特集 PR

近田春夫を本気にさせたTeddyLoid、ディープな音楽談義

近田春夫を本気にさせたTeddyLoid、ディープな音楽談義

TeddyLoid『SILENT PLANET』
インタビュー・テキスト
黒田隆憲
撮影:永峰拓也

言葉を使って表現してきた人間として、どこかでオトシマエをつけなくちゃいけないんじゃないかという思いは、ずーっとあったんです。(近田)

―近田さんは、TeddyLoidさんとtofubeatsさんをどんなふうに見ていますか?

近田:トーフくんと直接の面識はないんだけど、二人はある意味では似ているよね。論理的な部分と勢いの部分、両方持っている。例えば、スクラッチ1つやるにしてもキッチリ譜割を合わせてくるような(笑)、音をちゃんと作り込む論理的な部分がある一方で、フロントに立ってまるでロックンローラーみたいに挑発できる部分もある。そこを二人とも両立させているよね。違うのは風味っていうのかな、一番好きな音楽は微妙に違う気がする。

―近田さんは著書『考えるヒット』の中で、それまで軽視されがちだった歌謡曲の中の「音楽性」にいち早く着目し、シーンに大きな影響を与えましたよね。個人的に印象的だったのは、女子高生のカルチャーとされてた浜崎あゆみの“M”の歌詞を、当時絶賛していたことなんですが、あれから15年経ち、tofubeatsさんをはじめとする若い世代がJ-POPからの影響を堂々と公言し、サンプリングネタとして積極的に取り込んでいるのはなんだか感慨深いものがあるんです。

近田:それもやっぱり、ヒップホップの感覚なんじゃないかな。誰も気づかなかったところから(ネタを)引っ張ってきたいしさ、「え、そんなとこから?」って驚かせたい。俺もビブラストーンをやる前、ソロでラッパーやっていたときは、日本の歌謡曲から(ネタを)抜いてたもん。純粋に「音」として面白いかどうかってところで、全てを並列に並べる感覚っていうのかな。

―それがYouTube以降、さらに加速したということなんでしょうね。ところで、tofubeatsさんは“VIBRASKOOL”についてなんて言っていました?

TeddyLoid:作業中にトーフくんから電話かかってきましたよ。「テディさん、近田さんのラップヤバ過ぎますよ」って。

近田:ほんと? それは嬉しいな。

TeddyLoid:「これは僕も本気出さなきゃダメですね」って。

近田:あははは。「ナメてんのか!」って言っておいて。

TeddyLoid:(笑)。いやでもトーフくんって、あんな熱いラップするような人間じゃないんですよ。いつもクールで。彼にあんなシャウトをさせるなんて、やっぱり近田さんのフロウはすげえなって。

近田:こちらの気迫に委縮せず、ちゃんとアンサーしてくれていたよね。しかも負けてない。自分で言うのもなんだけど、あれはいいバトルになったと思う。

左から:近田春夫、TeddyLoid

―最後に、改めて今回のコラボの感想を聞かせてください。

近田:「意外とラップ、楽しいな」って思えましたね。20年前に一度ラッパーをやめたときは、もう言うこともなくなっちゃったし、新鮮さも感じなくなっちゃって。似たようなこと繰り返していても、自分が面白くなかったんですよ。で、「言葉を考えるのが一番面倒くさい」と思ってトラックメイカーになった。でもさ、それって逃げなんじゃないか、言葉を使って表現してきた人間として、どこかでオトシマエをつけなくちゃいけないんじゃないかという思いは、ずーっとあったんです。そんなときにまず、COOLSの歌詞のオファーがあって、そのあと“VIBRASKOOL”を三人で作って。自分のキャリアの最初の部分であるロカビリーと、最後の部分であるヒップホップを再びやってみて、もう一度、言葉を使う表現に挑戦していこうかなって思えた。だからさ、また何か作るときは声かけてね(笑)。

TeddyLoid:うわー、もうメッチャ嬉しいです。今度はアルバム1枚、近田さんと作りたいですし、ロカビリーもラップもやりたい。トーフくんを誘ってライブもやりましょうよ!

近田:うん、やりたいね。やろうよ。スケジュール合えばいつでもやるから!

Page 3
前へ

リリース情報

TeddyLoid『SILENT PLANET』初回限定盤
TeddyLoid
『SILENT PLANET』初回限定盤(2CD)

2015年12月2日(水)発売
価格:3,564円(税込)
KICS-93324

[DISC1]
1. Game Changers with 中田ヤスタカ(CAPSULE)
2. Searching For You feat. 柴咲コウ
3. All You Ever Need feat. ☆Taku Takahashi(m-flo)
4. Secret feat. 池田智子 from Shiggy Jr.
5. Last Teddy Boy feat. HISASHI from GLAY
6. Break’em all feat. KOHH
7. We Are All Aliens with WRECKING CREW ORCHESTRA
8. Lion Rebels feat. JUN 4 SHOT from FIRE BALL & N∀OKI, NOBUYA & KAZUOMI from ROTTENGRAFFTY
9. VIBRASKOOL feat. 近田春夫(Professor Drugstore a.k.a. President BPM) & tofubeats
10. Above The Cloud with 小室哲哉
11. はじらい Like A Girl feat. 志磨遼平 from the dresscodes
12. Grenade feat. 佐々木彩夏 from ももいろクローバーZ
[DISC2]
1. Game Changers with 中田ヤスタカ(CAPSULE)(Extended Mix)
2. Above The Cloud with 小室哲哉(Extended Mix)
3. All You Ever Need feat. ☆Taku Takahashi(m-flo)(Extended Mix)
4. Secret feat. 池田智子 from Shiggy Jr.(Dub Mix)
5. Grenade feat. 佐々木彩夏 from ももいろクローバーZ(Ambient Mix)
6. Searching For You feat. 柴咲コウ(Ambient Mix)

TeddyLoid『SILENT PLANET』通常盤
TeddyLoid
『SILENT PLANET』通常盤(CD)

2015年12月2日(水)発売
価格:3,024円(税込)
KICS-3324

1. Game Changers with 中田ヤスタカ(CAPSULE)
2. Searching For You feat. 柴咲コウ
3. All You Ever Need feat. ☆Taku Takahashi (m-flo)
4. Secret feat. 池田智子 from Shiggy Jr.
5. Last Teddy Boy feat. HISASHI from GLAY
6. Break’em all feat. KOHH
7. We Are All Aliens with WRECKING CREW ORCHESTRA
8. Lion Rebels feat. JUN 4 SHOT from FIRE BALL & N∀OKI, NOBUYA & KAZUOMI from ROTTENGRAFFTY
9. VIBRASKOOL feat. 近田春夫 (Professor Drugstore a.k.a. President BPM) & tofubeats
10. Above The Cloud with 小室哲哉
11. はじらい Like A Girl feat. 志磨遼平 from the dresscodes
12. Grenade feat. 佐々木彩夏 from ももいろクローバーZ

プロフィール

近田春夫(ちかだ はるお)

1951年生まれ。大学在学中よりバンド活動を始める。ロックンロール、歌謡曲、CM音楽、ヒップホップ、サイトランスなどなど、そのつど好奇心のおもむくまま、作詞、作曲、編曲、ライブ活動を不定期に続け今日に至る。賞罰ナシ。著作に『気分は歌謡曲』『考えるヒット』『定本 気分は歌謡曲』『僕の読書感想文』ほか。

TeddyLoid(てでぃろいど)

弱冠18才にして、雅-MIYAVI-のDJ~サウンドプロデューサーとして13か国を巡るワールドツアーに同行後、☆Taku Takahashi(m-flo / block.fm)と共にガイナックスのアニメ作品『Panty & Stocking with Garterbelt』のOSTをプロデュース、柴咲コウ、DECO*27とスペシャルユニット、galaxias!の結成、『COUNTDOWN JAPAN 12/13』での限定コラボレーション、"初音ミク×TeddyLoid"、ももいろクローバーZの『Neo STARGATE』のサウンドプロデュース~2013年の西武ドーム大会へのゲスト出演を果たす等、クラブミュージックのみならず、J-POP~ロック、サブカルチャーのシーンを自在に行き来し、話題を提供。2015年9月にはももいろクローバーZ初の公式Remixアルバム『Re:MOMOIRO CLOVER Z』をリリースし、遂に12月、オリジナルアルバム『SILENT PLANET』をリリース。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開