特集 PR

協調性はつまらない。誰もが持つイビツを肯定する王舟の豊かな音

協調性はつまらない。誰もが持つイビツを肯定する王舟の豊かな音

王舟『PICTURE』
インタビュー・テキスト
渡辺裕也
撮影:中村ナリコ
2016/01/25
  • 57
  • 128

「ちょっと変わってるんだけど、なんか肯定したくなるもの」との出会いって、すごく重要だと思う。

―つまり、王舟さんの理想としては、偶発的に生まれた音楽がベストなんだけど、その一方で、ミュージシャンとしては常にそればかりを狙い続けるわけにもいかないだろうと。というか、「偶発的なものを狙う」というのは、ちょっとした矛盾でもありますよね。

王舟:そうそう、矛盾しちゃうんですよね。でも僕は、人知を超えた……というほど大げさなものではないけど、自分たちの計算では成り立たないような瞬間に、ものすごく憧れているところがあって。

―そういう瞬間が起こりやすい環境を作ることなら、きっと可能ですよね。それこそ集団で音楽を作ることの醍醐味って、まさにそこだと思うし。

王舟:それこそ前作に関しては、サポートメンバーと音を合わせていく中で、自分の意図とはまったく違う世界観になっちゃった曲もあるんです。でも、それがものすごくおもしろかったんですよね。そういう変化を受け入れていったほうが、生きていく上でも楽しいんじゃないかなって(笑)。

―というのは?

王舟:例えば、今自分がうまくいかない状況に置かれていて、そこからなんとか抜け出したいんだとしたら、まず自分の価値観を変えることが一番だと思うんですよ。で、これは当たり前の話ですけど、人間というものはそれぞれ違うわけであって。そこで自分と相手の違いを肯定的に受け止められると、けっこう自分の価値観って変わるんですよね。そういう「ちょっと変わってるんだけど、なんか肯定したくなるもの」との出会いって、僕はすごく重要だと思う。だから、音楽もあまり形を整えたりせず、なるべくそのままの状態で出したほうがいいと思っているんです。

王舟

―イビツな状態のほうがいいということ?

王舟:イビツというより、そっちのほうが自然ということですね。むしろ、そのイビツさを不自然だと捉えることのほうが、僕は不自然だと思う。だって、そこらへんの石コロだって、すべて形が違うわけだし。そういう石を眺めると、なんかホッとするという人も、きっといると思うんです。それに、いわゆる完成度みたいなところで補えるものって、実はそんなに多くないんじゃないかなって。

―つまりそれは、一般的な感覚やアベレージに寄せてしまうと、作品が中庸なものになりかねない、ということですよね? それぞれ違うのが当たり前なんだと。

王舟:そうなんです。例えば、完成度の高いものが1つだけあるとしたら、それは個性と言えるのかもしれないけど、みんながそれに近づいていくと、もはやそれは個性ではなくなるし、むしろ「個性的なものをめざす」という、ちょっとした矛盾も生じてくるというか……。そういえば、僕は8歳まで上海に住んでいて、今でもたまに帰ることがあるんですけど、あそこに行くと、びっくりしますよ。それこそ個性的な人だらけで。

―(笑)。どう個性的なんですか?

王舟:まず、誰も信号を守らない(笑)。それにみんな声がでかいし、服装から何からバラバラで。プートン(上海市街区の対岸に位置する地区。国際的な金融、貿易、経済の一大中心地)とかに行くと、またちょっと違うんですけど、僕が小さい頃に住んでいた西側のほうは、とにかくみんな自己主張が強くて。日本ではよく「個性を大切に」というけど、むこうでは逆に、個性があって当たり前というか。

―むしろ、日本では協調性を求められますよね。

王舟:そう! 僕が今言おうとしたのは、まさにそれです。つまり、個性というよりも、協調性を重んじるか、自己主張をするかの違いってことですね。それでいうと、いわゆる完成度の高いものって、その協調性を示すものとしては、かなり強力なツールだったりする。でも、僕はその協調性に囲われたくないからこそ、音楽を聴いているようなところもあるので。

Page 2
前へ 次へ

リリース情報

王舟『PICTURE』
王舟
『PICTURE』(CD)

2016年1月20日(水)発売
価格:2,700円(税込)
PECF-1131 / felicity cap-246

1. Roji
2. Hannon
3. Moebius
4. 冬の夜
5. lst
6. ディスコブラジル(Alone)
7. Hannon(Reprise)
8. Picture
9. Rivers
10. あいがあって
11. Port town

イベント情報

王舟
『PICTURE Release Tour(Alone)』

2016年2月11日(木・祝)OPE N18:30 / START 19:00
会場:愛知県 名古屋 西アサヒ
出演:
王舟
inahata emi

2016年2月13日(土)OPEN18:00 / START19:00
会場:京都府 喫茶ゆすらご
出演:
王舟
畳野彩加(Homecomings)

2016年2月14日(日)OPEN 18:30 / START 19:00
会場:広島県 尾道 浄泉寺
出演:
王舟
白い汽笛

2016年2月18日(木)OPEN19:00 / START19:30
会場:福岡県 STEREO SIDE-B
出演:
王舟
夏目知幸(シャムキャッツ)

2016年2月20日(土)OPEN19:30 / START20:00
会場:北海道 札幌 キノカフェ
出演:
王舟
夏目知幸(シャムキャッツ)

2016年2月21日(日)OPEN19:30 / START20:00
会場:宮城県 仙台 BAR&EVENT HOLE Tiki-Poto
出演:
王舟
夏目知幸(シャムキャッツ)

料金:各公演 前売2,500円 当日3,000円

王舟
『PICTURE Release Tour(Big Band)』

2016年3月5日(土)OPEN 17:30 / START 18:00
会場:大阪府 梅田 Shangri-La

2016年3月13日(日)OPEN 17:00 / START 18:00
会場:東京都 恵比寿 LIQUIDROOM

出演:
王舟(Vo,Gt)
岸田佳也(Dr)
池上加奈恵(Ba)
潮田雄一(Gt)
みんみん(Key)
山本紗織(Flu)
高橋三太(Tp)
荒井和弘(Trb)
大久保淳也(Cl,Sax,Flu)
増村和彦(Per)
小林うてな(Steelpan,Marimba)
annie the clumsy(Cho)

料金:各公演 前売3,000円 当日3,500円

プロフィール

王舟
王舟(おうしゅう)

上海出身、日本育ちのシンガーソングライター。2010年、自主制作CDR『賛成』『Thailand』を鳥獣虫魚からリリース。2014年、1stアルバム『Wang』、7インチシングル『Ward/虹』をfelicityからリリース。2015年、1stアルバムのアナログ盤『Wang LP』、12インチシングル『ディスコブラジル』をfelicityからリリース。2016年、2ndアルバム『PICTURE』をfelicityからリリース。バンド編成やソロでのライブも行なっている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

The Wisely Brothers“庭をでて”

2月21日発売のThe Wisely Brothers待望のフルアルバムから“庭をでて”のPVが公開。森の中で演奏する姿は、絵本の中に登場する動物たち、もしくは妖精たちの演奏会のよう。3人の仲の良さとバランスの良さが伝わる、見るたびにワイズリーの魅力が発見できるPV。(川浦)

  1. 凛として時雨が語る、結成から15年。なぜ確固たる地位を築けた? 1

    凛として時雨が語る、結成から15年。なぜ確固たる地位を築けた?

  2. りゅうちぇるが歌手活動開始 本日配信のデビュー曲はケンモチヒデフミ作曲 2

    りゅうちぇるが歌手活動開始 本日配信のデビュー曲はケンモチヒデフミ作曲

  3. 佐藤隆太&把瑠都のドラマ『弟の夫』ビジュアル公開 原作漫画の展覧会も 3

    佐藤隆太&把瑠都のドラマ『弟の夫』ビジュアル公開 原作漫画の展覧会も

  4. アートと花見を楽しむ『美術館の春まつり』 東京国立近代美術館で開催 4

    アートと花見を楽しむ『美術館の春まつり』 東京国立近代美術館で開催

  5. 稲垣吾郎主演×阪本順治監督『半世界』 共演に長谷川博己、池脇千鶴ら 5

    稲垣吾郎主演×阪本順治監督『半世界』 共演に長谷川博己、池脇千鶴ら

  6. 名門「EMI Records」のトップに34歳が抜擢。業界の行先を訊く 6

    名門「EMI Records」のトップに34歳が抜擢。業界の行先を訊く

  7. モネ、マネ、セザンヌなど一挙展示『至上の印象派展』 約半数が日本初公開 7

    モネ、マネ、セザンヌなど一挙展示『至上の印象派展』 約半数が日本初公開

  8. 是枝裕和の新作に池松壮亮、高良健吾、池脇千鶴ら タイトルは『万引き家族』 8

    是枝裕和の新作に池松壮亮、高良健吾、池脇千鶴ら タイトルは『万引き家族』

  9. 岡田准一×黒木華×小松菜奈×松たか子×妻夫木聡が共演 ホラー映画『来る』 9

    岡田准一×黒木華×小松菜奈×松たか子×妻夫木聡が共演 ホラー映画『来る』

  10. マキシマムザ亮君次男が描く「奇怪なイラスト」展 奥浩哉らのリメイク作も 10

    マキシマムザ亮君次男が描く「奇怪なイラスト」展 奥浩哉らのリメイク作も