特集 PR

コレサワ&ウチボリシンペに聞く、顔を隠す音楽活動の意図と背景

コレサワ&ウチボリシンペに聞く、顔を隠す音楽活動の意図と背景

コレサワ『コレカラー』
インタビュー・テキスト
矢島由佳子(CINRA.NET編集部)
撮影:田中一人

今話題のクマを捕獲した! クマのぬいぐるみを被りながら、『Love music』や『ライブB♪』、『ノンストップ!』などのテレビ番組に出演し、視聴者に未知との遭遇かのようなインパクトを残しているシンガーソングライター、コレサワ。

そのクマからは想像しがたいかもしれないが、彼女が歌にするのは、ファンタジーやコメディーなどではなく、今の時代を生きる女の子たちが求める生き方や日常そのものだ。夢は追いかけたいし、仕事も頑張りたいけど、恋愛や結婚だってしたい。好きな人には好かれたい、でも無理したり媚びたりなんかはしたくはない。こんなに欲張りで強がりだけど、本当は弱いから、優しくして褒めてねーーそう歌うことで、10代の女子からも深い支持を集めている。

CINRA.NETにて約2年ぶりとなる今回の取材では、このクマのキャラクターをはじめ、コレサワのすべてのアートワークを手がけるイラストレーター・ウチボリシンペも捕獲し、顔を見せずに活動する本当の意図や、二人の考えを聞き出した。

リアルなことを歌ってるから、自分を出して歌うと、リアルな感じになりすぎちゃうと思うんです。(コレサワ)

―ウチボリさんが、コレサワさんのアートワークをトータルプロデュースするようになったのは、いつからですか?

コレサワ:出会ったのは5年前で、一番最初にお願いしたのは、2013年の『お誕生日会』(コレサワの初ワンマンライブ)のグッズのイラストですよね。

ウチボリ:そう、そこから始まってます。

―きっかけは、ウチボリさんが偶然コレサワさんのライブを観て、ウチボリさんから声をかけたことだそうですね。

ウチボリ:そうなんです。僕、当時は座ってライブを観ているときに、曲聴きながら絵を描いたりしてたんですけど、コレサワのときは「えっ? なんだ?」みたいな感じになって。「これは声かけなきゃだめだ」ってすごく思ったんですよね。それで、コレちゃん(コレサワ)が物販してるときに、「すみません、好きです」って(笑)。

コレサワ:そう、告白されました(笑)。

左から:コレサワ、ウチボリシンペ
左から:コレサワ、ウチボリシンペ

―コレサワさんのどういうところに、それほど惹かれたんですか?

ウチボリ:それはもう、声ですね。すごく覚えてます。でも、どの曲だったかは思い出せなくて……。

コレサワ:そのときに“笑えよ乙女”のCDをウチボリさんが買ってくれたのを覚えてますよ。だから、“笑えよ乙女”を歌ってたんじゃないかな。

―今やウチボリさんの描くキャラクター「れ子ちゃん」が、コレサワさんのビジュアルイメージを担っていますが、もともとは、コレサワさんが顔を出したくないかられ子ちゃんが生まれたのか、それとも、れ子ちゃんが生まれたから顔を出さないという決意ができたのか……どちらだと言えますか?

コレサワ:ウチボリさんに声かけてもらったあと、「グッズを作りたい」ってうちから連絡して、一回喫茶店で打ち合わせをしたんです。そのときに、「顔を出したくない」「キャラクターを作りたい」という話をしましたよね。

ウチボリ:うん、してた。

コレサワ:それで、「どんなキャラクターが好きなん?」って聞かれて、「最近はコントロールベアとくまモンが好きで」と答えたら、うちとクマを合わせた絵をパーって書いてくれたんですよ。それで「可愛い!」ってなったのがれ子ちゃんなんです。

れ子ちゃん
れ子ちゃん

―2年前のインタビュー(最強ポジティブ思考で運と才能を開花させた、新星SSW・コレサワ)で、顔を隠したいと思った理由は「写真が苦手で、笑ってくださいって言われても笑えないから」と話してくれましたよね。実際活動を続けてきて、顔を隠すことのメリットや、こういう活動だからこそできることって、どういうふうに感じてますか?

コレサワ:人って、名前とかよりも、目で見たもののほうが覚えると思うんですよ。れ子ちゃんの顔って、ちょっと衝撃じゃないですか。正直、私の顔は特に個性もないと思ってるから、れ子ちゃんがアイキャッチになってくれて、「ああ、あのクマの子ね」みたいな感じで広まったらいいなという気持ちも、もともとありました。

左から:ウチボリシンペ、コレサワ

コレサワ:あと、うちが顔出して歌うと、「うちが歌っている」っていうふうに聴こえちゃうというか。リアルなことを歌っているから、自分を出して歌うと、リアルな感じになりすぎちゃうと思うんですけど、れ子ちゃんがいてくれるからみんなも聴きやすいのかなって思うんですよね。

ウチボリ:キャラクター性が強すぎると、逆にそれはそれでまたひとつ変なフィルターになっちゃうけど、れ子ちゃんは無表情だからいいんだと思います。人って「目」を見て話をするように、キャラクターでも一番見るのって「目」だと思うんですよ。だから、あえて無表情で、どんな印象も与えないような目にしていて。

コレサワ:そう、曲に対してどんなことを思ってもいいですよっていう顔。曲を聴いてどういう感情移入をするかは、決めたくないから。

ウチボリ:でも実は、ちょっとずつ進化してるんですよね、れ子ちゃん。

コレサワ:うん。ミッキーとかドラえもんが時代にそって進化する理由が、めっちゃわかりました(笑)。

Page 1
次へ

リリース情報

コレサワ『コレカラー』初回限定盤
コレサワ
『コレカラー』初回限定盤(CD+DVD)

2017年8月9日(水)発売
価格:3,600円(税込)
CRCP-40521

[CD]
1. SSW
2. 死ぬこと以外かすり傷
3. 君のバンド
4. あたしを彼女にしたいなら
5. たばこ
6. 失恋ソングを歌ったあとに
7. お姉ちゃんにだけ部屋があったことまだ恨んでるのかな
8. 君とインドカレー
9. 阪急電車と2DK
10. 女子諸君
11. 24歳
12. これから
[DVD]
・「SSW」MUSIC VIDEO
・「たばこ」MUSIC VIDEO
・「あたしを彼女にしたいなら」MUSIC VIDEO
・「君のバンド」MUSIC VIDEO
・「J-POP」(LIVE)(2017年2月5日 コレサワ ワンマンショー「コレシアター03」にて収録)
・「最終電車」(LIVE)(2017年2月5日 コレサワ ワンマンショー「コレシアター03」にて収録)
・「コレサワの超難関ジェスチャークイズ」

コレサワ『コレカラー』通常盤
コレサワ
『コレカラー』通常盤(CD)

2017年8月9日(水)発売
価格:3,000円(税込)
CRCP-40522

1. SSW
2. 死ぬこと以外かすり傷
3. 君のバンド
4. あたしを彼女にしたいなら
5. たばこ
6. 失恋ソングを歌ったあとに
7. お姉ちゃんにだけ部屋があったことまだ恨んでるのかな
8. 君とインドカレー
9. 阪急電車と2DK
10. 女子諸君
11. 24歳
12. これから

イベント情報

『コレサワ ワンマンツアー 2017 君の街にいくカラー ~ぼっち編~』

2017年10月28日(土)
会場:北海道 札幌 musica hall cafe

2017年11月3日(金・祝)
会場:新潟県 ブルーカフェ

2017年11月4日(土)
会場:宮城県 SENDAI KOFFEE CO.

2017年11月11日(土)
会場:静岡県 浜松 窓枠 Cafe AOZORA

2017年11月12日(日)
会場:京都府 someno kyoto

2017年11月17日(金)
会場:広島県 LIVE JUKE

『コレサワ ワンマンツアー 2017 君の街にいくカラー ~仲間編~』

2017年12月6日(水)
会場:福岡県 Queblick

2017年12月8日(金)
会場:愛知県 名古屋 ell.SIZE

2017年12月9日(土)
会場:大阪府 心斎橋 FANJ twice

2017年12月14日(木)
会場:東京都 渋谷 WWW

2017年12月15日(金)
会場:東京都 渋谷 WWW

プロフィール

コレサワ
コレサワ

大阪府摂津市出身。2015年、初の全国流通盤『君のバンド』を発表、中毒性のある声、POPなメロディーと独自の視点の歌詞が話題に。同年末に『女子、ジョーキョー。』、2016年には『ジエイポップ』とリリースを重ねる。メディアには顔出しをせず、「れ子ちゃん」と言われるクマのキャラクターがビジュアルを担当する。2月5日に行われたワンマンLIVE『コレシアター03』にて、今夏日本クラウンからのメジャーデビューを発表した。

ウチボリシンペ

1988年長野県生まれ。2013年よりmob crecheという屋号で開業し、グラフィックデザイン・イラストレーション・マンガ及びアニメーションを制作している。独自のキャラクターであるが永遠の謎でもある「もぶ」にまつわるイラスト等の制作や、シンガーソングライター「コレサワ」のアートディレクション全般を担当。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別 1

    映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別

  2. 横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇 2

    横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇

  3. ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの 3

    ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの

  4. 木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら 4

    木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら

  5. King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開 5

    King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開

  6. 高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送 6

    高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送

  7. カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用 7

    カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用

  8. 大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース 8

    大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース

  9. YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用 9

    YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用

  10. スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催 10

    スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催