特集 PR

マームとジプシー代表・林香菜が語る、10年の歩みと次の10年

マームとジプシー代表・林香菜が語る、10年の歩みと次の10年

マームとジプシー『MUM&GYPSY 10th Anniversary Tour vol.1』
インタビュー・テキスト
橋本倫史
撮影:豊島望 編集:宮原朋之

弱冠26歳にして岸田國士戯曲賞を受賞した藤田貴大が作・演出を務めるマームとジプシーは、2か月に1本という頻度で作品を発表し続けている。そのカンパニーの代表を務める制作・林香菜は、めまぐるしく活動を続けるマームとジプシーをいかにして存続させてきたのか。

演劇というジャンルを超えて様々な領域のアーティストとのコラボレーションにも挑戦するマームとジプシーの活動は、ともすれば特殊な道を歩んでいるかのように見えるだろう。しかし、「10周年を迎えるいまだからこそ話しておきたかった」という彼女が語ったのは、「場所を成立させる」というシンプルかつ根本的なテーマだった。

マームとジプシーの皆は制作がいないと作品が生まれていかないということを理解してくれているんです。

―今回の10周年ツアーではじめてマームとジプシーに出会う観客もいると思います。その人たちに「マームはどういう集団なのか」と聞かれたらどう説明しますか?

:基本的には藤田貴大が作る作品を発表する団体のことをマームとジプシーと呼んでいますが、最近の私のなかでは、藤田のもとに集まる人たちと一緒に作品を作って発表する 「場所」がマームとジプシー(以下、マーム)というイメージですね。大学の学生時代に設立をして、出会いや別れを繰り返してきましたが、ありがたいことにスタッフも俳優もほとんど固定のメンバーで活動を続けています。

マームでは現在も劇団員制はとらずに、作品ごとにオファーをして人を集めています。演劇の俳優やスタッフだけではなく、様々なジャンルの作家を巻き込みながら活動を続けることも、私たちを象徴する活動なんじゃないかな。

マームとジプシー代表・林香菜
マームとジプシー代表・林香菜

―場所というのは、誰かが管理して調整し続けないと存続が難しいですよね。「合同会社マームとジプシー」として法人化したのもそのためじゃないかと思うんですけど、いつ法人化したんですか?

:2014年の7月です。イタリアの『ファッブリカ・ヨーロッパ』という現代芸術フェスティバルと契約を結ぶ際に「個人で契約すると税金をたくさん取られるから、とにかく法人を作って欲しい」と言われたんですね。

以前から「そろそろ法人化しないと」とは思っていて、一番簡単に取れる合同会社を選んで、自然な流れで私が代表になりました。法人化すると日本の助成金を申請できる幅が圧倒的に広がるんです。

―マームとジプシーには桜美林大学出身の方が多いですけど、桜美林の演劇専修では予算の組み方を教える授業が必修科目だそうで、特徴的ですね。

:私が桜美林大学に入学した1年生のときだけですが、劇作家・演出家の平田オリザさんがまだ在籍されていたんです。オリザさんご自身が、演劇を作る作家であり、劇場や劇団を維持するプロデューサーでもある方なので、授業は演劇のワークショップなどがあるなかで、「制作」の授業も必修でした。予算の立て方とか超具体的な講義もありましたが、もっと漠然とした「いかに制作という立場がカンパニーの存続や、作品を作る上で重要な存在か」ということを、その制作の授業でオリザさんから教わりました。演劇業界だと、どうしても「制作=雑用」みたいに扱われてしまうところもあるけど、マームの皆は、オリザさんのそういう教えがあったからなのか、制作という存在や部署をすごく重要なものだと考えてくれています。それは私としては本当に心強かったですね。

人が生み出したものに感動することはあるけど、自分が生み出すことには興味がなかった。

―そもそも、林さんはなぜ桜美林に入ったんですか?

:私は小学校3年生の頃から中学2年生まで、コンテンポラリーダンスを習っていました。大学進学のときに、たくさんの人がひとつのものを一緒に作るようなことがしたくて舞台に興味を持って、演劇専攻がある桜美林大学に入学したんです。そうしたら偶然、ダンスを習っていた木佐貫邦子さんがその桜美林の先生として在籍されていたんです。

入学してすぐに木佐貫先生が学生と作るダンスの学内公演があって、私もダンサーとしてオーディションを受けてみるつもりでいたんです。そうしたら、先生に個別で呼ばれて、「制作として手伝ってみない?」と言われて。流れに身を任せて、その学内公演の制作を引き受けることしました。

その後、私が制作として活動しはじめてから言われたことですが、先生は小学校3年生のときから「この子には踊る才能はないけど、制作の才能がある」と思って下さっていたらしいです。どんな子だったんでしょうね(笑)。巡り巡って大学で先生に出会い直して、私の本質を的確に導いて下さって、先生には本当に感謝しています。

林香菜

―踊る才能はないと言われて、落ち込むことはなかったんですか?

:オーディションに申し込もうとしていたのですが、高校を卒業する時点で「自分は出演する才能もなにかを作り出す才能もない」とも思っていたんです。大学のAO入試でも「なにかを作る人たちの近くにいて、そういう人が活動できる場所を作る人や支える人になりたい」と話した記憶があります。

自分が作品を作ったり、出演するというイメージは全くできなかったんですけど、誰かが作るものを支えていくイメージは当時からありました。人が生み出したものには人一倍感動するけど、自分が生み出したことには興味がなくて。人のものを成立させるための努力はできるけど、自分が作るための努力が全然できなかった。だから0を1にする仕事よりも、1を100にするような仕事がやりたいと思ったんだと思います。

―藤田さんとの出会いも在学中で、林さんが3年生のときにマームは旗揚げされています。旗揚げ公演では、林さんは制作ではなく出演されていますよね。

:それ以前からもちろん藤田のことは知っていて、作品も観ていました。藤田は当時から私がマームの制作を担当するようなイメージはあったみたいです。ただ、制作はいわゆる雑用みたいなこともしなくてはいけないので、そういうことをいきなり私に頼むことに慎重だったらしくて。とにかくまずは一番時間を一緒に過ごせる俳優という立場でオファーをして、創作現場に立ち会ってもらうことを考えていたみたいです。

でも、脳みそは制作だから、どんなに俳優として関わっていても「チラシ」とか「パンフレット」の進行状況とか、「お客さんの動員」とか、そういうことばかり気になっていましたね。

Page 1
次へ

イベント情報

マームとジプシー
『MUM&GYPSY 10th Anniversary Tour vol.1』

2017年7月7日(金)~7月30日(日)
会場:埼玉県 彩の国さいたま芸術劇場 小ホール

『クラゲノココロ モモノパノラマ ヒダリメノヒダ』
作・演出:藤田貴大
音楽:山本達久
衣装:suzuki takayuki
出演:
石井亮介
尾野島慎太朗
川崎ゆり子
中島広隆
成田亜佑美
波佐谷聡
吉田聡子
山本達久

『ΛΛΛ かえりの合図、まってた食卓、 そこ、きっと──────』
作・演出:藤田貴大
音楽:石橋英子
衣装:suzuki takayuki
出演:
石井亮介
荻原綾
尾野島慎太朗
川崎ゆり子
斎藤章子
中島広隆
成田亜佑美
波佐谷聡
長谷川洋子
船津健太
召田実子
吉田聡子

『夜、さよなら 夜が明けないまま、朝 Kと真夜中のほとりで』
作・演出:藤田貴大
衣装:suzuki takayuki
出演:
石井亮介
伊野香織
尾野島慎太朗
川崎ゆり子
中島広隆
成田亜佑美
波佐谷聡
長谷川洋子
船津健太
吉田聡子

『あっこのはなし』
作・演出:藤田貴大
音楽:UNAGICICA
出演:
石井亮介
伊野香織
小椋史子
斎藤章子
中島広隆
船津健太

料金:
前売 1作品券4,000円 4作品セット券13,500円
当日 1作品券4,500円
※『あっこのはなし』は前売3,000円、当日3,500円

プロフィール

林香菜(はやし かな)

桜美林大学総合文化学群卒業。07年マームとジプシー旗揚げに参加。以降ほぼ全てのマームとジプシーの作品や、藤田の外部演出の作品で制作を担当。14年マームとジプシーを法人化し、代表に就任。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“Four O'clock Flower”

ただシャムキャッツの四人がフラットに存在して、音楽を鳴らしている。過剰な演出を排し、平熱の映像で、淡々とバンドの姿を切り取ったPVにとにかく痺れる。撮影は写真家の伊丹豪。友情や愛情のような「時が経っても色褪せない想い」を歌ったこの曲に、この映像というのはなんともニクい。(山元)