特集 PR

湯川潮音×world's end girlfriend ありのままの「歌」を求めて

湯川潮音×world's end girlfriend ありのままの「歌」を求めて

sione『ode』
インタビュー・テキスト
金子厚武
編集:山元翔一

「歌う」っていうのは、「笑う」とか「泣く」とか「怒る」っていうラインに近いんじゃないかな。(WEG)

―WEGさんがおっしゃるように、私たちにとって、歌は本来もっと身近なものなのかもしれないですね。

WEG:人間の本質的な部分、原始的な部分と音楽は繋がっていると思っているんです。「歌う」っていうのは、「笑う」とか「泣く」とか「怒る」っていうラインに近いんじゃないかなって。

―「喜怒哀楽歌」みたいに、本来は感情の一部なのかも。

sione:だから、「歌を勉強する」って、そもそもおかしな話なんでしょうね。私が子どもの頃からやってきた歌は、自分が持って生まれた声を、どれだけそのまま出せるかっていうことだったんです。

いろんなことを考えて、作られた歌になりがちだけど、そうじゃなくて、本来持っているものを飾りをつけずにそのまま100%出せるようにということを、合唱隊時代に教えてもらいました。それが一番難しいことなんですけどね。「誰もがそれぞれの歌を持ってるから、誰だって歌い手なんだ」って、そのときの先生はおっしゃっていましたね。

―WEGさんは歌詞のない音楽を作るにあたって、サウンド面ではどんなことを意識されましたか?

WEG:WEGで一緒にやった経験上、sioneさんの歌は、声と1~2個の伴奏でも全然音楽としても完結できるし、声だけでも「これはこれでいいな」と思っていたんです。sioneさんは普段からよく鼻歌を歌うんだけど、それもすごくいい感じで、「この声を聴かせる音楽を作るなら、自分だったらこうする」というイメージはずっと持っていました。

―ストリングスや電子音はWEGらしさですけど、全体的に音数はかなり絞られていますね。

WEG:当初はもっと音数は少なくてもいいと思っていたんだけど、最初のイメージよりは少し増えたかな。

sione:私、「もっとドカドカしたい」って言ったかも(笑)。

WEG:でも、そうしちゃうと隙間がなくなるから……。

sione:「はい、わかりました」って(笑)。

―WEGに委ねたと。ボーカルの録音は自宅がメインだったとのことですが、実際どんなふうに録音して、どうやってテイクを選んでいったのでしょうか?

sione:一人でやると、1日10時間とか歌っちゃうんですけど、100テイク録ってもだいたい一番最初のテイクがよくて。だからなるべく外に出て、なにかして、フレッシュな状態でなにも考えず歌っているのをチョイスしました。あと旋律のことでいうと、私のバックボーンにある、合唱隊時代に得たものとフォークやポップスから得たもののうち、今回は前者を意識しました。

sione:合唱隊のときに、“越天楽”(雅楽の演目)を声だけでやる機会があって。西洋音楽の理論上は全部不協和音になるんですけど、小学生のときにそれを家で一人で録音して、「痺れるわー」ってやっていたときの感覚を思い出しました(笑)。

―今回は小学生の頃と地続きのことをやっているんですね。WEGさんはsioneさんからデモを受け取って、どのように作業を進めたのでしょうか?

WEG:sioneさんのデモから世界観を読み取って、「俺だったらこうする」っていうアレンジを組んで、そこからデータをやりとりしながら作っていく感じ。今回は音楽的に考えすぎないように、コード進行にしても、できるだけシンプルにって考えたかな。

sione:あと歌詞を書くことを考えて作る旋律と、それを意識しないで作る旋律の差が大きいというのもポイントで、今回はものすごく自由度が高いんです。一度WEGからとんでもないハモのフレーズが送られてきて、人間の歌える範囲を超えてたから、あれはちょっとイラッとしたけど(笑)。

WEG:「ちょっと難しいかも」とは言ったんだけどね。

sione:「ちょっと」じゃない(笑)。

WEG:でも、結局やってもらったんですよ。“Harvest”の最後のほう。

sione:ああいうのは、歌詞がないからこそやれることですね。

いい庭の歌を歌ってたから、心霊の鳥が寄ってきたのかな(笑)。(WEG)

―サウンド的にもやはり言葉がないからこそだと。

WEG:“I saw you one time”は、sioneさんに自由に歌ってもらった声を引き延ばした音を、何本か重ねて伴奏にしています。その伴奏の上でもう一度歌ってもらいました。“Nocturne”は、アンビエントテクノみたいなシンプルな打ち込みのシンセが入っているんだけど、それに声がちょっと乗るだけで、音楽的に別ものになるのが面白かったです。

あと今回、sione用に作った曲が映画(『ターシャ・テューダー 静かな水の物語』)にも使われるんですけど、その曲のボーカルトラックに鳥の声が入っていたんですよ。ちょうどいいところに入っていたから、sioneさんがあえて入れたのかと思ったら……。

sione:私は後からそれを聴いて、WEGが入れたのかと思った(笑)。環境的に、鳥の声が入るはずがないところで録っているんですよ。

WEG:いい庭の歌を歌ってたから(絵本作家のターシャ・テューダーは園芸家でもあり、庭園が有名)、心霊の鳥が寄ってきたのかなって(笑)。

―アルバムの1曲目が“Birds”で、この曲ではsioneさんが鳥の鳴きまねをしていますね。

WEG:これはもともと映画用に作ったんですけど、シーン的に合わなくて、でもすげえよかったから、アルバムで使おうってことになって。

sione:そうしたら、同じタイミングでジャケットが上がってきて、「鳥だ!」って。

sione『ode』ジャケット
sione『ode』ジャケット(Amazonで見る

―“Birds”が先にできていて、それでこのジャケになったというわけではなかったんですね。

WEG:sioneさんはもともと鳥の曲が多いしね。

―“Birds”にしろ、このジャケットにしろ、それこそThe Beatlesの“Free As A Bird”じゃないけど、言葉から解放された自由を象徴しているように思います。

sione:結果的に、まとまりましたね(笑)。

Page 3
前へ

リリース情報

sione『ode』
sione
『ode』(CD)

2017年4月15日(土)発売
価格:2,646円(税込)
VBR-040

1. Birds
2. Wealth of Flowers
3. Nocturne
4. ivy
5. The Seeker
6. Plein Soleil
7. Golden Age
8. The Hole in Your Heart
9. Harvest
10. I saw you one time
11. Kemono
12. Coda

『「ターシャ・テューダー 静かな水の物語」サウンドトラック』
『「ターシャ・テューダー 静かな水の物語」サウンドトラック』(CD)

2017年5月15日(月)発売
価格:2,700円(税込)
VBR-041

1. Winter Fire Place / world's end girlfriend
2. What a Day / sione
3. Happiness / mio-sotido
4. Sweet Cycle / world's end girlfriend
5. Nocturnal Dialogue / world's end girlfriend
6. Blooming Blooming! / sione
7. Weeding the Garden / mio-sotido
8. The Bottom of a Lake / world's end girlfriend
9. Share the Joys / 良原リエ
10. Graceful Cycle / world's end girlfriend
11. Link / ハチスノイト
12. Winter Calms / world's end girlfriend
13. Nocturnal Whispers / world's end girlfriend
14. Delightful Days / 良原リエ
15. The Clock Loses Time / sione
16. Pumpkin Moonshines / 良原リエ
17. Little Happiness / mio-sotido
18. Family / mio-sotido
19. Wealth of Flowers (Garden ver.) / sione
20. What a Day (instrumental) / sione

プロフィール

湯川潮音
湯川潮音(ゆかわ しおね)

1983年、東京出身。小学校時代より東京少年少女合唱隊に在籍、多くの海外公演などを経験。2001年、ポップフィールドではじめて披露された歌声が多くの話題を呼ぶ。翌年のアイルランド短期留学から帰国後、自作の曲も発表し本格的な音楽活動をスタート。以降、美しいことばの響きを大切にした歌詞、クラシックやトラディショナルを起点に置いた独自の世界観で音楽を紡ぎ続けている。

world's end girlfriend
world's end girlfriend(わーるず えんど がーるふれんど)

1975年11月1日かつて多くの隠れキリシタン達が潜伏した長崎県の「五島列島」に生まれ10歳の時に聴いたベートーヴェンに衝撃を受け音楽/作曲をはじめる。2000年デビュー。アジア、EU、USツアーなどを行い『ATP』『Sonar』など各国フェスにも出演。映画「空気人形」の音楽を担当し2009年カンヌ映画祭や世界中で公開された。2010年『Virgin Babylon Records』を設立し「SEVEN IDIOTS」をワールドワイドリリース。圧倒的世界観を提示しつづけている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. IZ*ONE宮脇咲良の“FIESTA”歌詞。日本語による再解釈を紐解く 1

    IZ*ONE宮脇咲良の“FIESTA”歌詞。日本語による再解釈を紐解く

  2. ユニコーンが全員で振り返る「100周年」。ド派手に活動した2019年 2

    ユニコーンが全員で振り返る「100周年」。ド派手に活動した2019年

  3. 西加奈子が書く、肯定の世界。完璧じゃない自分を認めて生きたい 3

    西加奈子が書く、肯定の世界。完璧じゃない自分を認めて生きたい

  4. 角舘健悟の『未知との遭遇』たなかみさき編(前編) 4

    角舘健悟の『未知との遭遇』たなかみさき編(前編)

  5. TWICEが対峙する「欲望」の複雑さ。『Eyes wide open』が表すもの 5

    TWICEが対峙する「欲望」の複雑さ。『Eyes wide open』が表すもの

  6. 元たま滝本晃司×知久寿焼×石川浩司の共演ライブが紫明会館で開催、配信も 6

    元たま滝本晃司×知久寿焼×石川浩司の共演ライブが紫明会館で開催、配信も

  7. 佐藤健×松丸亮吾が頭脳戦、ポケモンカードゲーム新CM「真剣勝負」篇 7

    佐藤健×松丸亮吾が頭脳戦、ポケモンカードゲーム新CM「真剣勝負」篇

  8. 宮崎駿企画、宮崎吾朗監督のCGアニメ『アーヤと魔女』12月30日にNHKで放送 8

    宮崎駿企画、宮崎吾朗監督のCGアニメ『アーヤと魔女』12月30日にNHKで放送

  9. 吉沢亮・渋沢栄一と草彅剛・徳川慶喜が運命の初対面、NHK『青天を衝け』 9

    吉沢亮・渋沢栄一と草彅剛・徳川慶喜が運命の初対面、NHK『青天を衝け』

  10. 君島大空、苦闘の第二作。狂騒と覚醒の狭間で、ひっつかんだ実感 10

    君島大空、苦闘の第二作。狂騒と覚醒の狭間で、ひっつかんだ実感