特集 PR

アングラから一気に全国区へ Have a Nice Day!インタビュー

アングラから一気に全国区へ Have a Nice Day!インタビュー

Have a Nice Day!『The Manual(How to Sell My Shit)』
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:田中一人 編集:柏井万作

浅見北斗率いる「鼻持ちならない奴ら」、Have a Nice Day!の「拡張」が止まらない。5月には共に東京のアンダーグラウンドシーンを拠点に活動してきたNATURE DANGER GANGとおやすみホログラムの3組を追ったドキュメンタリー映画『モッシュピット』が全国公開され、渋谷O-WESTでのワンマンライブを成功させると、浅見の目線は遂にアンダーグラウンドの外側に、そして、東京の外側に向けられた。

タイトルからして挑発的な新作『The Manual(How to Sell My Shit)』には、東名阪で行われるリリースパーティーの入場券がついていて、ここには東京だけでなく、地方での活動を活発化させようという意志が感じられる。また、タワーレコード限定の予約特典として、おやすみホログラムと永原真夏をゲストに迎えたCD-Rが制作され、これはアンダーグラウンドを抜け出て、より広いリスナーにリーチしようとする姿勢の表れだと言えよう。

これらの挑戦の背景にあるのは、やはり熱気渦巻くモッシュピットをもっともっと大きくしていきたいという願いだ。『モッシュピット』を制作したAVメーカーHMJMを率いるカンパニー松尾氏はHave a Nice Day!について「最初動画サイトで見て『感じなかった』ものがライブを通して体現し、リアルな現象を目の前にしてようやく僕の頭やカラダに伝わった」とコメントしている。そう、浅見はいつだって、モッシュピットの前で君を待っている。

全然知らないやつらが俺たちの曲をシンガロングしてくれて、超絶感動したんです。これなら地方でもやっていける可能性あるなって。

―ニューアルバムの帯は東名阪で行われるリリースパーティーの入場引換券になっていて、これまであくまで東京を中心としてきたHave a Nice Day!(以下、ハバナイ)の活動に変化が出てきたと言えそうですね。「インターネットじゃ全く縮まらない距離もある」というコメントも印象的でした。

浅見:今まで東京でやってきて、「東京が一番」ってずっと思ってたので、あんまり地方のことは考えてなかったんです。でも、去年リキッドルームでのリリースパーティーを成功させて、今年の5月には渋谷O-WESTでのワンマンも成功させることができたので、これを地方にも広げていきたいと思うようになったんです。

最初はこれまで通りにインターネットを使って何かやろうと思ったんですけど、リキッド規模で成功できたのって、自分たちが東京で積み重ねてきたものがあったからこそなんですよね。お客さんとの共 犯関係というか、信頼関係があった。でも、その関係性が地方の人とは作れてないという問題があって。

浅見北斗
浅見北斗

―『SCUM PARK』(浅見が主催する東京のアンダーグラウンドパーティー)のような現場で培ってきたものが、地方の人とは共有できていないと。

浅見:そう。『SCUM PARK』や『歌舞伎町Forever Free!!!』があったから東京では強いことが言えたけど、同じことをすぐに大阪や名古屋でできるかっていうと、ちょっと失礼になっちゃうし、共感を得られないなって。だから今回のアルバムは、インターネットを使ってアプローチするんじゃなくて、「CDにチケットがついてる」っていう形でやってみようと思ったんです。

―東京にはリアルな現場があって、そこにインターネットも加わって広がりが生まれたけど、地方に最初からインターネットでアプローチしても、届かないだろうと。

浅見:あときっかけとしては映画『モッシュピット』が公開されたことも大きくて。僕らちょっと前まで名古屋でライブをしたことなかったんですけど、映画は名古屋でも上映されたんですね。それに対して、「ライブしに来たことないのに、映画だけやるのはおかしい」みたいな攻撃的な反応もあって、確かにそれもそうだなって。これまでは「東京でやってんだから、こっちに来ればいいじゃん」ってスタンスだったけど、敵対心をむき出しにされると、逆におもろいこと起こるんじゃねえかって気もしたし。

―実際、つい先日(10月13日)に名古屋でライブをしてきたんですよね?

浅見:そうなんです。『龍宮ナイト』ってイベントで、ハバナイとLimited Express (has gone?)と、地元のTHE ACT WE ACTの3バンドだったんですけど、めっちゃ盛り上がったんですよ。「平日だし、東京の感じは出ないと思うけど、アウェイでやるハバナイを観たい」って言ってもらって、僕らもそのつもりで行ったんですけど、実際はホントすごくて。東京だと知ってる顔も多いけど、全然知らないやつらが俺たちの曲をシンガロングしてくれて、超絶感動したんです。これなら地方でもやっていける可能性あるなって。

Have a Nice Day!のアーティスト写真
Have a Nice Day!のアーティスト写真

―イベントとの相性の良さもあっただろうし、『モッシュピット』がいい予習になったっていう部分もあったでしょうね。

浅見:『モッシュピット』は大きかったですね。ちょっと前に札幌にも呼んでもらったんですけど、それも札幌で『モッシュピット』を観たっていう人が呼んでくれたし、実際に行ったら、「HMJM(ハマジム。カンパニー松尾監督が所属するAVメーカー)が好きで『モッシュピット』を観て、それきっかけでハバナイ観に来ました」っていうお客さんもいたりして、自分たちだけだったらそういう状況は作れてなかったと思うけど、「これは地方にも出て行かないと」って思いました。

Have a Nice Day!のライブ風景
Have a Nice Day!のライブ風景

―ちなみに、『モッシュピット』の公開以前は、ハバナイと地方はどんな関係だったのでしょう?

浅見:イベントに呼ばれて行くことは何回かあったんですけど、僕が言ったことで喧嘩みたいになっちゃったり、どっちかって言うと、嫌われてたと思います(笑)。ただ、新潟から毎回『SCUM PARK』を観に来てくれてたお客さんが、新潟でも『SCUM PARK』みたいなことをやりたいって呼んでくれたり、京都でodd eyesってバンドがやってる『感染ライブ』っていうイベントは、『SCUM PARK』に雰囲気が近かったり、そういうのも中にはあったって感じですかね。

―喧嘩(笑)。ハバナイはプロレス的な側面も持ってるから、誤解されることも多いのかなって思うんですよね。なので、バンドのことをちゃんと理解してる企画者の存在が重要で、今はその役目を『モッシュピット』が果たしてくれてるってことなのかなと。

浅見:そうですね。昔はそれこそ音源だけを聴いて、「いいな」って思った人が呼んでくれてたと思うんですけど、最近は『モッシュピット』のおかげで「どういう存在なのか」っていうところまで理解して呼んでくれるので、実際行ったらちぐはぐになるってことはなくなりましたね。今はもう東京の人たちと変わらないぐらい、僕らのことを理解してくれてるなって思います。

Page 1
次へ

リリース情報

Have a Nice Day!『The Manual(How to Sell My Shit)』
Have a Nice Day!
『The Manual(How to Sell My Shit)』(CD)

2016年11月9日(水)発売
価格:2,160円(税込)
Virgin Babylon Records / VBR-036

1. Haywood/Marcellus
2. dance with my climax(void void)
3. 666
4. LOVE SUPREME
5. ミッドナイトタイムライン
6. CRUSH CANDY
7. skit
8. NEW ROMANCE feat. world's end girlfriend
9. WASTED
10. 24hours feat. 入江陽
11. BLUE MIRRORBALL
12. パーティーが終わる
13. Rogers

イベント情報

Have a Nice Day!『The Manual(How to Sell My Shit)』リリースパーティー

2016年11月23日(水・祝)
会場:愛知県 名古屋 鶴舞DAYTRIP
出演:
Have a Nice Day!
NATURE DANGER GANG
おやすみホログラム
料金:当日1,000円(2ドリンク付)
※アルバム付属の引換券で入場無料(ドリンク別)

2016年11月25日(金)
会場:大阪府 味園ユニバース
出演:
Have a Nice Day!
SANABAGUN.
どついたるねん
料金:当日1,000円(ドリンク別)
※アルバム付属の引換券で入場無料(ドリンク別)

2016年12月12日(月)
会場:東京都 渋谷 WWW X
出演:Have a Nice Day!
料金:当日2,500円(ドリンク別)
※アルバム付属の引換券で入場1,000円(ドリンク付)

プロフィール

Have a Nice Day!
Have a Nice Day!(はぶ あ ないす でー)

リーダーの浅見北斗を中心に、2011年頃より活動するジャンク・ディスコ・バンド。ウネるシンセ、太いベースを軸としたサウンドが魅力。2012年にオモチレコードより『BLACK EMMANUELLE EP』2013年に『welcome 2 SCUM PARK』を発表。新宿LOFTを中心に開催されていた“SCUM PARK”の中心的バンドとして、NATURE DANGER GANGらとともに東京アンダーグラウンド・シーンで注目を浴びる。2015年4月にはおやすみホログラムとのコラボ作「エメラルド」、Limited Express (has gone?)とのコラボ作「Heaven Discharge Hells Delight」をリリース。15年11月18日には会場限定3rdアルバム「Dystopia Romance」のリリースパーティーをクラウドファンディングで一般から出資を募り恵比寿リキッドルームでの開催にこぎつけ満員御礼、大成功を収めた。2016年4月、Virgin Babylon Recordsからベスト盤『Anthem for Living Dead Floor』、5月にはアルバム『Dystopia Romance 2.0』をリリース。11月9日にアルバム『The Manual(How to Sell My Shit)』をリリース。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 秋山黄色×佐藤寛太対談 互いに認め合う「異常さ」、交わる遊び心 1

    秋山黄色×佐藤寛太対談 互いに認め合う「異常さ」、交わる遊び心

  2. 古田新太が振返る劇団☆新感線40年 演劇界に吹かせたエンタメの風 2

    古田新太が振返る劇団☆新感線40年 演劇界に吹かせたエンタメの風

  3. 青葉市子の新AL『アダンの風』詳細発表&原美術館でのライブ配信も 3

    青葉市子の新AL『アダンの風』詳細発表&原美術館でのライブ配信も

  4. 米津玄師と是枝裕和監督が初タッグ“カナリヤ”PV公開 蒔田彩珠らが出演 4

    米津玄師と是枝裕和監督が初タッグ“カナリヤ”PV公開 蒔田彩珠らが出演

  5. 角舘健悟の『未知との遭遇』たなかみさき編(後編) 5

    角舘健悟の『未知との遭遇』たなかみさき編(後編)

  6. 坂本龍一の過去ライブ映像が本日から3週にわたってYouTubeでプレミア公開 6

    坂本龍一の過去ライブ映像が本日から3週にわたってYouTubeでプレミア公開

  7. 三浦春馬主演、映画『天外者』五代友厚の「志」と「天外者」な部分を紹介 7

    三浦春馬主演、映画『天外者』五代友厚の「志」と「天外者」な部分を紹介

  8. 小沢健二が「手紙」を読み上げる生配信番組『キツネを追ってゆくんだよ』 8

    小沢健二が「手紙」を読み上げる生配信番組『キツネを追ってゆくんだよ』

  9. 『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く 9

    『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く

  10. 『あつ森』とジェラート ピケのコラボブック刊行 表紙は松岡茉優 10

    『あつ森』とジェラート ピケのコラボブック刊行 表紙は松岡茉優