特集 PR

中納良恵×原田郁子 音楽バカの若者が歌で大人になるまでの20年

中納良恵×原田郁子 音楽バカの若者が歌で大人になるまでの20年

EGO-WRAPPIN'『ROUTE 20 HIT THE ROAD』
インタビュー・テキスト
麦倉正樹
撮影:森山将人 編集:野村由芽

ただの音楽好きが、バンドをやって社会に出ていく過程っていうのを、まるまる一緒に体験しているから、みんなやっぱり変わりましたよね。(原田)

―今の話にも出てきましたが、中納さんと森さん、そして原田さんとミトさんというのは、それぞれどんな関係性なのですか?

中納:特別なんじゃないですかね。家族みたいやし、でも同志やし、めっちゃムカつくときもあるし(笑)。ただ、音楽的なところで言えば、私は森くんにいろいろ引き出されているようなところがあって。まあ、森くんは森くんで「よっちゃんに挑発される」って言っていたから、多分お互いがそういう感じでやっているのかもしれないですね。自分ではわからないところを、森くんがいっぱい見つけてくれたと思うし。「こういうボーカルが、かっこいいんちゃう?」とか。

EGO-WRAPPIN'
EGO-WRAPPIN'

―なるほど。

中納:郁子ちゃんの場合は、鍵盤を弾きながら歌うじゃないですか。それってむっちゃ頭脳を使うと思うんですよね。私もたまに鍵盤を弾きながら歌うんですけど、そうやって手放しではない状況っていうのは、冷静な部分がないとできないと思うんです。私、エゴは、手放しでやっているんですよね(笑)。で、森くんがとなりで「どこまでも泳げ!」って言っているみたいな。

原田:一ファンとしての勝手な妄想だけど、森くんはそういうよっちゃんを誰よりも見たいんじゃないかな? それはオーディエンスも同じで。よっちゃんがひたすら気持ち良さそうに歌ってるところを、ただただ見たいっていう。

中納:ふふふ。

―ミトさんと原田さんの関係性は?

原田:うちの場合は、もうちょっと戦いみたいなところがあって……。

中納:それは戦友ってこと?

原田:いや、戦友と言うよりも、音を出しているときは、ちょっと武道みたいな感じがあるんですよね。武道をやったことはないんですけど(笑)。

中納:ああ、フェスとかのライブ前に、裏で音合わせをしているのを見ていても、確かに三人の音とは思えないぐらい広がりがありますもんね。「そう言えば、ギターおらんねんや」とか「今、ベースレスや」ってハッとする。そうやって、一人ひとりの音が際立っていて……でも、それが調和してないと、やっぱりああいう感じにはならんし。あと、郁子ちゃんのふわーんとした感じのMCとか。あれはなかなか出せないですよね。

原田:ぶはは(笑)。

―クラムボンって、ふわっとしているようで、アンサンブルはかなりタイトだったりしますよね。

中納:そうですよね。だから、それは確かに「戦い」なのかもしれないけど、決して鋭利な感じではないんですよね。「柔よく剛を制す」じゃないけど、柔らかさがそこにあって。いわゆるパンクみたいなトゲトゲしい感じではないんですよね。

―武道は武道でも、合気道みたいな?

中納:そうですね。そのへんはちょっと女性的な感じがするというか。ミトくんもその感じがありますよね。

原田:あぁ、初めて会ったとき女の子かと思った。「自分が一番男っぽいかも」って思ったり、そういう性別じゃないところって、あるかもね。二人の方がセンシティブというか、ずっと繊細です。三人しかいなくても、すごく考え抜かれているサウンドの厚みや広がりがあって、ミトくんは徹底して構築する人なんですよね。彼の思う音像を目指すには、すごく練習が必要。でも、せーので音を出したときに、何とも言えない、ぶつかりとか、うねりが生まれてくる。アンバランスな、アンサンブル、というか。そんな中で、私はわりと漂ってて(笑)。ライブのときは特に、演奏して歌っているんですけど、ずっと空気しか見ていない。空気担当みたいなところもあるんですよね。

左から:中納良恵、原田郁子

―そういう関係性って、この20年で、それぞれ変わってきましたか?

中納:うーん、ちょっとは変わってきたんかな? 昔はもっと、お互い干渉していたかもしれないですね。音楽に向かう姿勢も、もっとガムシャラだったから。でも、だんだん必要以上に干渉しなくなって。でも、それが良かったんだと思うんですよね。

原田:クラムボンが出会ったのは、学生のときのクラスなんですよね。といっても、そんなに仲良くいつもつるんでいたわけではなく、たまたま一緒に演奏したら面白かった。10代の頃に出会って、20代、30代をともに過ごして、ミトくんのところには、3人の子どもが生まれて、そうやって変わっていくのを一緒になって見ているところがあるというか。もともとは、人の目も見られないような、閉じ閉じの三人だったんですよね(笑)。

中納:そうなんや。私、ドラムの人(伊藤大助)といまだにしゃべったことないかもしれない(笑)。

原田:うわぁ(笑)。でも、マンツーマンで話すと、結構しゃべってくれるよ。だから、学生だった、ただの音楽好きの三人が、バンドをやって社会に出ていく過程っていうのを、まるまる一緒に体験しているから、みんなやっぱり変わりましたよね。個別の関係性というよりも、それぞれ大人になっていくっていう。

Page 2
前へ 次へ

リリース情報

EGO-WRAPPIN'『ROUTE 20 HIT THE ROAD』通常盤
EGO-WRAPPIN'
オールタイムベスト&カバーアルバム
『ROUTE 20 HIT THE ROAD』通常盤(3CD)

2016年4月20日(水)発売
価格:3,996円(税込)
TOY'S FACTORY / TFCC-86547

[太陽盤]
1. love scene
2. くちばしにチェリー
3. GO ACTION
4. a love song
5. 天国と白いピエロ
6. 満ち汐のロマンス
7. Dear mama
8. human beat
9. 10万年後の君へ
10. サイコアナルシス
11. BRAND NEW DAY
12. サニーサイドメロディー
※デジタルリマスタリング
[月盤]
1. 水中の光
2. かつて..。
3. 色彩のブルース
4. Neon Sign Stomp
5. Nervous Breakdown
6. アマイ カゲ
7. 下弦の月
8. admire
9. Fall
10. 雨のdubism
11. BYRD
12. inner bell
※デジタルリマスタリング
[星盤]
1. 異邦人
2. Move on up
3. Inbetweenies
4. 曇り空
5. Fever
6. 謎の女B
7. What's Wrong With Groovin'
8. ZIGGY STARDUST
9. By This River
10. さよなら人類

イベント情報

クラムボン
『clammbon 2016 mini album 会場限定販売ツアー』

2016年5月12日(木)OPEN 18:30 / START 19:30
会場:東京都 恵比寿 LIQUIDROOM
料金:2,500円(ドリンク別)

2016年5月16日(月)OPEN 18:15 / START 19:00
会場:大阪府 心斎橋 BIG CAT

2016年5月17日(火)OPEN 18:00/ START 19:00
会場:愛知県 名古屋CLUB QUATTRO
料金:2,500円(1ドリンク別)

プロフィール

中納良恵(なかの よしえ)

1974年、大阪生まれ。EGO-WRAPPIN’ボーカリスト。1996年、森雅樹(G、作曲)とともにEGO-WRAPPIN’結成。関西を中心に活動を続けたのち、現在は拠点を東京においている。2000年に発表された“色彩のブルース”は、戦前のジャズから自然に行き着いたキャバレー音楽や昭和歌謡を消化し、エゴ独自の世界観を築きあげた名曲として異例のロングヒットとなり、その名を全国区で知られるようになる。EGO-WRAPPIN’の活動と並行して2007年にはソロ1st Albumとなる『ソレイユ』を2015年には2ndアルバム『窓景』をリリースした。またYuji Ohno & Lupintic Fiveに招かれ『ルパン三世のテーマ』の歌唱や、東京スカパラダイスオーケストラ、セルジオ・メンデスなど国内外様々なアーティストの作品にボーカリストとして参加している。

原田郁子(はらだ いくこ)

1975年、福岡生まれ。1995年にスリーピースバンド「クラムボン」を結成。歌と鍵盤を担当。バンド活動と並行して、ソロ活動も精力的に行っている。昨年で結成20周年を迎えたクラムボンは、メジャーレーベルを離れ、自身のレーベル「トロピカル」よりミニアルバム『モメントe.p.』を発表。可能な会場すべてでサイン会を行う、初の「手売りツアー」を開催した。現在、オフィシャルサイトにてCD販売店を募集中。ジャンルを問わず100店舗以上が取り扱っており、独自の広がりを見せている。5月に東京・大阪・名古屋で追加公演を行う。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

LUMINE ART FAIR - My First collection / Art of New York City

10月12日、13日にルミネ新宿で開催する『LUMINE ART FAIR -My First Collection』のために制作された動画。現地アーティスト2名の言葉と、リアルな空気感とともにNYのアートシーンを紹介している。「NY、かっこいい!」という気持ちがムクムク膨れ上がってくるはずだし、アートに触れるきっかけはそれくらいがちょうどいいと思う。(石澤)

  1. 忘却の時代に生まれた明暗。『スター・ウォーズ』と『この世界の片隅に』 1

    忘却の時代に生まれた明暗。『スター・ウォーズ』と『この世界の片隅に』

  2. 『PEANUTS』生誕70周年記念、郵便局限定『スヌーピー』グッズ&切手セット 2

    『PEANUTS』生誕70周年記念、郵便局限定『スヌーピー』グッズ&切手セット

  3. 森七菜インタビュー 巨匠たちを惹きつける純粋さ、聡明さ、心の穴 3

    森七菜インタビュー 巨匠たちを惹きつける純粋さ、聡明さ、心の穴

  4. 中山美穂が新境地 『連続ドラマW 彼らを見ればわかること』第2話紹介 4

    中山美穂が新境地 『連続ドラマW 彼らを見ればわかること』第2話紹介

  5. Chara+YUKIのミニAL『echo』に大沢伸一、Seiho、mabanua、TENDREらコメント 5

    Chara+YUKIのミニAL『echo』に大沢伸一、Seiho、mabanua、TENDREらコメント

  6. 『クロちゃんのモンスターパーク』池袋PARCOで開催、「体毛研究室」初登場 6

    『クロちゃんのモンスターパーク』池袋PARCOで開催、「体毛研究室」初登場

  7. Awesome City Clubが語る、脱退・移籍をバネに大脱皮&飛翔 7

    Awesome City Clubが語る、脱退・移籍をバネに大脱皮&飛翔

  8. 『たなかみさき個展 あ~ん スケベスケベスケベ!!』熊本、広島、渋谷で開催 8

    『たなかみさき個展 あ~ん スケベスケベスケベ!!』熊本、広島、渋谷で開催

  9. 波瑠と成田凌が制服姿 遊川和彦監督『弥生、三月』予告編&ポスター 9

    波瑠と成田凌が制服姿 遊川和彦監督『弥生、三月』予告編&ポスター

  10. 菊池亜希子が渋谷PARCOでお買い物。買う事は、作り手を支える事 10

    菊池亜希子が渋谷PARCOでお買い物。買う事は、作り手を支える事