特集 PR

大貫妙子が語る、何かを成すのではなく未来へ繋げるという人生観

大貫妙子が語る、何かを成すのではなく未来へ繋げるという人生観

大貫妙子『パラレルワールド』
インタビュー・テキスト
金子厚武
編集:山元翔一

ソロデビュー40周年を迎えた大貫妙子が、それを記念したボックスセット『パラレルワールド』を発表する。山下達郎らとのシュガー・ベイブでキャリアをスタートさせ、1976年にソロデビューアルバム『グレイスカイズ』をリリースすると、その後も坂本龍一や小林武史といったプロデューサーとのコラボレーションで数多くの名作を発表。近年では坂本とのひさびさの共作となった『UTAU』が大きな話題を呼び、小松亮太との『Tint』では『日本レコード大賞』の優秀アルバム賞を受賞している。また、現在の「シティポップ」の流行もあって、若いミュージシャンとの会話のなかで、彼女の名前が挙がる機会が増えているのも確かだ。

今回の取材では「今だからこそ訊きたいこと」を様々な角度から質問すると、大貫はその一つひとつに対して丁寧に(ときに大胆に)答えてくれた。そこから浮かび上がってきたのは、メロディーとサウンドに対する絶対的な信頼の一方で、自身の「歌」と格闘し、周りのミュージシャンの助力を得ながらも、自らの手でキャリアを築き上げていったこと。そして、「音楽はあくまでロマンティックなもの」を信条としたうえで、常に自分と向き合い、人と人との触れ合いを大切にしながら、未来を見つめ続けてきたということだった。

人の根本はそう変わらないけど、時代によって、あるいは経験によって考え方は変わっていくから、生きざまを音楽にしてしまうと大変ですよ。

―『パラレルワールド』というタイトルは、NHK『みんなのうた』で放送されて、映像作家の坂井治さん作の絵本も出版された“金のまきば”の<パラレルワールド きみをつれて行こう>という歌詞から取られているそうですね。なぜこの言葉をタイトルに選んだのでしょうか?

大貫:今回のボックスにその絵本が収録されるということもあるのですが、「パラレルワールド」って、存在するのではないかと、ふと思うときがあるんです。

岩波少年文庫は好きでいろいろ読むんですが、“金のまきば”を書いたときは、『ナルニア国物語』をたまたま読んでいました。つるしてあるコートをかきわけて入った衣装ダンスのなかに別世界の扉があって、そこは時間の流れも違う。ある世界と平行して存在する、別の世界がパラレルワールドですよね。「そんなのあるわけない」と言ってしまったらそれまでですが、ないとも言えませんから。

―おっしゃるとおりだと思います。

大貫:そっとしておけば平和であるはずの世界が、何かの意図によって思わぬ方向に加速していってしまう、ということを私たちは知っています。上手くいかないことや、なくしたと思っていることが、別の世界では上手くいっているし、なくしたものも存在しているとすれば、その扉を閉ざしてしまうのは、かたくなな選択のように思える。長く活動してきたうえで、私もいろんなことをやってきましたが、自分で自分のできる範囲を限定してしまうのは、もったいないです。

大貫妙子
大貫妙子

―取材前に『デビュー40周年アニバーサリーブック』を読ませていただいたんですけど、そのなかで「『音楽は生きざま』というのは重すぎる」とおっしゃっていたのがすごく印象的でした。つまり、「音楽は生きざま」と捉えてしまうと、扉を閉じてしまう危険性があるということなのかなって。

大貫:生きざまを音楽にしてしまうと、いつもそれを音楽に反映させなくてはならないじゃないですか? 人の根本はそう変わらないけど、時代によって、あるいは経験によって考え方は変わっていくから、生きざまを音楽にしてしまうと大変ですよ。もちろんそれを貫く人もいると思いますが、私たちにはできませんでした。

―「私たち」というのはシュガー・ベイブのことですよね?

大貫:そう。シュガー・ベイブは全員が東京出身で、当時の東京生まれ東京育ちの人は、「一旗揚げよう」っていう思いがそもそもない。私たちは好きな音楽をやっていただけっていうか、外からは単にぼーっと軟弱に見えていただけ(笑)。まだ若くて「生きざま」なんて言える感じじゃなかった。

―でも、1970年代ってまだ「音楽は生きざま」っていう空気も強かったんじゃないかとも思います。

大貫:学生運動の最後の世代として、ロックやブルースの人たちが社会に対して掲げていたことは、当然私たちも考えてはいました。だからといって、「自分の好きな音楽がポップスで何が悪いのでしょう?」っていうことですね。社会的なことを歌うと、とたんに「社会派」みたいなレッテルを貼られてしまいますし。

―音楽と社会的な思想は、切り離していらっしゃったわけですね。

大貫:当時よく使われていた「反体制」という言葉の意味も、自分が何者かもわからないほど若かったときは、「音楽はあくまで好きなものをやりたい」「(世の中に対して)言いたいことは雑誌のインタビューなどの折に言えばいい」と思っていたので。私にとって音楽は時代を超えるもの。その思いは今でも変わらないですね。

Page 1
次へ

リリース情報

大貫妙子『パラレルワールド』
大貫妙子
『パラレルワールド』(LP+2CD+DVD+絵本)

2016年7月6日(水)発売
価格:12,960円(税込)
PCBP-62212

[LP]
『PURE ACOUSTIC」
1. 雨の夜明け
2. 黒のクレール
3. 横顔
4. 新しいシャツ
5. Siena
6. Rain Dance
7. 突然の贈りもの
※1987年に通販商品として発売のセルフカヴァーアルバム。アナログテープよりロンドン・アビーロードスタジオにてハーフスピードカッティングによる初LP化
[CD DISC1]
『Best of my songs』
1.船出(One Fine Day'05)
2.LULU(LUCY'97)
3.Happy-go-Lucky(LUCY'97)
4.snow(note'02)
5.Volcano(LUCY'97)
6.空へ(LUCY'97)
7.東京日和(ピアノヴァージョン)(ひまわり 97)
8.虹(note'02)
9.Jacques-Henri Lartigue(コパン'85)
10.色彩都市(Cliche'82)
11.宇宙みつけた(カイエ 84)
12.ぼくの叔父さん(A Slice o f Life 87)
13.カイエⅠ(カイエ 84)
14.L'ecume des jours~うたかたの日々(ensemble'00)
15.RENDEZ-VOUS(ensemble'00)
16.Time To Go(One Fine Day'05)
17.Kiss The Dream(ATTRACTION'99)
18.3びきのくま(UTAU'10)
※40年間の楽曲の中から大貫妙子自身が選曲したオールタイムベスト(初市販)
[CD DISC2]
『大貫妙子 with 山弦& Re-recording Songs』
1. あなたを思うと
2. Hello, Goodbye
3. シアワセを探し
4. Forever Friends
5. 東京オアシス
6. 自由時間
※山弦とのコラボレーションに新録を加えたアコースティックアルバム新録曲3曲収録
[DVD]
NHKみんなのうたより
・「みずうみ」('83)
・「メトロポリタン美術館」('84)
・「コロは屋根のうえ」('86)
・「金のまきば」('03)
1988年8月26日放送 『サマーナイトミュージック』
1. テーマ・プリッシマ Tema Purissima
2. 雨の夜明
3. レインダンス Rain Dance
4. 朝の夏に開くパレット(バイオリンソロ)
5. 横顔
6. ヴォセ・エ・ボサノバ Voce é Bossanova
7. カヴァリエ・Cavaliere Servénte
8. 恋人とは…(ピアノソロ)
9. 黒のクレール
10. 突然の贈りもの
※1988年NHK総合テレビ放送 未発売スタジオライブ
映像提供:NHK/NHKエンタープライズ

イベント情報

大貫妙子 シンフォニックコンサート

2016年12月22日(木)OPEN 18:00 / START 19:00
会場:東京都 池袋 東京芸術劇場 コンサートホール
出演:大貫妙子
指揮:千住明
演奏:東京ニューシティ管弦楽団

プロフィール

大貫妙子
大貫妙子(おおぬき たえこ)

1973年、山下達郎らとシュガー・ベイブを結成。75年に日本初の都会的ポップスの名盤『ソングス』 をリリースするも76年に解散。同年『グレイスカイズ』でソロデビュー。以来、現在までに27枚のオリジナル・アルバムをリリース。日本のポップミュージックにおける女性シンガー&ソングライターの草分けのひとり。その独自の美意識に基づく繊細な音楽世界、飾らない透明な歌声で、多くの人を魅了している。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PAELLAS“Orange”

1stデジタルシングルから“Orange”のMVが公開。Spikey Johnが監督を務め、研ぎ澄まされたクールな表現で楽曲を彩る。次第に日が落ちていく情景はどこかメランコリックで、いつの間にか私たちは彼らに物語を見出そうとしてしまっていた。過ぎ去った夏に思いを馳せながら、映画のように濃密な4分間をゆったりと味わえるはず。(野々村)

  1. Ken YokoyamaからのSOS バンドに訪れた転換期を包み隠さず語る 1

    Ken YokoyamaからのSOS バンドに訪れた転換期を包み隠さず語る

  2. 新垣結衣×松田龍平W主演、野木亜紀子脚本『獣になれない私たち』放送開始 2

    新垣結衣×松田龍平W主演、野木亜紀子脚本『獣になれない私たち』放送開始

  3. 『音量を上げろタコ!』KenKen、PABLO、富澤タクら10人のキャスト写真公開 3

    『音量を上げろタコ!』KenKen、PABLO、富澤タクら10人のキャスト写真公開

  4. 自由な大泉洋、振り回される高畑充希&三浦春馬 『バナナかよ』場面写真 4

    自由な大泉洋、振り回される高畑充希&三浦春馬 『バナナかよ』場面写真

  5. 戸次重幸がヨガで白目&床に頬ずりして恍惚 パナソニックの動画4本公開 5

    戸次重幸がヨガで白目&床に頬ずりして恍惚 パナソニックの動画4本公開

  6. 『花椿』でペトラ・コリンズが「東京少女」撮影 満島ひかり×Chara対談も 6

    『花椿』でペトラ・コリンズが「東京少女」撮影 満島ひかり×Chara対談も

  7. 堀込泰行のソロ5年目はどんな感じ? 他者と交わる面白さを語る 7

    堀込泰行のソロ5年目はどんな感じ? 他者と交わる面白さを語る

  8. 松山ケンイチ×染谷将太が「聖職系男子」 ドラマ『聖☆おにいさん』予告編 8

    松山ケンイチ×染谷将太が「聖職系男子」 ドラマ『聖☆おにいさん』予告編

  9. 片渕須直×こうの史代×コトリンゴ オタフクソースのウェブアニメが公開 9

    片渕須直×こうの史代×コトリンゴ オタフクソースのウェブアニメが公開

  10. 隈研吾が設計デザイン「デリス横浜ビル」11月開業 食と文化の発信拠点に 10

    隈研吾が設計デザイン「デリス横浜ビル」11月開業 食と文化の発信拠点に