特集 PR

Chim↑Pom×大森靖子 異ジャンル対談で話す、表現ってなんだ?

Chim↑Pom×大森靖子 異ジャンル対談で話す、表現ってなんだ?

『Reborn-Art Festival』
インタビュー
杉原環樹
テキスト・編集:矢島由佳子 撮影:西田香織

現代アーティスト・Chim↑Pomと、シンガーソングライター・大森靖子の、異ジャンル対談が実現した。両者は、この夏開催される、アート・音楽・食の総合祭『Reborn-Art Festival』に出演することが決定している。

「音楽が好きな人と、アートが好きな人の間には、実は溝があるかもしれなくて……」。取材をスタートさせる前、筆者がぽろりと言ったその言葉に、両者はぴくりと反応をした。

表現ってなんだ? 芸術ってなんだ? なぜ人々はそれを欲するのか?―少し大きな問いではあるけれど、異ジャンルの対談だからこそ、普段は話さないような素直な言葉たちが、両者からこぼれ落ちたように思う。

私、大学でChim↑Pomさんを習ってましたよ。(大森)

―去年、Chim↑Pomが歌舞伎町で行った展覧会(『「また明日も観てくれるかな?」~So see you again tomorrow, too?~』)のイベントに大森さんが出演されていましたが、それまでも交流はあったんですか?

エリイ(Chim↑Pom):初めてお会いしたのはあの日ですね。

卯城(Chim↑Pom):高円寺にあるキタコレビル(Chim↑Pomのショップも入っている)に、「はやとちり」っていう、変な服をいっぱい作っている店があって。そこの店長のごっちゃん(後藤慶光)と(大森)靖子ちゃんがつながってるという話を聞いてたんです。俺は、3年くらい前から靖子ちゃんのことをめっちゃ面白いと思って掘っていて。

エリイ:ごっちゃんに、「異性として紹介してくれ」とか言ってたよね(笑)。

左から:エリイ、卯城竜太
左から:エリイ(Chim↑Pom)、卯城竜太(Chim↑Pom)

卯城:ごっちゃんと、「紹介してよ」「お前には絶対紹介しねぇ」みたいなやり取りがあって(笑)。

大森:ははは。嬉しい(笑)。

卯城:それで、去年歌舞伎町でイベントをやることが決まったときに、ごっちゃんに「どうやったら、靖子ちゃん来てくれるかな?」って相談を真面目にして、正式にオファーをしました。

左から:卯城竜太、エリイ、大森靖子、岡田将孝(Chim↑Pom)
左から:卯城竜太、エリイ、大森靖子、岡田将孝(Chim↑Pom)

―『また明日も観てくれるかな?』には、大森さん以外にも、小室哲哉さんや菊地成孔さんなど、音楽やパフォーマンスの方々が多数参加されていましたね。なぜあの展覧会には、アート以外の要素が必要だったのでしょう?

卯城:まず、『また明日も観てくれるかな?』は、取り壊しが決まってるビルでやって、最後にはビルが壊されちゃうし、展示していた作品も一緒に壊されるというコンセプトだったんです。

プロジェクト全体が作品的な性格だったので、アートピースやビルといった物質がなくなったあとも、記憶としては強烈に残っていたほうがいいなと思って。パフォーマンスを観たり、ライブを観に行ったりした体験って、記憶として強く残るから、そういうイベントをやりたいねって。それで「大森靖子さんがいい」というのは、割とうちらのなかで最初のほうから挙がってました。

Chim↑Pom
Chim↑Pom(インタビュー記事:Chim↑Pomが熱弁する結成からの10年と「全壊する個展」の意義

エリイ:「新宿」という点も大きかったよね。

卯城:そう。靖子ちゃんの“新宿”といい、相性がいい気がして。

大森:私、大学でChim↑Pomさんを習ってましたよ。

エリイ:え、マジで?

大森:ムサビ(武蔵野美術大学)の芸術文化学科だったんですけど、そのときからファンだったので、オファーをもらったときは嬉しかったです。あのときに展示されてた作品も全部観ましたし、その前から、何度もChim↑Pomさんの展示は観てました。

「芸術」としてカテゴリーされるなにかが一番ヤバいんだって、信じたいんですよね。(卯城)

―音楽とアートは分けて語られがちですが、大森さんは、同じ「表現」として両者に通じるものを感じますか?

大森:通じたいですね……通じたいですけど、やっぱり溝があるというか。私はどちらかと言えばアート寄りのミュージシャンだと思うんですけど、みんなそうだと思って音楽を始めたら、そうじゃなかった。ミュージシャンは、ルーティーンが多くて……結構、断絶があるというか。

卯城:ミュージシャンのなかにも、壁がある感じ?

大森:そうです、そうです。

―「ルーティーンが多い」というのは?

大森:なんて言うんだろう……「表現が好き」っていうのと、「音楽が楽しい」っていうのは、微妙に違うんです。「音楽を作ったり、ライブを作ったりするのが好き」っていうのと、「音楽を使って、オイ! オイ! って盛り上げるのが好き」とか、もしくは「CDを作るのが好き」というのは、全然違う作業なんですよ。

大森靖子
大森靖子

―大森さんは、どの部分が一番好きと言えますか?

大森:私はライブが好きで、それは、自分が死んだあとに残らなくていいし、忘れられてもよくて、ただ「今どうするか」ということが好きだから。ライブは、その場所との音の即時融合みたいだから一番楽しいんですよね。

ただ、これまでいろんなところでライブやってきたから、飢えているというか、どこでやっても体験してしまっていることが多くて。でも、歌舞伎町のあのビルは特別だったから、楽しかったんです。

卯城:俺は、音楽を挫折して、アートしかなくなっちゃった人なんです。だから、表現っていう上での価値観とか個の部分とか、わかりますよ。良質なポップって、アート心をくすぐるものがあるし。

―だから大森さんにシンパシーを感じる部分もあったと。

卯城:作ったものにどういう価値が生まれるかっていうのは、やっぱり作った人の生き方に関係するじゃないですか。音楽って、膨大な量が生まれて、消費もされていくなかで、靖子ちゃんは「自分の歌」にこだわって「自分の生き方」にマッチする音楽を作っている人だと思うんです。靖子ちゃんが生き方自体にこだわりを持っているのは、誰が聴いても、音からわかる。

それは、音楽だったり、アートだったり、漫画でもなんでも、そういう人たちってわかるんですよ。「この人やべぇな」って。そういう人から生まれるものの一部に、現代アートの業界でのカテゴライズとは若干異なりながらも、「芸術」としてカテゴリーされるなにかがあるんだと思う。そこが一番ヤバいんだって、信じたいんですよね。

Page 1
次へ

イベント情報

『Reborn-Art Festival』

2017年7月22日(土)~9月10日(日)
会場:宮城県 石巻市(牡鹿半島、市内中心部)、松島湾(塩竈市、東松島市、松島町)、女川町
参加作家:
宮永愛子
ハスラー・アキラ
バリー・マッギー
ブルース・ナウマン
カールステン・ニコライ
カオス*ラウンジ
キュンチョメ
草間彌生
Chim↑Pom
コンタクトゴンゾ
デビッド・ハモンズ
ファブリス・イベール
ギャレス・ムーア
齋藤陽道
Zakkubalan
さわひらき
インサイドアウト・プロジェクト
クー・ジュンガ
ヨーゼフ・ボイス
JR
有馬かおる
名和晃平
マーク・クイン
岩井優

ナムジュン・パイク
パルコキノシタ
皆川明(minä perhonen)
ルドルフ・シュタイナー
青木陵子+伊藤存
増田セバスチャン
増田拓史
島袋道浩
SIDE CORE
八木隆行
宮島達男
金氏徹平
鈴木康広
Yotta

参加シェフ・生産者:
渡邉篤史(ISOLA)
岩永歩(LE SUCRÉ-COEUR)
楠田裕彦(METZGEREI KUSUDA)
目黒浩敬(AL FIORE)
手島純也(オテル・ド・ヨシノ)
小林寛司(villa AiDA)
藤巻一臣(サローネグループ)
松本圭介(OSPITALITA DA HORI-NO)
今村正輝(四季彩食 いまむら)
奥田政行(アル・ケッチァーノ)
緒方稔(nacrée)
小野寺望(イブキアントール)
堀野真一(OSPITALITA DA HORI-NO)
生江史伸(L'Effervescence)
石井真介(Sincére)
今村太一(シェフズガーデン エコファームアサノ GOEN)
佐藤達矢(nacrée)
安齊朋大(La Selvatica)
成瀬正憲(日知舎)
川手寛康(Florilèges)
菊池博文(もうひとつのdaidokoro)
ジェローム・ワーグ(RichSoil &Co.)
原川慎一郎(RichSoil &Co.)

『Reborn-Art Festival 2017 × ap bank fes』

2017年7月28日(金)~7月30日(日)
会場:宮城県 国営みちのく杜の湖畔公園
7月28日出演:
Bank Band
Awesome City Club
大森靖子
KICK THE CAN CREW
水曜日のカンパネラ
スガシカオ
秦基博
back number
Mr.Children
7月29日出演:
Bank Band
ACIDMAN
きのこ帝国
ゲスの極み乙女。
TK(凛として時雨)
藤巻亮太
ぼくのりりっくのぼうよみ
Mr.Children
LOVE PSYCHEDELICO
7月30日出演:
Bank Band
銀杏BOYZ
Salyu
竹原ピストル
NOKKO
ペトロールズ
M.Children
Mrs.GREEN APPLE
WANIMA
and more
料金:1日券11,000円 2日券19,500円 3日券28,000円(全てアートパスポート1日券付)

大森靖子
『大森靖子 2017 LIVE TOUR "kitixxxgaia"』

2017年6月2日(金)
会場:宮城県 仙台 Rensa

2017年6月23日(金)
会場:福岡県 BEAT STATION

2017年7月7日(金)
会場:北海道 札幌 PENNY LANE24

2017年7月13日(木)
会場:大阪府 BIG CAT

2017年7月14日(金)
会場:愛知県 名古屋CLUB QUATTRO

2017年7月20日(木)
会場:東京都 お台場 Zepp DiverCity

プロフィール

大森靖子
大森靖子(おおもり せいこ)

1987年9月18日生まれ、愛媛県松山市出身のシンガーソングライター。武蔵野美術大学卒。大学進学をきっかけに上京し、高円寺を拠点として活動。弾き語りを基本スタイルに活動する、新少女世代言葉の魔術師。2014年9月のシングル『きゅるきゅる』でメジャーデビュー。2017年3月にアルバム『kitixxxgaia』をリリース。6月より、全国ツアー『大森靖子 2017 LIVE TOUR "kitixxxgaia"』を開催する。

プロフィール

Chim↑Pom(ちんぽむ)
Chim↑Pom

2005年、卯城竜太・林靖高・エリイ・岡田将孝・稲岡求・水野俊紀により結成。時代と社会のリアルに全力で介入した強い社会的メッセージを持つ作品を次々と発表。東京をベースに、世界中でプロジェクトを展開する。2015年アーティストランスペース「Garter」をオープン、キュレーション活動も行う。福島第一原発事故による帰還困難区域内で、封鎖が解除されるまで「観に行くことができない」国際展『Don't Follow the Wind』をたちあげ作家としても参加、2015年3月11日にスタートした。近年の主な著作に『芸術実行犯』(朝日出版社)、『SUPER RAT』(パルコ)、『エリイはいつも気持ち悪い』(朝日出版社)、『Don't Follow the Wind』(河出書房新社)がある。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Bullsxxt“Stakes”

ラッパーのUCDを中心とする5人組ヒップホップバンド、Bullsxxtによる1stアルバムから“Stakes”のMVが公開。絡み合う枠線の中で自由に揺れる彼らを街の光が彩る映像は、まるで青春映画のよう。アーバンメロウな生音ヒップホップに耳が喜び、胸が高鳴ります。(井戸沼)

  1. NHK五輪生特番で椎名林檎“東京は夜の七時”TV初披露、Perfume×真鍋大度 1

    NHK五輪生特番で椎名林檎“東京は夜の七時”TV初披露、Perfume×真鍋大度

  2. 吉岡里帆を川島小鳥が秘宝館で撮影 『STUDIO VOICE』の「ゆらぐエロ」特集 2

    吉岡里帆を川島小鳥が秘宝館で撮影 『STUDIO VOICE』の「ゆらぐエロ」特集

  3. 『めちゃイケ』で注目を浴びた、三浦大知のすごさの本質に迫る 3

    『めちゃイケ』で注目を浴びた、三浦大知のすごさの本質に迫る

  4. Massive Attack来日ライブの追加公演が決定 チケット完売を受け 4

    Massive Attack来日ライブの追加公演が決定 チケット完売を受け

  5. 杉野遥亮、超特急タカシら「けだもの男子」が急接近 『花にけだもの』映像 5

    杉野遥亮、超特急タカシら「けだもの男子」が急接近 『花にけだもの』映像

  6. 松坂桃李が「娼夫」に 石田衣良原作の18禁映画『娼年』、監督は三浦大輔 6

    松坂桃李が「娼夫」に 石田衣良原作の18禁映画『娼年』、監督は三浦大輔

  7. 知念侑李と小松菜奈が濡れながらキス寸前 映画『坂道のアポロン』初映像 7

    知念侑李と小松菜奈が濡れながらキス寸前 映画『坂道のアポロン』初映像

  8. スタートトゥデイ前澤友作が123億円で落札したバスキアの作品が一般公開 8

    スタートトゥデイ前澤友作が123億円で落札したバスキアの作品が一般公開

  9. 吉祥寺の新映画館「ココロヲ・動かす・映画館○」が本日開館 開会式に代表が登壇 9

    吉祥寺の新映画館「ココロヲ・動かす・映画館○」が本日開館 開会式に代表が登壇

  10. エッシャー大規模展『ミラクル エッシャー展』来年開催 全作品日本初公開 10

    エッシャー大規模展『ミラクル エッシャー展』来年開催 全作品日本初公開