特集 PR

「DASH村」はTOKIOをどう変えた? 番組プロデューサーに訊く

「DASH村」はTOKIOをどう変えた? 番組プロデューサーに訊く

Nature Tokyo Experience
インタビュー・テキスト
麦倉正樹
撮影:鈴木渉 編集:野村由芽、山元翔一

TOKIOの五人が大自然を舞台にマルチな活躍をみせる異色のバラエティー番組として、子どもから大人まで幅広い層に愛されている『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)。その人気企画「DASH村」で経験を積み、今や自然体験のエキスパートと言えるほどの存在となったTOKIOは、自然とふれあい、農業を学ぶことで、どのように変化し、成長したのだろうか。

自然の魅力とそこでの体験価値を発見する東京都の新事業『Nature Tokyo Experience』の始動にあたり、『ザ!鉄腕!DASH!!』のプロデューサー・島田総一郎に話を訊いた。都会暮らしのアイドルやテレビマンが、「DASH村」にハマった理由はどこにあるのか。都市で生活する現代人がいきなり自然に飛び込む面白さや感動、「DASH村」の経験から島田が実感した地域住民と交流することの面白さなど、大いに語ってもらった。

「DASH村」には、何もないがゆえの美しさがあったと思う。

―まず、『ザ!鉄腕!DASH!!』という番組について、その成り立ちや変遷について、お話しいただけますか?

島田:『ザ!鉄腕!DASH!!』は、今年の11月に22周年になるんですけど、そもそもはTOKIOが身体を使っていろいろなことに挑戦する、体当たりバラエティーみたいな番組だったんです。それが、2000年に「DASH村」という企画を始めることになって……まったく使われていない土地を借りて、その近隣に住む農家さんや職人さんの知恵をお借りしながら、TOKIOがそこに村を作っていくことになった。そのあたりから番組のスタイルが固まっていったと思います。

今は「DASH島」という企画で無人島を開拓したり、「DASH海岸」という企画で東京湾に昔ながらの渚を作ろうとしたり、「新宿DASH」という企画でビルの屋上で農業を始めたり……それらはみな、「DASH村」で学んだことの延長線上に派生している企画なんです。

島田総一郎
島田総一郎

―島田さんは、いつ頃から番組に関わるようになったのですか?

島田:僕は2008年ぐらいからですね。それまでは普通のバラエティー番組でディレクターをやっていて、『ザ!鉄腕!DASH!!』の担当になったときに、いきなりソーラーカーで伊豆諸島を回りました。

そのあと「DASH村」に入ったんですけど、村はもうほとんどできあがっていてスタッフも村に住んでいましたし、TOKIOの五人は農業のプロみたいな感じになっていましたね(笑)。僕自身、一視聴者からいきなり農業やモノ作りに挑戦していって……今や、完全にそれに染まってしまったという感じです(笑)。

―番組に関わるようになった当初は、戸惑うことも多かったのでは?

島田:そうですね。それまでは、自然をまったく感じない都会で暮らしている、普通の社会人でしたから。だけど、テレビ局から車で数時間かけて「DASH村」に行くと、いつもの日常とは違う、異質な文化と食べものと暮らしが広がっているんですよ。

初めて「DASH村」に行ったときは、スイッチの切り替えが、ものすごくできるなって思いました。すごく晴れやかな気分になったというか。それも、変化が劇的であればあるほどいいんです。たぶん、TOKIOの五人が「DASH村」にハマったのも、そうやって完全にスイッチの切り替えができるからなんじゃないかな。

―島田さんが「DASH村」に初めて行ったときに経験したような、都会で暮らす人がいきなり自然に飛び込む面白さや感動って、どんなところにあるんですかね?

島田:「DASH村」には、何もないがゆえの美しさがあったと思うんです。何もないからこそ、必要なものは自分たちで作らなくてはいけない。そうやって、「不便を楽しむ」ところがあったと思う。

東京では、前後左右が見渡せない、壁と壁に囲まれたような場所でみんな生きているけど、「DASH村」に来たら、はるか遠くの山や海まで見渡せる。そういう経験が月に4~5回あることで、僕自身も感化されていったような気がします。

島田総一郎

―「DASH村」を始めたことが、番組の方向性を固めたとのことですが、その後、番組の転機となるようなことはありましたか?

島田:やっぱり、震災(東日本大震災)ですね。それまで、「DASH村」は永久に続いていくんだろうなって、漠然と思っていたんですけど……「DASH村」は、福島の浪江町にあったので、震災後、立ち入り禁止区域になってしまったんです。なので、それまで育てていたものも全部ダメになってしまって……。

そのときは、TOKIOの五人とも、「どうしようか」って散々話し合いました。他の場所に移ったら、福島でお世話になっている農家さんたちは、みんな複雑な気持ちになるだろうなって思ったり。ただ、その農家さんたちが、家や農地を失いながらも、福島市内で農業を再開し始めるのを見て……そういう、当事者の方々が前向きに動いている姿にすごく背中を押されたんです。それで、「DASH村」でやっていたことの上級編みたいに、自分たちで無人島を開拓して、小さな日本を作ろうっていうことになりました。

Page 1
次へ

事業情報

『Nature Tokyo Experience』

豊かな山々に囲まれた多摩、青空と海が広がる島しょ。これらのエリアでは、日本の中心都市の顔とはちがった、「東京の自然」という今までにない魅力を感じることが出来ます。そんな東京ならではの自然エリアに注目し、新たな体験型エンターテイメントを創出するプロジェクトが今、始まります。これまでになかった新しい東京の楽しみ方を、ぜひ見つけに来てください。

プロジェクト情報

『東京の森に世界でいちばん美しいアウトドアフィールドを作る。 日本で唯一の移動式グランピング集団「CIRCUS OUTDOOR」が奥多摩に仕掛ける“常設型”グランピングプロジェクト』by株式会社NOX Intervillage

「東京の森に世界で一番美しいアウトドアフィールドを作る」ことを目標に掲げ、奥多摩こそが世界で一番美しいアウトドアフィールドであるという想いをもって、グランピング事業を展開。今回は、これまで多くが即時満員となっていた期間限定でのイベントシリーズから、「CIRCUS OUTDOOR」初の“常設型”グランピングとして展開します。奥多摩湖を眺望できる傾斜地に、日帰りでも楽しめる物販施設や飲食施設、温泉施設も併設予定です。また、多摩産材での建物やウッドデッキの制作や、地場の食材を用いた料理や食材販売など、地域の資源も積極的に活用していく予定です。

『島の魅力を熟知した大手旅行会社グループ出身者たちのチームが提案!“伊豆諸島の玄関口”調布地域と新島・神津島を舞台に新鮮な食材を調理して、食べて学ぶ「ガストロノミーツーリズム」』by株式会社USPジャパン

ガストロノミーとは、食べることで文化・歴史と料理の関係を学ぶ“美食学”。島の魅力を熟知した大手旅行会社グループ出身者がそれぞれ在籍するUSPジャパンと調布アイランドが連携し、“伊豆諸島の玄関口”調布地域で、伊豆諸島の食材をテーマにした体験型エンターテイメントを実施します。調布飛行場に空輸された朝採れ野菜や魚など、伊豆諸島の新鮮な食材を実際に調理して食べることで伊豆諸島の魅力に触れる環境を整備するほか、生産者をゲストに迎えたトークセッションなども予定。若年層、シニア層、在住・訪都外国人旅行者まで幅広い人々に“食体験”を通して文化を知ってもらう新しい取り組みです。さらに、参加者には、ここで学んだ知識、習得した技術を活かす機会として、実際に伊豆諸島の食材生産元である新島、神津島へ赴き、収穫体験や地元の人との交流を楽しむ「ガストロミーツーリズム」を体験してもらうプログラムも予定しています。

『遊びの達人・ASOBIBAが八丈島で“大人のアソビ”を新提案!1日1組限定のプレミアム体験「島グランピング」と島の楽しみ方や最新情報を24時間チャットで教えてくれる「島コンシェルジュ」をプロデュース』by 株式会社ASOBIBA

八丈島は羽田から飛行機で小一時間という好立地で、都心から最も早くウミガメと出会える島。さらに2016年からは鯨が現れるようになり、ホエールウォッチングスポットにもなっています。そんな八丈島で“大人のアソビ”を提供するASOBIBAが提案するのは、1日1組限定の「島グランピング」。島で唯一となるこのグランピング施設は、地域を代表する宿泊事業者である「リードパークリゾート八丈島」と連携し、ホテル内に整備される予定です。また、登録すれば誰でも利用できるスマートフォンのチャット機能を活用した「島コンシェルジュ」は、島の達人であるスタッフが観光客のコンシェルジュとなり、島訪問時のさまざまな疑問や不明点に答えてくれるサービス。現地での飲食店やアクティビティについても“訪問客の友だち感覚”で教えてくれます。

プロフィール

島田総一郎(しまだ そういちろう)

日本テレビ放送網制作局主任兼プロデューサー。1999年に入社。バラエティ番組のAD・ディレクターを経て、2008年より『ザ!鉄腕!DASH!!』の制作に参加。現在はプロデューサーを担当している。そのほか『幸せ!ボンビーガール』などを手がける。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『ゲット・アウト』予告編

10月27日に日本での公開を控える新感覚ホラー『ゲット・アウト』の予告編。人種差別が大きなテーマとなる本作は、2月にアメリカで公開されると、大反響を巻き起こした。チャンス・ザ・ラッパーにいたっては、シカゴの映画館で1日分の鑑賞チケットを買い占め、ファンを無料で招待するほどの惚れ込みようだとか。上映が待ち遠しい。(久野)