特集 PR

ぼくりりを輩出したCONNECTONEが実践する新たなメジャー戦略

ぼくりりを輩出したCONNECTONEが実践する新たなメジャー戦略

CONNECTONE
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:豊島望 編集:矢島由佳子

ぼくりりを通して、「楽器ができなくても音楽は作れる」ということを正しく伝えていけば、音楽という文化においてもっと面白いことが起きるんじゃないかなって。

―「パンク的なやり方」というのを、具体的に説明してもらえますか?

高木:パンクロックは3コードで音楽ができる表現スタイルだったわけですよね。楽器はできないぼくりりが、人が作ったトラックを借りることで、こんなにすごい音楽を自分のものにしている。ぼくりりを通して、「楽器はできなくても音楽が作れる」ということを正しく伝えていけば、聴いた人が「俺もやってみよう」ってなると思うんですよ。ネットの世界ではもう当たり前のことかもしれないけど、世の中全般にはまだ知られてないことだと思うので、そこを伝えていけば、音楽という文化においてもっと面白いことが起きるんじゃないかなって。

―ぼくりりは高校生という若さも話題になりましたけど、これからはネットを通じて出てくる十代がますます増えるでしょうしね。

高木:そうですね。EMI時代はロックレーベルをやってきたので、バンドというスタイルをベースにした表現と関わることが多かったんですけど、ぼくりりと付き合ってみて、バンドは団体競技だから、結構不自由であるということに気づいたんですよ。ぼくりりみたいに、人が作ったトラックを借りてくるというのは、理論的にはありとあらゆる音楽を個人でチャレンジできるということじゃないですか? もちろん僕は今もバンドが大好きですけど、音楽を作る上でこんなに自由度の高いスタイルが生まれてる時代なんだということは伝えたいですね。

アーティストがトータルで活躍できる受け皿をちゃんと作ってあげられるかどうかが問われる時代だと思います。

―一方、去年デビューした残りの3アーティストはバンドなわけですが、まずはCONNECTONEからの最初のリリースとなったAwesome City Clubについては、どのような印象をお持ちですか?

高木:若手バンドの先頭集団にはいると思うんですけど、その後に出てきた、たとえばSuchmosとかがグッといったことを考えると、まだトップランナーではないのかなって思っています。ただ、ライブの動員とか、フェスでのリアクションも含めて、拡がっている感じはすごく高まってきています。彼らはある種王道のポップスを標榜しているバンドなので、ちゃんとポップヒットを作ることが大事だと考えていますね。

―Suchmosの名前が挙がりましたが、SANABAGUN.の小杉さん(Ba)と櫻打さん(Key)はSuchmosのメンバーでもあって、当然比較の対象になりますよね。

高木:SANABAGUN.のボーカル高岩遼はすごいカリスマだと思っていて、契約するときに夢見てたのは、「新世代のクレイジーケンバンドを作る」というイメージだったんです。強いバンドがいて、強いボーカルがいる。そのポテンシャルはあると思うんですよ。もともとライブは素晴らしくて、ストリートでやってたときには、通りすがりのOLさんが「素敵!」ってなっていたような連中なので、そこを伝えるための分かりやすい名刺となるような楽曲をちゃんと持つことができれば、必ず景色は変わっていくと思っています。

―一度ライブを見れば、確実に虜になるバンドですもんね。

高木:あと、レーベルとして、SANABANGUN.を通して見えてきたことがひとつあって。SANABAGUN.には、Suchmosと被っているメンバーもいるし、遼に関して言えば、THE THROTTLEというロックンロールバンドもやっているんですね。そういう時代なのかなって思うんです。これまでのレコード会社は、専属契約という囲い込みのビジネスがベースになって成り立っていたわけですが、これからは才能あるミュージシャンであればあるほど、自然といろんなプロジェクトを手掛けていくようになる。そんなアーティストのニーズやチャレンジにフレキシブルに合わせられるパートナーでいられるかどうかが、これからのレコード会社の宿題になるんだろうなって思いました。

高木亮

―ただ契約しているバンドの音源を売っていくだけでなく、そのアーティストの全体の活動をサポートできるかどうかが肝であると。

高木:たとえば、ぼくりりもエッセイを書いたりしていますが、それも「CONNECTONEには関係ないもの」ではないんですよね。アーティストがトータルで活躍できる受け皿をちゃんと作ってあげられるかどうかが問われる時代だと思います。

―sympathyに関しては、音源だけを聴いて、ライブを見ずに契約を決めたそうですね。アーティスト活動の全体を支えて、音源以外の収入を得る「360度ビジネス」を考えたとき、sympathyに関してはどのような考えを持たれていたのでしょうか。

高木:sympathyの音源を聴いたとき、十代後半じゃないと出せないキラキラ感が楽曲全体から漂ってて、すごくワクワクしたんです。ライブを見ずにバンドと契約するのは僕のキャリアの中でも初めてのことでしたし、迷いがまったくなかったわけじゃないんですけど、それくらい音源が魅力的でした。何回聴いても「これは強いな」って思えたんです。一昨日久々にライブを見たんですけど、劇的によくなってたし、ジャンプアップしたレベルの音源もできつつあるので、ここからテンポを上げて世に送りだしていくつもりです。

Page 2
前へ 次へ

イベント情報

『CONNECTONE NIGHT Vol.1』

2016年5月6日(金)OPEN 17:00 / START 17:45
会場:東京都 渋谷CLUB QUATTRO
出演:
Awesome City Club
RHYMESTER
SANABAGUN.
ぼくのりりっくのぼうよみ
and more
料金:3,000円(ドリンク別)

プロフィール

高木亮(たかぎ りょう)

早稲田大学商学部を卒業後、1985年に東芝イーエムアイ音楽出版株式会社に入社し、洋楽曲の獲得及びプロモーションに関わる。1993年、東芝イーエムアイ株式会社に入社、洋楽ディレクターとして、ローリング・ストーンズやスマッシング・パンプキンズなど、数多くの海外アーティストを手掛ける。2004年、同社の邦楽部門に異動。執行役員として、邦楽レーベル・ヘッド、社内アーティスト・マネージメント社長、新人開発部門等を兼務。2010年から、レコード会社としては初のロック・フェスとして話題を集めた「EMI ROCKS」を主宰、日本を代表するロック・レーベルとしてのブランドを確立。2014年、ビクターエンタテインメントに入社。現在に至る。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Nulbarich“Sweet and Sour”

テレビ東京のドラマ『デザイナー 渋井直人の休日』のエンディングテーマ“Sweet and Sour”。2月6日リリース予定の3rdフルアルバム『Blank Envelope』のリード楽曲でもある今作は「偶然の景色」がテーマ。日常の中に偶然生まれたハッとする瞬間を鮮やかに切り取っている。グラフィカルな映像に垣間見える、あたたかな日常を楽しもう。(野々村)

  1. こんまりのNetflix番組がアメリカで話題。こんまりメソッド巡る議論も 1

    こんまりのNetflix番組がアメリカで話題。こんまりメソッド巡る議論も

  2. 野村周平&桜井日奈子がプールでずぶ濡れ 『僕の初恋をキミに捧ぐ』新写真 2

    野村周平&桜井日奈子がプールでずぶ濡れ 『僕の初恋をキミに捧ぐ』新写真

  3. 『サマソニ』ヘッドライナー3組目はThe Chainsmokers、料金は値下げ 3

    『サマソニ』ヘッドライナー3組目はThe Chainsmokers、料金は値下げ

  4. 高杉真宙×竹内愛紗 御曹司と女子高生のラブコメ漫画『高嶺と花』ドラマ化 4

    高杉真宙×竹内愛紗 御曹司と女子高生のラブコメ漫画『高嶺と花』ドラマ化

  5. 『カメラを止めるな!』が『金曜ロードSHOW!』でテレビ初放送 5

    『カメラを止めるな!』が『金曜ロードSHOW!』でテレビ初放送

  6. 宇多田ヒカルのシングル『Face My Fears』本日発売&『初恋』サブスク解禁 6

    宇多田ヒカルのシングル『Face My Fears』本日発売&『初恋』サブスク解禁

  7. King Gnuが泥臭さと共に語る、若者とロックバンドが作る「夢」 7

    King Gnuが泥臭さと共に語る、若者とロックバンドが作る「夢」

  8. ザギトワ&メドベージェワが魔法少女に、『マギレコ』新テレビCM 8

    ザギトワ&メドベージェワが魔法少女に、『マギレコ』新テレビCM

  9. 『ヒグチユウコ展 CIRCUS』 約20年の画業辿る500点超展示 9

    『ヒグチユウコ展 CIRCUS』 約20年の画業辿る500点超展示

  10. 中村佳穂という「歌」の探求者。魂の震えに従う音楽家の半生 10

    中村佳穂という「歌」の探求者。魂の震えに従う音楽家の半生