特集 PR

CAMPFIRE MUSICに訊く、歌手としての「のん」とどう関わる?

CAMPFIRE MUSICに訊く、歌手としての「のん」とどう関わる?

CAMPFIRE
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:永峰拓也 編集:矢島由佳子

日本におけるクラウドファンディングのトップランナーであるCAMPFIREが、のんの自主レーベルである「KAIWA(RE)CORD」に賛同し、サポートしていくことが発表された。同時に、「CAMPFIRE MUSIC」を設立するという。

キリンジ“エイリアンズ”のカバーや、『WORLD HAPPINESS 2017』への参加など、徐々に音楽活動が目立ち始めていたのんだが、自主レーベル「KAIWA(RE)CORD」を立ち上げ、ついに正式にアーティストデビューを果たすというニュースは、すでに大きな話題を呼んでいる。そして、彼女が主演を務めた映画『この世界の片隅に』の大ヒットや、クラムボンやぼくのりりっくのぼうよみらの活動によって、クラウドファンディングへの理解が広まるなか、「レコード会社でも、アーティスト所属事務所でもない」という「CAMPFIRE MUSIC」は、どんな役割を果たしていくのだろうか?

そこで今回は、CAMPFIRE代表の家入一真と、音楽事業 / エンタメカルチャー担当執行役員の岡田一男を迎え、「CAMPFIRE MUSIC」設立の意図と、CAMPFIREの未来について話を訊いた。確実に時代が変わりつつある予感に、一緒にドキドキしてほしい。

ネットののんさんに対する支持は半端なくて、基本的にみんなが彼女を応援するスタンスでいる。(家入)

―創作あーちすと・のんさんが音楽活動のために自主レーベルを立ち上げると聞き、「CAMPFIRE MUSIC」がそれに賛同し名乗りを上げたそうですね。「CAMPFIRE MUSIC」の立ち上げの発表、のんさんの自主レーベル「KAIWA(RE)CORD」のサポートということで、二重の驚きでした。

岡田:たまたまお話をいただけたので、ホントご縁なんですよ。のんさんが音楽活動を始めるということで、制作を手伝っている方からご紹介いただいて、のんさんの自主レーベルに賛同しました。「『CAMPFIRE MUSIC』をやろうとしていたので、もしかしたら一緒にできるかもね」なんて話をしてたら、実際にサポートさせていただくことになって。こちらから「音楽やりましょう!」って言ったわけではなくて、ご本人が以前から音楽活動をされていたみたいで。

家入:彼女の存在って、クラウドファンディングやCAMPFIREを活用してもらえる存在として、ある意味象徴的だと思うんです。僕はネットの住民なんですけど、ネットの彼女に対する支持は半端なくて、基本的にみんなが彼女を応援するスタンスでいる。なので、のんさんの自主レーベルをサポートできると決まったときは、僕もめちゃくちゃテンションが上がりました。

岡田:あと、『この世界の片隅に』(のんは、主人公・北條すずの声優を務めた)も大きいですよね。作品としても素晴らしかったし、クラウドファンディングの概念が一般化して、より身近になるきっかけを作ったと思うから、その作品で主演をされていたのんさんとご一緒できるというのは、縁を感じました。

のん
のん

「KAIWA(RE)CORD」ロゴ画像
「KAIWA(RE)CORD」ロゴ画像

―のんさんとはなにかお話されましたか?

家入:ひとつのところに収まらないタイプなんだろうなっていうのは前から感じていたんですけど、実際に話をしてみて、それがよりわかったというか。「もっともっといろんなことがやりたいんです」とおっしゃってましたね。「音楽もやりたいし、絵も描きたいし、もちろんお芝居もやりたい」って。めちゃめちゃいい子なんですよね。

家入一真
家入一真

―そもそも、家入さんは現在の音楽業界、音楽を取り巻く環境に対してどんな問題意識を持っていて、「CAMPFIRE MUSIC」でどう音楽を扱おうとお考えなのでしょうか?

家入:僕はネットの黎明期からずっと個人向けのサービスをやってきたつもりなんですけど、あの頃って、「誰しもが表現者になれる時代がやってくるぞ」みたいな感じだったと思うんです。パソコンを使って、音楽を発表できたり、絵を見てもらったり、素晴らしい時代がやってくることをみんな夢見ていたし、僕もそこにロマンを感じてました。

で、実際それってある程度実現したと思うんです。スマホなんて当時は想像もしてなかったけど、自分が歌ったり踊ったりした表現をその場で生中継できたり、電子出版で本を出したりできるようになった。でも、それが実現したときに、「あれ? これってホントに幸せなことなんだっけ?」って、ふと思うことが増えたんですよね。

―夢見ていたことが実現したはずなのに?

家入:みんなが表現者になってしまったら、趣味は多様化して、好みのアーティストはバラバラになる。たとえば「日本中みんなが応援するアーティスト」みたいな人は出づらくなりましたよね。そんなふうに、音楽に関するいろんなことが、かつての形では成り立たないような時代になっていくなかで、「一番割を食うのは誰なんだ?」って考えると、やはりアーティストにしわ寄せが来るんだろうなって思うんです。

儲かる人はさらに儲かって、儲からない人はずっとそのまま、という二極化が起こるなかで、僕らは常に後者の側でありたいと思う。だって、小さな経済圏はたくさん生まれますからね。これからのアーティスト、地方でくすぶってる人、生まれながらの家庭環境で学ぶ機会がない人たち。僕らは常にそっち側でありたいっていうのが根底にあるんですよね。

Page 1
次へ

サービス情報

CAMPFIRE
CAMPFIRE

国内No.1のクラウドファンディングプラットフォーム「CAMPFIRE」(キャンプファイヤー)を2011年より運営。CAMPFIREはあらゆるファイナンスニーズに応えるべく、「資金調達の民主化」をミッションに、個人やクリエイター、企業、NPO、大学、地方行政など、様々な挑戦を後押ししています。 これまでに8,000件以上のプロジェクトを掲載し、プロジェクトに対する総支援者数は約28万人、流通金額は29億円に達しました。

プロフィール

家入一真(いえいり かずま)

起業家。1978年福岡県出身。株式会社CAMPFIRE代表取締役。2001年に株式会社paperboy&co.(現GMOペパボ)を創業後、JASDAQに上場。他にもオンザコーナーなどのカフェ運営を行うpartycompanyや、スタートアップへの投資を行うpartyfactory、ECプラットフォームBASEの創業、シェアハウス「リバ邸」を日本各地に立ち上げるなどの活動も行なっている。著書に『もっと自由に働きたい』『新装版 こんな僕でも社長になれた』『お金が教えてくれること』『15歳から、社長になれる』『バカ、アホ、ドジ、マヌケの成功者』『ぜんぜん気にしない技術』『ぼくらの未来のつくりかた』『我が逃走』など。

岡田一男(おかだ かずお)

1979年東京都出身。2002年、エイベックス株式会社に入社。2011年に独立し、株式会社ハレバレを設立。2016年より、株式会社CAMPFIRE執行役員。株式会社Candee社長室室長。「音楽を中心とした助っ人」として、音楽業界・エンターテイメント業界の裏方として勤労に励む。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

蓮沼執太&ユザーン“ベーグル”

今年5月15日に渋谷WWWで開催された『蓮沼執太&ユザーン プレイ・ツートーン』で初演された“ベーグル”。当初はこのイベントのみの披露予定で作られたものだったが「もう一度聞きたい」という強いリクエストにより録音、今回のPV公開となった。ハドソン川や公園、デリなど、NY・ブルックリンの日常風景が心地よい。(宮原)