特集 PR

NYはアーティストが堂々と生きられる街 織晴美が語る

NYはアーティストが堂々と生きられる街 織晴美が語る

『LUMINE meets ART AWARD 2016』
インタビュー・テキスト
島貫泰介
編集:野村由芽

1999年からニューヨークで活動するアーティスト・織晴美。日常の一瞬の光景を写真のように切り取り、工業用メッシュを用いて半立体的に表現する彼女の作品は、その場に偶然居合わせた人々のつながりや出会いを祝福するような意味合いを持っている。実際に、2001年のアメリカ同時多発テロが起きた後、ニューヨークの知人から、それまでとは作品を見る目が変わったという声もあがったという。

東京に生まれた彼女は、なぜニューヨークを生活と制作の場に選んだのだろうか? そこには作品コンセプトとも共鳴する、ある理由があった。今回、新宿ルミネが主催する『LUMINE meets ART AWARD 2016』でグランプリを受賞したことを機に、同じくニューヨークを拠点に同ワードを監修する戸塚憲太郎(hpgrp GALLERYディレクター)と共に、話を聞いた。

ニューヨークではアーティストが職業として認められているから、変に卑屈になる理由がない。(戸塚)

―海外にもアートスクールがたくさんありますが、織さんがニューヨークを活動拠点に選んだ理由はなんだったんでしょう?

:もともと小さい頃アメリカに住んでいて、ポジティブなイメージがあったんです。父が大学教授だったので、私はキャンパスタウンで育ちました。学生たちが盛んに議論を交わすようなオープンな雰囲気に常に触れていたこともあって、もういちどその場所に住んで、制作に打ち込みたいと思ったんです。

織晴美
織晴美

―アメリカで過ごした印象が記憶のなかに残っていたんですね。

:学校そのものは「大満足!」とは言えなかったんですが(苦笑)、ニューヨークを選んだことは正解でしたね。助成金の制度もたくさんあるし、たとえばアートハンドラー(アートの梱包や輸送、設営に携わる人)のようなものも含めて、アーティストが働きやすい仕事も多くあって、私もクイーンズにあるイサム・ノグチ美術館のエデュケーターの仕事をしています。

それと何よりも制作に集中できる環境が整っていることが素晴らしい。アーティストの友人たちがごく近所に住んでいて、コミュニティーが作りやすいけれど、みんないい意味での個人主義者なので、私が何をやっていても干渉してこない。日本だと、どうしても制作以外のいろいろなしがらみが多くて、集中力が削がれてしまうんですよね。

開放感のある織のアトリエ
開放感のある織のアトリエ

戸塚:僕も去年の2月からニューヨークに住んでいて、都合10年間くらいここで生活しているんですが、誰が何をやっていても構わない自由がありますね。悪く言えばみんな自分勝手で協調性がないとも言えますが(苦笑)、そういう環境だからこそアートが発展してきたんでしょうね。

ですから、日本のアートとニューヨークのアートっていうのは、根本的に違うものかなあ、とちょっと思ったりもします。日本のアートに対する認識って、インテリアの延長だとか、エンターテイメントの一種、という印象が強い。そして、それをやっている人は趣味か道楽か学生みたいな感じで、他の社会人はまともに取り合ってくれない感じじゃないですか。

―浮世離れしたことやってるね、みたいな。

戸塚:そういう風に認識されていることをアーティスト自身もわかっているから、どうしても堂々とできないというか。でもニューヨークであれば、たとえ作品で食えていなくても、堂々と「俺はアーティストなんだ!」と胸を張って生きていける。アーティストが職業として認められているから、変に卑屈になる理由がない。

戸塚がディレクターを務めるhpgrp GALLERY NEW YORKの様子
戸塚がディレクターを務めるhpgrp GALLERY NEW YORKの様子

これまでアートに興味を持ってこなかった人たちに、アートって面白い、と感じてほしいんです。(織)

:本当に普通の人が作品を買ってくれる環境なのもよいですよね。私、普通の人に作品を見てもらうのが好きなんです。それを最初に強く感じたのが、ニューヨークでの最初の展覧会。クイーンズ美術館のブルボワ館というスペースで、近所に聾話者の学校があったんです。その子どもたちが私のショーを見に来てくれて、先生に「このアーティストに来てもらって、同じ作品を作りたい」と頼んでくれて、ワークショップをすることになりました。

当時はニューヨークの大学を卒業したばかりで、いろんな意味で不安いっぱいだったんですよ。ワークショップと言われても、私の英語力で話が通じるのか、聾話者とどうコミュニケーションすればいいのか、わからないことがたくさんあった。でも、いざ学校に行ってみると「僕たちは美術館に行くのが好きじゃなくてアートなんてつまらないと思っていたけれど、ハルミの作品はとても好きだ。まるで音が聴こえてくるみたいだ」と言ってくれて。

『LUMINE meets ART AWARD 2016』で展示されている織晴美の作品『I am Here @ Lumine, 10/14/2016, 7:34pm, Shinjuku, Tokyo Japan』
『LUMINE meets ART AWARD 2016』で展示されている織晴美の作品『I am Here @ Lumine, 10/14/2016, 7:34pm, Shinjuku, Tokyo Japan』(『LUMINE meets ART AWARD 2016』のサイトで見る

―子どもたちが能動的に関わろうとしてくれたんですね。

:みんなでバレーボールの試合のシーンをモチーフに作品を作ったりして、それが私にとっての大きな励みになりました。アートの知識を持たない子たちが「これが好き!」と言ってくれたことがすごく嬉しかったです。私は、これまでアートに興味を持ってこなかった人たちに、アートって面白い、原初の感覚に触れられるものなんじゃないか、と感じてほしいんです。

現代美術は専門的な解説書や美術評論を読むことでようやく理解できるもの、という感じにハードルを高くしすぎていると思います。それだけじゃなくて、「自分が好きだったらそれでいいんだよ!」っていうすごくシンプルなものであっていいはず。だから私はなるべく美しいものを作ろう、人の心に響くものを作ろうと思っているんです。ですから、美術館でもギャラリーでもなく、アートファンだけじゃなくて普通の人もやって来るルミネで展示をするのは楽しみなんです。

Page 1
次へ

イベント情報

『LUMINE meets ART AWARD 2016』作品展示

2017年1月10日(火)~2月1日(水)
会場:東京都 ルミネ新宿、ルミネエスト新宿
主催:株式会社ルミネ
協力:アッシュ・ぺー・フランス株式会社 / hpgrp GALLERY TOKYO

アワード情報

『LUMINE meets ART AWARD 2016』

2013年から新宿ルミネが主催し、若手アーティストの発掘と支援を目指し、館内に展示するアート作品を公募するアートアワード。2016年は、「エレベーター部門」「ウィンドウ部門」「インスタレーション部門」「映像部門」など施設内の特徴を活かした4部門が設定され、応募総数480点の中から6作品が選ばれた。2017年1月10日~2月1日の期間、ルミネ館内で展示中。

プロフィール

織晴美(おり はるみ)

日本で生まれ、幼少時代を父の仕事のアメリカ、マレーシアで過ごし、日本と海外の文化を経験。日本で女子美術大学を卒業した後、広告代理店でグラフィックデザイナーとして働き、1999年にSchool of Visual Arts、NYに彫刻を学びに渡米。現在は、NYでイラストレーター、アーティストとして活動中。

戸塚憲太郎(とつか けんたろう)

1974年札幌生まれ。1997年武蔵野美大卒業、2004年Stony Brook University (NY)にてStudio Art修了。同年アッシュ・ペー・フランス株式会社入社。同社が運営するファッション合同展示会roomsディレクターを経て、2007年に同社初のアート事業部を立ち上げ、hpgrp GALLERY TOKYOを開設。青参道アートフェア、LUMINE meets ART、NEW CITY ART FAIRなど、国内アート市場の活性や海外アートシーンへの参入など従来の形にとらわれない活動を展開。2016年よりhpgrp GALLERY NEW YORKディレクターを兼務し、現在NY在住。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 漫画家・鳥飼茜が浅野いにおとの結婚を報告、日記公開 1

    漫画家・鳥飼茜が浅野いにおとの結婚を報告、日記公開

  2. 『このマンガがすごい!』OP曲はアンジュルム、蒼井優がOP映像で振付披露 2

    『このマンガがすごい!』OP曲はアンジュルム、蒼井優がOP映像で振付披露

  3. 後藤正文主宰only in dreamsのイベント『Gifted』11月開催、第1弾で10組 3

    後藤正文主宰only in dreamsのイベント『Gifted』11月開催、第1弾で10組

  4. 高畑充希主演ドラマ『忘却のサチコ』に温水洋一がゲスト出演&ED曲はedda 4

    高畑充希主演ドラマ『忘却のサチコ』に温水洋一がゲスト出演&ED曲はedda

  5. 勝地涼×澤部佑 深夜の大人向けNHK教育番組『ジミーとふしぎな雑誌たち』 5

    勝地涼×澤部佑 深夜の大人向けNHK教育番組『ジミーとふしぎな雑誌たち』

  6. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 6

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  7. 『新潮45』が休刊、「十分な編集体制を整備しないまま刊行」 7

    『新潮45』が休刊、「十分な編集体制を整備しないまま刊行」

  8. 『フェルメール展』に日本初公開含む9点が来日 『牛乳を注ぐ女』も 8

    『フェルメール展』に日本初公開含む9点が来日 『牛乳を注ぐ女』も

  9. 堀未央奈×清水尋也×板垣瑞生×間宮祥太朗 山戸結希監督『ホットギミック』 9

    堀未央奈×清水尋也×板垣瑞生×間宮祥太朗 山戸結希監督『ホットギミック』

  10. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 10

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音