特集 PR

均一なノリのライブにNOを。ロックバンドBenthamの意思表明

均一なノリのライブにNOを。ロックバンドBenthamの意思表明

Bentham『ExP』
インタビュー・テキスト
黒田隆憲
撮影:豊島望 編集:山元翔一
2016/07/06

KEYTALKを擁する「KOGA RECORDS」所属の4人組ロックバンドBenthamが、通算4枚目のEP『ExP』をリリースした。「経験値」を意味するタイトルが付けられた本作には、「恋愛」や「別れ」「親子関係」など、誰しもが一度は「経験」するエピソードを元に書かれた7曲の「応援ソング」を収録。デビュー時の彼らのキャッチフレーズだった「4つ打ちロック系」という枠組みでは、もはや語れないほどバラエティーに富んだ一枚に仕上がった。

KEYTALKのツアーサポートに、無名の頃から抜擢されるなど恵まれた環境にあったぶん、気負いやプレッシャーに苦しまされることも多かったという彼ら。そんな中、「売れる」ということを何よりも渇望し、シーンの現状を見据え、トライ&エラーを繰り返しながら変化してきた彼らの目の前には今、どのような景色が広がっているのだろうか。ボーカル&ギターの小関竜矢と、ギターの須田原生に話を訊いた。

スタート時点の注目度が高かったことがプレッシャーになってしまい……。思うような結果が出せなかったことに対し、かなり葛藤がありました。(小関)

―これまで3枚のEPをリリースしてきたBenthamですが、今の自分たちを客観的にどう評価していますか?

小関(Gt,Vo):僕らはKOGA RECORDSからデビューしたんですけど、レーベルの先輩であるKEYTALKと一緒にツアーを回らせてもらうなど、他のバンドと比べても恵まれたスタートだったと思いますね。ただ、そのぶん葛藤も多かったです。しかも僕らデビューが遅くて、年齢的にも若いわけではないので、早く結果を出さなければという焦りもあります。

小関竜矢
小関竜矢

―「葛藤」というのは?

小関:僕らは「ライブ感」をすごく大事にしているので、KEYTALKのライブを間近で見て「真似したい」「吸収したい」と思って模索してきたんですけど……。

須田(Gt,Cho):最初のうちは全然ダメでしたね。まず自分たちが、千人規模のお客さんから一斉に見られる経験なんてなかったんで。せいぜい数十人規模のハコでしかやっていなかったわけですから。

須田原生
須田原生

小関:ただ闇雲に激しく動いているだけで、ステージングとしてちっとも綺麗じゃなくて。スタート時点の注目度が高かったことで、「しっかりやらなきゃ」というプレッシャーにもなってしまい……。思うような結果が出せなかったことに対し、かなり葛藤がありました。

―KEYTALKのライブを間近で見て、具体的にどんなことを学んだのですか?

小関:彼らは本当に肩の力が抜けてて、メンバー同士も仲が良くて……。これまで僕は、NUMBER GIRLとかTHEE MICHELLE GUN ELEPHANTとか、シリアスなバンドを好んで聴いていたので、頭に思い浮かべていたバンドというもののイメージがガラッと変わりました。

KEYTALKの四人は楽しそうに見える裏で、ものすごい量のリハーサルや、個人練習を積み重ねているんです。その努力に裏打ちされた、「力の抜け方」なんですよ。だから今、僕らが同じことやったとしても、「何やっちゃってんだ?」ってなると思うんです。あとは、圧倒的なオリジナリティーと存在感。コードをジャーンと鳴らしただけでカッコいいのは、ちゃんと自分たちの理想像を描けているからじゃないかと。

須田:第三者の視点でバンドを客観的に見る力がKEYTALKにはあるんです。デビュー当時の僕らは、そういう力が全く足りてなかったんですよね。やりたいことを、ただライブハウスでやるだけで終わっていた。俯瞰で見て「もっとこうしたらよくなる」「こうすればお客さんを楽しませられる」って考えることの大切さをKEYTALKから学びました。

小関:それと、僕が学生の頃と今とでは、ライブハウスの年齢層もお客さんが求めているものも変わったんだなと思いました。そこも踏まえてステージ作りをしないと、上には行けない。もちろん、自分たちがやりたくないことをやったり、曲げたくないことまで曲げるつもりはないけどね。

Page 1
次へ

リリース情報

Bentham『ExP』
Bentham
『ExP』(CD)

2016年7月6日(水)発売
価格:1,944円(税込)
KOCA-91

1. サテライト
2. 恋は白黒
3. 僕から君へ
4. KIDS
5. AROUND
6. カーニバル
7. fine.

プロフィール

Bentham
Bentham(べんさむ)

2010年結成。2014年春のKEYTALKツアーのゲストアクトに抜擢され注目を集める。TGMX(FRONTIER BACKYARD)をプロデューサーに迎え、これまでに3枚のEPをリリース。2016年7月6日、4枚目のEP『ExP』をリリース。今後さらなる活躍が期待されるハイブリッドロックバンド。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Wanna-Gonna“それから”

濱口竜介監督作や『21世紀の女の子』に参加する女優・小川あんが主演を務めたWanna-Gonna“それから”MV。脆く小さな記憶が、花やセーターの何気ないシルエットに沿って瞬くような印象を受ける。撮影が行われたのは、2020年に向けて取り壊しが決まっているという浅倉奏監督の部屋。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー