インタビュー

映像作家・川村ケンスケが感動した、サザン桑田佳祐の粘り強さ

映像作家・川村ケンスケが感動した、サザン桑田佳祐の粘り強さ

インタビュー・テキスト
島貫泰介
撮影:豊島望 編集:矢島由佳子

今年還暦を迎えた桑田佳祐だが、その勢いはむしろますますスピードを上げているかのようだ。新曲“ヨシ子さん”では、いち早く音源に触れたメディア関係者のド肝を抜き、WOWOWで放送予定のライブ番組では「東京の歌謡曲」をテーマに、昭和の名曲を朗々と歌い上げている。

そのエネルギーとアグレッシブさはどこからわき上がってくるのだろうか? 今回、桑田佳祐やサザンオールスターズのPVを多く担当している映像ディレクターの川村ケンスケをお招きし、桑田を突き動かす音楽的衝動について訊ねた。稀代のPV作家は、桑田佳祐を、音楽を、どのように見つめているのか?

桑田さんの音楽って、誰もが知っているようだけど、じつは知らない、でもみんなやっぱり知っている、っていう特殊な出会い方をする音楽だと思うんですね。

―川村さんが、桑田佳祐さんとはじめて仕事でご一緒されたのは、1999年の“イエローマン ~星の王子様~”のPVですね。そのときの印象から伺ってもいいでしょうか?

川村:本当に最初に関わったのは、1998年に静岡県浜名湖で開催された『スーパーライブ in 渚園』(正式名称は『1998夏 サザンオールスターズ スーパーライブ in 渚園「モロ出し祭り~過剰サービスに鰻はネットリ父ウットリ~」』)の撮影なんですよ。それはレコード会社の映像担当者から依頼をもらった仕事だったんですけど、当時、僕はそれまであまりサザンを聴いた感覚がなくて、「俺で大丈夫なのかな?」と心配になりながらリハーサル現場に出向いたんですね。それで驚いたんですけど、じつは曲を全部知っていたんですよ。

川村ケンスケ
川村ケンスケ

―知らないはずなのに、ですか?

川村:そうなんです。というのは、歌番組やCMや有線とか、生活の至るところでサザンの曲が流れていたから。あと僕が新人の頃にお世話になった先輩ディレクターが、とにかく『稲村ジェーン』(1990年公開、桑田佳祐が監督を務めた映画)が好きで、その人の車に乗っていると、必ず“真夏の果実”がかかってたんですよ。

―そういった経験からサザンの音楽が染み込んでいったと。

川村:つまり桑田さんの音楽って、誰もが知っているようだけど、じつは知らない、でもみんなやっぱり知っている、っていう特殊な出会い方をする音楽だと思うんですね。たとえば若い人に「バート・バカラックがどんな曲を作っていたか、知ってる?」なんて質問をしても、多分ほとんどの子は解答できない。でもCarpentersの“Close to you”のメロディーは絶対に一度は耳にしたことがあるはずでしょう。

―同じことが、サザンにも言える。

川村:そう。実際、中学1年生だった僕も、1978年の“勝手にシンドバッド”を『ザ・ベストテン』(1978年から約10年続いた人気歌番組)で見て、「なんじゃこりゃ!」って衝撃を受けているわけです。そういう不意の出会い方をしている日本人は全国に大勢いるはずですよね。自分はレコードやCDを持っていなくても、昔付き合った彼女が持っていたとか、両親がファンだとか、そういう風に触れていることもある。そういう存在のアーティストってほとんどいないと思うんです。

監督:川村ケンスケ

―まさに「国民的スター」ですよね。存在や音楽自体が環境の一部になっている。そんな桑田さんと現場で実際にお会いして、どのような印象を持ちましたか?

川村:スターっていう感じは全然なくて、最初から本当に普通な感じで僕たちに接してくるんですよ。でも話を重ねていくうちにだんだんと「あ、これがモノを作る人ってことなんだ」と気づかされました。はじめてじっくり話したのは、“イエローマン”のPVのときだったんですけど、桑田さんがA3用紙5~6ページにびっしり絵コンテを描いてきて、「ここがこうなって、ああなってさ」っていう説明を猛烈にしてくれるんです。僕はもう圧倒されながら聞いてるんですけど、説明し終わった桑田さんが「これでイントロだから!」と、おっしゃって。「え、この濃密な内容でイントロ!?」とさらにビックリしました(笑)。

―アートディレクターの信藤三雄さんにもお話を伺ったのですが(なぜサザンは「時代を代表する天才」と呼べるか?信藤三雄に訊く)、信藤さんが手がけた“東京”のPVでも、かなり明快に桑田さんのイメージがあって、それを膨らませながら作ったとおっしゃってました。

川村:そうですね。そのスタイルは僕にも一貫していました。

Page 1
次へ

プロフィール

川村ケンスケ(かわむら けんすけ)

1965年生。CM、PV、ライブ映像など数多くの映像作品を手掛ける。初演出のCMは、サントリーリザーブ・シェリー樽仕上げ(出演:木村拓哉)のCM。以降、約100本のCMを演出。PVの主な作品には、サザンオールスターズ、フィッシュマンズ、嵐、倖田來未、安室奈美恵など多数。インディーズ音楽支援サイト『kampsite』のディレクションも手掛ける。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年