特集 PR

arko lemmingが静かに問う「こういう奴がいた方が面白くない?」

arko lemmingが静かに問う「こういう奴がいた方が面白くない?」

arko lemming『S P A C E』
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:高見知香 編集:山元翔一

作詞作曲、ボーカル、すべての楽器演奏を有島コレスケが手がける「一人バンド」=arko lemmingが2ndアルバム『S P A C E』を完成させた。ポップス色の強い「OUTER」、ベッドルームミュージック的な「INNER」をテーマとした2枚組で、2曲を組み合わせると1曲になるという“dual”を収録するなど、コンセプチュアルな作風でありながら、有島の開かれたポップセンスが前作以上に感じられる、実に風通しのいい作品でもある。

有島といえば、高校の軽音部時代から活動を続けるtoldのベーシストであり、ドレスコーズにはベースで、0.8秒と衝撃。にはドラムで、それぞれサポートとして参加するなど、縦横無尽な活動が特徴。それに加え、2015年からarko lemmingがスタートしたこともあり、彼の全貌を捉えることは難しくなってきている。しかし、その自由な活動スタンスこそが有島らしさであり、結果的には「見えないルールに縛られるのではなく、柔軟な姿勢を持とう」という現代的なメッセージを放っているとも言えよう。有島にその行動原理を訊いた。

音楽って、不自由なものではないし。「楽しいのがいちばんいいじゃないか」という気持ちです。

―有島さんって、自己紹介をするときに何て言っているんですか?

有島:ああ、それ面倒くさいんですよ(笑)。自分の中で、「これを中心として活動してます」と言えるような感覚はないかもしれない。

有島コレスケ
有島コレスケ

―「toldとarko lemmingが中心」というわけでもない?

有島:toldは昔からやっているので、「toldのベースです」って言うのがわかりやすいんだけど……でも、「いろいろやってます」って言うのがいちばん早いですね(笑)。

―いろんな楽器をやっているから、「ベーシストです」と言うのも違いますもんね。

有島:いろんな楽器をほぼ同時に触り始めたので、「これ一本です」という意識がもともとないんです。いちばん触れてる時間が長いのはベースですけど、ドラムでもバンドをずっとやっているし、家ではギターも弾くし……この後『ベース・マガジン』の取材なんですけどね(笑)。

―曾祖父が小説家の有島武郎、祖父が俳優の森雅之と、芸術系のご家庭だと思うのですが、有島さんご自身にとっては、ずっと音楽が特別だったのでしょうか?

有島:そうですね。僕、本は全然読まないですし、イラストみたいなものは描いていましたけど、絵も別にそんなに得意ではなくて。でも音楽だけは違って、始めたときから得意だったんです。七五三でお寺に行って、和尚さんが叩く木魚に合わせて体を揺らしていたという逸話があるくらい(笑)、根っから音楽が大好きで、感覚的にはそのときのまま続いちゃっている感じですね。

―親族の方から影響を受けたりは?

有島:祖父は僕が生まれたときには亡くなっていたので会ったことがないんですけど、父は趣味でコーラスグループをやっていたので、身近に音楽がある環境ではありました。ただ、むしろ芸術方面に進むのは反対されていて、堅実な道を歩むように言われていたんですよね……でも、こうなっちゃいました。一時期までは、「いつまでやってんだ?」みたいな感じだったんですけど、もうさすがに諦めたっぽいです(笑)。

有島コレスケ

―「将来はミュージシャンとして生計を立てる」と決めたタイミングはあったんですか?

有島:あんまりそういう意識はなかったですね。ホントに部活のノリのまま、ずっと地続きなんです。部活の中だといろんな人とコピーバンドをやったりするじゃないですか? いくつもバンドをかけ持ちしているのは、今もそういう感覚だからなんです。たまに、かけ持ちすることについて否定的な人がいますけど、その感覚はよくわからないというか。

有島コレスケ

―別にひとつのバンドに絞る必要はないと。

有島:ないと思います。音楽ってそんなに不自由なものではないし。「楽しいのがいちばんいいじゃないか」という気持ちです。

Page 1
次へ

リリース情報

arko lemming『S P A C E』
arko lemming
『S P A C E』(2CD)

2017年1月11日(水)発売
価格:2,800円(税込)
XSCL-23/4

[CD1]
1. dual-O
2. ニューニュー
3. かなしみはそばに
4. Avéc
5. P.S.
6. Marvellous
7. 傍観者
[CD2]
1. dual-TRACK
2. NO
3. アロウ
4. 水槽の脳
5. weather report
6. at last
7. 夢の中でも
8. dual-I

イベント情報

CINRA×Eggs presents
『exPoP!!!!! volume93』

2017年1月26日(木)
会場:東京都 渋谷 TSUTAYA O-nest
出演:
arko lemming
馬喰町バンド
For Tracy Hyde
トレモノ
and more
料金:無料(2ドリンク別)

プロフィール

arko lemming
arko lemming(あるこ れみんぐ)

有島コレスケが全ての作詞作曲・演奏をこなす一人バンド「arko lemming」。2015年11月に1stアルバム『PLANKTON』をリリース。2017年1月11日には2枚組の2ndアルバム『S P A C E』のリリースを控える。自身が所属するバンド・toldのベースとして活動する一方、ドレスコーズではベースとして0.8秒と衝撃。ではドラムとしてサポート活動を行う。曾祖父は白樺派の文豪、有島武郎。祖父は黒澤明監督『羅生門』で知られる名優、森雅之。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Nulbarich“Sweet and Sour”

テレビ東京のドラマ『デザイナー 渋井直人の休日』のエンディングテーマ“Sweet and Sour”。2月6日リリース予定の3rdフルアルバム『Blank Envelope』のリード楽曲でもある今作は「偶然の景色」がテーマ。日常の中に偶然生まれたハッとする瞬間を鮮やかに切り取っている。グラフィカルな映像に垣間見える、あたたかな日常を楽しもう。(野々村)

  1. OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境 1

    OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境

  2. 竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目 2

    竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目

  3. 『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら 3

    『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら

  4. 柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ 4

    柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ

  5. 『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目 5

    『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目

  6. 『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想 6

    『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想

  7. 石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき 7

    石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき

  8. Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る 8

    Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る

  9. back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌 9

    back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌

  10. 漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業 10

    漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業