特集 PR

フィリピン社会を劇的に変えた映画『ダイ・ビューティフル』とは

フィリピン社会を劇的に変えた映画『ダイ・ビューティフル』とは

『ダイ・ビューティフル』
インタビュー・テキスト
島貫泰介
編集:宮原朋之

ミス・ゲイ・フィリピーナの新女王が、その栄光に輝いた瞬間に倒れ急死する。しかし彼女には、自分の死化粧を日替わりで有名セレブそっくりにしてほしい、という奇妙な遺言があった――そんな奇抜な設定ではじまる映画『ダイ・ビューティフル』は、あるトランスジェンダーの女性の一生を描いたフィリピン映画である。

裕福な家庭に育ちながら、自分のアイデンティティーを偽ることのできなかった主人公は、さまざまな大きな喜びと悲しみを経験し、けっして長くない生涯の幕を下ろす。そこには、他の誰でもない「私だけ」の人生の輝きがあった。

同作を監督したジュン・ロブレス・ラナは、フィリピンを代表する映画監督だ。同監督作として久々の日本公開となる本作は、多くの点で彼の人生と、フィリピンの社会に劇的な変化をもたらしたという。オランダで次回作の執筆に向かうラナ監督に話を聞いた。

トランスジェンダーも普通の人間であり、それぞれの生き方を持っている。

―死んだ主人公の死化粧がFacebookで拡散されてバズる、というエピソードがユニークですが、これは実際にあったことなのでしょうか?

ラナ:そういった話が本当にあったかどうかは知らないのですが(笑)、本作を作るアイデアになったものとしては、フィリピンでトランスジェンダーの人が殺害された現実の事件がありました。

ジュン・ロブレス・ラナ監督
ジュン・ロブレス・ラナ監督

―2014年に起きた「ジェニファー・ロード事件」ですね。彼女の死に対して、ソーシャルメディア上ではかなり辛辣な意見が飛び交ったと聞いています。

ラナ:フィリピンはカトリックの影響が強く、保守的な社会なんです。ジェニファー・ロード事件では、フィリピン語で「オカマ」に相当する、あるスラングを使って「こいつは化け物だから殺されて当然だ」「社会のクズだ」といった酷い罵倒がSNS上に溢れかえりました。

『ダイ・ビューティフル』場面写真 ©The IdeaFirst Company Octobertrain Films
『ダイ・ビューティフル』場面写真 ©The IdeaFirst Company Octobertrain Films

ラナ:そういう人たちは、トランスジェンダーについてまったく理解していない。性転換手術がタブーなのはもちろん、ジェニファー・ロードのような人の存在、同性愛を受け入れること自体がカトリック社会では罪なんです。だから徹底して攻撃的な反応が出てきた。でも、トランスジェンダーも普通の人間であり、それぞれの生き方を持っている。それを伝えることは、この映画を作った動機のひとつでした。

フィリピンではカミングアウトする人たちが徐々に増えていて、社会の変化を肌で感じています。

―例えば、インドのヒジュラ(第三の性)という存在も社会的な差別を受けていますが、歌や踊りなど芸能の仕事に従事していて、ある程度の存在感を示しています。そういったアジア周辺国の状況と比べても、フィリピンは厳しいのでしょうか?

ラナ:フィリピンにも「ババイダン」と呼ばれる第三の性のような人たちがかつてはいました。ヒーリングをする呪術師的な存在だったのですが、社会がカトリック化されるにつれ弾圧されたんです。

でも最近になってフィリピンにも大きな変化がありました。バイス・ガンダという国民的大スターがゲイであることを公言したんです。そして、『ダイ・ビューティフル』に主演しているパオロ・バレステレス。彼は人気のテレビ司会者なのですが、本作の公開後に自分がゲイであるとカミングアウトしました。それに対してファンや映画界からは、たくさんの応援の声があがりました。

映画界などの芸術分野に限らず、いろんな産業界でカミングアウトする人たちが徐々に増えていて、社会の変化を肌で感じています。本作に参加しているエキストラのトランスジェンダー役の人たちも、ほぼ全員がゲイであることを明かしていますし。

『ダイ・ビューティフル』場面写真 ©The IdeaFirst Company Octobertrain Films

―『ダイ・ビューティフル』が発表されたことが、ひとつの大きな前進であったわけですね。

ラナ:たしかに本作は私自身もとても驚いているくらい、フィリピンの社会にすごく影響を与えたと思います。去年12月にフィリピン首都マニラの『メトロマニラ国際映画祭』で上映されたときは、誰もがこの映画と主役のトリシャ・エチェバリアを話題にしているような状況でした。

私がこれまで撮ってきた作品は、そこまで大きなインパクトを与えることありませんでしたが、いままでよりもはるかに多くの人が観てくれて、海外の映画祭でも話題になっています。主演のパオロ・バレステレスの人気、そして全体としてはコメディー仕立てになっていることも話題の要因だと思います。

Page 1
次へ

作品情報

『ダイ・ビューティフル』

2017年7月22日(土)から新宿シネマカリテほか全国順次公開

監督:ジュン・ロブレス・ラナ
脚本:ロディ・ベラ
出演:
パオロ・バレステロス
クリスチャン・バブレス
グラディス・レイエス
ジョエル・トーレ
上映時間:120分
配給:ココロヲ・動かす・映画社○

プロフィール

ジュン・ロブレス・ラナ

フィリピンで最も熟練した映画監督のひとり。多数の映画賞に輝いた『ブワカウ』は、2012 年に米国アカデミー賞フィリピン代表作品に選ばれ、香港のアジア映画賞でリードスター・エディ・ガルシアの最優秀賞を受賞。これに続いて、2014年にウディネ極東映画祭で、フィリピンで初の最優 秀女優賞を受賞した『ある理髪師の物語』と、2014年の映画『SHADOW BEHIND THE MOON』(英題)は、ロシアで開催されたウラジオストク国際映画祭で最優秀監督、最優秀女優賞、フィリップス批評家賞、NETPACベストアジア映画を受賞し、インドのケーララ国際映画祭でも最優秀監督を受賞した。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Have a Nice Day!“僕らの時代”

岡崎京子原作の映画『チワワちゃん』の主題歌に抜擢された同楽曲。ファンから公募した映像も織り交ぜた、画角も画質もバラバラな「僕らの時代」の映像が、曖昧で歪な、しかし強烈に眩しい日々の記憶を思い起こさせる。(井戸沼)

  1. OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境 1

    OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境

  2. 竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目 2

    竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目

  3. 『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら 3

    『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら

  4. 柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ 4

    柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ

  5. 『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目 5

    『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目

  6. 『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想 6

    『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想

  7. 石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき 7

    石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき

  8. Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る 8

    Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る

  9. back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌 9

    back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌

  10. 漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業 10

    漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業