特集 PR

「業」と「欲」の深い人なら夢を叶えられる 黒沢美香×井手茂太

「業」と「欲」の深い人なら夢を叶えられる 黒沢美香×井手茂太

『国内ダンス留学@神戸』
インタビュー・編集
佐々木鋼平
テキスト:萩原雄太 撮影:岩本順平

みんな誰しもが、やりたい仕事があるはずなのに、そのゴールに辿り着けて、食べていける人は、なぜかほとんどいない。それはどこかで夢や目標を諦めてしまうからで、その分かれ目にある大事なポイントが、おそらく「業」や「欲」の深さではないだろうか。

プロのダンサー・振付家としての活動を志す人を対象とする養成プログラム『国内ダンス留学@神戸』は、数あるダンスのワークショップの中でも有数のハードルの高さを誇るプロジェクト。1日8時間、週5日、8か月におよぶプログラムに参加するためには、そもそもほとんどの人が関西圏に「留学」しなければならず、いま住んでいる街や環境、仕事を8か月リセットして向い合う必要がある。

では、それでもそこに集まろうとする参加者とは、一体どういう人たちなんだろうか? 「悪いことは言わないからやめておいたほうがいい」とまで言わしめるダンサーへの道とは? 同プロジェクトで振付家を務める黒沢美香、そしてイデビアン・クルーの井手茂太に話を聞いた。ダンサー・振付家として、夢を実現した二人にとって「ダンス」とは何なのか? 二人が口をそろえて「戦場」と語るダンスの現場をのぞき見てみよう。

「ダンスで得られる、原始的で動物的な喜びは、社会では見つけにくいもの」(黒沢)

―お二人は「振付家 / ダンサー」として活躍されていますが、まずは2つの仕事の違いについて、教えていただけますでしょうか。

黒沢:私は作品も作るし、ダンスも踊るので、以前は「舞踊家」と名乗っていたのですが、いつの間にか2つに分けて名乗るのが一般的になっていったんですよね。

左から:井手茂太、黒沢美香
左から:井手茂太、黒沢美香

井手:イデビアン・クルーを1991年に結成してから10年くらい、ほとんど自分は出演していなかったし、意識的に「振付家」を名乗っていました。基本的にダンス作品を創作するのが好きなので、「こういう動きをあのダンサーがしたら面白いな」とか、「この人とこの人がデュエットしたら面白いんじゃないか」とか、「あそこに照明を当てたらどうなるか?」とか、そんな目線が振付家とダンサーの違いのような気がしますね。

―コンテンポラリーダンスでは、振付家による作品の一部としてダンサーが関わることが多いですよね。作品も振付家の名前で残っていくことが多いですし。

黒沢:たぶんこういった肩書きが一般的になった根底には、ヒエラルキーの意識があるんじゃないかと思うんです。特にアメリカでは、振付家の肩書きはすごく重要で、比べてダンサーの地位は低いんです。それは日本でも同じような状況だと思います。

―やっぱりそうなんですね。じつは何となくそんな印象があって、不思議に感じていたんです。

黒沢:ダンサーあっての振付だし、身体があっての振付。振付家とダンサーに上下関係はあり得ないはずなんです。だけど一応、ダンスの世界では「振付家は誰か?」が重要になっている。私も最近は世間のルールに倣って「振付家 / ダンサー」と名乗っています(笑)。

―実際、振付からダンス作品を作っていくときは、どのようなことを意識しているのでしょうか。

井手:ぼくの場合は、劇場空間を眺めながら、ダンサーに「動きの提案」をしていくんです。ダンサーがどう動くかだけでなく、どう見せるかも重要で、「ここに柱があったら面白いんじゃないか」といった美術や照明のアイデアも一緒に立ち上がっていくので、常にダンサーの見せ方を研究しながら創作させてもらっていますね。

黒沢:私が振付をするときは、まずダンサーに隠された起爆スイッチを探すところから始めます。そのスイッチを見つけて押すことで、「私には、まだこんな世界があったんだ!」と、新しい発見ができるようにしたいんです。また、これまで蓄積してきた経験やスタイルをあえて捨ててもらうこともあります。

―ダンサーに実力以上のモノを出してもらうために、プレッシャーを与えるということでしょうか?

黒沢:私にとって、何を「ダンス」とするかの線引きはそこにあります。ダンサーは舞台上で精神的な「際」に立たなければならず、安全でいることはできません。それをダンサーに嫌々ではなく心地よくやってもらいながら、「こんなところに行ったことない!」という体験をしてもらいたいんです。

―そんな「際」からの表現を成り立たせるには、振付家とダンサーが密に意見を交換し、衝突もいとわない濃密なコミュニケーションが取れないとなかなかできなさそうです。

黒沢:そう、簡単にできることではありません。けれども、そんな感覚を一度でも共有することができれば、忘れられないほどの幸福な経験になるんです。頭で理解するのではない、原始的で動物的な喜びは、社会の中ではなかなか見つけにくいもの。一度踊った人がダンスから離れられないのは、そんな喜びを知っているからなんです。

Page 1
次へ

イベント情報

『国内ダンス留学@神戸』5期生募集

2016年8月1日(金)~2017年3月27日(日)
会場:兵庫県 新長田 ArtTheter dB Kobeほか
募集締切:2016年6月13日(月)(場合によっては二次募集の予定あり)
振付家:
井手茂太
黒沢美香
黒田育世
寺田みさこ
平原慎太郎
山崎広太
余越保子
ほか
参加費:150,000円
応募資格:ダンス経験3年以上
奨学生:若干名(参加費全額免除)

プロフィール

井手茂太(いで しげひろ)

1991年にダンスカンパニー「イデビアン・クルー」を結成し、1995年より本格的に活動を始める。既存のダンススタイルにとらわれない自由な発想で、日常の身振りや踊り手の個性を活かしたオリジナリティー溢れる作品を発表し、国内をはじめ、ヨーロパを中心とした23都市、のべ34箇所で作品を上演。また振付はもとより、個性派ダンサーとしても注目を集める。近年では、椎名林檎、星野源等のミュージックビデオの振付や出演、ナイロン100℃『パン屋文六の思案~続・岸田國士—幕劇コレクション~』、NODA・MAP『逆鱗』(作・演出:野田秀樹)などの演劇公演の振付も手掛けている。

黒沢美香(くろさわ みか)

横浜生まれ。5歳から舞踊家の両親(黒沢輝夫、下田栄子)のもとでモダンダンスを習う。1982から1985年までニューヨークに滞在。当時のニューヨー・ダウンタウンのダンスシーンをリードする振付家の作品を踊り、国内外の公演に参加する傍ら、ジャドソン・グループのポストモダンダンスに衝撃を受けて、帰国後日本におけるコンテンポラリーダンスのパイオニアとなってダンス界を引っ張っている。群舞の黒沢美香&ダンサーズ代表、ソロダンス「薔薇ノ人クラブ」代表の他に、「風間るり子」と「小石川道子」の別名でも踊る。最近は踊る大学教授陣「ミカヅキ会議」を発足。舞踊コンクールで1位を5度受賞の他、新人賞、優秀賞、舞踊批評家協会賞、日本ダンスフォーラム賞、ニムラ舞踊賞など受賞。海外公演と全国でワークショップ多数。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『永遠に僕のもの』本予告

8月16日に公開される映画『永遠に僕のもの』の予告編が公開された。アルゼンチン犯罪歴史の中で最も有名な連続殺人犯でありながらも、その美しさから「ブラック・エンジェル」「死の天使」と称された少年・カルリートスの美しくも儚い青春を描いた実話。美、孤独、愛、欲望、青春、犯罪……。これらが渾然一体となっているような少年の衝動がポップに描かれ、疾走感のあるエッジの効いた映像となっている。(野々村)

  1. 実写『アラジン』、王女が歌う“スピーチレス”などアニメ版と異なる新要素 1

    実写『アラジン』、王女が歌う“スピーチレス”などアニメ版と異なる新要素

  2. 『バチェラー・ジャパン』シーズン3、女性参加者20人一挙発表&コメント 2

    『バチェラー・ジャパン』シーズン3、女性参加者20人一挙発表&コメント

  3. 燃え殻×長久允 イジメを受けた僕らは人生をゲームにして謳歌する 3

    燃え殻×長久允 イジメを受けた僕らは人生をゲームにして謳歌する

  4. 『いだてん』に菅原小春演じる人見絹枝も。歴史を変えた女性アスリートたち 4

    『いだてん』に菅原小春演じる人見絹枝も。歴史を変えた女性アスリートたち

  5. なぜあいみょんはブレイクしたのか? 大谷ノブ彦×柴那典が語る 5

    なぜあいみょんはブレイクしたのか? 大谷ノブ彦×柴那典が語る

  6. ビッケブランカ×佐藤千亜妃対談 まだまだ音楽はやめられない 6

    ビッケブランカ×佐藤千亜妃対談 まだまだ音楽はやめられない

  7. 杉咲花がNHK『LIFE!』に登場、「毒サソリレディ」に改造されそうに 7

    杉咲花がNHK『LIFE!』に登場、「毒サソリレディ」に改造されそうに

  8. 大竹伸朗、加賀美健、Nulbarichが「靴下」とコラボ、「TabioARTS」第2弾 8

    大竹伸朗、加賀美健、Nulbarichが「靴下」とコラボ、「TabioARTS」第2弾

  9. みうらじゅんがトム・クルーズに忠告。命知らずもほどほどに 9

    みうらじゅんがトム・クルーズに忠告。命知らずもほどほどに

  10. 相葉雅紀が「おいしい牛乳」、松本潤が「きのこの山」 読売新聞に全面広告 10

    相葉雅紀が「おいしい牛乳」、松本潤が「きのこの山」 読売新聞に全面広告