特集 PR

indigo la Endの本音 誤解された現状と川谷絵音の切実な願い

indigo la Endの本音 誤解された現状と川谷絵音の切実な願い

indigo la End『Crying End Roll』
インタビュー・テキスト
金子厚武
編集:山元翔一
2017/07/12
  • 304
  • 37

もしもあなたがindigo la Endに対して、「ゲスの極み乙女。の川谷絵音がやっているもうひとつのバンド」「フェス常連の邦楽ロックバンド」といった認識を持っていたとするなら、まずは一度彼らのニューアルバム『Crying End Roll』を聴いてみてほしい。

「映画のエンドロールを泣きながら最後まで観るように、作品を細部まで味わい尽くしてほしい」という意図で命名されたタイトルを持つ本作は、どこか懐かしさを感じる歌謡曲 / ポップス風の美しいメロディー、この四人でしか鳴らせない有機的かつ独創的なバンドアンサンブル、オルタナティブロックからクラブミュージックまでを横断する多ジャンル感が全て内包された、普遍性と時代性を併せ持つ傑作である。

CINRA.NET初となるインタビューでは、これまでの歩みも振り返りつつ、改めてこのバンドだけが持つ「特別さ」を紐解くべく、メンバー四人に取材を行った。一人でも多くのミュージックラバーに、彼らの音楽が届くことを願って。

ライブでただ手を上げればいいとか、そういうのはあんまり理解できなくて、それよりちゃんと音楽を聴きに来てほしい。(長田)

―客観的な視点に立ったときに、いまのindigo la Endは一般の音楽リスナーからどんなふうに見られていると感じますか?

川谷(Vo,Gt):普通に、「邦楽ロックバンド」って思われているのかなと思います。いまって「これを聴いてればおしゃれ」とか、雰囲気で判断する風潮が少なからずあるじゃないですか? ミュージックビデオになってるキャッチーな曲だけを聴いて、僕らのことを判断している人も多いんだろうなって。でも僕は、客観的に見てもindigo la Endは特別なバンドだと思うんです。

indigo la End(左から:佐藤栄太郎、川谷絵音、長田カーティス、後鳥亮介)
indigo la End(左から:佐藤栄太郎、川谷絵音、長田カーティス、後鳥亮介)

『Crying End Roll』初回限定盤DVD収録のライブ映像

―その「indigo la Endの特別さ」を探っていきたいのですが、まず、ただの「邦楽ロックバンド」ではないというのは確かなのかなと。先日ひさびさのワンマンライブを拝見しましたけど(2017年6月23日に行われた『Play Back End Roll』)、基本的にはお客さんを煽らないし、コール&レスポンスもやらなくて――それ自体は別に珍しいことではないですけど、バンドのブレイクにとってフェスが重要になった世代のなかでは珍しい部類に入ると思う。

川谷:まあ、そこは性格ですかね(笑)。

長田(Gt):昔よりは煽るようになったんですよ、最初はみんな下向いて演奏してたから(笑)。

川谷:“名もなきハッピーエンド”(2013年)を作った頃はちょっとフェスシーンに入っていこうとしてて。でもいまは、またフェスシーンから遠のいてる。そもそも盛り上がるような音楽じゃないんですよ。

たとえば、クラムボンのライブってお客さんも含めて素敵だなって思うんですけど、ああいうふうにファンと一緒に作り上げるような感じにしたいなって思います。

川谷:フェスはもはや運動会みたいな感じで、一時期に比べれば少し落ち着いたとは思うけど、それでもガラッとは変わらないじゃないですか。やっぱり、クラムボンとか、くるりとかみたいにバンドとファンが一緒のモノの見方をできるような関係性を築いていきたいんです。

―長田さんはいかがですか?

長田:僕も「盛り上がらなきゃいけない」みたいな感じは正直好きじゃなくて、いまは僕もライブでたまにお客さん煽りますけど、それもあんまりしたくない(笑)。いろいろ考えて始めたことではあるんですけど、ただ手を上げればいいとか、そういうのはあんまり理解できなくて、それよりちゃんと音楽を聴きに来てほしいですね。

「楽しいからライブに行く」じゃなくて、「音楽が好きだからライブに行く」になったら、それが一番嬉しい。まあ、僕らはまた盛り上がる方向からずれてますけど、僕ら自身がそうありたいと思っている方向に向かっているだけです。

『Play Back End Roll』より / Photo by 浜野カズシ
『Play Back End Roll』より / Photo by 浜野カズシ

―後鳥さんと佐藤さんは途中からバンドに加入したわけですが(indigo la Endは2010年結成。後鳥は2014年に、佐藤は2015年に加入)、加入前と後で見え方に変化はありますか?

後鳥(Ba):indigo la Endはもともとお客さんをウワーって沸かすようなバンドではなかったですよね。フェスとかに出るようになって、ちょっと煽ったりはするようになったけど、みんな思い思いに踊ってもらうほうが楽しいんじゃないかなって思います。

佐藤(Dr):日本のフェスは演者もお客さんもナチュラルじゃないというか、何かのポーズをとらないといけない雰囲気を昔から感じていました。なので、indigo la Endに入って、まずそういう部分から変えていきたかったんです。自分がドラムを叩くことによって、少しでも何か変わればいいなって思ってやってきたんですけど、やっぱりそう簡単には変わらなくて。

だったら、せめて自分はナチュラルでいようと思って、前のアルバム(2016年リリースの『藍色ミュージック』)は何かのポーズをとっているわけじゃない音楽ができたと思う。だからそういう意味では、ちょっとずつ変わってきたのかなって思います。

Page 1
次へ

リリース情報

indigo la End『Crying End Roll』初回限定盤
indigo la End
『Crying End Roll』初回限定盤(CD+DVD)

2017年7月12日(水)発売
価格:3,780円(税込)
WPZL-31341/2

[CD]
1. 想いきり
2. 見せかけのラブソング
3. 猫にも愛を
4. End Roll I
5. 鐘泣く命
6. 知らない血
7. ココロネ(Remix by Qrion)
8. End Roll II
9. プレイバック
10. 天使にキスを
11. エーテル
12. 夏夜のマジック(Remix by ちゃんMARI)
[DVD]
indigo la End『インディゴミュージック 追加公演「プレイバック」』(2016年9月10日 新木場 STUDIO COAST)
1. 楽園
2. 秘密の金魚
3. 実験前
4. 緑の少女
5. 夏夜のマジック
6. 幸せな街路樹
7. 瞳に映らない
8. 渚にて幻(long ver.)
9. 名もなきハッピーエンド

indigo la End『Crying End Roll』通常盤
indigo la End
『Crying End Roll』通常盤(CD)

2017年7月12日(水)発売
価格:3,240円(税込)
WPCL-12676

1. 想いきり
2. 見せかけのラブソング
3. 猫にも愛を
4. End Roll I
5. 鐘泣く命
6. 知らない血
7. ココロネ(Remix by Qrion)
8. End Roll II
9. プレイバック
10. 天使にキスを
11. エーテル
12. 夏夜のマジック(Remix by ちゃんMARI)

イベント情報

『始藍』

2017年9月15日(金)
会場:大阪府 なんばHatch

2017年9月17日(日)
会場:岡山県 岡山 CRAZYMAMA KINGDOM

2017年9月20日(水)
会場:愛知県 名古屋 ダイアモンドホール

2017年9月22日(金)
会場:東京都 お台場 Zepp Tokyo

2017年9月25日(月)
会場:群馬県 高崎 club FLEEZ

2017年9月26日(火)
会場:宮城県 仙台 Rensa

2017年9月28日(木)
会場:北海道 札幌 ペニーレーン24

プロフィール

indigo la End
indigo la End(いんでぃご ら えんど)

2010年2月川谷絵音を中心に結成。2014年8月に後鳥亮介が加入。2015年に佐藤栄太郎が加入し現在の体制となる。歌とギターのツインメロディとそれを支えるリズム隊、それらが絶妙なバランスで重なり合う。

関連チケット情報

2017年9月25日(月)
indigo la End
会場:高崎 club FLEEZ(群馬県)
2017年9月26日(火)
indigo la End
会場:仙台Rensa(宮城県)
2017年9月28日(木)
indigo la End
会場:ペニーレーン24(北海道)
2017年11月26日(日)
Nabowa
会場:KYOTO MUSE(京都府)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“Four O'clock Flower”

ただシャムキャッツの四人がフラットに存在して、音楽を鳴らしている。過剰な演出を排し、平熱の映像で、淡々とバンドの姿を切り取ったPVにとにかく痺れる。撮影は写真家の伊丹豪。友情や愛情のような「時が経っても色褪せない想い」を歌ったこの曲に、この映像というのはなんともニクい。(山元)