特集 PR

落語家・柳家喬太郎インタビュー 若者にも大人気、落語シーンの今

落語家・柳家喬太郎インタビュー 若者にも大人気、落語シーンの今

柳家喬太郎、柳家喬之助『ウルトラマン落語』
インタビュー・テキスト
島貫泰介
撮影:岩本良介 編集:山元翔一、飯嶋藍子

いま、落語が楽しい。これまでにも何年かに一度は大小の落語ブームが起こってきたけれど、ドラマや映画、漫画や小説などで培われてきた蓄積によって、ここ数年でもっと太い流れになってきたように思う。実際、新宿末廣亭や、上野の鈴本演芸場などの寄席に足を運ぶと、若いファンの姿が目立つ。

そんな落語の勢いを支える人気落語家の一人が、柳家喬太郎だ。喬太郎師匠の落語は、とにかく楽しい。古典落語も創作落語も、異常なくらいに枕(本筋に入る前のフリートーク部分のこと)が長く、それが抜群に笑える。「いま最もチケットのとれない落語家」と呼ばれるのも納得である。

そんな師匠が、ここ数年取り組んでいるのが『ウルトラマン落語』である。有名特撮シリーズをモチーフにした落語は、マニアックでありながら、なぜか万人が笑えてしまう普遍性を持っている。今回、そのDVD化を記念してインタビューする機会を得た。『ウルトラマン』シリーズへの愛のみならず、落語の芸のことから観客についてまで。多彩に広がる話芸の熱をお届けする。

『ウルトラマン落語』からは、落語家としての腹の据え方、覚悟っていう精神的に非常に大事な発見をもらいました。

―喬太郎師匠が『ウルトラマン落語』を始めたきっかけはなんでしょうか?

喬太郎:20年前くらいですかねえ。特にこれといった理由はなくて、新作落語でウルトラマンを題材にしたものがあったら面白いかな、くらいの軽い気持ちで作ったのが『ふたりのウルトラ』という作品でした。

柳家喬太郎
柳家喬太郎

―DVDでは弟弟子の柳家喬之助さんがやっていますね。

喬太郎:そうです。まあ、そのくらい軽い動機で作ったものだし、落語ファンでウルトラマンも好きという人も少ないから、私もそんなにしょっちゅう披露する噺ではなかったんです。

それが一昨年、仲間うちで「ウルトラマンをテーマに落語会をやろう」っていう半分遊びみたいな企画が立ち上がって。なんでそんな酔狂をやろうと思ったかっていうと、川崎に「怪獣酒場」という円谷プロ経営の楽しい飲み屋があるんです。みんなそこに飲みに行きたいから「じゃあ新作作って、打ち上げの飲み代稼ぐぞ!」っていう本末転倒にも程がある動機。

―そうなのですね。その動機を発端にできた作品というのは?

喬太郎:『抜けガヴァドン』という作品です。そいつがけっこうウケて、他にもウルトラものはあったんですが、ちょうど今年がウルトラマン放送開始50年のタイミングだった。そこで円谷プロさんから寄席の企画を提案していただいて、本格的に『ウルトラマン落語』と言えるシリーズが固まりました。

柳家喬太郎・柳家喬之助『ウルトラマン落語』ジャケット
柳家喬太郎・柳家喬之助『ウルトラマン落語』ジャケット(Amazonで見る

―喬太郎師匠のウルトラマン好きは有名ですし、DVDの中でも「もう古典はやらねえ! 柳家を破門になったら円谷になる!」と豪語されていましたよね。20年前に『ふたりのウルトラ』を作ってみて、お客さんの反応はどうでした?

喬太郎:普通の落語ファンの反応はそりゃあ薄かったですよ。自分の数少ない趣味がウルトラマンや特撮で、好きだから作ったくらいのものですからね。ただウルトラマンのいいところは、番組を見たことがなくても、なんとなくみんなその存在を知っていて、「正義のヒーローで怪獣と戦う」くらいの認識はある。

だから、例えばウルトラマンタロウについて説明する時も「歌舞伎で言ったら中村勘九郎」と喩えればウルトラ兄弟を知らなくても笑える、みたいなギャグの組み立て方をしているわけです。『抜けガヴァドン』は古典落語の『抜け雀』をもとにしていて、話が進むと突然ウルトラマンの話が始まるところに面白味がある。だから最近は、普通の高座でかけてもそれなりにウケますね。そのかわり休憩時間にみなさん、ものすごい検索するらしいですよ、ガヴァドンを!

柳家喬太郎

―実際、DVDを見ながら私も怪獣名を検索しまくりでした。それもまた楽しい体験なんですよね。

喬太郎:『抜けガヴァドン』を作ったときには気を遣いましたが、究極的には「俺が楽しければいい!」と思ったんです。そうすると迷いがないから堂々とやれる。ウケようがウケまいが、ネットで叩かれようが、「はじめからそう思ってますけど、何か?」ってくらいには腹が据わっていた。

そうすると不思議なもので、お客さんの反応もよくなるし、私も次第に喋ることが面白くなってくる。だから『ウルトラマン落語』からは、落語家としての腹の据え方、覚悟っていう精神的に非常に大事な発見をもらいました。これは非常にありがたいことです。

自分が面白いと思うことを信じて、その面白さを相手に伝えて喜ばせたい、という想いの強さがないとね。

―『ウルトラマン落語』に限らずとも、古典落語自体が現代とはだいぶ距離のある内容ですよね。例えば「かまど」のことを「へっつい」と言われても、素人からすれば「それって何のこと?」となる。

喬太郎:そうですね。

柳家喬太郎

―でも、師匠の落語は、たとえ落語を知らない人であっても楽しませよう、という意志に満ち溢れています。それが「いま最もチケットが入手できない落語家」と呼ばれる人気につながっているのではないでしょうか?

喬太郎:それは噺家をやっている人間なら全員が持っている意志です。もしそれがないとしたら、どんなに技術があってもその人はアマチュアですよ。生活様式や時代設定が違うから「落語は取っ付きにくい」なんてことは、ずーっと昔から延々と言われています。でも、それぞれの作品の中で動いている人物や事物は、どんな時代であってもやっぱり面白い。

だから噺家は、わからないものを伝えるためにいろんな工夫をするんです。噺のなかで説明する人もいるし、それだと野暮だから説明せず、さりげなく忍ばせる人もいる。だからウルトラマンを知らない人でも笑わせるというのは、普段からやっていることの延長にあります。

柳家喬太郎

―なるほど。

喬太郎:あともう一つ大事なのは、一生懸命に演じること。みなさんが当たり前に使っている横文字もよくわからないような52歳のおじさんがね、ウルトラマンに夢中になって喋っているということ自体が面白いと思うんです。だから逆に手を抜けない。こういう構成で、このくらいの技量があれば、まあ伝わるだろう、なんて考えてやってはいけなくて、対象への思い入れや愛がなければ伝わらないんです。

―そういうことはよくありますよね。中学のときの担任のモノマネをする友人が死ぬほど面白かったりだとか。その担任と自分はまったく会ったこともないのに。

喬太郎:そうそう。自分が面白いと思うことを信じて、その面白さを相手に伝えて喜ばせたい、という想いの強さがないとね。例えば、テレビの『笑点』に出ている林家たい平師匠なんかは、「とにかく楽しんでもらおう!」というサービス精神の塊なんです。そういう人だから、『24時間テレビ』のチャリティーマラソンも完走できた。

Page 1
次へ

リリース情報

柳家喬太郎、柳家喬之助『ウルトラマン落語』
柳家喬太郎、柳家喬之助
『ウルトラマン落語』(DVD)

2016年10月26日(水)発売
価格:3,240円(税込)
COBA-6910

プロフィール

柳家喬太郎(やなぎや きょうたろう)

1963年生まれ。東京都出身。平成元年、柳家さん喬に入門。以来、一貫して自作の超爆笑新作、そして対極とも言える三遊亭円朝作品等の古典落語を演じ続け、それぞれに確固たる地位を築いている。過去数々の賞に輝き、平成18年には芸術選奨新人賞を受賞。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

U-zhaan×環ROY×鎮座DOPENESS“にゃー feat.矢野顕子”

猫の気ままな散歩の様子を描いたラップが、ほぼタブラのみで作られた5.5拍子のトラックに乗せられる、ほぼ猫のPV。坂本美雨の愛猫「サバ美」をはじめ、いろいろな猫が出演している。ボーカリストとして参加している矢野顕子が歌う<にゃーにゃー>という歌詞が印象的。