメールをいただくまで、ソール・ライターのことはまったく知らなかったんです。だけど、ネットで写真を見て、こういう写真を撮る人のドキュメンタリーだったらやってみたいとすぐに思いました。それと、以前に一度だけ、『ポール・オースター』というドキュメンタリーの字幕を半分やったことがあって、それがすごく面白かったので、またチャンスがあったら映画字幕はやりたいと思っていたんです。

―実際に映画をご覧になってみていかがでしたか?

柴田:すごく良かったですね。字幕の難しさも感じなかったというか、この人は喋るのが遅いから良かったなって(笑)。

大野:映画の字幕ってわりと短時間で作ってしまうものですが、今回はじっくり作ったほうだと思います。でも、作業としては柴田さんの普段の翻訳とはいろいろ違うところがあったのでは?

柴田:小説の翻訳の仕事だったら、テキストのプリントアウトがあって、ノートがあって、万年筆があってという感じなんですけど、今回はその代わりにパソコンがあって、画面のエクセルファイルに翻訳した日本語を入れていくという作業でした。すると、いつもとは仕事場の空気が変わるわけです。気をつけないと、つい事務的な作業になってしまいかねないスタイルなので、気合いを入れてかかりました。

―事務的な翻訳を避けるため、どのような試行錯誤があったんでしょうか?

柴田:まず、文学の翻訳がいろんな要素を全部伝えようとするのに対して、映画の翻訳は要点を伝えようとする違いがあります。もちろん字幕には字数制限があるので、捨てなければいけない部分も多いんだけど、まずは字数を考えないで一番いいと思う訳をやってみて、そこから何を減らすかを考えました。僕は小説の翻訳でも行数を合わせるために削るのは嫌いじゃないんですよ。だいたいそうやって減らしたほうが、文章が締まるからいいことが多いんです。さすがに字幕では「ここまで減らすとベストだ」という以上に減らさなきゃいけないことも多いわけだけど、ただ万遍なく訳すのではなくて、このコメントで何が一番大事なのか? を考えるのはすごく面白かったです。

―大野さんは柴田さんの字幕が上がってきていかがでしたか?

大野:英語で見ていたときには勘違いしてたところや、ソール・ライターをある程度理解してるつもりがそうではなかったと気づかされるところがありました。例えば私は、本当は彼もどこかで名声が欲しかったんじゃないかと思っていたんですけど、柴田さんは、彼の「そっとしておいてほしい」という言葉は自虐じゃなくて素で言っているんだという解釈で訳してきたり。他にも、ソール・ライターの考えの核に近づいていく訳がところどころにあって。

『写真家ソール・ライター 急がない人生で見つけた13のこと』
『写真家ソール・ライター 急がない人生で見つけた13のこと』

―ソール・ライターが話の途中で口をつぐんで、そのあと喋らなかったりしますよね。字幕でも「……」の表記が多用されています。

柴田:あれって、日本人はよくやるけど、普通の英米人はもうちょっとセンテンス完結させるよね(笑)。

大野:「……」を字幕で使うときに、気をつけないと彼が自信を持って言っていないような感じになってしまうんですけど、ソール・ライターの場合は言いよどんでるんじゃなくて、これ以上言う気がない(笑)。そのあたりのニュアンスも字幕でうまく表していただけたと思います。

Page 1
次へ

作品情報

『写真家ソール・ライター 急がない人生で見つけた13のこと』
『写真家ソール・ライター 急がない人生で見つけた13のこと』

2015年12月5日(土)からシアター・イメージフォーラムほか全国順次公開
監督・撮影:トーマス・リーチ
音楽:マーク・ラスティマイアー
配給:テレビマンユニオン

プロフィール

柴田元幸(しばた もとゆき)

1954年東京生まれ。アメリカ文学研究者、翻訳家。著書に『生半可な学者』 (講談社エッセイ賞 受賞)、『アメリカン・ナルシス』(サントリー学芸賞受賞)、『ケンブリッジ・サーカス』など。ポール・オースター、レベッカ・ブラウン、スティーブン・ミルハウザー、フィリップ・ロスなど、現代アメリカ文学を数多く翻訳し、日本の文学シーンに多大な影響を与える。訳書トマス・ピンチョン『メイスン&ディクスン』で日本翻訳文化賞を受賞。東京大学文学部 特任教授。文芸誌『MONKEY』編集人。

大野留美(おおの るみ)

株式会社テレビマンユニオン、国際購入担当。プロデューサー。ウィスコンシン州立大学大学院でメディア教育を専攻後、1996年にテレビマンユニオン入社。映画の権利購入や放送業務と並行して、2012年以降は映画の劇場公開など総合的な展開も担当している。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

突然少年“火ヲ灯ス”

教室でも放課後でも負け続けたこと、弱さ故に大事な友達も傷つけてきたことーー振り返るほど情けなさでズタズタになってきた自分達の青春を全部吐き出しながら、だからこそ今まで裏切らず側にいてくれた人を離さず抱き締めて生きていきたいのだと表明する1stアルバムが『サンキュー・マイ・フレンド・アンド・マイ・ファミリー』だ。ブッチャーズ、eastern youth、NUMBER GIRLを抱き締めて離さない号泣ファズは変わらぬまま、アルバムタイトルの通り「誰に何を歌いたいのか」に重心を置いた結果としてバンドサウンドが撚られ、歌がグッと前に出た。汗と唾を撒き散らす激情の成分はやや減ったが、あなたと友達になりたい、友達との絆を目一杯歌いたい、だからまずは自分達が素っ裸になってあなたと向き合いたいという意志がスウィートなメロディに乗って突き抜けている。「たったそれだけ」をたったひとりに伝えるためにもんどり打つ、バンドの核心がそのまま映し出されたMV。端からライブの中核を担ってきた名曲がさらに躍動している。(矢島大地)

  1. 『天空の城ラピュタ』ムスカのサングラス&パズーのゴーグル型眼鏡、商品化 1

    『天空の城ラピュタ』ムスカのサングラス&パズーのゴーグル型眼鏡、商品化

  2. ワンピース麦わらの一味が高校生に、カップヌードル新CM 楽曲はバンプ 2

    ワンピース麦わらの一味が高校生に、カップヌードル新CM 楽曲はバンプ

  3. 『ロッキン』第4弾でスピッツ、くるり、あいみょん、Juice=Juiceら51組 3

    『ロッキン』第4弾でスピッツ、くるり、あいみょん、Juice=Juiceら51組

  4. Vampire Weekendを紐解く6つの視点 オロノ、角舘健悟らが綴る 4

    Vampire Weekendを紐解く6つの視点 オロノ、角舘健悟らが綴る

  5. 椎名林檎、新AL『三毒史』収録曲“鶏と蛇と豚”PV公開 監督は児玉裕一 5

    椎名林檎、新AL『三毒史』収録曲“鶏と蛇と豚”PV公開 監督は児玉裕一

  6. 光石研&松重豊&鈴木浩介が故郷の福岡をノープランでドライブする旅番組 6

    光石研&松重豊&鈴木浩介が故郷の福岡をノープランでドライブする旅番組

  7. 『スパイダーマン』新作、トムホやゼンデイヤら4人のキャラポスター公開 7

    『スパイダーマン』新作、トムホやゼンデイヤら4人のキャラポスター公開

  8. 王舟と夏目知幸のフレンドシップ。アドバイスで心の花を咲かせ合う 8

    王舟と夏目知幸のフレンドシップ。アドバイスで心の花を咲かせ合う

  9. 福山雅治×石田ゆり子 映画『マチネの終わりに』に伊勢谷友介、桜井ユキら 9

    福山雅治×石田ゆり子 映画『マチネの終わりに』に伊勢谷友介、桜井ユキら

  10. tofubeatsが音楽を続けてきたわけ。その道を極めることの面白さ 10

    tofubeatsが音楽を続けてきたわけ。その道を極めることの面白さ