特集 PR

上間綾乃が歌わなければならない唄とは? 沖縄民謡の強さを語る

上間綾乃が歌わなければならない唄とは? 沖縄民謡の強さを語る

上間綾乃『タミノウタ〜伝えたい沖縄の唄』
インタビュー・テキスト
麦倉正樹
撮影:沼田学 編集:山元翔一、飯嶋藍子

歌っていうのは、聴いてくれる人と、思いが共鳴したときに、いちばん感情が高ぶるものなんです。

―沖縄への思いが詰まったこのアルバムを『タミノウタ』と名付けたのは?

上間:さっきも言ったように、民謡って、その土地土地のポピュラーソングというか、みんなの歌なんですよね。「民謡」という言葉が、聴く人を狭めているところがありますけど、私の感覚としては、民謡、ポップス、ロック、演歌、ワールドミュージック……、それは全部「民の歌」だと思っていて。だから、一人ひとりの歌、みんなの歌なんだよっていうことを伝えたくて、今回『タミノウタ』というタイトルにしたんです。

上間綾乃

―本作は、ほとんどの曲をウチナーグチ(沖縄言葉)で歌われていますが、それは、どんな思いからだったのでしょう?

上間:私の音楽のスタートがウチナーグチで歌う沖縄民謡だったから。私はたまたま沖縄に生まれて、そこにはそういう言葉があったという単純な理由です。私がもし他の地域に生まれていたら、きっとその土地の言葉で歌っていたと思いますよ。ただ、もとからある歌詞をウチナーグチに直すということもやっていて。

―なぜわざわざウチナーグチに直したんですか?

上間:たとえば、今回のアルバムにも収録されている“悲しくてやりきれない”は、この歌が持つ世界観が沖縄の歴史とシンクロすると思って、是非ウチナーグチで歌いたいと思ったんです。

それで、この曲の作詞をされたサトウハチローさんのご遺族の方に手紙を送って、許可していただきました。ただ、この「悲しい」っていう言葉の直訳が、沖縄の言葉にはなかったりして、ニュアンスの表現は結構大変でしたね。

―カバーと言えば、先ほど名前の挙がった宮沢和史さんの“島唄”のカバーも収録されていますよね。

上間:そう、この曲は……宮沢さんがTHE BOOMを解散して、個人の活動も休止されたじゃないですか。そのニュースを見たときに、なぜか私が歌い継がないといけないと思ったんです。それをご本人にお話しさせていただいたら、宮沢さんが「嬉しいね、歌ってよ」って言ってくださって。

もちろん、“島唄”自体を歌い継ぎたいという思いがあるんですけど、宮沢さんがこの歌に託した思いや、この曲を発表するまでの大変な苦労を聞いていたので、その思いを継がないといけないと思ったのかもしれないです。

―その背景にあるものを、直接本人から聞いた者として。

上間:うん、そうですね。で、“島唄”を歌うなら、やっぱりウチナーグチで歌いたいと思って。宮沢さんの歌詞ではないんですけど、我如古盛栄さんという10年前に亡くなった大先輩が書かれた、ウチナーグチの歌詞があって。

その娘さんで、同じく唄者の大先輩である我如古より子さんのところに行って、「歌いたいんです」と言ったら、快く許可してくださった、という経緯があるんです。

―そうやって受け継がれていくものなのですね。『タミノウタ』は、どんなふうに受け止めてもらいたいですか?

上間:受け止めるというか、あまり構えることなく、空気や風が通り過ぎるように、深呼吸する感じで聴いてもらえたら嬉しいですね。

―ウチナーグチの歌詞は、なかなか理解するのが難しいところがあるかもしれませんが……。

上間:そこは感じてもらえたらなって思います。洋楽の歌詞だって、みんながみんな、全部理解できるわけではないけど、いいと思えるものは、いいと思える。それと同じで、声の表情とかで読み取れるもの、感じるものって、きっとたくさんあると思うんです。

上間綾乃

―それが、上間さんがおっしゃっていた「思い」なのかもしれないです。

上間:だから、このアルバムを聴いて、何かを感じた人は、是非ライブにも来ていただきたいですね。“さとうきび畑”とか、泣きながら歌ってますから(笑)。

―泣きながらですか?

上間:はい。我慢しようと思っているんですけど、どうしても我慢できなくて。この前もイベントで歌わせていただいたんですけど、歌が終わってエンディングの演奏が続くあいだ、お客さんがずっと拍手をしてくれて……。その温かさに触れていたら、どうにも涙が溢れてきてしまったんですよね。やっぱり歌っていうのは、聴いてくれる人と、思いが共鳴したときに、いちばん高ぶるものなんです。

Page 3
前へ

リリース情報

上間綾乃『タミノウタ~伝えたい沖縄の唄』
上間綾乃
『タミノウタ~伝えたい沖縄の唄』(CD)

2017年6月21日(水)発売
価格:3,024円(税込)
COCP-39983

1. 島唄 南の四季
2. 月ぬ美しゃ
3. 童神
4. 悲しくてやりきれない
5. PW無情
6. ひめゆりの唄
7. さとうきび畑 ウチナーグチver.
8. 安里屋ユンタ
9. 道端三世相~創作舞踊「辻山」より
10. 夢しじく
11. 恋ぬ花
12. サーサー節
13. てぃんさぐぬ花
14. ヒヤミカチ節
15. デンサー節
16. えんどうの花

プロフィール

上間綾乃
上間綾乃(うえま あやの)

沖縄県生まれ。7歳から唄三線を習い始め、19歳で琉球國民謡協会の教師免許を取得。2017年、師範免許取得。沖縄民謡で培った声をベースに、聴く者の心を揺さぶってやまない深い表現力の圧倒的なステージで、東京、大阪をはじめとする全国各地でライブを行なう。2012年アルバム『唄者』でメジャーデビュー。翌2013年6月シングル『ソランジュ』を発売、同年『FUJI ROCK FESTIVAL'13』に初出場。同年9月に2ndアルバム『ニライカナイ』をリリース。2014年3rdアルバム『はじめての海』をリリースし、『情熱大陸SPECIAL LIVE SUMMER TIME BONANZA'14』へ参加。2015年には、戦後70年という節目の年にCD『さとうきび畑~ウチナーグチ~』(緑の惑星プロジェクトより発売)に参加。ブルーノート・ビルボード系列のライブハウスでの東名阪ツアーも成功を収め、2016年、自身が作詞作曲を手がけた曲も収録したアルバム『魂うた』(まぶいうた)発売。海外アーティストとのコラボレーションも行うなど、活動の幅を広げている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

サニーデイ・サービス“Tokyo Sick feat. MARIA (VaVa Remix)”

サニーデイ・サービス“Tokyo Sick feat. MARIA (VaVa Remix)”MV。監督・三宅唱の眼差しを通せば、見慣れた街のたしかな息吹が感じられる。映り込む広告から、かなり最近撮影されたのだとわかるパートも。クレジットにまで忍ばせてある遊びにも心くすぐられた(バリュー・ドリモア)。<movieのように華やかじゃない>日々にも、きらめく瞬間が散りばめられているのだと知って、今年も東京で夏の蜃気楼を待ちわびてしまう。(井戸沼)

  1. W杯を彩る音楽。ロシア大会公式ソングや開会式出演者、中継テーマ曲を紹介 1

    W杯を彩る音楽。ロシア大会公式ソングや開会式出演者、中継テーマ曲を紹介

  2. 草凪優の官能小説『どうしようもない恋の唄』R18+で映画化、藤崎里菜ら出演 2

    草凪優の官能小説『どうしようもない恋の唄』R18+で映画化、藤崎里菜ら出演

  3. KOHHの沖縄旅行&地元に密着する『SWITCH』 宇多田、ワンオクTakaらも証言 3

    KOHHの沖縄旅行&地元に密着する『SWITCH』 宇多田、ワンオクTakaらも証言

  4. 椎名林檎&MIKIKO&西加奈子が旅番組初挑戦 NHK『猫にまた旅』でロシアへ 4

    椎名林檎&MIKIKO&西加奈子が旅番組初挑戦 NHK『猫にまた旅』でロシアへ

  5. 石原さとみが10秒メイクに挑戦、花王「オーブ」ウェブ動画&新CM公開 5

    石原さとみが10秒メイクに挑戦、花王「オーブ」ウェブ動画&新CM公開

  6. 安藤政信がカメラを向ける 仏写真家&愛人に着想の矢崎仁司監督作予告編 6

    安藤政信がカメラを向ける 仏写真家&愛人に着想の矢崎仁司監督作予告編

  7. 池松壮亮に尾崎豊が憑依 松居大悟監督『君が君で君だ』新場面写真公開 7

    池松壮亮に尾崎豊が憑依 松居大悟監督『君が君で君だ』新場面写真公開

  8. 小池徹平が「先生界のプリンス」 中川大志主演『覚悟はいいかそこの女子。』 8

    小池徹平が「先生界のプリンス」 中川大志主演『覚悟はいいかそこの女子。』

  9. ラッパーのXXXTentacionが銃撃受けて逝去 20歳 9

    ラッパーのXXXTentacionが銃撃受けて逝去 20歳

  10. 野村萬斎×落合陽一 「表現の本質」に迫る『MANSAI◎解体新書』第28弾 10

    野村萬斎×落合陽一 「表現の本質」に迫る『MANSAI◎解体新書』第28弾