特集 PR

アートが健常者と障害者の垣根を越えるには?現在の課題を語る

アートが健常者と障害者の垣根を越えるには?現在の課題を語る

『障害者芸術支援フォーラム ~アートの多様性について考える~』
インタビュー・テキスト
徳永京子
撮影:豊島望 編集:宮原朋之、久野剛士

「アートは誰のもの?」 その問いに、大抵の人は「みんなのもの」と答えるだろう。だから感想を求められれば自由に「好き」「嫌い」「よくわからない」と答えられる。けれど創作した人に障害があるとわかった途端に、感想は「すごい」「素晴らしい」に偏ってしまうことが多い。それは、健常者と障害者のアートの線引きでもある。本来、誰にとっても自由な場のはずのアートが分断されている。

そうした現状を理解し、整理するためのフォーラムが9月9日に開かれる。その開催を前に、当日のパネリストの中から三人──主催者で日本財団の竹村利道、モデレーターであり、障害者アートに長年たずさわりながら自身もアーティスト活動を行っている中津川浩章、フォーラムのコーディネーターでマイノリティー啓発を行う団体Get in touchを5年前に立ち上げた女優の東ちづる──が、現在の障害者アートを取り巻く問題と、改善策を語り合った。

美術の教育を受けた美術エリートがアートを作るという状況は、わずかここ50年ぐらいのことです。(中津川)

—今回のシンポジウム開催にはどんな思いが込められているのでしょう。

:私たちが開くシンポジウム、タイトルは「障害者芸術支援」になっていますけど、本当は「障害者アートなんてない」と思っているんですよ。誰が描いても「アートはアート」、そのことを改めて考えたいだけなんです。

中津川:まさに。現代アートもそうですけど、昔から美大で学ぶ人たちにはボーダーにいる人が多いですよね。発達障害系の人だったり、メンタルが繊細過ぎたり。僕の知り合いにも何人もいます。

竹村:誰も草間彌生さんのことを「統合失調症なのにすごい」なんて言いませんよね。純粋に作品の価値が判断されて「世界のYK」になったんですよ。

中津川:美術史の著名なアーティストを調べていくと、そういう人がゴロゴロ出てきますよね。むしろ「マイノリティーの中から出てくるものがアートの本流だ」と言えるじゃないですか。現在のように、美術の専門的な教育を受けて、あるコンテクストに則って、ある種の美術エリートがメタ言語的役割でアートを作っているなんていう状況は、わずかここ100年ぐらいのことですから。そう考えると僕は、「障害者アートは人間が持っている表現への欲望のデフォルト、基礎の基礎なんだ」という感覚を持つんです。

左から:竹村利道、中津川浩章、東ちづる
左から:竹村利道、中津川浩章、東ちづる

—デリケートな問題だから丁寧に線引きをしましょう、ではなく、線引きそのものに意味がないことをもっと伝えていきたいというのがみなさんの活動なんですね。

:そうなんです。「支援」という言葉を使うと支援される側を作ってしまう、つまり社会的に弱い人を作り続けることになるので、いつもの活動では支援という表現はしません。ですが今回は、今こそ理解と支援の仕方を考えるときなので、障害者芸術支援というタイトルになっています。本音を言えば「守る」とか「支援」っていう発想の向こう側に、早く行きたい。

左から:中津川浩章、東ちづる

—障害者の方の作品には、確かに健常者や障害者というくくりにとらわれない「アートの力」を感じるものがあります。

中津川:そうですね。彼らの作品には肯定感というか、肯定力があると思います。よく「生きる力をもらいました」という感想を聞きますが、人間を丸ごと──欲望の肯定であったり、悩みの肯定であったり──受け容れるような力が、自由な色と形を通じて伝わってきますよね。

それを突き詰めると、普段、僕らが考えている美術とか絵画の概念、引いては僕らが縛られている約束事みたいなものを、ことごとく壊してくれるからじゃないかと思うんです。たとえば、絵と字は別のものだと僕は考えがちなんですけど、彼らの中には字を絵と捉えている人もいて、新しい発見をくれる。

:芸術の専門教育を受けている人たちが「敵わない」とよく仰いますよね。

中津川:やっぱり(クリエイターとしての)成り立ちがまったく違いますよね。いわゆる一般的な美術教育を受けていない人がほとんどですし、職業訓練的な場で絵を描くことやオブジェを作ることに目覚める人たちもいる。

そういうのを見ていると、彼らは、「固定化された一般常識・文化の外にいる」と思うんですよ。だからこそこういう作品が描けて、それが根源的な人間の肯定感につながるんだろうなと。つまりそれは、「文化とは何か?」ということへの問いかけにもなるんですが。

:私もあちこちの施設やアーティストのご自宅を訪ねて、創作しているところを見せていただいたんですけど、最初は驚いて、次に羨ましいと感じたのが、彼らがすごく自由なスタイルで描いていること。立っている人もいるし、寝転んでいる人もいるし、グー(の手の形)で画材を握っている人もいる。それは全部、私が子供の頃に直されたことでしたから。

中津川:「寝ながら絵を描くなんて、とんでもない」って(笑)。

:紙からはみ出しちゃいけないし。

竹村:ある女性が描いたひまわりの絵が、とてもおもしろかったです。実物のひまわりと等身大。僕らは画用紙を1枚与えられたら、全体をうまく収めるじゃないですか。確か何年か前にあるCMで、1人の子どもがクレヨンで、何枚も何枚も画用紙を真っ黒に塗りつぶしている。

親や先生やカウンセラーが困り果てているんですが、やがてそれを全部広げてみたら鯨だったというものがあって、私は素晴らしいと思ったけれども、「内容が暗い」とクレームが来て放送中止になったんですよね。でも等身大のひまわりもそうですけど、気づかされるんですよ、自分が窮屈な常識に囚われていたことに。

左から:竹村利道、中津川浩章

:5センチ四方ぐらいの絵を描くのに何十分もかけているのを見ていると、自分の中でどこか押さえ込んでいた、意味はよくわからないけどとても居心地が良いものを思い出すというか、思い込みをリセットされる感覚になりますよね。

Page 1
次へ

イベント情報

『障害者芸術支援フォーラム ~アートの多様性について考える~』

2017年9月9日(土)
会場:東京都 六本木ヒルズ ハリウッドプラザ ハリウッドホール
登壇者:
村木厚子(ビデオメッセージ)
服部正
山下完和
今中博之
中津川浩章
東ちづる
エドワード・M・ゴメズ
櫛野展正
齋藤誠一
杉本志乃
田口ランディ
鈴木京子
竹村利道
料金:無料
※当日の会場の様子はFacebookライブで生配信

プロフィール

東ちづる(あずま ちづる)

女優。一般社団法人Get in touch 理事長。広島県出身。会社員生活を経て芸能界へ。ドラマから、司会、講演、出版など幅広く活躍。プライベートでは骨髄バンクやドイツ平和村等のボランティアを25年以上続けている。2012年10月、アートと音楽等を通じて、誰も排除しない、誰もが自分らしく生きられる“まぜこぜの社会”を目指す、一般社団法人「Get in touch」を設立し、代表として活動中。著書に、母娘で受けたカウンセリングの実録と共に綴った『〈私〉はなぜカウンセリングを受けたのか~「いい人、やめた!」母と娘の挑戦』や、いのち・人生・生活・世間を考えるメッセージ満載の書き下ろしエッセイ「らいふ」など多数。

竹村利道(たけむら としみち)

日本財団公益事業部国内事業開発チーム チームリーダー。1964年、高知県生まれ。1988年よりソーシャルワーカーとして地域の障がい者支援を行う。2003年に「特定非営利活動法人 ワークスみらい高知」を立ち上げ、自ら事業者として、弁当やケーキなどの製造・販売を通して、障がい者の就労機会、自立支援を行う。グループ全体の年商や約4億円超。藁工ミュージアムの立ち上げにも参加した。障害者就労支援プロジェクト「はたらくNIPPON!計画」および「日本財団DIVERSITY IN THE ARTS」のリーダーとして活動中。

中津川浩章(なかつがわ ひろあき)

1958年静岡県生まれ。美術家として国内外で、個展やグループ展多数。ブルーバイオレットの線描を主体とした大画面のドローイング・ペインティングと呼ばれるアクリル画を制作発表。代表作「クラトファニー(力の顕現)」「新世紀」「考古学」など。静岡県立美術館、筑波大学、川崎養護学校などで、現代アートやアウトサイダーアートについてのレクチャー、ワークショップ。震災後の神戸での展覧会がライブペインティングを始める契機となり、震災後のトルコでライブペインティングやワークショップを実施。エイブルアートスタジオにて主に精神障害を持つ人達の制作サポート。福祉とアート、教育とアート、障害とアートなど、具体的な社会とアートの関係性を問い直すことに興味を持っている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Nova Heart“My Song 9”

盛り上がりを見せる中国ミレニアル世代のなかでも要注目のバンド、Nova Heartの“My Song 9”MV。今週末開催の、中国ユースカルチャーを代表する実力派ミュージシャンが出演するイベント『秋音之夜』にも登場する彼女たちが、日本の夜にどんな姿を見せてくれるか楽しみだ。中国ミレニアルズの勢いは止まらない。(川浦)

  1. 『紅白歌合戦』出演者にWANIMA、三浦大知、エレカシ、竹原ピストル、TWICEら 1

    『紅白歌合戦』出演者にWANIMA、三浦大知、エレカシ、竹原ピストル、TWICEら

  2. 菊地成孔×湯山玲子対談 「文化系パリピ」のススメ 2

    菊地成孔×湯山玲子対談 「文化系パリピ」のススメ

  3. 長澤まさみが高橋一生の腕の中で眠る、映画『嘘を愛する女』新ビジュアル 3

    長澤まさみが高橋一生の腕の中で眠る、映画『嘘を愛する女』新ビジュアル

  4. 西野七瀬がドラマ『電影少女』でビデオガール・アイ役 初ショートカットに 4

    西野七瀬がドラマ『電影少女』でビデオガール・アイ役 初ショートカットに

  5. のんが少年ヒーロー・クボに変身 『映画秘宝』表紙&巻頭グラビア 5

    のんが少年ヒーロー・クボに変身 『映画秘宝』表紙&巻頭グラビア

  6. カクバリズムの新鋭・mei eharaが明かす、デビューまでの葛藤 6

    カクバリズムの新鋭・mei eharaが明かす、デビューまでの葛藤

  7. 最果タヒ×山戸結希 この時代の一番の共犯者たち「言葉」を語る 7

    最果タヒ×山戸結希 この時代の一番の共犯者たち「言葉」を語る

  8. 吉本ばなな×岡村靖幸×のん×川島小鳥のグラビア小説も 『Maybe!』第4号 8

    吉本ばなな×岡村靖幸×のん×川島小鳥のグラビア小説も 『Maybe!』第4号

  9. ジョン・レノン&オノ・ヨーコのベッドイン写真展 世界初公開作含む約40点 9

    ジョン・レノン&オノ・ヨーコのベッドイン写真展 世界初公開作含む約40点

  10. 『ファンタスティック・ビースト』最新作が来冬公開 主要キャストの初写真 10

    『ファンタスティック・ビースト』最新作が来冬公開 主要キャストの初写真