特集 PR

藤原さくらに本音を訊く。『ラヴソング』抜擢に葛藤はあった?

藤原さくらに本音を訊く。『ラヴソング』抜擢に葛藤はあった?

藤原さくら『Soup』
インタビュー・テキスト
黒田隆憲
撮影:永峰拓也 編集:矢島由佳子

(福山の作詞作曲による主題歌が)いい曲だったからこそ、「この曲を超えたい!」という気持ちは強くあります。

―ドラマの中で使われている“Soup”と“好きよ 好きよ 好きよ”は、福山さんの作詞作曲によるものですが、どちらもさくらさんの声やイメージにとてもよく合っていますよね。

藤原:そうなんです。歌詞がついていない状態のデモ音源が全部で5曲くらいあって、その中から主題歌が“Soup”に決まったんですけど、最初は割とオーソドックスなJ-POP寄りのアレンジでした。そこに私のこれまでの楽曲にも入っていたようなバンジョーとフィドルが入って、ものすごく興奮しましたね。“Soup”も“好きよ 好きよ 好きよ”も、佐野さくらとして歌っている曲なんですけど、福山さんが藤原さくらをプロデュースしているということも考えてくださって、私が今まで出した曲と並べて聴いても違和感ないものに仕上げてくださいました。藤原さくらのイメージから大きく変わっていないのは、楽曲のアレンジのおかげでもあったのかなって。

1stアルバム『good morning』(2016年2月発売)ダイジェスト音源

―実際に、福山さんの曲作りの様子とか、プロデュースを見ていて思ったことはありますか?

藤原:とにかくストイックだなというのは、常に感じましたね。集中力が無限に続くお方です! 私はすぐに、「あー疲れた。もう休憩入れんと!」みたいになっちゃうんですけど(笑)、福山さんはならない。「ここまでやらなきゃ休憩しない! 先に休んでて」みたいな。音の一つひとつにものすごくこだわりを持って作っていて、私もそこは絶対に見習うべきだなと思いました。

―これまでのオリジナルソングはすべてさくらさんご自身で歌詞も書いていた分、他の人が書いた詞を歌うことに抵抗はなかったですか?

藤原:以前から福山さんが書く女性目線の歌詞は、とても素敵だなと思っていて。撮影も少しずつ始まって、佐野さくらのことがだんだん分かってきた中でレコーディングできたので、すごく感情込めて歌うことができました。“好きよ 好きよ 好きよ”は、レコーディング中に号泣しちゃったんですよ(笑)。そのくらい、大好きで大切な曲になりました。

藤原さくら

―その号泣は、どういう理由の涙だったのでしょう。

藤原:さっき言ったように、自分の中には佐野さくらに似ている部分があって。自分が好きな人に対して感じていたこととも重なったから、強く感情移入しちゃったんだと思います。ただ、テクニカル的には、これまで自分が歌ってきた歌い方とは求められるものがちょっと違いました。今までだったら、ボソボソと歌ったり、ちょっとクセのある感じで歌っても全部採用されてたのが、今回はジャッジも厳しかった。「もっと語尾を伸ばして」とか、「今のところ、シャクらないでストレートに歌ってほしい」とか、福山さんに細かくディレクションしてもらいながらの歌入れでした。

―それは、今後の藤原さくらのボーカルスタイルにも影響を与えると思います?

藤原:うーん……自分が気持ちいいなと思う方向に、これからも歌っていくとは思うんですけど。ただ、ドラマをやる前と後とで声が変わったっていうのは、福山さんからも言われました。確かに、前よりも声が出るようになったんですよ。ドラマの中でも佐野さくらは叫んだり怒鳴ったり、普段の私は出さないような声も出していたし。それで変わってきたのかもしれません。

―自分で作詞作曲していない“Soup”がこのまま代表曲になっちゃうのはどうですか?

藤原:これまでは自分の曲しか歌ってこなかったですし……でも、今回“Soup”を歌うことに対して悩んだか? って言われると、全然そんなことはなくて。でも、いい曲だったからこそ、シンガーソングライターとして「この曲を超えたい!」という気持ちは強くあります。

―そうですよね。

藤原:ポールの『McCartney』(1970年発売、1stソロアルバム)みたいに、全部の楽器を自分で演奏してしまうアルバムを作りたいとすら思っているので(笑)。「昔の曲も、佐野さくらの曲も、今の藤原さくらの曲も、全部いいね」って言ってもらいたい。それが今の自分に課されたことだと思います。

藤原さくら

福山さんから「さくらは実際のオーディションで何を歌ったの?」って聞かれて、ノラ・ジョーンズを歌ったことを話したら、「じゃあ、英語の歌があったほうがいいね」って。

―ドラマの中では忌野清志郎(原曲はHedy West)の“500マイル”をはじめ、カバー曲もたくさん出てきましたね。

藤原:“500マイル”はもともと大好きな歌でした。これをドラマの中で歌うことは、最初の段階から決まっていて、「東京から500マイル離れた場所」ということで、佐野さくらの故郷が広島に決まったみたいです。佐野さくらにとって“500マイル”は、自分のお母さんが好きだった曲で、広島から出てきて、新しい生活を始めた彼女にとって大切な曲。そう思って歌詞を読んだら、自分が福岡から東京へ出てきたときのこととか思い出しましたね。

―“Summertime”は、『Soup』収録曲の中でも唯一英語の歌で、「藤原さくららしさ」が出ていますよね。

藤原:ドラマの第3話でライブをするということが決まっていて、何を歌うかみんなで話し合っていたときに、福山さんが「さくらが歌える曲がいいよ」って言ってくださって。そのライブシーンは、音楽業界の人が見に来てるという設定だったので、福山さんから「さくらは実際のオーディションで何を歌ったの?」って聞かれて、ノラ・ジョーンズを歌ったことを話したら、「じゃあ、英語の歌があったほうがいいね」って。

―そうだったんですね。

藤原:ただ、「佐野さくら」はあまり英語が上手くないだろうから、あえてちょっとぎこちなく歌っています。マイクも、いつもスタジオで使っているものではなくて、ライブ用のマイクで録音したり。

―そうやってディテールにこだわっているからこそのリアリティーなんですね。

藤原:はい。音楽をやっている人が見たら、「ああ、そうだよね」って思えるようなシーンが結構あったかと思います。

Page 2
前へ 次へ

リリース情報

藤原さくら『Soup』初回限定盤
藤原さくら
『Soup』初回限定盤(CD+DVD)

2016年6月8日(水)発売
価格:1,944円(税込)
VIZL-983

[CD]
1. Soup
2. 好きよ 好きよ 好きよ
3. Summertime(佐野さくら with 神代広平 Ver.)(ボーナストラック)
4. 500マイル(佐野さくら with 神代広平 Ver.)(ボーナストラック)
[DVD]
・“Soup”Music Video
・“Soup”Special Movie (MV Making & Recording Document)
『morning bell』Live at Billboard Live TOKYO 20160109
・Ellie
・Just one girl
・かわいい

藤原さくら
『Soup』通常盤(CD)

2016年6月8日(水)発売
価格:1,296円(税込)
VICL-37177

1. Soup
2. 好きよ 好きよ 好きよ
3. Summertime(佐野さくら with 神代広平 Ver.)(ボーナストラック)
4. 500マイル(佐野さくら with 神代広平 Ver.)(ボーナストラック)

イベント情報

『藤原さくらワンマンツアー2016「good morning」~first verse~』

2016年7月1日(金)
会場:東京都 渋谷 Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE

『藤原さくらワンマンツアー2016「good morning」~second verse~』

2016年9月10日(土)
会場:東京都 恵比寿 ザ・ガーデンホール

2016年9月11日(日)
会場:東京都 恵比寿 ザ・ガーデンホール

2016年9月17日(土)
会場:宮城県 仙台 LIVE DOMESTARDUST

2016年9月19日(月・祝)
会場:北海道 札幌 cube garden

2016年9月23日(金)
会場:大阪府 梅田 Shangri-La

2016年9月24日(土)
会場:新潟県 Live House 柳都SHOW! CASE!!

2016年10月1日(土)
会場:広島県 Live Juke

2016年10月2日(日)
会場:愛知県 名古屋 SPADE BOX

2016年10月10日(月・祝)
会場:福岡県 電気ビルみらいホール

2016年11月3日(木・祝)
会場:広島県 BLUE LIVE HIROSHIMA

2016年11月11日(金)
会場:愛知県 名古屋 三井住友海上しらかわホール

2016年11月12日(土)
会場:大阪府 森ノ宮 ピロティホール

2016年11月24日(木)
会場:東京都 六本木 EX THEATER

2016年11月27日(日)
会場:福岡県 福岡国際会議場メインホール

プロフィール

藤原さくら
藤原さくら(ふじわら さくら)

福岡市出身。20歳。父の影響ではじめてギターを手にしたのが10歳。洋邦問わず多様な音楽に自然と親しむ幼少期を過ごす。高校進学後、オリジナル曲の制作をはじめ、少しずつ音楽活動を開始。2014年3月、高校卒業と上京を機に、オリジナルアルバム『full bloom』でインディーズデビュー。2015年3月18日、スピードスターレコーズよりミニアルバム『a la carte』でメジャーデビュー。2016年2月17日には初のフルアルバム『good morning』をリリース。天性のスモーキーな歌声は数ある女性シンガーの中でも類を見ず、聴く人の耳を引き寄せる。また、音楽のみならず2016年4月からスタートしたフジテレビ系月9ドラマ『ラヴソング』にヒロイン「佐野さくら」役として出演。演技初挑戦ながら、独自の存在感を発揮した。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

君島大空“遠視のコントラルト”

屈折したイノセンスが爆発するような、君島大空の“遠視のコントラルト”のMV。『The Bends』の頃のRadioheadのようなギターとセンシティブに揺ぐボーカルが描き出す、ピュアでまばゆい楽曲世界にクラっとくる。松永つぐみが手がけた映像も素晴らしく、実験映像的なカットを重ね、儚く消え入りそうな繊細で美しい才能を見事に切り取っている。爆音で凝視してほしい。
(山元)

  1. NUMBER GIRLがオリジナルメンバーで再結成、向井秀徳のコメントも 1

    NUMBER GIRLがオリジナルメンバーで再結成、向井秀徳のコメントも

  2. あいみょんから年下の子たち&大人へ 直感と瞬間の大切さを語る 2

    あいみょんから年下の子たち&大人へ 直感と瞬間の大切さを語る

  3. 『RISING SUN ROCK FES』第1弾でナンバガ、スカパラ、King Gnuら8組 3

    『RISING SUN ROCK FES』第1弾でナンバガ、スカパラ、King Gnuら8組

  4. Eveとは何者か? MVの総再生回数2億2千万回を誇る彼の歩みを考察 4

    Eveとは何者か? MVの総再生回数2億2千万回を誇る彼の歩みを考察

  5. 奥山由之が新たな手法で小松菜奈を撮影『SWITCH』特集 森山大道と対談も 5

    奥山由之が新たな手法で小松菜奈を撮影『SWITCH』特集 森山大道と対談も

  6. 映画『蜜蜂と遠雷』公開日が決定、参加ピアニスト発表&演奏場面の写真も 6

    映画『蜜蜂と遠雷』公開日が決定、参加ピアニスト発表&演奏場面の写真も

  7. 『君の名は。』ハリウッド版実写映画の監督はマーク・ウェブに決定 7

    『君の名は。』ハリウッド版実写映画の監督はマーク・ウェブに決定

  8. 多部未華子が猫の「にゃらん」と妄想旅 「じゃらん」新CM 8

    多部未華子が猫の「にゃらん」と妄想旅 「じゃらん」新CM

  9. 椿昇がバッサリ斬る、社会とアートの関係「京都の街に革命を」 9

    椿昇がバッサリ斬る、社会とアートの関係「京都の街に革命を」

  10. 劇団☆新感線『髑髏城の七人』6作がゲキ×シネに 第1弾は小栗旬主演の「花」 10

    劇団☆新感線『髑髏城の七人』6作がゲキ×シネに 第1弾は小栗旬主演の「花」