特集 PR

ポップスを更新する雨のパレードに訊く、2016年の刺激的楽曲5選

ポップスを更新する雨のパレードに訊く、2016年の刺激的楽曲5選

雨のパレード『stage』
インタビュー・テキスト
三宅正一
撮影:西田香織 編集:矢島由佳子
2016/12/20
  • 95
  • 0

2016年、雨のパレードは間断なく制作を続け、そのクリエイティビティーを更新し、ライブもコンスタントに行うことでステージに立つ意義と重みを噛みしめた。この1年で得たものをすべて注ぎ込むようにして生まれたのが、2ndシングル『stage』の表題曲である。

そこで今回のインタビューでは、フロントマンである福永にこの1年の出来事を振り返ってもらいつつ、刺激を受けた音楽について語ってもらった。以下の発言は、彼が音楽に人生を賭す理由を紐解くものでもある。

「ホントに全部1年の内に起こったことなのかな?」と思うくらい、いろんなことがありました。

―2016年はバンドにとっても、福永くん個人にとっても大きな1年だったと思うんですけど。

福永:デカかったですね。「ホントに全部1年の内に起こったことなのかな?」と思うくらい、いろんなことがありました。

―なので、今日のインタビューはこの1年を振り返ることから始められたら、と。

福永:いいですね。

福永浩平
福永浩平

福永:まず、1月にインディーズ最後の作品としてシングル『Tokyo』をリリースして。“Tokyo”は、バンドの現状を変えるような1曲になったという手応えがありました。

―“Tokyo”が多くの人に届いた要因を、自分ではどう考えていますか?

福永:自己分析すると、僕らがまだ売れていないバンドマンであるということがリスナーにもわかる状況だったからこそ、夢を歌っていることにグッときたり、「東京」というワードの求心力もあったと思うんですよね。<調子はどう?>とリスナーに語りかけたうえで、最後に<夢を捨てたって 生きてけるように出来た街だ>って歌いかけたのも響いたところがあったと思うし。

あとは、歌っている僕本人が、歌のなかにしっかり息づいてるほうが伝わるということを強く実感しました。それでいてキャッチーさやインパクトを残して、みんなで歌えるような曲に仕上げた。それをすべて1曲に含めるのは、すごく難しいことだなって思うんですけど。

福永浩平

―振り返ってみて、『Tokyo』リリース後にバンドの状況はどのように変わっていきました?

福永:2月から3月にかけて『列伝ツアー』(『スペースシャワー列伝15周年記念公演 JAPAN TOUR 2016』)に参加して、My Hair is Bad、夜の本気ダンス、フレデリックという4組で全国を回って。僕らは他の3組に比べたらバンドの規模がまだ小さかったので、『列伝ツアー』でどれだけ成長できるかというのが大きな課題だったんです。1本1本のライブに魂を込めたし、お客さんの熱も吸収して、ライブで得たものを全部自分たちのなかで昇華できたのがよかったなって。

―メンツ的にもバンドの規模的にもあきらかにアウェーだった状況だからこそ得るものがあったと。

福永:そうですね。アウェーな状況を武器にできたかなと思います。ひとりよがりなバンドにはなりたくなかったから、ちゃんとお客さんを惹きつけるライブをして、バンドとして成長し、大きくなりたいという意識でした。『列伝ツアー』は自分たちと向き合いながら戦うような感覚でライブをやってましたね。 上半期の印象的な出来事は、圧倒的に『列伝ツアー』ですね。『列伝ツアー』の最中にメジャーデビューして、フルアルバム(『New generation』)をリリースしたんですけど、あまりにも必死だったので、「メジャーデビュー、おめでとう」って言われても「あ、そうか。めでたいことか」みたいな感じで(笑)。

福永浩平

―ライブにおけるフロアの様相も、この1年でどんどん変化していったという実感はありますか?

福永:いい顔をしているお客さんがどんどん増えてるという実感はあります。あからさまには変わってほしくはないと思うところもあるけど、僕ら色に染まってくれている人たちが増えている印象はあって、それは嬉しいです。

今年4月に行われた、雨のパレード初のワンマンツアーの模様

―この1年で一番しんどかったことは?

福永:やっぱり制作ですよ。今まではやる気とカフェインがあれば曲を作れると思っていたんですけど、そこに健康も必要だなと思いましたね(笑)。やっぱり睡眠はホントに大事だなって。

福永浩平

Page 1
次へ

リリース情報

雨のパレード
『stage』初回限定盤
雨のパレード
『stage』初回限定盤(2CD)

2016年12月21日(水)発売
価格:2,160円(税込)
VIZL-1093

[DISC1]
1. stage
2. 1969
3. free
4. ame majiru boku hitori
[DISC2]
『Live at TOKYO-SHIBUYA CLUB QUATTRO 2016.9.17』
1. new place
2. epoch
3. Petrichor
4. breaking dawn
5. bam
6. morning
7. Noctiluca
8. In your sense
9. yuragi meguru kimino nakano sore
10. 10-9
11. Tokyo
12. You

雨のパレード
『stage』通常盤(CD)

2016年12月21日(水)発売
価格:1,296円(税込)
VICL-37240

1. stage
2. 1969
3. free
4. ame majiru boku hitori

イベント情報

『雨のパレード・ワンマンライブツアー 2017 「Change your pops」』

2017年3月24日(金)
会場:新潟県 CLUB RIVERST

2017年3月31日(金)
会場:北海道 札幌 COLONY

2017年4月2日(日)
会場:宮城県 仙台 LIVE HOUSE enn 3rd

2017年4月6日(木)
会場:大阪府 梅田CLUB QUATTRO

2017年4月8日(土)
会場:広島県 CAVE-BE

2017年4月9日(日)
会場:福岡県 graf

2017年4月12日(水)
会場:愛知県 名古屋CLUB QUATTRO

2017年4月14日(金)
会場:東京都 赤坂BLITZ

プロフィール

雨のパレード
雨のパレード(あめのぱれーど)

福永浩平(Vo)、山崎康介(Gt)、是永亮祐(Ba)、大澤実音穂(Dr)。2013年に結成。2015年にリリースしたmini Album『new place』の表題曲“new place”がSSTVのローテーション「it」に選出され、同年10月に開催された『MINAMI WHEEL』では初出演ながら入場規制となる動員を記録するなど、インディーながら耳の早い音楽ファンの間で注目を集める。3月2日、1stフルアルバム『New generation』でメジャーデビュー。Vo.福永浩平の声と存在感、そして独創的な世界観は中毒性を持ち、アレンジやサウンドメイキングも含めまさに「五感で感じさせる」バンドとして注目されている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“Four O'clock Flower”

ただシャムキャッツの四人がフラットに存在して、音楽を鳴らしている。過剰な演出を排し、平熱の映像で、淡々とバンドの姿を切り取ったPVにとにかく痺れる。撮影は写真家の伊丹豪。友情や愛情のような「時が経っても色褪せない想い」を歌ったこの曲に、この映像というのはなんともニクい。(山元)