特集 PR

HARCOはなぜ改名する? 「青木慶則」として切る新たなスタート

HARCOはなぜ改名する? 「青木慶則」として切る新たなスタート

HARCO『あらたな方角へ』
インタビュー・テキスト
黒田隆憲
撮影:鈴木渉 編集:山元翔一、飯嶋藍子

今年でデビュー20周年を迎えたHARCOが、通算12枚目となる最新アルバム『あらたな方角へ』をリリースする。前作『ゴマサバと夕顔と空心菜』からおよそ2年ぶりとなる本作は、ゲントウキの田中潤や空気公団の山崎ゆかり、GOMES THE HITMANの山田稔明など、自身と同世代のミュージシャンを多数フィーチャーしたバラエティー豊かな楽曲が並ぶ。

ビリー・ジョエルやギルバート・オサリバンといったシンガーソングライターにも通じる良質なメロディーと、どこかヒネくれたコード進行やアレンジ、そして、空間をたっぷりと使った風通しのいいサウンドプロダクションなど、HARCOの持ち味が詰め込まれた、いわば集大成のような内容だ。

実は、本作をもって「HARCO」名義での活動を一旦終了し、本名の「青木慶則」として新たなスタートを切ることを先日発表した彼。今後しばらくはHARCOの楽曲を封印し、カバーや直近の書き下ろしを中心に演奏していくという。デビュー20周年という節目の年、これほどまでの傑作を作りながら、なぜそのような道を選んだのだろうか。青木慶則の決意を訊いた。

「一回きりの人生だし、やるなら今しかない。本名で活動していこうよ」という心の声が、どんどん大きくなってしまって。

―まずは、名義を変更するという大きな決断に至った経緯からお話いただけますか?

HARCO:もともと「HARCO」と名乗ったのは、まだBLUE BOYというバンドにドラマーとして在籍していたときなんです。ドラマーではあったのですが、「自分のボーカルアルバムが一生のうちに1枚出せればいい」と思っていて、『POOL』というアルバムのときに名乗ったのが最初。

プレイヤーという意識が強い頃でもあり、「歌う活動」はそんなに長く続かないだろう……と思っていたら、そのアルバムや、翌々年に出した冨田恵一さん(冨田ラボ)にプロデュースしてもらったマキシシングル2作が好評でメジャーデビューのお話をもらい、気づけばHARCOのまま20年経ってしまったという。

HARCO
HARCO

―気づかぬ間に時間が経っていたなかで、改名を考え始めたのは、いつ頃なのでしょう?

HARCO:活動半ばの10年目頃から、「名義を変えたいな」と、ずっと思っていたんです。でも、みんなから「HARCO」「HARCOさん」と呼んでもらって、だいぶ浸透していたので、「今更変えるのもな」という気持ちもあったんですよね。

―それをなぜこのタイミングで本名にしようと?

HARCO:今回、いつものように曲を作ろうとしても、全く思い浮かばなくなってしまったんです。そのときに名前のことがネックになっている自分に気付き、「一回きりの人生だし、やるなら今しかない。本名で活動していこうよ」という心の声が、どんどん大きくなってしまって。耐えきれずスタッフに、「僕、病気かもしれない」って相談したくらい(笑)。

HARCO

―今までにも、心の声が聞こえるような経験ってありました?

HARCO:ありましたよ。1997年~98年、BLUE BOYをやっていた時期と、HARCOを始めた時期がちょっとだけ重なるんですけど、BLUE BOYは僕がきっかけで解散したんです。後半は僕が歌詞も曲も書いていたんですけど、「自分一人で活動したい」という心の声が、やはりどんどん大きくなって。

―そういう声が聞こえるというのをメンバーにも伝えたんですか?

HARCO:はい。でも、実際にメンバーに打ち明けてから解散するまで3年かかりました。その3年の間、ものが食べられなくなって10キロも痩せてしまったりして。実はここ数年も、胃の調子がよくないんです(笑)。何か強烈なストレスを感じていたり、新しいことを始めたいと思ったりしたときには、胃にストレスがかかるっていう体の回路ができちゃったんでしょうね。

HARCO

―そこから「HARCO」になったわけですが、なぜ今「青木慶則」という本名名義にする必要があったのでしょう?

HARCO:HARCOを始めたときは、その中性的な名前の響きに込めた想いとして、ちょっとひねくれたシンセポップみたいなコンセプトがあったんですけど、途中からどうでもよくなったんですよね。可愛らしいというイメージではなく、よりシンガーソングライター然とした曲を書きたいし、もう少し等身大の楽曲を歌いたいなと思うようになって。

―名義を変えたら、しばらくHARCOの曲はやらないそうですね。

HARCO:はい。はっきり言えば、封印しようと思っていて。ちょっとHARCOっぽくない言い方かもしれないですけど、男のけじめをつけたい。

―男のけじめ、ですか。

HARCO:そう。変わらずに音楽ができる環境が続いたとしても、それに甘んじるな、と。でも先日、南壽あさ子さんのラジオ番組に出たときに、「風の入れ替えですね」って言ってくれて、「あ、いい言葉だな」と思いました。とにかくしばらくは、自分の好きな曲をカバーしたり、出来立ての曲なんかを披露するつもりです。

―そういう心境になったのは、どうしてなのですか?

HARCO:今回のアルバムに、今年になって書いた“Let Me Out”という曲があって。直訳すると「ここから出してくれ」っていう意味なのですが、「その代わりその先には何もないぞ」と。でも、まさにそういう心境だったんですよね。HARCOの活動20周年という節目の年だというのに、それを待たずに今すぐにでも新しいところに行きたいと願う自分もいて。

―名義変更にあたって発表した「声明文」には、この曲の歌詞を引用し、「ドアを開けて、街を越えて、山を越えて、海を越えて、またドアを開けて。『すべては地続きなんだ』とあらためて実感できたとき、HARCOの歌を再び歌い始めて、今の自分も感動するくらいのとびきりの新曲も、あわせて歌うことができていたら」と書いていらっしゃいます。

HARCO:ええ。まるでゾエトロープ(回転のぞき絵)みたいにループしているイメージというか。実際、ものを生み出す起点を探しているときは、文字通り海を越えて、違う国の景色のなかでモチーフを探してみたり、自分の視点をどんどん外に向けていくこともあるんです。

でも、最終的にはまた自分の部屋の鍵を開けるところから始めるというか、一番遠い場所から一気にインナースペースへ還っていくという妙な感覚がたまにあって。それがもう一度できたときに初めて、その時点の自分とHARCOのときの自分がつながるのかなと。そうしたら、またHARCOの歌が歌えるんじゃないかなと思っています。

Page 1
次へ

リリース情報

HARCO『あらたな方角へ』
HARCO
『あらたな方角へ』(CD)

2017年6月21日(水)発売
価格:2,916円(税込)
UVCA-5005

1. Monday Mornings
2. 東京テレポート
3. 春のセオリー
4. 北斗七星
5. TOKIO - 平野航&HARCO REMIX -
6. 期待の星
7. Let Me Out
8. 親子のシルエット
9. 秋めく時間たち
10. ロングウェイホーム
11. あらたな方角へ

イベント情報

『HARCO LIVE TOUR 2017 20th Anniversary Special - HIKINGS -』

2017年7月1日(土)
会場:愛知県 名古屋 TOKUZO
出演:HARCO
ゲスト:カジヒデキ

2017年7月8日(土)
会場:東京都 渋谷 duo MUSIC EXCHANGE
出演:HARCO
ゲスト:
山崎ゆかり(空気公団)
山田稔明(GOMES THE HITMAN)
伊藤俊吾
ゲントウキ
Adi Nada

2017年7月9日(日)
会場:大阪府 心斎橋 Music Club JANUS
出演:HARCO
ゲスト:
ベベチオ
杉瀬陽子

料金:各公演 前売4,500円 当日5,000円(共にドリンク別)

プロフィール

HARCO
HARCO(はるこ)

青木慶則のソロ変名ユニット。1997年よりHARCO(ハルコ)名義でシンガーソングライターとして活動開始。10代からドラマーとしてのキャリアを持ち、キーボード全般、マリンバなども演奏する。CM・映画・演劇の楽曲制作・歌唱・ナレーション等でも活躍。NHKみんなのうた「ウェイクアップ!パパ!」、Eテレ0655「きょうの選択」などの歌唱を担当し、幅広い年齢層に響く歌声を持ち味としている。2017年はHARCOとして活動20周年にあたると同時に、HARCO名義では最後の1年になることを宣言。2018年から本名の「青木慶則(あおきよしのり)」として再始動する。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“逃亡前夜”

楽曲のビートにのせて流れる色鮮やかな、ばっちりキマった画。その中で、重力まかせに寝転んだり、うなだれたりするメンバーの身体や、しなやかな演奏シーンが美しい。どの瞬間を切り取っても雑誌の表紙のようで、約5分間、全く飽きがこない。(井戸沼)

  1. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 1

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  2. 『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント 2

    『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント

  3. ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない 3

    ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない

  4. SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も 4

    SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も

  5. 『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も 5

    『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も

  6. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 6

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  7. 「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』 7

    「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』

  8. 入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に 8

    入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に

  9. 上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編 9

    上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編

  10. 大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで 10

    大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで