特集 PR

吉澤嘉代子×文月悠光が新宿の若手文壇バーで語る「言葉」の力

吉澤嘉代子×文月悠光が新宿の若手文壇バーで語る「言葉」の力

ISETAN PARK net
インタビュー・テキスト
冨手公嘉
撮影:西田香織 編集:野村由芽、飯嶋藍子

制限や制約があるからこそ、自由になる瞬間を感じられるんだと思います。(吉澤)

―出会ったときから惹かれ合っていたお二人ですが、交流を深めていって、改めてお互いのどこに魅力を感じていますか?

文月:吉澤さんは元来の感性を生かしながら、妄想的なシチュエーションを言葉として立ち上げることに長けていると感じます。そういうところにとても惹かれますね。“綺麗”の出だしのフレーズから、歌詞に登場する2人の微妙な距離感が像として浮かんできて、鳥肌が立ったのを覚えています。

吉澤:嬉しいですね。文月さんは詩もそうですが、エッセイの『洗礼ダイアリー』を読むと、エピソードは滑稽でも文章の運び方の格好良さに痺れてしまう。お会いして話すと落ち着いているのに、ここまで心の中で色々な動きがあって、文章の運びから匂い立つものは誰が読んでも愛してしまうのではないかなと思っています。

文月:実は、世間が抱く「詩人」の像と、エッセイで描く私の世界の違いについて心配していたんです。でも実際にエッセイを書いてみると、意外と読者はそこを切り分けて認識して下さるということを知りました。

エッセイについては「親しみがわく」とか「身近に感じる」という感想が多くて。詩の中では強い言葉を使うので「もっと攻撃的な人だと思っていました」と言われることもあります。

文月悠光のエッセイ『洗礼ダイアリー』
文月悠光のエッセイ『洗礼ダイアリー』

―「詩人のイメージを変えたい」という言葉も序文に書かれていましたね。

文月:はい。詩人はそんなにお堅いものでもないので、もっと当たり前に存在としてフラットに捉えてもらえたら、とっつきにくさが減るかなと。作家の見た目や性格、世間に出ているキャラクターから作風を捉えてもらうことも読書体験の楽しみ。エッセイを書くことはマイナスじゃなかったですね。

吉澤:文月さんのエッセイの文章には、おかしみがあるんです。言葉の選び方は柔らかいのですが、読み進めていくと気持ちいい所にグサッと刺さる。そのギャップがとても良くて、文月さんの言葉の歩む方向についていきたくなります。

文月:ありがとうございます。言葉のキレについては吉澤さんの歌詞にも感じます。言葉をメロディーに乗せただけの人と、言葉に強いこだわりがある人の違いは素人目でもすぐに分かりますし、吉澤さんの音楽からは、メロディーに負けない言葉の強さを感じます。

左から:吉澤嘉代子、文月悠光

―文月さんが指摘するように、言葉への執着は強い方だと思いますか?

吉澤:そうですね。中学時代から好きな短歌の影響かもしれないです。言葉の文字数に制限がある中で、どれだけのことを伝えられるかという点では、歌詞の制作に通じる部分があるんですよね。制限や制約があるからこそ、その中で自由になる瞬間を感じられるんだと思います。

―これまでのアルバムのタイトルもすべて漢字四文字で統一されていますよね。

吉澤:そうですね。極端な話ですが、自分の作品タイトルの統一感が好きすぎて、作品名を眺めてうっとりしてしまうくらい。楽曲を作るときもタイトルが一番重要で、「このタイトルの曲を歌いたい」という、言葉に対する独占欲から始まります。それからモチーフと物語、主人公を考えて、歌詞とメロディーをつけていく感じです。

文月:そういう作り方なんですね。

左から:吉澤嘉代子、文月悠光

吉澤:逆に、詩には割り符のような制限がなく、いくつもの選択肢が与えられているじゃないですか。文月さんはその中で、適切なものを選び取っていて本当に大変だろうなと。言葉そのものだけを生業としていて本当に尊敬します。

―吉澤さんは、物語性のある楽曲をいつも描いていますが、自分の視点で描かないのはどうしてなのでしょうか?

吉澤:自分を主体にすると、その言葉がいずれ本当ではなくなるからです。言葉は魔法みたいなものだと信じていますが、自分から誰かに向けて手放した瞬間から、時間の経過とともに変化してしまう。でも自分自身が感じた感情をフィクションに預けることで、その言葉に宿した魂がずっと生き残る感じがするんです。

Page 2
前へ 次へ

サイト情報

『ISETAN PARK net』

日本最大級のファッション発信基地である伊勢丹新宿店の「今」と「これから」がわかるウェブメディア。ファッション、アート、音楽、カルチャーなどを切り口に、週ごとに新宿店で繰り広げられるイベント情報を紹介しています。

リリース情報

吉澤嘉代子『屋根裏獣』ジャケット
吉澤嘉代子
『屋根裏獣』初回限定盤(CD+DVD)

2017年3月15日(水)発売
価格:3,500円(税込)
CRCP-40497

[CD]
1. ユートピア
2. 人魚
3. カフェテリア
4. ねえ中学生
5. 屋根裏
6. えらばれし子供たちの密話
7. 地獄タクシー
8. 麻婆
9. ぶらんこ乗り
10. 一角獣
[DVD]
1. 地獄タクシー MUSIC VIDEO
2. アボカド feat.伊澤一葉(live at 東京キネマ倶楽部 2016.10.16)
3. 東京絶景 feat.曽我部恵一(live at 東京キネマ倶楽部 2016.10.16)

吉澤嘉代子
『屋根裏獣』通常盤(CD)

2017年3月15日(水)発売
価格:3,000円(税込)
CRCP-40498

1. ユートピア
2. 人魚
3. カフェテリア
4. ねえ中学生
5. 屋根裏
6. えらばれし子供たちの密話
7. 地獄タクシー
8. 麻婆
9. ぶらんこ乗り
10. 一角獣

イベント情報情報

『吉澤嘉代子 獣ツアー 2017』

2017年4月29日(土・祝)
会場:岡山県 CRAZYMAMA KINGDOM
料金:4,000円(ドリンク別)

2017年5月4日(木・祝)
会場:宮城県 仙台 darwin
料金:4,000円(ドリンク別)

2017年5月7日(日)
会場:東京都 有楽町 国際フォーラム ホールC
料金:4,500円

2017年5月13日(土)
会場:福岡県 BEAT STATION
料金:4,000円(ドリンク別)

2017年5月14日(日)
会場:大阪府 なんばHatch
料金:4,000円(ドリンク別)

2017年5月19日(金)
会場:愛知県 名古屋市芸術創造センター
料金:4,500円

書籍情報

『洗礼ダイアリー』
『洗礼ダイアリー』

2016年9月5日(月)発売
著者:文月悠光
価格:1,512円(税込)
発行:ポプラ社

『わたしたちの猫』
『わたしたちの猫』

2016年10月31日(月)発売
著者:文月悠光
価格:1,512円(税込)
発行:ナナロク社

プロフィール

吉澤嘉代子(よしざわ かよこ)

1990年、埼玉県川口市生まれ。鋳物工場街育ち。父の影響で井上陽水を聴いて育ち、16歳から作詞作曲を始める。ヤマハ主催『“The 4th Music Revolution” JAPAN FINAL』にてグランプリとオーディエンス賞をダブル受賞。2016年、『ROCK IN JAPAN FES 2016』、『SWEET LOVE SHOWER』など大型フェスヘ出演。2017年、3rdアルバム『屋根裏獣』をリリース。5月7日、東京国際フォーラム ホールCを含む「獣ツアー 2017」開催決定。4月放送バカリズム主演ドラマ「架空OL日記」主題歌起用も決定している。また、私立恵比寿中学、南波志帆らへの楽曲提供も行う。

文月悠光(ふづき ゆみ)

1991年北海道生まれ、東京在住。中学時代から雑誌に詩を投稿し始め、16歳で現代詩手帖賞を受賞。高校3年時に出した第1詩集『適切な世界の適切ならざる私』で、中原中也賞、丸山豊記念現代詩賞を最年少受賞。早稲田大学在学中に、第2詩集『屋根よりも深々と』を刊行。2016年秋、初のエッセイ集『洗礼ダイアリー』、第3詩集『わたしたちの猫』を刊行する。NHK全国学校音楽コンクール課題曲の作詞、詩の朗読、書評の執筆など広く活動中。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

LUMINE ART FAIR - My First collection / Art of New York City

10月12日、13日にルミネ新宿で開催する『LUMINE ART FAIR -My First Collection』のために制作された動画。現地アーティスト2名の言葉と、リアルな空気感とともにNYのアートシーンを紹介している。「NY、かっこいい!」という気持ちがムクムク膨れ上がってくるはずだし、アートに触れるきっかけはそれくらいがちょうどいいと思う。(石澤)

  1. 東京パラリンピック開会式の演出はKERA、閉会式は小林賢太郎 出演者募る 1

    東京パラリンピック開会式の演出はKERA、閉会式は小林賢太郎 出演者募る

  2. 『ONE PIECE』×カップヌードルCMの第3弾 ビビが仲間への想いを語る 2

    『ONE PIECE』×カップヌードルCMの第3弾 ビビが仲間への想いを語る

  3. 平野紫耀、永瀬廉、高橋海人が『婦人公論』で座談会 タキシード姿も披露 3

    平野紫耀、永瀬廉、高橋海人が『婦人公論』で座談会 タキシード姿も披露

  4. 有安杏果、結婚を発表。その経緯、お相手など、赤裸々に語る 4

    有安杏果、結婚を発表。その経緯、お相手など、赤裸々に語る

  5. 神木隆之介が母子で「au PAYで!」特訓&松本穂香の姿も 「高杉くん」新CM 5

    神木隆之介が母子で「au PAYで!」特訓&松本穂香の姿も 「高杉くん」新CM

  6. 『アナと雪の女王2』の歌に注目。エルサのメイン曲など新曲多数 6

    『アナと雪の女王2』の歌に注目。エルサのメイン曲など新曲多数

  7. 大友良英が『いだてん』音楽で伝える「敗者がいて歴史ができる」 7

    大友良英が『いだてん』音楽で伝える「敗者がいて歴史ができる」

  8. ソフトバンク新CMで岡田准一と賀来賢人が教師、リーチマイケルが校長に 8

    ソフトバンク新CMで岡田准一と賀来賢人が教師、リーチマイケルが校長に

  9. ポン・ジュノ『パラサイト』が東京&大阪の2劇場で先行上映、特別映像付き 9

    ポン・ジュノ『パラサイト』が東京&大阪の2劇場で先行上映、特別映像付き

  10. 星野源、Apple Music『歌詞のままに生きる』登場 日本のアーティストは初 10

    星野源、Apple Music『歌詞のままに生きる』登場 日本のアーティストは初