特集 PR

新世代のポップソングを歌う緑黄色社会が語る「世代感」とは

新世代のポップソングを歌う緑黄色社会が語る「世代感」とは

緑黄色社会『ADORE』
インタビュー・テキスト
天野史彬
撮影:馬込将充 編集:飯嶋藍子、川浦慧
2017/07/25
  • 338
  • 47

SNSの発達に伴うようにして、ここ数年の間に、よく聞くフレーズがある。それは、「これからは『個人の時代』である」というもの。これから先は、個人が組織に頼らず、それぞれのスキルを磨き、自分自身をブランディングしながら生きていく時代になるのだろう、と。

ただ、「人間って、そんなに強くないんじゃないか?」とも思う。そもそも、社会とは本来、様々な人々がそれぞれの役割を担うことで循環しているものだ。食べ物を作る人がいれば、衣服を作る人がいる。のび太くんみたいな人もいれば、出木杉くんみたいな人もいる。それぞれが、それぞれのできることをギブ&テイクしながら、社会は回っていく。もちろん、一人で生きていける強い人もいるだろう。でも、みんながみんな、そんなに強いわけではない。

愛知出身の4ピースバンド、緑黄色社会。この若くフォトジェニックな四人は、「個人の時代」と言われる現代においてもう一度、人と人とが共に生きる「社会」を、ポップソングを通して再定義しようとしているように思える。一人で生きろ――そんなサバイバル環境のなかで、人の欲望は際限なく加速するだろう。しかし、「他人と自分を比べなくてもいい」「小さな幸せがあればいい」――そう語る緑黄色社会が提示する「音楽」という名の社会、ここには確かにひとつの希望があるのではないだろうか。

自分はすごく「一般的な存在」。どんなに有名な人も私たちも、実は悩みは同じだと思う。(長屋)

―皆さん、1990年代半ば~後半生まれなんですよね。前作『Nice To Meet You??』(2017年)の最後の曲“丘と小さなパラダイム”を聴いたとき、驚いたんですよ。あの曲のなかで、<あなたは世界を変えることしかできない>と歌うじゃないですか。あれがすごく衝撃的だったんです。

小林(Gt):あの部分は、僕が高校1年生ぐらいの頃から温めていた言葉なんですよ。

―そうなんですか! <あなたは世界を変えることしかできない>……この言葉を言い切れるのが、すごいなと思って。

左から:小林壱誓(Gt)、peppe(Key)、長屋晴子(Vo)、穴見真吾(Ba)
左から:小林壱誓(Gt)、peppe(Key)、長屋晴子(Vo)、穴見真吾(Ba)

小林:自分としては、決して何かを言い切りたかったわけではなくて。この言葉って、プラスにもマイナスに捉えることもできると思うんです。<あなたは世界を変えることしかできない>っていうのは、「僕らはどう頑張ったって世界に関与してしまうんだ」っていう捉え方もできるし、「こんな僕にだって世界を変えられるんだ」という受け取り方もできる。その捉え方は、その人が聴く時と場合によって変わると思うんです。

―なるほど。僕は今、30歳なんですけど、世代的に銀杏BOYZがドンピシャなんですよ。彼らの曲のタイトルに、“僕たちは世界を変えることができない”というものがあるんです。これは、「世界」に自分たちのテリトリーを浸食されないための言葉だと思うんですけど、緑黄色社会が提示するのは、それとは真逆なんですよね。能動的であれ受動的であれ、「世界」と関わっていくことが前提としてある。高校生の小林さんのなかから、この言葉が生まれてきたのはどうしてだったのでしょうか?

小林:どうしてだったんだろう……。覚えているのは、そのときサンボマスターを聴いていて。サンボマスターって、強い言葉を言い切るじゃないですか。でも、自分には、そうやって強い言葉を言い切ることができないなっていう感覚があったんです。それよりも、「あなたにとって、この言葉はどういうふうに捉えられますか?」っていう問いかけをしたかったというか。

―なるほど。「主張」ではなく、あくまでも他者に対する「問い」なんですね。

小林:音楽の捉え方って、その人が聴く時や場合によって変わると思うんです。僕は、「悲しいから音楽を聴こう」みたいなことは思わないんですよ。でも、たまたま聴こえてきた音楽が心に沁みてしまった、みたいな奇跡をすごく信じていて。たとえば最近、エド・シーランを聴くと、僕自身、特に何も考えていなくても、あの声の抑揚だけでグッとくる。そういうことが、僕らの音楽でも起こったらいいなと思うんです。

緑黄色社会“またね” 緑黄色社会“Bitter”

―「たまたま聴こえてくる音楽でありたい」というのは新鮮ですね。皆さんぐらい若いバンドだと、「自分だけは特別でありたい」という自己顕示欲だけで表現に向っていてもおかしくないし、それも健全なことだと思うんですけど。

長屋(Vo):もちろん、自分の気持ちも大事にしたいけど、同時に、私は自分がすごく「一般的な存在」だとも思うんです。結局、人ってみんな、同じようなことで悩んだり困ったりしているものじゃないですか。どんなに有名な人も、私たちも、実は考えたり悩んだりしていることは同じだと思う。高校生ぐらいの頃は「自分をわかってほしい」「自分が自分が」っていう気持ちが強かったなって思うんですけど、今は、「みんな一緒なんだな」って思うことが増えてきています。

長屋晴子
長屋晴子

―「みんな一緒である」ということは、長屋さんにとっては、大きな発見だったんですか?

長屋:うん、そうですね。人と話す機会が増えるたびにそう思います。だからこそ、私の作る曲は、聴く人にとって共感できるものであってほしいし、「自分のため」のものであり「誰かのため」のものでもあってほしいと思うんですよね。

Page 1
次へ

リリース情報

緑黄色社会『ADORE』
緑黄色社会
『ADORE』(CD)

2017年8月2日(水)発売
価格:1,620円(税込)
HPP-1008

1. 始まりの歌
2. want
3. キラキラ
4. 恋って
5. それなりの生活

プロフィール

緑黄色社会
緑黄色社会(りょくおうしょくしゃかい)

2012年活動開始。Vocal長屋晴子の力強く透明で時に愛らしい独特な歌声、キーボードpeppeの型にはまらないフレーズ、Guitar小林壱誓の柔らかいコーラス、バンドを支える最年少、穴見真吾のBass Line。同級生3人と幼馴染で組まれ、お互いを知り尽くした四人がそれぞれの個性を出し合い、様々なカラーバリエーションを持った楽曲を表現し続けている。2013年 SCHOOL OF LOCK × Sonymusic 10代音楽フェス「閃光ライオット」準グランプリ。2017年1月11日初の全国流通盤となる1st Mini Album「Nice To Meet You??」をタワーレコード限定でリリースし、4月7日には初のワンマンライブをell.FITS ALLにて開催、Sold Outとなる。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『ゲット・アウト』予告編

10月27日に日本での公開を控える新感覚ホラー『ゲット・アウト』の予告編。人種差別が大きなテーマとなる本作は、2月にアメリカで公開されると、大反響を巻き起こした。チャンス・ザ・ラッパーにいたっては、シカゴの映画館で1日分の鑑賞チケットを買い占め、ファンを無料で招待するほどの惚れ込みようだとか。上映が待ち遠しい。(久野)