特集 PR

坂本美雨×CANTUSによる、人を笑顔にする「子守唄」のススメ

坂本美雨×CANTUSによる、人を笑顔にする「子守唄」のススメ

坂本美雨 with CANTUS『Sing with me』
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:西田香織 編集:野村由芽

「正しい呼吸を身につけていくと、ただ呼吸をしたり、そこに声が乗るだけで、みんな何かを生んで生きているんだなって深い満足感が得られて、人として助けられたんです」。これは音楽評論家・小沼純一との対談における坂本美雨の発言で、彼女にとって歌うことがどれだけ重要かをよく表していると思う。

その後、昨年7月に女児を出産した坂本が、女性聖歌隊CANTUSとコラボレーションした新作『Sing with me』は、「子どもと一緒に歌える歌」をテーマにした作品。遊ぶときの歌や子守唄など、より日常に近い場所にある歌たちだと言えるが、その一方では新しい歌い方や音域を駆使した、チャレンジングな一枚である。そして何より、音楽の産業としての寿命が叫ばれる中で、むしろ私たちの生活における音楽の重要度は上がっていることを感じさせるという意味で、本作はとても稀有な作品だ。共に歌い手であり、母親でもある坂本とCANTUSリーダーの太田美帆の対談は、坂本の腕に抱かれた赤ちゃんと、たまたま現場に居合わせた子猫の声が混ざり合う、穏やかな雰囲気の中で行われた。

よく歌手が「歌なしでは生きていけない」と言うけど、現実的な意味で、初めてそうなった気がします。(坂本)

―美雨さんは、以前小沼純一さんと対談していただいたときに、「昔から合唱隊のCDをよく聴いていた」とおっしゃっていました。今回のCANTUSとのコラボレーションはずっとやりたかったことだったと言えるのでは?

坂本:そうですね。私は入れなかったんですけど、親はずっとひばり児童合唱隊(1943年設立の児童合唱隊。アーティストのコンサートへの出演などもしている)に入れたかったみたいで、合唱隊のCDは子どもの頃から聴いていて。

坂本美雨
坂本美雨

―太田さんは小さい頃から合唱隊にいらっしゃって、CANTUSはその延長線上にあるわけですよね。

太田:そうです。うちのメンバーは全員、東京少年少女合唱隊(1951年設立。グレゴリオ聖歌から現代音楽までレパートリーを持ち、国内外のオーケストラとも数多く共演)の出身ですね。

坂本:合唱隊界の超エリートですよ。

太田:うちの合唱隊はすごく体育会系だったんです。メンバーの中では私が一番年上なんですけど、合唱隊を卒業してからも歌をやりたいと思っていたら、「先輩、まとめてください!」という感じになって今のメンバーを招集したので、主従関係がわりとはっきりしていて(笑)。

左から:坂本美雨、太田美帆
右:太田美帆

坂本:リハの感じもかなり体育会系だよね。「はい、やるよ!」みたいな(笑)。

―聖歌隊ってもっとおしとやかなイメージだったので、ちょっと意外です(笑)。

太田:厳密に言うと、聖歌隊というのは教会付きの歌う人たちのことなので、本来は信者じゃないといけないんです。一方で、私たちは東京少年少女合唱隊でやっていたカトリックの宗派にまつわる教会音楽を歌い続けているだけなので、信者じゃない子もいて。でも周りからは聖歌隊だと言われるし、声のイメージが湧きやすいということもあって、自分たちでも「聖歌隊」と言っています。

―聖歌隊でありながら、ポップスから日本の伝統音楽まで、幅広い人とコラボレーションをされているのがユニークですよね。美雨さんから見たCANTUSの魅力とは?

坂本:いろんな人とコラボレーションできる聖歌隊という存在自体が珍しいですよね。あと、みなさん子どもがいたり、家庭がありながら、家族と協力して活動していて、歌への気持ちの強さをすごく感じます。今の私にとって「娘に対する歌」というのが一番リアルな歌だから、今回の作品のテーマを「子どもと一緒に歌える歌」にしたんです。美帆ちゃんも2人の子どもがいるので、それを感覚的に共有できるんじゃないかと思ったのも大きくて。

―お子さんが生まれて、美雨さんにとって歌うことの意味はどう変わりましたか?

坂本:今まで歌ってきたのは自己表現の歌だったけど、一番近くにいる人をとにかく笑わせたいという歌になりました。あと、自分の気持ちを変えてくれるものにもなっていて、例えば子どもと2人きりでいて煮詰まったときに、ちょっと声を出すだけで、お互いの気分が良くなったりする。歌がより日常的なものというか、生活に必要不可欠なものになりましたね。よく歌手の人が「歌なしでは生きていけない」と言いますけど、現実的な意味で、初めてそうなった気がしていて。

Page 1
次へ

リリース情報

坂本美雨 with CANTUS『Sing with me』
坂本美雨 with CANTUS
『Sing with me』(CD)

2016年6月22日(水)発売
価格:1,296円(税込)
YCCW-10277

1. 星めぐりの歌
2. ノスタルジア
3. When You Wish Upon A Star ~星に願いを~
4. pie jesu

イベント情報

坂本美雨 with CANTUS『Sing with me』リリース記念イベント

2016年7月3日(日)12:00~
会場:東京都 タワーレコード新宿店

プロフィール

坂本美雨 with CANTUS
坂本美雨(さかもと みう)

1980年生まれ。1990年に音楽家である両親と共に渡米。ニューヨークで育つ。1997年「Ryuichi Sakamoto feat. Sister M」名義でデビュー。以降、本名で音楽活動を開始。2013年初のベストアルバム『miusic - best of 1997~2012』を発表。音楽活動の傍ら、演劇出演、ナレーション、執筆も行う。2015年7月に第一子となる女児を出産。動物愛護活動をライフワークとし、大の愛猫家である。

CANTUS(かんとぅす)

幼なじみで結成された9人の女子聖歌隊。東京出身。グレゴリオ聖歌やルネサンス音楽をメインレパートリーとしている。CMや映画音楽を数多く担当。坂本美雨のほか、フィッシュマンズや中島ノブユキ等のコーラスも行なう。「CANTUS」とはラテン語で「歌」という意味。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

LUMINE ART FAIR - My First collection / Art of New York City

10月12日、13日にルミネ新宿で開催する『LUMINE ART FAIR -My First Collection』のために制作された動画。現地アーティスト2名の言葉と、リアルな空気感とともにNYのアートシーンを紹介している。「NY、かっこいい!」という気持ちがムクムク膨れ上がってくるはずだし、アートに触れるきっかけはそれくらいがちょうどいいと思う。(石澤)

  1. 曽我部恵一×後藤まりこ 歌も人生も、原始的な欲望に従うままに 1

    曽我部恵一×後藤まりこ 歌も人生も、原始的な欲望に従うままに

  2. 電気グルーヴから「鬼日」のお知らせが到着、今年で30年目 2

    電気グルーヴから「鬼日」のお知らせが到着、今年で30年目

  3. 一発撮りYouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」 初回はadieuこと上白石萌歌 3

    一発撮りYouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」 初回はadieuこと上白石萌歌

  4. やなぎみわが後世に説く「死んだ人に聞きなさい」その真意は? 4

    やなぎみわが後世に説く「死んだ人に聞きなさい」その真意は?

  5. 渋谷PARCO屋上で『シブカル祭。』無料ライブ 佐藤千亜妃、TAMTAMら出演 5

    渋谷PARCO屋上で『シブカル祭。』無料ライブ 佐藤千亜妃、TAMTAMら出演

  6. カネコアヤノ×松本穂香 器用に生きられない二人のもがき方 6

    カネコアヤノ×松本穂香 器用に生きられない二人のもがき方

  7. 『石野卓球の地獄温泉』今年も開催 入場者に1ネジ配布 7

    『石野卓球の地獄温泉』今年も開催 入場者に1ネジ配布

  8. グザヴィエ・ドラン監督作『ジョン・F・ドノヴァンの死と生』3月に日本公開 8

    グザヴィエ・ドラン監督作『ジョン・F・ドノヴァンの死と生』3月に日本公開

  9. NICO Touches the Wallsが「終了」を発表 9

    NICO Touches the Wallsが「終了」を発表

  10. 京極尚彦監督『映画クレヨンしんちゃん』来年4月公開 予告編&ビジュアル 10

    京極尚彦監督『映画クレヨンしんちゃん』来年4月公開 予告編&ビジュアル