特集 PR

松崎ナオ×行達也 整いすぎた時代に「完璧じゃない作品」を提案

松崎ナオ×行達也 整いすぎた時代に「完璧じゃない作品」を提案

松崎ナオ『39』
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:豊島望

今回これをやってよかったのは、「人はさほど大したことができない」というのがよくわかったこと。(松崎)

―もともと行さんは松崎さんのことをどんなふうに見ていたのでしょうか?

:EPICからデビューしたとき(1998年)は、わりとバンドサウンドで、いろんな楽器が入ってたから、すごい凝ってるという印象がありました。だからこの人は曲作りに関して、エモーショナルではなくて、テクニックの人なんだろうなと思っていて。今回の弾き語りに関しても、エモーショナルなんだけど、そんなに剥き出しの感じはしないというか、未だにテクニックの人だなって感じています。それは歌詞もそうだし。

行達也
行達也

松崎:「テクニックの人」っていいですね。

―実際には、松崎さんはご自身をテクニックの人だと思いますか?

松崎:正直、そうではないですね(笑)。だから言われて嬉しいんです。私は、デビューするまでに3~4年かかってて、ディレクターに曲作りを叩き直されたんですよ。今言ってくれた凝った感じというのは、その頃打ち込みにハマってたんですけど、初めて打ち込んだからめちゃくちゃで、それをアレンジャーさんがなんとか楽器で再現してくれたから凝って聴こえたのかなって。実際は、ホントに行き当たりばったりな感じだったんです。

:そうなんだ。

松崎:あと私、弾き語りが一切できなかったんですよ。当時はまだギターが弾けなくて、ピアノで弾き語りをやっていたんですけど、コードを弾いて歌うぐらいしかできなかった。ドラムを叩きながら曲作ってましたからね(笑)。だから、いろんなことが普通の人と逆なんです。まず曲が作れて、あとからピアノやギターを練習したっていう。

―今回ギターの弾き語りで録音しようと思ったのは、松崎さんにとって大きな決断だったのでしょうか?

松崎:弾き語りで録るのは、マネージャーが提案してくれたんですけど、ずっと避けてきたことだったので最初は反対してたんですよ。でも、ジェフ・バックリィ(アメリカ出身のシンガーソングライター)の弾き語りのCDをずっと聴いてた時期だったし、「やるか!」って。マジ修行でした、ホントに(笑)。

:辛かったの?

松崎:辛かったですよ。本堂で録ったんですけど、他のみんなは隣の部屋にいたから、信じられないくらい一人なんです。仏と対峙してる感じで、「お前は何ぞや」とか「今君ができることはその程度か?」とか……。

松崎ナオ

:仏から言われてるような気がするんだ。

松崎:そう、それでパンクしそうになっちゃって。あと、最初は上手くやろうとしちゃったんですよね。ミスがないようにとか、感情的にならないようにとか、自分で自分を追い詰めちゃったんです。でも、それだと結局上手くできなかった。今回これをやってよかったのは、「人はさほど大したことができない」っていうのがよくわかったことで、そう思うと、ライブのスタンスも変わったんですよね。何かと比べないで、今日できることをしっかり出す。前からそう思ってはいたんですけど、それがやっとホントに理解できた気がしました。

松崎ナオ『39』ジャケット
松崎ナオ『39』ジャケット

:お寺は松崎さんの曲にぴったりだと思うんですよ。松崎さんの音楽って、色即是空な感じがすごくして。

松崎:色即是空?

:観念的な話になるんだけど、見えてるものは見えてる感じがしてるだけで、実体はないという、お釈迦様の教えのこと。

松崎:ふーん……感情表現を景色に投影した歌詞を作りたいとは思ってるんですよね。「悲しい」って言わないで、どうそれを表せるかということに興味がある。その表現をどんどん変えてるだけで、言ってることは全部の曲において一緒なのかもしれない。

:たぶん、それでいいんじゃない? やっぱりテクニックの人だというのは、そういう歌詞の言葉の選び方にも表れてるんじゃないかな。

松崎:私、たぶんエモーショナルになる自分がすごく嫌いなんですよね。歌ってる人が神格化する音楽はやりたくない。エモーショナルな音楽を聴くのは好きなんですけど、そういうのにハマると、「この人の言うことは全部正しい」みたいになるじゃないですか? そうはなりたくないんです。だから、感情的に歌うんじゃなくて、隙間を作ってあげて、相手の感情に任せた方がいと思うんですよね。

諦めるというのは、別にネガティブなことではない。(行)

―歌詞に関しては、「時間が過ぎていくこと」について歌われてる曲が多いように思いました。アルバム自体は、39歳の1日を切り取った作品なわけですが、時間が過ぎていく中での1日1日であり、一瞬一瞬こそが大事だっていう、そういうメッセージを感じて。

松崎:私、歳をとっていくことにすごく興味があるんですよ。歳を重ねた女の人、特におばあさんに弱くて、話してると楽しくてしょうがないんです。なので、自分も歳を重ねていきたいと思うし、歳をとればとるほど、面白いことが増えるだろうと思っていて、実際そうだし。だから、曲の中に時間の経過がよく入ってるっていうのは、確かにそうかもしれない。

左から:松崎ナオ、行達也

:歳をとるのが怖いとは思わない?

松崎:全然。最高じゃないですか。私もうすぐ40歳なんですけど……。

―あ、明日がお誕生日なんですよね?

松崎:明日だ! キャーーーー、怖いーーーー!!!

―矛盾してる(笑)。

松崎:いや、明日だって気づいてなかったことが怖いなって(笑)。

―行さんは歳を重ねることを楽しんでいますか?

:最近はお寺に行くことしか興味がなくて、この間も時間があったから写経しに行ってたんですけど、松崎さんの歌詞と自分が寺を好きな理由は結びつくんですよね。松崎さんの歌詞がすごくいいなって思うのは、諦めの境地というか、諦めたその先を描いていて、お釈迦様の教えにもそういう側面があるんです。諦めるというのは、別にネガティブなことではないっていう。だから、歳をとるということも決してネガティブではなくて、それをどう楽しむか、どう生きようかっていうふうに考えればいいだけだと思うんですよね。

Page 2
前へ 次へ

リリース情報

松崎ナオ『39』
松崎ナオ
『39』(CD)

2015年12月9日(水)発売
価格:1,944円(税込)
CTRC-001

1. hello, goodbye
2. フォークソング
3. 美しい
4. 川べりの家
5. あけびの空
6. ひかりのこども
7. ただ残るイメージ

イベント情報

『「39」リリースツアー「サンジュウキュウノタビ」』

2016年2月10日(水)
会場:埼玉県 越谷 EASYGOINGS
出演:
松崎ナオ
マルペジオ(東京ペッパーズアコ)
雲河トオルJr.
小谷野圭
and more

2016年2月23日(火)
会場:福島県 いわき club SONIC iwaki
出演:
松崎ナオ
daisuke wanna go
三ヶ田ケイゾウ
and more

2016年2月27日(土)
会場:山形県 米沢 Dococa Coffee
出演:
松崎ナオ
豊川薫
あべあいこ(時既に遅し)
and more

2016年2月28日(日)
会場:福島県 福島 AS SOON AS
出演:
松崎ナオ
衰退羞恥心
and more

2016年2月29日(月)
会場:宮城県 仙台 LIVE HOUSE enn 3rd
出演:
松崎ナオ
中村マサトシ(THE YOUTH)
三ヶ田ケイゾウ
tiptop(舞&小泉優)

『ヨヲコヲヨ企画「松崎ナオとヨヲコヲヨ」』
2016年1月25日(月)
会場:大阪府 西成 難波屋
出演:
ヨヲコヲヨ
松崎ナオ
料金:投げ銭制

『para-dice presents「Bossa/ Nova vol.6」』
2016年1月26日(火)
会場:大阪府 扇町 para-dice
出演:
雨市
松崎ナオ
Crawl
中井大地
よりえ

『Sakurazaka ASYLUM 2016「前打上げ」』
2016年2月12日(金)
会場:沖縄県 浦添 groove
出演:
羊歯明神(遠藤ミチロウ+石塚俊明+山本久土)
松崎ナオ
大城安志(チッチ&ベター)

『Sakurazaka ASYLUM 2016』
2016年2月13日(土)、2月14日(日)
会場:沖縄県 那覇 桜坂周辺会場

『ドブロク企画「NO MORE おセンチ野郎 vol.9」』
2016年2月19日(金)
会場:東京都 新宿JAM
出演:
ドブロク
DON Matsuo Magic Mountain
松崎ナオ

『はせがわかおり企画「弾き語り一本勝負」』
2016年2月21日(日)
会場:東京都 下北沢 風知空知
出演:
はせがわかおり
松崎ナオ

『TAPESTRY』
2016年3月11日(金)
会場:北海道 札幌 スピリチュアルラウンジ
出演:
松崎ナオ
メシアと人人
ハロット
○△□
喃語
LittleHeather

プロフィール

松崎ナオ
松崎ナオ(まつざき なお)

シンガーソングライター、ロックンローラー。東京生まれ。ギター(曲によって ピアノ)弾き語り、時にはドラムス、ベースとの3ピースバンド。まっすぐに響く言葉を、たおやかな声に乗せて、よく鳴らしたギターと共に歌う。1998年デビュー、これまでに8枚のアルバムを発表。代表曲に、“川べりの家”(NHK総合『ドキュメント72時間』テーマソング)がある。愛ある音楽を目指して、勢力的に活動中!

行達也(ゆき たつや)

東京都下北沢にあるライブスペース「mona records」元店長。現在はTOWER RECORDSレーベル事業部にて、部長を務める。2012年に、自らバンド「ルルルルズ」を始動させ、ギター、キーボードを担当。2015年、脱退。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. ドラマ『ここぼく』が描いた日本社会のいま。危機感と真実の追及 1

    ドラマ『ここぼく』が描いた日本社会のいま。危機感と真実の追及

  2. 佐藤健とシム・ウンギョンが共演 サントリーウイスキー「知多」新動画 2

    佐藤健とシム・ウンギョンが共演 サントリーウイスキー「知多」新動画

  3. 記録映画『東京オリンピック2017』に七尾旅人らがコメント ポスター到着 3

    記録映画『東京オリンピック2017』に七尾旅人らがコメント ポスター到着

  4. スチャとネバヤン、同じ電波をキャッチしちゃった似た者同士 4

    スチャとネバヤン、同じ電波をキャッチしちゃった似た者同士

  5. 羊文学を形づくる「音」 6つの日本語曲を選んで3人で語り合う 5

    羊文学を形づくる「音」 6つの日本語曲を選んで3人で語り合う

  6. 坂口恭平が語る「死なないという勝ち方」。画狂老人・北斎に学ぶ 6

    坂口恭平が語る「死なないという勝ち方」。画狂老人・北斎に学ぶ

  7. ジム・ジャームッシュ特集上映ポスター&チラシ12種、大島依提亜がデザイン 7

    ジム・ジャームッシュ特集上映ポスター&チラシ12種、大島依提亜がデザイン

  8. 青春音楽映画『ショック・ドゥ・フューチャー』予告編、石野卓球らコメント 8

    青春音楽映画『ショック・ドゥ・フューチャー』予告編、石野卓球らコメント

  9. 自己不信や周囲の目にどう向き合う? 女性アスリートの6篇の物語 9

    自己不信や周囲の目にどう向き合う? 女性アスリートの6篇の物語

  10. ちゃんみなが経験した、容姿に基づく中傷と賛美 自らラップで切る 10

    ちゃんみなが経験した、容姿に基づく中傷と賛美 自らラップで切る