特集 PR

被災地はどんどん変わっている?石巻滞在中のキュンチョメが語る

被災地はどんどん変わっている?石巻滞在中のキュンチョメが語る

『Reborn-Art Festival』
インタビュー・テキスト
島貫泰介
撮影:関口佳代 編集:矢島由佳子

震災という種の発芽の結果がだんだん出てきたのが2015年頃だった気がします。(ナブチ)

―そう考えると、その後のキュンチョメ作品はすべてある種のマーキング行為とも言えるように思います。先ほど、震災から時間が経つほどに感覚が変化しているとおっしゃってましたが、それを象徴する作品もあるのでしょうか?

ナブチ:大きく変わったのは、2015年の『ウソをつくった話』かもしれない。僕らがはじめて被災者と一緒に作った作品です。帰還困難区域への道を封鎖しているバリケードの写真を撮ってきて、震災以前はそのなかに住んでいたご老人たちに、Photoshopの画像処理でバリケードを消してもらったんです。パソコンのマウスを触ったこともないおじいちゃんたちに、1から操作方法を教えて。

ホンマ:「消えるー、なんだこれはー!」って、めちゃくちゃテンションが上がってるおじいちゃんもいたよね。

ナブチ:「帰れる帰れる!」って大喜びする人もいれば、「帰れるわけない」「本当は帰りたくない」って言う人もいたね。

ホンマ:そう。震災で補助金をたくさんもらって「今の生活のほうが楽しいんだよね」って人もいた。

ナブチ:自分が住んでいた街なのに、写真を見ても思い出せない人たちが結構いて、「あー時間が経ったんだな」って。

ナブチ

ナブチ:震災から3~4年が経って、震災という種の発芽の結果がだんだん出てきたのが2015年頃だった気がします。同じ仮設住宅に住んでいても、住人同士で揉め事が起こっていたり、津波や放射能のこととはまた違った、もっとリアルでドロドロしたことから人間関係の問題が生じている。新しい環境に順応しはじめて、震災の経験を本人たちも忘却している部分があったんです。

ホンマ:2013年には、東北楽天ゴールデンイーグルスがリーグ優勝して、「復興おめでとう! 震災はもう終わり!」みたいな空気もあって。東京でも、3~4年目くらいが、震災のことがスッと終わるタームだったような気もします。

ナブチ:そして、その頃に震災とアートの関係にも変化が見えはじめたんです。2015年は、作品を作るために福島のいろんな地域の復興課に電話をかけまくってたんですよ。「僕たちはアーティストで、ワークショップをやりたんです」って。

ホンマ:ところが、アートって言葉を出すと嫌がられたんです。

左から:ホンマエリ、ナブチ

ナブチ:「もうそういうのはいらないんだよ」ってことを真剣に言われて。僕らの肌感覚で言うと、2011年から15年の間までにアーティストたちは被災地に行って、地元の人たちとうまく関係を築いているものだと思ったんです。でも、「アート=搾取」としか思ってない人たちも一定数いて。その時期は、僕たちにとっても節目でした。

「7年目、だからようやく言えることがあるんだ」と話す人が驚くくらいに多い。(ホンマ)

―アーティストって、「与える」ことよりも、自分自身が「発見する」「気づく」という経験をすることが、作品を作る動機として大きいとは思うんです。

ホンマ:うん、核ですね。

―なので、キュンチョメにとって、そういう状況を知ったことが、その後の変化につながっているとも思うんですけど、今回の『Reborn-Art Festival』(以下、『RAF』)では、どんな作品を発表するのでしょう? 5月中旬から石巻に滞在して制作を進めていると聞きました。

ホンマ:少なくとも会期終了まで滞在を続けて、3本の映像を作って展示する予定です。ここに住む人たちとコミットしていきながら作る作品。ただ、「一緒に作る」というよりも、「突撃」していって、石巻の群像劇を作り上げていく感じです。矛盾も不条理も全部飲み込んだ群像劇。

ナブチ:かといってドキュメンタリーでもなくて。ある種の共犯関係、高揚感のなかで、正攻法では見つけられなかったものを見つけていくような感じです。そうすると「普通の人」なんて存在し得なくて、それぞれが群像劇の役者のように、なくてはならない存在になってくる。

石巻駅付近、国道398号沿いを歩いていると、こんな細道が……
石巻駅付近、国道398号沿いを歩いていると、こんな細道が……

角を曲がると、キュンチョメの展示会場がある
角を曲がると、キュンチョメの展示会場がある

ホンマ:今回の作品のために、石巻に住んでいる人に20人以上インタビューをしたのですが、誰と話していても大抵震災の話を経由していくんですよ。まるで、石巻の中心に見えない電波塔があって、みんなが意識せずとも常にその電波塔にアクセスしているような。

石巻の中心地はきれいに整地されているので、震災の痕跡ってもうほとんど見えないんです。津波の看板があるくらいで。でも、人と向き合って2時間くらいインタビューしていると、絶対に震災の話につながっていく。「震災」という名の、東京スカイツリーくらいの巨大な透明の塔がそびえているんです。

ナブチ:もちろん塔との交信を遮断している人もいるのですが……。

ホンマ:意外と遮断したがっていない人のほうが多いよね。

―つまり、震災のことを忘れたくない?

ホンマ:それが今のフェーズの変化だと思います。私たちも含めて、外から来る人は、もうここにいる人たちは震災に疲れていて、話もしたくないし、ハッピーなものを望んでいると予想していますよね。でも実際に聞いてみると、「7年目、だからようやく言えることがあるんだ」という人が驚くくらいに多い。

ナブチ:7年目になって、ようやく出てくるものがある。それを追うことが、おそらく僕たちが今やることだと思うんです。

会場の内部。ここをどう展示場所として使用するかは、開催当日のお楽しみとのこと

会場の内部。ここをどう展示場所として使用するかは、開催当日のお楽しみとのこと

会場の内部。ここをどう展示場所として使用するかは、開催当日のお楽しみとのこと
会場の内部。ここをどう展示場所として使用するかは、開催当日のお楽しみとのこと

ナブチ:7年目で、なにかが噴き出している状況って、蝉が地中から這い出してくる姿に似ている気がするんですよ。だから今回は、今年の蝉たちをモチーフにした作品を制作します。

『空蝉Crush!』(2017年)
『空蝉Crush!』(2017年)

―蝉って、幼虫として地中に何年も暮らしますよね。

ナブチ:アブラゼミは約7年と言われてますけど、震災のときの蝉が、今年ようやく地上に出る時期なんです。それは今、変化しつつあるこの土地とも重なるし、被災地で育っている子どもたちの姿にも重なるし、『RAF』にやって来るお客さんにも重なるかもしれない。

ホンマ:『RAF』で、はじめて被災地を訪ねる人も多いと思うんです。つまり2011年から震災に直接関わっていない、空白の記憶を持つ人たちですよね。彼らは、7年間土のなかに眠っていて、今年はじめてこの街の空を飛ぶ蝉と似ている。それにこの芸術祭は夏の間の開催なので、みんな蝉の声を全身に浴びながら石巻をまわることになる。今年の蝉はまさに、この芸術祭の象徴といっても過言ではないと思う。

Page 2
前へ 次へ

イベント情報

『Reborn-Art Festival』

2017年7月22日(土)~9月10日(日)
会場:宮城県 石巻市(牡鹿半島、市内中心部)、松島湾(塩竈市、東松島市、松島町)、女川町
参加作家:
宮永愛子
ハスラー・アキラ
バリー・マッギー
ブルース・ナウマン
カールステン・ニコライ
カオス*ラウンジ
キュンチョメ
草間彌生
Chim↑Pom
コンタクトゴンゾ
デビッド・ハモンズ
ファブリス・イベール
ギャレス・ムーア
齋藤陽道
Zakkubalan
さわひらき
インサイドアウト・プロジェクト
クー・ジュンガ
ヨーゼフ・ボイス
JR
有馬かおる
名和晃平
マーク・クイン
岩井優

ナムジュン・パイク
パルコキノシタ
皆川明(mina perhonen)
ルドルフ・シュタイナー
青木陵子+伊藤存
増田セバスチャン
増田拓史
島袋道浩
SIDE CORE
八木隆行
宮島達男
金氏徹平
鈴木康広
Yotta
参加シェフ・生産者:
渡邉篤史(ISOLA)
岩永歩(LE SUCRE-COEUR)
楠田裕彦(METZGEREI KUSUDA)
目黒浩敬(AL FIORE)
手島純也(オテル・ド・ヨシノ)
小林寛司(villa AiDA)
藤巻一臣(サローネグループ)
松本圭介(OSPITALITA DA HORI-NO)
今村正輝(四季彩食 いまむら)
奥田政行(アル・ケッチァーノ)
緒方稔(nacree)
小野寺望(イブキアントール)
堀野真一(OSPITALITA DA HORI-NO)
生江史伸(L'Effervescence)
石井真介(Sincere)
今村太一(シェフズガーデン エコファームアサノ GOEN)
佐藤達矢(nacree)
安齊朋大(La Selvatica)
成瀬正憲(日知舎)
川手寛康(Florileges)
菊池博文(もうひとつのdaidokoro)
ジェローム・ワーグ(RichSoil &Co.)
原川慎一郎(RichSoil &Co.)

『Reborn-Art Festival 2017 × ap bank fes』

2017年7月28日(金)~7月30日(日)
会場:宮城県 国営みちのく杜の湖畔公園
7月28日出演:
Bank Band
エレファントカシマシ
Awesome City Club
大森靖子
KICK THE CAN CREW
水曜日のカンパネラ
スガシカオ
秦基博
back number
Mr.Children
7月29日出演:
Bank Band
ART-SCHOOL
ACIDMAN
きのこ帝国
ゲスの極み乙女。
TK(凛として時雨)
Chara
藤巻亮太
ぼくのりりっくのぼうよみ
Mr.Children
LOVE PSYCHEDELICO
7月30日出演:
Bank Band
銀杏BOYZ
Salyu
竹原ピストル
七尾旅人
NOKKO
ペトロールズ
Mr.Children
Mrs. GREEN APPLE
WANIMA
料金:1日券11,000円 2日券19,500円 3日券28,000円(全てアートパスポート1日券付)

プロフィール

キュンチョメ
キュンチョメ

2011年から活動している男女のアートユニット。メンバーはホンマエリとナブチ。国内外のシリアスな現場に詩的な行動やユーモアで切り込み、加害者と被害者、当事者と非当事者の境界を曖昧にしていく作品を制作。主な作品は、展示会場入口に花畑をつくり、来場者は花を踏み進まないと展示空間には入れない「Flower XX」、日本まで逃げて来た難民の人々と観客が目隠しをして一つの顔をつくる「ここでつくる新しい顔」など。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Wanna-Gonna“それから”

濱口竜介監督作や『21世紀の女の子』に参加する女優・小川あんが主演を務めたWanna-Gonna“それから”MV。脆く小さな記憶が、花やセーターの何気ないシルエットに沿って瞬くような印象を受ける。撮影が行われたのは、2020年に向けて取り壊しが決まっているという浅倉奏監督の部屋。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー