特集 PR

ドレスコーズ志磨遼平が、長髪に別れを告げた理由を語る

ドレスコーズ志磨遼平が、長髪に別れを告げた理由を語る

ドレスコーズ『平凡』
インタビュー・テキスト
宇野維正
撮影:森山将人 編集:野村由芽

あぁ、20世紀って、なんて愛らしい、可愛らしい時代だったんだって思うんです。

―忘れられないまでも、ちょっと作品のインターバルが空いただけで集客がガクッと落ちたみたいな話はよく耳にします。

志磨:僕らは忘れられないために、次から次へと作品を出し、話題を提供し、その度にそこで新しいアティチュードみたいなものを提示していかなくてはいけない。で、そのことについて考え始めると、それこそ産業革命の時代まで遡って、人類が退屈をしないためだけに、いかに次から次へと娯楽という名の新しい刺激を作りだしてきたのかについて考えずにはいられなくなる。印刷技術の発明、録音技術の発明、撮影技術の発明……。

志磨遼平

―再生芸術の発展、インターネット……。

志磨:そうです。そうやって、科学と技術と産業と経済の発展していった一番先っぽに僕らがいる。僕、IT革命とか言われてたものがどれだけどデカいものだったかってことに、ようやく気づいたんですよ。もう、流通だとか、在庫だとか、カタログだとか、そういうものがほとんど意味をなさない時代に突入しているじゃないですか。

―そうですね。

志磨:そうなったことで、人類が退屈しないために生み出されてきた娯楽のスピードがどんどんどんどん速くなっていて。よく考えたら、夢のような話なんです。これからもう、死ぬまで毎日違うアルバムと出会うことができる。

―しかも、世界的に言うなら、粗製乱造どころか、トップにあるものの質はまったく落ちてないどころか、どんどん上がっている。吐き気がするほど。

志磨:そう。

―だから、最近よく思うんですけど、今起こっていることはただの「情報の洪水」とかじゃないんですよね。

志磨:あぁ、そうですね。情報だったら自分でちゃんと取捨選択すればいいだけの話ですからね。

―そうなんです。今起こっているのは「情報の洪水」じゃなくて、「アートの洪水」なんですよ。アートの場合、ただ取捨選択すればいいという問題じゃない。

志磨:アートは問いかけですからね。その問いかけに答えなくてはいけない。そうか、その通りですね。もう人類はそれだけのアートを受容する容量をオーバーしているのに、スピードが上がっているから作り手は新しいものを作らなくてはいけない。でも受け手の数は、そもそもみんなが容量オーバーしているからだんだん減っていく。受け手が減っていくから、追い込まれて作り手はさらに新しいものを作らなくてはいけない。

志磨遼平

―つまり、天国だと思っていたものは、実は地獄でもあるってことですね。

志磨:そうなんです。で、ここで1つめの問題に戻るんですけど、そもそも、確立された自己だとか、個性だとか、そんなもの最初から本当にあったのかな? と。「はたして自分とは何なんだろう?」みたいな自問自答って、哲学者とかは別として、一般の人間にとっては産業革命の後、食うや食わずの時代を経て、それなりに時間と精神の余裕を持つようになってから生まれた問題だったことに気づくんです。そんなことをみんなが考えるようになったのは、ほんの100年ちょっと前の話で。

―なるほど。そして今、また別のかたちで時間と精神の余裕を奪われつつあると。

志磨:そうです。そう考えると、僕らはとても特殊で風変わりな「20世紀」という時代に生まれたんだということに思い至らずにはいられないんです。「あぁ、20世紀って、なんて愛らしい、可愛らしい時代だったんだ」と。

このアルバムに勝算があるかどうかではなく、そういうものを度外視した何らかの新しい戦いに、本格的に足を踏み入れたんじゃないかって。

―すごい。この『平凡』ってアルバムのテーマを完璧に説明してもらいました。

志磨:はい、それがこの作品の着地点です。拳、突き上げない。地名、叫ばない。オーディエンスを、鼓舞しない。ステージを所狭しと、駆け回らない。ロックスター的な髪型やファッションを、しない。それを体現してみせたのがこの作品です。

―なるほど(笑)。そうすると、ここに着地した後、これからどうしましょうか?

志磨:ですよね。どうしましょう?

―志磨さんの武器はその正しさだと思います。で、その正しさを言語化、思想化して、こうして作品に結実することができたのは、志磨さんの受容してきた膨大なカルチャーの素養とその知性に裏付けられているからじゃないですか。だから、その正しさはこれからのドレスコーズにとって大きな武器になっていくと思いますよ。

志磨:ポップミュージックって、人にとって何かの答えになるものだと思うんです。でも、この作品は何かの答えをリスナーに与えるようなものではない、僕の大きな疑問符みたいな作品なんです。だから、この作品がどのように受け止められるのか不安だったんですけど、そうか、正しさか。

―正しくて、あと、これも大事なことですけど、すごくかっこいいアルバムです。

志磨:ありがとうございます。多分、僕が自分を殺し、「個性」を隠して、それでも永遠に逃れられないものがあるとしたら、それは自分がロマンチストであるということだと思うんです。だから、このアルバムに勝算があるかどうかではなく、そういうものを度外視した何らかの新しい戦いに、このアルバムで本格的に足を踏み入れたんじゃないかって。今、そのことに気づきました。

志磨遼平

Page 3
前へ

リリース情報

ドレスコーズ『平凡』初回限定盤Type A
ドレスコーズ
『平凡』初回限定盤Type A(CD+DVD)

2017年3月1日(水)発売
価格:7,344円(税込)
KICS-93476

[CD]
1. common式
2. 平凡アンチ
3. マイノリティーの神様
4. 人民ダンス
5. towaie
6. ストレンジャー
7. エゴサーチ・アンド・デストロイ
8. 規律/訓練
9. 静物
10. 20世紀(さよならフリーダム)
11. アートvsデザイン
12. 人間ビデオ
[初回限定盤Type A DVD]
1. Opening(Silent Night)~序曲(冬の朝)
2. 恋するロデオ
3. Lily
4. 新 Trash
5. ダンデライオン
6. あん・はっぴいえんど
7. 贅沢とユーモア
8. みなさん、さようなら
9. 弦楽四重奏曲第9番ホ長調「東京」
10. common式
11. エゴサーチ&デストロイ
12. Sleigh Ride
13. Jingle Bells
14. 愛のテーマ
15. クリスマス・グリーティング

ドレスコーズ
『平凡』通常盤(CD+DVD)

2017年3月1日(水)発売
価格:3,780円(税込)
KIZC-374

[CD]
1. common式
2. 平凡アンチ
3. マイノリティーの神様
4. 人民ダンス
5. towaie
6. ストレンジャー
7. エゴサーチ・アンド・デストロイ
8. 規律/訓練
9. 静物
10. 20世紀(さよならフリーダム)
11. アートvsデザイン
12. 人間ビデオ
[通常盤DVD]
・“人間ビデオ”PV
・“エゴサーチ・アンド・デストロイ”PV

イベント情報

『the dresscodes 2017“meme”TOUR』

2017年3月17日(金)
会場:新潟県 GOLDEN PIGS RED STAGE

2017年3月18日(土)
会場:宮城県 仙台 CLUB JUNK BOX

2017年3月20日(月・祝)
会場:北海道 札幌 PENNY LANE24

2017年3月25日(土)
会場:広島県 CAVE-BE

2017年3月26日(日)
会場:福岡県 BEAT STATION

2017年4月1日(土)
会場:愛知県 名古屋CLUB QUATTRO

2017年4月2日(日)
会場:大阪府 BIG CAT

2017年4月9日(日)
会場:東京都 新木場 STUDIO COAST

料金:前売3,800円 当日4,300円(共にドリンク別)

※小学生以上はチケット必要。
※小学生未満は保護者同伴に限り入場可。

プロフィール

ドレスコーズ
ドレスコーズ

1982年3月6日生まれ。和歌山県出身。毛皮のマリーズのボーカルとして2011年まで活動、翌2012年1月1日にドレスコーズ結成。シングル『Trash』でデビュー。12月に1stアルバム『the dresscodes』、2013年、2ndシングル『トートロジー』、2ndアルバム『バンド・デシネ』を発表。2014年、キングレコード(EVIL LINE RECORDS)へ移籍。1st E.P.『Hippies E.P.』をもって志磨遼平のソロプロジェクトとなる。現体制になって初のアルバム『1』を発表。その後、ライブ・作品毎にメンバーが変わるという稀有な存在となり、4thアルバム『オーディション』を発表。2016年に俳優業開始。WOWOW連続ドラマW『グーグーだって猫である2 -good good the fortune cat-』、映画『溺れるナイフ』に出演。2017年3月1日、5thアルバム『平凡』を発表する。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Nova Heart“My Song 9”

盛り上がりを見せる中国ミレニアル世代のなかでも要注目のバンド、Nova Heartの“My Song 9”MV。今週末開催の、中国ユースカルチャーを代表する実力派ミュージシャンが出演するイベント『秋音之夜』にも登場する彼女たちが、日本の夜にどんな姿を見せてくれるか楽しみだ。中国ミレニアルズの勢いは止まらない。(川浦)

  1. 『紅白歌合戦』出演者にWANIMA、三浦大知、エレカシ、竹原ピストル、TWICEら 1

    『紅白歌合戦』出演者にWANIMA、三浦大知、エレカシ、竹原ピストル、TWICEら

  2. 菊地成孔×湯山玲子対談 「文化系パリピ」のススメ 2

    菊地成孔×湯山玲子対談 「文化系パリピ」のススメ

  3. 長澤まさみが高橋一生の腕の中で眠る、映画『嘘を愛する女』新ビジュアル 3

    長澤まさみが高橋一生の腕の中で眠る、映画『嘘を愛する女』新ビジュアル

  4. 西野七瀬がドラマ『電影少女』でビデオガール・アイ役 初ショートカットに 4

    西野七瀬がドラマ『電影少女』でビデオガール・アイ役 初ショートカットに

  5. のんが少年ヒーロー・クボに変身 『映画秘宝』表紙&巻頭グラビア 5

    のんが少年ヒーロー・クボに変身 『映画秘宝』表紙&巻頭グラビア

  6. カクバリズムの新鋭・mei eharaが明かす、デビューまでの葛藤 6

    カクバリズムの新鋭・mei eharaが明かす、デビューまでの葛藤

  7. 最果タヒ×山戸結希 この時代の一番の共犯者たち「言葉」を語る 7

    最果タヒ×山戸結希 この時代の一番の共犯者たち「言葉」を語る

  8. 吉本ばなな×岡村靖幸×のん×川島小鳥のグラビア小説も 『Maybe!』第4号 8

    吉本ばなな×岡村靖幸×のん×川島小鳥のグラビア小説も 『Maybe!』第4号

  9. ジョン・レノン&オノ・ヨーコのベッドイン写真展 世界初公開作含む約40点 9

    ジョン・レノン&オノ・ヨーコのベッドイン写真展 世界初公開作含む約40点

  10. 『ファンタスティック・ビースト』最新作が来冬公開 主要キャストの初写真 10

    『ファンタスティック・ビースト』最新作が来冬公開 主要キャストの初写真