特集 PR

伝統工芸職人×デザイナーのオリジナル酒器作り。私物の器も公開

伝統工芸職人×デザイナーのオリジナル酒器作り。私物の器も公開

村上木彫堆朱
インタビュー・テキスト
杉原環樹
撮影:鈴木渉 編集:野村由芽

職人になった理由、職人を続けてこられた理由

―村上木彫堆朱の職人というのは、みなさんを含めて現在市内で50人ほどになってしまったんですよね。

富樫:全盛期には、全体で250人ほど、ひとつの会社だけでも30人以上の職人がいたんですけどね。いまは50人といっても、その中にほとんど仕事をしていない人も含まれている。平均年齢も高く、一番若い職人も30代後半という状況で。

―そもそも、職人のみなさんがこの道を進まれたのは、なぜだったのですか?

富樫:もともと、電気関係の会社に務めていたんですが、対人関係も、机に向かって仕事をするのも向いていなかったんです。誰にも束縛されないと思い、この仕事に進んだんだけど、現実とは違ったね(笑)。まさか、こんな厳しい仕事だとは思わなかった。

富樫春男
富樫春男

高橋:僕も高校を出て行くところがなく、1年間、名古屋の方に旅に出たんです。そこである会社に勤めましたが、人に使われる性格じゃなかったし、朝から晩まで同じことをやるのも合わなかった。それで田舎に帰り、兄がやっていた堆朱の職人を始めたんです。

―合わない仕事もあるなかで、この仕事が長く続いたのは?

高橋:やっぱり自分が作ったものにお客さんがお金を払ってくれて、喜んでくれるから。ありがたいことにこれまで1回もクレームはないし、高額な品物で踏み倒されたこともありません。「前金で払おうか?」と言われることもあるけど、基本はいただかない。品物ができて、直接お客さんからお金をいただく、その楽しみでやっているんだから。

 

川上:僕の場合は、子供のころから細かい作業が好きで職人になりました。村上から出たこともありません。やり始めてからは半分、惰性で続けている(笑)。でもあとの半分は、「次に何ができるか?」と期待する気持ちでやってるんです。自分の技術だけが勝負の世界だから、それを繰り返している。

―職人さんの中には、鎌倉や金沢などに修行に出て、そのまま現地で活動をする方もいるそうですが、みなさんにとって村上で活動を続けることの良さとは何でしょう?

川上:昔の名品を近くで見られることかな。技術がすごくて、我々にやれと言われても難しいものが多い。でも、それに追いつくにはどうしたらいいのか? という思いでずっと仕事をしてきました。後継者育成という意味では、一番必要なのはそういう名品が身近にあること。ものを見ながら自分なりに考えることでしか、技術は上達しないから。

川上健
川上健

新しい伝統的工芸品の誕生と、「マイぐい呑み」のススメ

とんぼせんせい:それは、現代の作り手にとっても同じですね。僕も、かつての世代が積み重ねてきた歴史をすごく意識します。それをアップデートしないとやっている意味がないし、職人さんと僕らは一見、違うように見えて、じつは似ている部分も大きいのかなと。

雪浦:土地ということだと、私は転勤族で、故郷と呼べる場所がないんです。寄る辺なさがあって、職人さんたちのように、みんなでひとつの文化を共有するということがあまりなかった。だから今回、自分が深く関わる土地がひとつ増えたのが嬉しいです。

冨士美園では日本茶インストラクターの店主が村上茶をご馳走してくれる
冨士美園では日本茶インストラクターの店主が村上茶をご馳走してくれる

蔵元・大洋盛ではできたての、まだ緑色の残る杉玉に出会った
蔵元・大洋盛ではできたての、まだ緑色の残る杉玉に出会った

駅に塩引き鮭が吊るされている光景にもだんだん見慣れてきた
駅に塩引き鮭が吊るされている光景にもだんだん見慣れてきた

塩川:私は、富樫さんの「昔ながらの村上木彫堆朱の匂いがしないもの」という言葉が気になっていて。「シンプルすぎると堆朱らしくないかな」と、この縦線を入れたんですけど、本番用の器は、思い切ってこの縦線をなくそうと思ってるんです。それによってさらに村上木彫堆朱らしくなくなってしまうかもしれないんですけど……。

本番用には縦線を入れない予定
本番用には縦線を入れない予定

富樫:いや、これで良いんですよ。職人が従来と同じ作業だけを繰り返していても、限界があるんです。新しい購買層を広げるためには、このくらいの冒険をしないと。

小杉:そうですね。新しいものと昔からあるものを合わせたところに、次の村上木彫堆朱の方向性を作っていかないといけない。それに、デザインは斬新ですけど、木地は天然木ですし、塗りの方法も伝統的なもの。堆朱の基本は、きちんと守られていますから。

塩川:そう言っていただけて良かったです。私にとっては今回の経験で、器というもの全体に対して、細かい部分への気遣いや技術のあり方を知れたのが良かった。何も知らずに見ていてもわからないので、自分で作ることで、その見方が広がった気がします。

左から:はしのちづこ、とんぼせんせい、塩川いづみ、雪浦聖子(sneeuw)
左から:はしのちづこ、とんぼせんせい、塩川いづみ、雪浦聖子(sneeuw)

―双方にとって、発見や刺激が多いプロジェクトでしたね。

はしの:普段、活動で関わる人たちからは出ない意見も聞けて、面白かったです。そういう考え方もあるのかと。実際、堆朱としては、一風変わったものになったと思いますし、このお相撲さんの器は、2個セットで笑いながら使っていただけたらいいですね。

雪浦:私の服のお客さんは、20~30代が多いんですけど、その中には最近、日本酒に興味を持っている方も多い。そういう方が、酒器を持ち始めるきっかけになったらいいなと思います。生活を少し豊かにする、こんな文化があるんだと知っていただけたら。

小杉:「マイぐい呑み」といった感じで、気軽に持ち歩いていただけたら良いですね。飲み屋さんで「それ何?」という感じで、会話を弾ませてもらえたらと思います。

朱器(塩川いづみ)
朱器(塩川いづみ)

朱器(とんぼせんせい)
朱器(とんぼせんせい)

朱器(sneeuw)
朱器(sneeuw)

朱器(はしのちづこ)
朱器(はしのちづこ)

富樫:やっぱり堆朱は、家に仕舞い込んでいるのではダメなんです。使い方や手入れが難しいというイメージがあるかもしれませんが、そんなことはありません。どんどん外に持ち出して、愛用の堆朱を使い込む楽しさを感じていただけたら嬉しいですね。

―堆朱は20年、30年と長持ちしますしね。

高橋:ただ、大事にしてもらえるのは本当に嬉しいんだけど……あんまり長持ちさせられると職人たちがご飯を食べられなくなっちゃうから、ほどほどに!(笑)

左から時計回りに:小林久作、小杉和也、富樫春男、川上健、高橋信夫、雪浦聖子(sneeuw)、塩川いづみ、とんぼせんせい、はしのちづこ

Page 3
前へ

プロダクト情報

村上木彫堆朱 新ブランド「朱器」

現代のクリエイターと村上木彫堆朱の職人のコラボレーションから生まれた、普段使いの漆器ブランド。気持ちを晴れやかに演出する“朱色”を活かしたデザインモチーフで、ひとつひとつ職人の手によって作られています。使い続けるほどに飴色に色づいていく朱器は、世界中に二つとない、あなただけの器となります。第一弾は「朱器の酒器」。酒坏を交わす度に色づく朱色と愉しい絵柄を愛でながら、今宵も一杯、ハレ気分。

プロフィール

塩川いづみ(しおかわ いづみ)

イラストレーター。1980年生まれ。多摩美術大学グラフィックデザイン学科卒業。広告、雑誌、商品などのイラストレーションを手がけるほか、展示発表も行う。

とんぼせんせい

「三本の線を引くだけでどこにでも現れる」をコンセプトに、人物、動物、風景、プロダクトなど、様々なイメージに憑依するイラストレーター。個展やグループ展の参加、企業・出版社へのイラスト提供から、ワークショップ講師、トークの司会など、多岐にわたる活動で活躍中。

sneeuw(すにゅう)

2009年スタートのユニセックスのアパレルブランド。コンセプトは「clean and humor」。シンプルな中に遊び心のある仕掛けをちりばめて日常を、少しだけ浮き上がらせる身の回りのものを作っていく。

はしのちづこ

イラストレーター。2012年美術大学を卒業。2013年のイベントをきっかけに手を繋いだお相撲さんのライブペイントやグッズを作り始める。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. ユニクロ「ドラえもんUT」登場 名言入り配送ボックスも用意 1

    ユニクロ「ドラえもんUT」登場 名言入り配送ボックスも用意

  2. 米津玄師の新AL『STRAY SHEEP』パッケージ公開 本日“感電”初オンエア 2

    米津玄師の新AL『STRAY SHEEP』パッケージ公開 本日“感電”初オンエア

  3. 花盛友里の写真集『NUIDEMITA ~脱いでみた。2~』刊行 写真加工一切なし 3

    花盛友里の写真集『NUIDEMITA ~脱いでみた。2~』刊行 写真加工一切なし

  4. 『MIU404』放送開始。綾野剛×星野源らキャストによる「刑事ドラマ」 4

    『MIU404』放送開始。綾野剛×星野源らキャストによる「刑事ドラマ」

  5. 都築響一が語る、日本のファッションの面白さ、本当のかっこよさ 5

    都築響一が語る、日本のファッションの面白さ、本当のかっこよさ

  6. 『アングスト/不安』に石野卓球、相沢梨紗、大石圭、江戸木純らがコメント 6

    『アングスト/不安』に石野卓球、相沢梨紗、大石圭、江戸木純らがコメント

  7. 長澤まさみの主演映画『MOTHER マザー』にYOU、米倉涼子らがコメント 7

    長澤まさみの主演映画『MOTHER マザー』にYOU、米倉涼子らがコメント

  8. アップリンク元従業員らが浅井代表のパワハラ「謝罪声明」を批判 8

    アップリンク元従業員らが浅井代表のパワハラ「謝罪声明」を批判

  9. 平野啓一郎と観る西洋絵画。「よくわからない」も楽しみ方の一つ 9

    平野啓一郎と観る西洋絵画。「よくわからない」も楽しみ方の一つ

  10. スピッツ、リモート制作による新曲『猫ちぐら』配信 ジャケットは長崎訓子 10

    スピッツ、リモート制作による新曲『猫ちぐら』配信 ジャケットは長崎訓子