特集 PR

40歳になっても惑う原田郁子 「大人も悩んで当然だと思う」

40歳になっても惑う原田郁子 「大人も悩んで当然だと思う」

『物語の生まれる場所 at 銀河劇場 vol.2』
インタビュー・テキスト
柴那典
撮影:豊島望

昨年12月24日・25日に東京・天王州の銀河劇場で行われた音楽と朗読のセッションイベント『物語の生まれる場所 at 銀河劇場 vol.2』にて共演を果たした大宮エリーと原田郁子。ともに昨年40歳になった二人は、同い年の気のおけない友人同士だという。それだけでなく、3年前から少しずつ共作や共演を重ねてきた関係でもある。

二人が共作した“変わる”という曲では、変わりたいという願いと、それでもなかなか変われないというジレンマが綴られている。その背景にはどんな思いがあったのか。原田郁子へのインタビューでは、二人の交流から共作曲の背景、そして40歳となった今だからこそ見えるリアルな大人像について、語ってもらった。

ほぼ初対面の(大宮)エリーから、「なんか原田郁子って天然酵母って感じだよね」と言われて(笑)。

―『物語の生まれる場所 at 銀河劇場 vol.2』、やってみてどんな感じでしたか?

原田:うん、あれはなんだったんだろうな。全部幻かな(笑)。本番2日間をなんとか終えて、やりきったら、二人ともバッタリ寝込みました(笑)。そのくらいハードに、いつもとまるっきり違うことを、エリーも私も手探りでやったのかも。彼女とあそこまでガッツリ一緒にやったのは初めてだったんですけど、彼女が彼女であるがゆえに巻き起こる大騒動、珍事件……(笑)。そこに私っていう人間の要素が加わることで「え! 何で? 何でこんなこと起きるの!?」っていうことが障害物競走のように次々やってくる。そのたんびに「なんとかしなくちゃ」って手分けして、一つひとつ乗り越えて。「これは一体何の体験学習なんだろう」って思いながら。でも、たくさんの方にサポートしてもらって、たくさんの方に集まってもらって、なんとか無事に終わって、ホッとしています。

原田郁子
原田郁子

―最初に郁子さんが大宮エリーさんと出会ったのはいつのことですか?

原田:そこから話していいの? 初めて面と向かって話したのは、スチャダラパーのBOSEさんに誘われたのがきっかけかな。「これから大宮エリーと会うんだけど、よかったら来ない?」と言われたんですけど、彼女はすでにだいぶ飲んでいてベロベロでした。そこでいきなり「なんか原田郁子って天然酵母って感じだよね」と言われて(笑)。

―(笑)。

原田:ほぼ初対面だったし、「はあ、そうですか」ってちょっとカチンときたんですけど、話してみると彼女は疲れ果てていて。そもそもその日はいろんなことをBOSEさんに相談する日だったみたいなんです。それで、ひとしきり話し終わったエリーを長椅子みたいなところに呼んで、「ちょっとゴロンとすれば?」ってマッサージしたら「くう」って寝ちゃった。それが初めて出会った日のことですね。

―大宮エリーさんの第一印象はどんな感じでしたか?

原田:うーん、いろんなことを背負って仕事してるんだろうなーって思ったかな。体しんどそうだなーって。ちょくちょく連絡を取り合うわけじゃないんだけど、たまたま同い年で、パッと会うと、なんとなくそのときの状態がわかる。「君さ、このまま行くとぶっ倒れるよ」とか「いっつも同じこと言ってるじゃん」とか。エリーもエリーで、久しぶりに会うと「ちょっと痩せたんじゃない?」「無理してんじゃないの?」って言うから「あー、そうかもな」って。

―気張らずに話せる間柄なんですね。

原田:いつだったか、エリーがしんどそうなときに二人で終電まで飲んで、それでもまだ飲み足りなかったので公園に行ったことがあって。「エリー、すごい疲れてるけど、家散らかってない?」と聞いたら、ギクっとした顔をしたので、そのままエリーの家に行って掃除したり(笑)。しんどいときって、片づける気力もないからどんどん家が荒れて、落ち着かないからついつい外で飲み食いして、帰ってくると散らかってるから、疲れがとれない……ってスパイラルがありますよね? 自分もそうだから、よくわかる。だから、戸惑う彼女を振り切って、掃除しちゃいました。

Page 1
次へ

イベント情報

『物語の生まれる場所 at 銀河劇場 vol.2』
『物語の生まれる場所 at 銀河劇場 vol.2』

『言葉と音楽 そして、クリスマスソング』
2015年12月24日(木)OPEN 18:00 / START 19:00
会場:東京都 天王洲 銀河劇場
出演:
大宮エリー
原田郁子
芳垣安洋
高良久美子
鈴木正人

『言葉と音楽 そして、ライブペインティング』
2015年12月25日(金)OPEN 18:00 / START 19:00
会場:東京都 天王洲 銀河劇場
出演:
大宮エリー
原田郁子

プロフィール

原田郁子
原田郁子(はらだ いくこ)

1975年福岡生まれ。1995年「クラムボン」を結成。歌と鍵盤を担当。ソロ活動も行っており、2004年に『ピアノ』、2008年に『気配と余韻』『ケモノと魔法』『銀河』のソロアルバムを発表。2010年5月には、妹らと吉祥寺に多目的スペース「キチム」をオープンさせる。昨年で結成20周年を迎えたクラムボンは、メジャーレーベルを離れ、自身のレーベル「トロピカル」よりツアー会場でのみ販売されるミニアルバムを発表予定。新曲を生演奏し、可能な会場すべてでサイン会を行う初の完全「手売りツアー」(全国27公演)開催中。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する 1

    広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する

  2. BTS“Film out”PV公開 back numberとコラボした『劇場版シグナル』主題歌 2

    BTS“Film out”PV公開 back numberとコラボした『劇場版シグナル』主題歌

  3. 大森元貴のソロデビューの意味。2人の視点から『French』を紐解く 3

    大森元貴のソロデビューの意味。2人の視点から『French』を紐解く

  4. 内田有紀、シシド・カフカらが東京の美術スポット巡る 『新美の巨人たち』 4

    内田有紀、シシド・カフカらが東京の美術スポット巡る 『新美の巨人たち』

  5. Perfume Closetファッショントラックの移動店舗がラフォーレ原宿から開始 5

    Perfume Closetファッショントラックの移動店舗がラフォーレ原宿から開始

  6. 『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神 6

    『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神

  7. いとうせいこう、角舘健悟らが「私の大滝詠一プレイリスト」公開 7

    いとうせいこう、角舘健悟らが「私の大滝詠一プレイリスト」公開

  8. NiziUがNHK『SONGS』リニューアル初回に登場 特技披露&ファン動画企画も 8

    NiziUがNHK『SONGS』リニューアル初回に登場 特技披露&ファン動画企画も

  9. No Busesの「未完成」を楽しむバンド美学 作る喜びが救いだった 9

    No Busesの「未完成」を楽しむバンド美学 作る喜びが救いだった

  10. 内山拓也監督が語る、Uru、平井堅、King Gnuの話題MVの裏側 10

    内山拓也監督が語る、Uru、平井堅、King Gnuの話題MVの裏側