特集 PR

BUGY CRAXONE×関めぐみ アラフォーの変化の受け入れ方を学ぶ

BUGY CRAXONE×関めぐみ アラフォーの変化の受け入れ方を学ぶ

BUGY CRAXONE『ミラクル』
インタビュー・テキスト
上野三樹
撮影:鈴木渉 編集:矢島由佳子、飯嶋藍子 取材協力:#802 CAFE&DINER

今年で結成20周年を迎え、ベストアルバム『ミラクル』で2度目のメジャーデビューを果たしたBUGY CRAXONE。今作にはバンドの代表曲のほか新曲も収録されており、ゴキゲンなロックサウンドの中から、明るい未来を生きていくためのしなやかなメッセージがフレッシュに響いてくる。

今回、CINRA.NETでは、ボーカル・すずきゆきこと、彼女がデビュー当時から信頼を寄せているカメラマンの関めぐみとの対談を実施。この20年、時代や女性としての人生が変化していく中、ジャンルは違えどもの作りと表現に携わってきた二人。互いの職人気質といい感じのゆるさに満ちたトークを披露してくれた。

ゆきちゃんと初めて会った時、「これは来たな」と思ったのを覚えています。(関)

―お二人が最初に会ったのは1998年、約20年前なんですね。

:まだデビュー前、BUGY CRAXONEが上京もしてなかった頃にゆきちゃんだけ撮影することになって。たしか関係者用に配るプレスキット用の撮影だったんだけど、それが初対面だったね。

すずき:そうそう。私、家出してきたみたいな雰囲気だったでしょ。2回目がデビューシングル『ピストルと天使』(1999年)の撮影で、トランポリンを飛びながら撮影したのとか覚えてる。

左から:関めぐみ、すずきゆきこ
左から:関めぐみ、すずきゆきこ

当時関が撮影したBUGY CRAXONEのプレスキット
当時関が撮影したBUGY CRAXONEのプレスキット

:ヤンキーみたいだったよね(笑)。当時の音楽シーンって、名前からして個性的な感じの女性シンガーが多くデビューしていて。そんな中でゆきちゃんは、それまでの流れとは全然違うタイプの女性だなと思った。奇をてらった感じがなかったし、「ディーバ」とかっていう感じでもなかったんです。初めて会った時、見た目がタイプだったのもあったし、「これは来たな」と思ったのを覚えています。

―すずきさんは当時10代で、これまでの取材(BUGY CRAXONEと語る、女のロック精神は歳と共にどう変わる?)でも話してくれていたように、誰とでも打ち解けるようなタイプではなかったと思うのですが、関さんには心を開いた感じだったんでしょうか。

すずき:そうですね。当時のレコード会社の人たちがすごく親切にしてくれていて、その人たちが一生懸命考えて集めたビジュアルチームだから、やっぱりいい人たちばかりだったんですよね。特に関さんは、内弁慶なBUGYのメンバーが気軽にからかえた人というか(笑)。

すずきゆきこ

:目上の人に向かってひどいんですよ(笑)。

―最初から打ち解けやすかったんですね。

:最初に会った時はゆきちゃんが19歳で、やっぱりだいぶ肩の力が入っていたと思うんですよね。でも、その肩の力も今はものすごく抜けていて。今のBUGY CRAXONEもまた良くて、遠くから見ていても嬉しい変化だなと思います。

―私はまさに『ピストルと天使』をジャケ買いしてBUGY CRAXONEを知ったんですけど。このジャケット写真に対する関さんの想い入れはどういうものでしたか?

:それまで写真を大事にしてもらったなと思えたことがあんまりなかったんですけど……。写真の加工とかもあまりせずに、レイアウトも素敵にしてもらったのは、たぶん『ピストルと天使』が初めてでした。だから、「今までやった仕事の中で一番好きかも」と思いましたね。

BUGY CRAXONE『ピストルと天使』ジャケット
BUGY CRAXONE『ピストルと天使』ジャケット

―大事にしてもらえなかったというのは、どういうことでしょう?

:その頃、特にデザインとかに興味がある人にとっては、Macが割と身近になってきたんです。それでMacを使うのが楽しいのか、ぐっしゃぐしゃに写真をいじられてしまうことも結構あったんですね。

最初は撮影するだけで楽しいし、気に入ったものが撮れるだけで満足だったんだけど、だんだん見え方が気になってきて。私は最初からカメラマンとしてプロだったんじゃなくて、「プロ」という肩書きがついてから、そういう心境の変化を経て、だんだんプロに近づいていった感じだったと思います。

関めぐみ

すずき:関さんは、いつ頃からこの仕事をしているんですか?

:1996年くらい。その頃にアシスタントを終えてフリーになって、音楽雑誌で仕事を始めました。お手伝いをさせてもらうカメラマンが何人かいたんですけど、みんな音楽関係の仕事をしていたこともあって、自然な流れで『音楽と人』(1993年創刊の音楽月刊誌)とかでお仕事をさせていただくようになって。

私と同じでゆきちゃんもそういうところがあると思うけど、ちょっとガツガツ度が足りないのかもしれない(笑)。「自分から売り込みにいくのもな~」っていうのもあって。でも2002年に『relax』(マガジンハウス発行のカルチャー雑誌。昨年10年ぶりに特別復刊した)で仕事をさせてもらうようになったあたりからは、音楽業界から離れたところでも撮影することが多くなりました。

すずき:そうだ。それで私、BEAMS BOYのカタログのお手伝いをさせてもらったりしましたよね。

Page 1
次へ

リリース情報

BUGY CRAXONE『ミラクル』初回限定盤
BUGY CRAXONE
『ミラクル』初回限定盤(CD+DVD)

2017年1月18日(水)発売
価格:3,500円(税込)
TECI-1532

[CD]
1. ブルーでイージー、そんでつよいよ
2. ぶるぶるぶるー
3. いいじゃん
4. Come on
5. FAST
6. dreamer
7. ロマンチスト
8. チーズバーガーズ・ダイアリー
9. ハレルヤ
10. ガーデン
11. いいかげんなBlue
12. NY
13. なんとなく Be happy
14. ナイス・ナイス・ナイス
15. ベリナイス
16. たいにーたいにー
[DVD]
1. NORTHERN ROCK
2. WATCH YOUR STEP
3. Why not?
4. Come on
5. FAST
6. いいじゃん
7. NY
8. ロマンチスト
9. ベリナイス
10. ぶるぶるぶるー
11. なんとなく Be happy
12. チーズバーガーズ・ダイアリー
13. たいにーたいにー
14. No9. Punk Lover
15. Lesson 1
16. ブルーでイージー、そんでつよいよ
17. dreamer
18. 枯れた花
19. I scream(EN)

BUGY CRAXONE『ミラクル』通常盤
BUGY CRAXONE
『ミラクル』通常盤(CD)

2017年1月18日(水)発売
価格:2,500円(税込)
TECI-1533

1. ブルーでイージー、そんでつよいよ
2. ぶるぶるぶるー
3. いいじゃん
4. Come on
5. FAST
6. dreamer
7. ロマンチスト
8. チーズバーガーズ・ダイアリー
9. ハレルヤ
10. ガーデン
11. いいかげんなBlue
12. NY
13. なんとなく Be happy
14. ナイス・ナイス・ナイス
15. ベリナイス
16. たいにーたいにー

イベント情報

『BUGY CRAXONE 20周年記念ワンマン“100パーセント ナイス!”』

2017年11月19日(日)
会場:東京都 渋谷CLUB QUATTRO
出演:BUGY CRAXONE
料金:前売2,900円 当日3,400円(共にドリンク別)

プロフィール

BUGY CRAXONE
BUGY CRAXONE(ぶーじー くらくしょん)

すずきゆきこ(Vo,Gt)、笈川司(Gt)、旭司(Ba)、ヤマダヨウイチ(Dr)による4人組バンド。1997年5月に札幌で結成。1999年3月にビクターエンタテインメントよりデビュー。2003年、レーベルとマネージメントを兼ねたZubRockA RECORDSを設立。2014年6月には、ヤマダ加入後、4人での初アルバム『ナポリタン・レモネード・ウィーアーハッピー』を発売。2015年、3度目の『RISING SUN ROCK FESTIVAL』への出演を果たすなど、ライブパフォーマンスにも定評がある。結成20周年となる2017年、テイチクエンタテインメントに移籍し1月にベストアルバム『ミラクル』をリリースした。11月19日(日)渋谷クアトロでの結成20周年記念ワンマンも決定している。

関めぐみ(せき めぐみ)

写真家。音楽、スポーツ、カルチャーなどの雑誌や広告、書籍、ファッションブランドのカタログの撮影などを行なう。2010年8月には、葉山の一色海岸に来訪した約150組の一般客を撮影するイベント『8月の写真館』を開催し書籍化。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

突然少年“火ヲ灯ス”

教室でも放課後でも負け続けたこと、弱さ故に大事な友達も傷つけてきたことーー振り返るほど情けなさでズタズタになってきた自分達の青春を全部吐き出しながら、だからこそ今まで裏切らず側にいてくれた人を離さず抱き締めて生きていきたいのだと表明する1stアルバムが『サンキュー・マイ・フレンド・アンド・マイ・ファミリー』だ。ブッチャーズ、eastern youth、NUMBER GIRLを抱き締めて離さない号泣ファズは変わらぬまま、アルバムタイトルの通り「誰に何を歌いたいのか」に重心を置いた結果としてバンドサウンドが撚られ、歌がグッと前に出た。汗と唾を撒き散らす激情の成分はやや減ったが、あなたと友達になりたい、友達との絆を目一杯歌いたい、だからまずは自分達が素っ裸になってあなたと向き合いたいという意志がスウィートなメロディに乗って突き抜けている。「たったそれだけ」をたったひとりに伝えるためにもんどり打つ、バンドの核心がそのまま映し出されたMV。端からライブの中核を担ってきた名曲がさらに躍動している。(矢島大地)

  1. Vampire Weekendを紐解く6つの視点 オロノ、角舘健悟らが綴る 1

    Vampire Weekendを紐解く6つの視点 オロノ、角舘健悟らが綴る

  2. スピッツ『ロックロック』『ロックのほそ道』『新木場サンセット』今年も 2

    スピッツ『ロックロック』『ロックのほそ道』『新木場サンセット』今年も

  3. chelmicoが等身大であるわけ。自分に似合う服がわかってきた 3

    chelmicoが等身大であるわけ。自分に似合う服がわかってきた

  4. 松山ケンイチ×染谷将太『聖☆おにいさん 第I紀』再編集版、NHK総合で放送 4

    松山ケンイチ×染谷将太『聖☆おにいさん 第I紀』再編集版、NHK総合で放送

  5. 『ラッパーに噛まれたらラッパーになる漫画』実写ドラマ化、主演は小芝風花 5

    『ラッパーに噛まれたらラッパーになる漫画』実写ドラマ化、主演は小芝風花

  6. 松尾スズキ作・演出『キレイ』再々々演、生田絵梨花、神木隆之介ら出演 6

    松尾スズキ作・演出『キレイ』再々々演、生田絵梨花、神木隆之介ら出演

  7. 米津玄師の新曲“海の幽霊”6月3日配信、ジャケは五十嵐大介 PV先行上映も 7

    米津玄師の新曲“海の幽霊”6月3日配信、ジャケは五十嵐大介 PV先行上映も

  8. 『凪のお暇』が黒木華主演で実写ドラマ化、7月からTBSで放送 8

    『凪のお暇』が黒木華主演で実写ドラマ化、7月からTBSで放送

  9. 池袋のシネコン「グランドシネマサンシャイン」開業日は7月19日 9

    池袋のシネコン「グランドシネマサンシャイン」開業日は7月19日

  10. BTSが雑誌『CanCam』『anan』の表紙に登場 LAで撮影 10

    BTSが雑誌『CanCam』『anan』の表紙に登場 LAで撮影