特集 PR

マキタスポーツが語る、今のJ-POP界においてAnlyが特別な理由

マキタスポーツが語る、今のJ-POP界においてAnlyが特別な理由

Anly『anly one』
インタビュー・テキスト
麦倉正樹
撮影:西槇太一 編集:矢島由佳子

父親の影響で幼少期よりブルースやルーツロックに触れてきた、沖縄県伊江島生まれのシンガーソングライター、Anly。2015年11月にメジャーデビューして以降、スキマスイッチとコラボレーションした最新シングル『この闇を照らす光のむこうに』まで5枚のシングルをリリースしてきた彼女が、満を持して1stアルバム『anly one』を完成させた。

今回は、彼女の才能にいち早く反応していたというマキタスポーツに登場願い、ユニークな音楽性を持つ彼女の魅力と非凡さについて語ってもらいながら、彼が気になっているという彼女の才能の「秘密」について、マキタ自身の表現活動を踏まえつつ、本人に直接問いかけてもらった。

Anlyちゃんの曲は、なにか生き物みたいな感じがするんですよ。(マキタスポーツ)

―マキタさんがAnlyさんの存在を初めて知ったのは?

マキタ:僕がやっているラジオ番組(TBSラジオ『TOKYO JUKEBOX』)のゲストに、Anlyちゃんが来てくれたんですよ。で、事前にいただいていた音源を聴かせてもらったときに、「わっ、この子はすごいな」ってホントに思いまして。ルーツロック系というか、わりと泥臭いアーシーな音楽を聴いてこられたのかなって。

Anly:伊江島にいた頃は、父が聴いているロックとかブルースが、私にとっての最新音源みたいな感じだったので(笑)。あとは、米軍のラジオでカントリーのカウントダウン番組とかを聴きながら、子ども時代を過ごしていました。なので、小さい頃からエリック・クラプトンとかCCR(Creedence Clearwater Revival)とかZZ TOPとか、そういう音楽ばっかり聴いていたんですよね。

Anlyの出身地・沖縄県伊江島にて撮影されたミュージックビデオ

マキタ:それ、もう完全におっさん好みだから(笑)。Anlyちゃんは、もう、娘みたいなもんですよ。

Anly:(笑)。

左から:Anly、マキタスポーツ
左から:Anly、マキタスポーツ

―いつからギターを弾いて歌い始めたんですか?

Anly:5歳ぐらいのときに、父が沖縄本島に渡ってギターを買ってきてくれたんですけど、なかなか弾き方を教えてくれなくて。「いつコードを教えてくれるのかな?」って思いながらずーっと待っていたら、小学校低学年ぐらいのときにやっと教えてくれて……そこからですね。

マキタ:お父さんの好きなものをちゃんと受け継いでくれているのはいいよね。俺も娘がいるんだけど、ギターを教えようとすると逃げるんだよ。素直に聞いてくれない(笑)。

Anly:うちは逆でした。私はこれ見よがしに父の部屋の前でギターを弾いているのに、父は「ちょっと今忙しいから」みたいな感じで、素通りしていったりして……。

マキタ:ああ、そういうほうがいいのかな。ツンデレじゃないけど(笑)。

マキタスポーツ

―マキタさんは、Anlyさんのアルバムをどんなふうに聴かれましたか?

マキタ:すごくポップだなって思ったんですけど、どこかやっぱり「ん?」って思うところがあって。Anlyちゃんの音楽って、優等生的なものではないんですよね。大衆性があって耳馴染みがよくて、カラオケで歌いたくなる音楽なんだけど、実は誰もが歌えるものにはなってないというか。

Anly:ああ……よく言われます。

マキタ:カラオケで歌っても、歌自体を乗っ取ることはできないと思うんですよね。あと、たとえば“カラノココロ”とか、なにか生き物みたいな感じがするんですよ。ある種のキャッチーさがあって、街角とかで普通に流れていてもいいんだけど、「なんだ、この生き物は?」みたいな、飛び出してくるような感じがあるというか。

―ちょっと変わったタイプのシンガーソングライターであることは間違いないと。

マキタ:うん。あと、曲として自立している感じがします。J-POPのなかには、アレンジが過保護な状態で成立しているような曲とかも結構あると思うんです。でも、Anlyちゃんの曲は、そういうものを全部脱がしていっても、ちゃんと曲が自立できるものになっていると思いますね。

男の子は、「ただ、女の子にモテたい」っていう。それは男の子として正しいことだと思うのね。(マキタスポーツ)

―Anlyさんの「歌いたい」という感情は、どこから湧いてきたものなのでしょう? 女の子のその感情と、男の子がギターを始める理由は、また別ものなのかなと……。

マキタ:あ、それは俺も聞きたいね。男の子の場合は、ホントによくある話で、「ただ、女の子にモテたい」っていう。

Anly:ははは(笑)。

左から:Anly、マキタスポーツ

マキタ:そんなもんですよ。そうじゃなかったって言うやつは、「ホントかよ?」って思うし、それは男の子として正しいことだと思うのね。でも、女の子の場合はどうなのかなって。

Page 1
次へ

リリース情報

Anly『anly one』初回生産限定盤
Anly
『anly one』初回生産限定盤(CD+DVD)

2017年4月26日(水)発売
価格:3,240円(税込)
SRCL-9379/80

[CD]
1. 太陽に笑え
2. FIRE
3. 笑顔
4. この闇を照らす光のむこうに
5. サナギ
6. 傘
7. カラノココロ
8. Enjoy
9. だから
10. レモンティー
11. いいの
12. Don't give it up!
13. EMERGENCY
14. Come back
[DVD]
『Anly 1st Anniversary Live@SHIBUYA eggman (2016/11/25)』
太陽に笑え
Bye-Bye
いいの

Enjoy
EMERGENCY
カラノココロ

Anly『anly one』通常盤
Anly
『anly one』通常盤(CD)

2017年4月26日(水)発売
価格:2,916円(税込)
SRCL-9381

1. 太陽に笑え
2. FIRE
3. 笑顔
4. この闇を照らす光のむこうに
5. サナギ
6. 傘
7. カラノココロ
8. Enjoy
9. だから
10. レモンティー
11. いいの
12. Don't give it up!
13. EMERGENCY
14. Come back

イベント情報

Anly
『Anly 1st Live Tour 2017 "anly one"』

2017年6月9日(金)
会場:愛知県 名古屋 ell.SIZE

2017年6月10日(土)
会場:大阪府 南堀江 knave

2017年6月17日(土)
会場:東京都 原宿 アストロホール

2017年6月18日(日)
会場:沖縄県 那覇 桜坂セントラル

2017年6月23日(金)
会場:東京都 原宿 アストロホール

マキタスポーツ
『LIVE@マキタスポーツ』

2017年7月8日(土)
会場:東京都 表参道 CAY

プロフィール

Anly
Anly(あんりぃ)

1997年(平成9年)1月、沖縄・伊江島生まれ。沖縄本島からフェリーで約30分、北西に浮かぶ人口約4,000人、風光明媚な伊江島出身シンガーソングライター“Anly(アンリィ)”。中学卒業までPCもインターネットも家にはなく、情報が閉ざされた南の島で、音楽好きの父が持ち帰るブルースやロックのCDを聴き、ギターをオモチャ代わりに爪弾く日々を過ごす。島には中学までしかないため、高校進学の為に転居した那覇市内で弾き語りライブをスタート。高校を卒業した年、2015年11月にドラマ『サイレーン』主題歌に大抜擢、『太陽に笑え』でメジャーデビュー。デビュー前には黒板チョークアートで話題となった大塚製薬「カロリーメイト」CMにも起用される。アコギ1本で空気を一変させる力を持つ、今一番注目されるシンガーソングライター。スキマスイッチとコラボした最新シングル『この闇を照らす光のむこうに』がロングヒット中。

マキタスポーツ
マキタスポーツ

本名 槙田雄司。肩書は、ミュージシャン、役者。だがしかし、そのふたつに集約できないほどに、マキタスポーツの活動をつぶさにみれば、その多様さはとどまることを知らない。お笑いの世界では、他に類型のないエンターテイメントを追求し、かたや文筆家として、鋭い時評・分析を展開、文芸誌では小説連載を行い、さらには渋谷公会堂を満席にするほどに熱狂的なファン層を獲得しラジオ界を震撼たらしめている『東京ポッド許可局』にて名スピーカーとして人気を博すなど、その活動の振れ幅の大きさは、ジャンルを軽々と飛び越えて、もはや「表現者・マキタスポーツ」と称するほかないようにすら思える。マキタスポーツがライフワークの中核にすえるもの、それはアーティスト/ミュージシャンとしての活動であり、役者としては、映画『忍びの国』、NHK大河ドラマ『おんな城主直虎』などに出演が決定している。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PAELLAS“Orange”

1stデジタルシングルから“Orange”のMVが公開。Spikey Johnが監督を務め、研ぎ澄まされたクールな表現で楽曲を彩る。次第に日が落ちていく情景はどこかメランコリックで、いつの間にか私たちは彼らに物語を見出そうとしてしまっていた。過ぎ去った夏に思いを馳せながら、映画のように濃密な4分間をゆったりと味わえるはず。(野々村)

  1. Ken YokoyamaからのSOS バンドに訪れた転換期を包み隠さず語る 1

    Ken YokoyamaからのSOS バンドに訪れた転換期を包み隠さず語る

  2. 新垣結衣×松田龍平W主演、野木亜紀子脚本『獣になれない私たち』放送開始 2

    新垣結衣×松田龍平W主演、野木亜紀子脚本『獣になれない私たち』放送開始

  3. 『音量を上げろタコ!』KenKen、PABLO、富澤タクら10人のキャスト写真公開 3

    『音量を上げろタコ!』KenKen、PABLO、富澤タクら10人のキャスト写真公開

  4. 自由な大泉洋、振り回される高畑充希&三浦春馬 『バナナかよ』場面写真 4

    自由な大泉洋、振り回される高畑充希&三浦春馬 『バナナかよ』場面写真

  5. 戸次重幸がヨガで白目&床に頬ずりして恍惚 パナソニックの動画4本公開 5

    戸次重幸がヨガで白目&床に頬ずりして恍惚 パナソニックの動画4本公開

  6. 『花椿』でペトラ・コリンズが「東京少女」撮影 満島ひかり×Chara対談も 6

    『花椿』でペトラ・コリンズが「東京少女」撮影 満島ひかり×Chara対談も

  7. 堀込泰行のソロ5年目はどんな感じ? 他者と交わる面白さを語る 7

    堀込泰行のソロ5年目はどんな感じ? 他者と交わる面白さを語る

  8. 松山ケンイチ×染谷将太が「聖職系男子」 ドラマ『聖☆おにいさん』予告編 8

    松山ケンイチ×染谷将太が「聖職系男子」 ドラマ『聖☆おにいさん』予告編

  9. 片渕須直×こうの史代×コトリンゴ オタフクソースのウェブアニメが公開 9

    片渕須直×こうの史代×コトリンゴ オタフクソースのウェブアニメが公開

  10. 隈研吾が設計デザイン「デリス横浜ビル」11月開業 食と文化の発信拠点に 10

    隈研吾が設計デザイン「デリス横浜ビル」11月開業 食と文化の発信拠点に