特集 PR

「ぷよぷよ」の開発者・米光一成のスマホゲーム進化論

「ぷよぷよ」の開発者・米光一成のスマホゲーム進化論

Galaxy S7 edge
インタビュー・テキスト
阿部美香
撮影:豊島望 編集:野村由芽

世界初のコンピューターゲーム『Tennis for Two』が1958年にアメリカで誕生してから約60年。その間、ゲームをプレイするための様々なデバイスが開発されてきたが、現代人の生活に最も欠かせない道具のひとつであるスマートフォンが、今もっとも手軽なゲーム機と言えるだろう。

スマートフォン用のゲームアプリの進化は、ここ数年で目に見えて向上した。家庭用ゲーム機を凌駕するハイスペックなゲームが続々リリースされ、ヒットを飛ばしている。そこで、誰もが知るパズルゲームの名作『ぷよぷよ』の生みの親であるゲームデザイナー・米光一成が、ゲームプレイに特化した機能を多数搭載したスマートフォン「Galaxy S7 edge」で実際にゲームを体験。ゲームが好きな人も苦手な人も楽しめるスマホゲームの遊び方から、ゲーム的発想を日常生活に活かす方法まで語ってもらった。

おそらく最近のスマホゲームは、プレイヤーが気持ちよく遊べるよう、ソフトウェア側で補完して動かしていますね。

―米光さんは、1980年代後半からテレビゲームのゲームデザイナーとして活躍されていますが、スマホゲームをどのように見ているのでしょう? かつて、生粋のゲームファンは「スマホのゲームなんかパチンコと同じく射幸性を煽るだけで、本当のゲームじゃない」と言っていましたよね。

米光:ああ、そうですね。「ゲーム原理主義」の方からするとそうかもしれません。

―米光さんは違うんですか?

米光:僕もそうなんですけど、ゲーム原理主義過ぎて、逆に「ゲーム」と名のつくものなら何でも大好きでして(笑)。スマホゲームもめちゃめちゃ好きで、1日1本ずつくらい新しいのをやっています。

―そんなにやってるんですね。

米光:大手メーカーのものすごく作り込んだ大作もあるし、インディペンデントな「なんだこれ?」みたいなものもあって、飽きないんですよ。最近だと、ハップという個人レーベルが出している『ママにゲーム隠された』という4コマ漫画みたいな脱出ゲームが面白かったです。

米光一成
米光一成

―スマホゲームというと、以前はカードバトルやカジュアルなパズルが多かったですが、最近はバリバリのアクションゲームやシューティングゲームも増えましたね。

米光:それには理由があって、以前はスマホというデバイス自体が、アクションゲームに向いてなかったんです。テレビで遊ぶのと違って、スマホゲームは画面を直接触るから画面の一部が隠れてしまったり、タッチしたときのレスポンスや映像の処理能力が低すぎて、操作感が悪くて遊びにくかったりして。

―たしかに。

米光:でも最近は、スマホ自体のスペックが格段に向上して、動きのあるゲームに対応できるようになったし、家庭用ゲーム機に遜色ないグラフィック性能を持つようになりました。さらに、おそらく最近のスマホゲームは、プレイヤーが気持ちよくアクションを遊べるよう、ソフトウェア側で補完して動かしていますね。

―というと?

米光:ファミコンやスーパーファミコン時代は、自分が動かしたとおりにしかキャラクターが動かないから、プレイヤーにも高度な技術が求められていました。でも今のスマホのアクション系ゲームは、キャラクターがワラワラ出てきて適当に武器を振れば当たったり、仲間キャラが助けてくれたりもする。プレイヤーが曖昧な操作をしても、敵のいる方向にちゃんとキャラクターが動いて、AI的な感じで戦いを補完してくれています。極端な例だと、アクションゲームなのに「自動戦闘モード」がついていたりしますし(笑)。

米光一成

―自分で動かさないアクションゲームって、矛盾してますけどね(笑)。

米光:でもその進化ぶりはすごくて、その機能によって、「僕がこう動いてほしいと思ったように動いてくれた」という気分を満たしてくれるし、ゲームが苦手な人もアクションゲームの醍醐味を体感できる。

そのハードルの低さによって、「ついでにやる」とか「~しながらやる」という新しい感覚もゲームに入り込んできています。「自動戦闘モードで放置してたら、敵をいっぱい倒せた」というのは、「遠くに住んでる甥っ子と久々に会ったら、成長していて嬉しい」みたいな感覚に近い。ゲームの楽しみ方が広がっているんですよね。

―昔のゲームはROMカセットやCDで提供されるパッケージ作品でしたが、スマホゲームはネットと繫がっていて、随時アップデートされていく。完結した「モノ」から、終わりのない「コト」へと変わった気がします。

米光:たしかに、家庭用ゲームはエンディングを見るのがクリアの目的でしたけど、今のスマホゲームにエンディングがないものもあって、延々と遊ばせる構造も多いです。しかも途中でゲーム自体がアップデートされるから、ルールや内容が変わっていくものもある。ゲームはもはや決まった時間内で完結するのではなく、僕たちの生活とパラレルな形で並走して変化し続けるものへと、拡張しています。

Page 1
次へ

製品情報

Galaxy S7 edge
Galaxy S7 edge

発売中
価格:オープン価格

プロフィール

米光一成(よねみつ かずなり)

ゲームデザイナー、ライター。「ぷよぷよ」「バロック」「トレジャーハンターG」「想像と言葉」などを手がける。電書カプセル・電書フリマ監督、「宣伝会議:編集ライター講座」講師、『文化庁メディア芸術祭』審査委員。NHKラジオ『すっぴん』の書籍のコーナー、NHKラジオ『ひらめけゲーム「想像と言葉」』などに出演。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像 1

    THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 3

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  4. ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも 4

    ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも

  5. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 5

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  6. 地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る 6

    地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る

  7. 林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着 7

    林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着

  8. 『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか 8

    『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか

  9. ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開 9

    ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開

  10. 『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察 10

    『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察