特集 PR

METAFIVEインタビュー 幸宏、小山田らの比類なき最高峰バンド

METAFIVEインタビュー 幸宏、小山田らの比類なき最高峰バンド

METAFIVE『META』
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:森山将人

TEIくんは「トレンドなんかどうでもいいんじゃない?」って言ってたよね。(高橋)

―アルバムとしての明確なコンセプトはなかったとのことですが、結果的に完成したアルバムは非常に現代的で、時代性を内包した作品になっているように思います。

高橋:それは絶対あるはずです。大げさに言えば、宗教観から人生観からすべて、個人のイデオロギーは全然違うだろうけど、でもみんなのやり取りを見てると、明らかに時代との関わりを意識してるのはわかります。「時代に合わせる」ということではなくてね。それはTEIくんと話しててもそう思うし、LEOくんはLEOくんで考えてるから、ああいう詞が出てくるんだと思うし。

―“Don't Move”では「トレンドに乗っかるな」ということが歌われていますね。

LEO:書いていくうちに、そこにたどり着きました。トレンドに媚びずに、構えていようというか。

左から:高橋幸宏、LEO今井、ゴンドウトモヒコ

高橋:TEIくんは「トレンドなんかどうでもいいんじゃない?」って言ってたよね。

TEI:ここ2年くらい、DJとしての営業を減らしてるんですよ。今EDMが営業としては稼ぎやすいので、多くのDJがEDMをかけるけど、僕はEDMをかけたくないから。そういうマインドも影響してるかも。

LEO:最初は小山田さんのトラックが動き回ってたから、“Don't Move”ってつけると逆説的で面白いっていうアイデアだったんですけど、TEIさんと話をしてるうちにそこからアイデアが広がって、今みたいな形になったんです。

TEI:(音楽)ジャーナリストの方は自分が好きじゃないのも含めていろいろ聴いてらっしゃると思うんですけど、僕は最近好きじゃないのは聴かなくていいやと思ってきていて。

高橋:聴いていて、2曲もたないアルバムもありますからね。でも、それを悪い音楽だとは決して言えなくて、それは好き嫌いでしかない。でも、このメンバーに関しては、作ってもらった曲とか、ダビングした音に関して、「これ違うんじゃない?」っていうのが一個もなかった。

TEI:世の中で何が流行ってるのかわからなくなってきてるし、もはやわかりたくもないと思ってるんだけど、たぶんそんなにピントは外れてないんじゃないかな。日本とか世界とか関係なく、きっと新しい音になってると思う。

砂原:トレンドを気にするっていうことが、今っぽくないのかもしれないですね。そこを吹っ切ってやるのが今っぽいのかもしれなくて、結果的に、今回の作品はそういうものになったと思います。若い子がどういうことをやってるのかリサーチしたわけじゃないし、そこも自然でよくて、その方が僕には今っぽく見える。

―小山田さんはいかがですか?

小山田:うーん……何も考えてないです(笑)。

砂原:そう、意識しないのがよかったんだと思いますね。

ゴンドウ:僕もそこは昔からずっとニュートラルな感じです。ただ、ずっと聴いてたアーティストが最近出したアルバムとかを聴いて、新しいことをやってたら、自分も新しいことをやろうとかは思います。世の中とのリンクは気にしないですけど。

高橋:好きなものは好きで置いておけばいいんですよ。ただ、昔はそういうのを聴くと、「こういうのをやりたい」と思ったけど、今はもうそうじゃない。今回は曲を投げっぱなしにもしたけど、それがどうなっていくのかを横で見てるのが最高に楽しかったです。この人たちとだったら、そういう風になるだろうっていうのは思ってましたけどね。

TEI:コンセプトなしに進んでいったわりには、上手く着地できてよかったなって思ってましたけど、幸宏さんはなんとなくそれを予感してたんですね……さすがはユキP(笑)。

Page 4
前へ

リリース情報

METAFIVE『META』
METAFIVE
『META』(CD)

2016年1月13日(水)発売
価格:3,024円(税込)
WPCL-12294

1. Don't Move
2. Luv U Tokio
3. Maisie's Avenue
4. Albore
5. Gravetrippin'
6. Anodyne
7. Disaster Baby
8. Radio(META Version)
9. W.G.S.F.
10. Split Spirit(META Version)
11. Whiteout
12. Threads

イベント情報

『METAFIVE “pre-METALIVE 2016 ~「META」RELEASE party”』

2016年1月14日(木)OPEN 19:00 / START 20:00
会場:東京都 恵比寿 LIQUIDROOM
料金:5,800円(ドリンク別)

『METAFIVE “METALIVE 2016”』

2016年1月21日(木)OPEN 18:30 / START 19:30
会場:東京都 六本木 EX THEATER ROPPONGI
料金:7,800円(ドリンク別)

プロフィール

METAFIVE
METAFIVE(めたふぁいぶ)

高橋幸宏×小山田圭吾×砂原良徳×TOWA TEI×ゴンドウトモヒコ×LEO今井。それぞれが日本の音楽シーンに特別で、独特な存在を築いてきたレジェンドの集合体である、まさに夢のバンド。2014年1月に六本木EX THEATERのオープニング企画として行われた、「高橋幸宏&METAFIVE」としての一夜限りのスーパー企画として結成され、その後不定期に活動を続行。同年の『TAICOCLUB'14』『WORLD HAPPINESS 2014』『SPACE SHOWER TV 開局25周年×攻殻機動隊25周年×日本科学未来館』、2015年の『WORLD HAPPINESS 2015』『OTODAMA'15~音泉魂~』に出演。圧倒的な存在感を示し、大きな賞賛を得る。2016年1月13日、遂にオリジナルアルバム『META』をリリース。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

映画『サラバ静寂』予告編

1月27日公開の映画『サラバ静寂』予告編が届いた。音楽が無料で手に入ったり音楽フェスが溢れる音楽飽和時代に、なぜ「音楽が禁止された世界」を描くのか? 現代から考えれば、ある意味ではSFともいえる作品かもしれないけど、現代だからこそ、たくさんの人が見る意味のある作品だと思う。SUMIREの初演技にも要注目。(川浦)

  1. 「娼夫」松坂桃李が女性とまさぐりあう 映画『娼年』特報公開&初日決定 1

    「娼夫」松坂桃李が女性とまさぐりあう 映画『娼年』特報公開&初日決定

  2. ラッパーのUZIが大麻取締法違反で逮捕、『フリースタイルダンジョン』司会 2

    ラッパーのUZIが大麻取締法違反で逮捕、『フリースタイルダンジョン』司会

  3. 宇多田ヒカルがプロデュース 小袋成彬がメジャーデビュー、コラボ曲が配信 3

    宇多田ヒカルがプロデュース 小袋成彬がメジャーデビュー、コラボ曲が配信

  4. サマソニにBECK、ノエル、CHANCE THE RAPPERら、ソニマニにマイブラ、NIN 4

    サマソニにBECK、ノエル、CHANCE THE RAPPERら、ソニマニにマイブラ、NIN

  5. 高橋一生が激しく「ヲタ芸」を打つ、「氷結」新CM ドキュメント映像も公開 5

    高橋一生が激しく「ヲタ芸」を打つ、「氷結」新CM ドキュメント映像も公開

  6. 真木よう子、井上真央、桜庭ななみ、大泉洋が共演 『焼肉ドラゴン』映画化 6

    真木よう子、井上真央、桜庭ななみ、大泉洋が共演 『焼肉ドラゴン』映画化

  7. 空前のヒップホップブームのなか、バンド音楽の魅力を改めて考察 7

    空前のヒップホップブームのなか、バンド音楽の魅力を改めて考察

  8. 映画『ドラえもん』、星野源が歌う主題歌“ドラえもん”入り予告編が公開 8

    映画『ドラえもん』、星野源が歌う主題歌“ドラえもん”入り予告編が公開

  9. 小沢健二が「NO MUSIC, NO LIFE.」ポスター初登場、90年代の写真にコメント 9

    小沢健二が「NO MUSIC, NO LIFE.」ポスター初登場、90年代の写真にコメント

  10. 映画『ママレード・ボーイ』両親Sに中山美穂、檀れい、谷原章介、筒井道隆 10

    映画『ママレード・ボーイ』両親Sに中山美穂、檀れい、谷原章介、筒井道隆