特集 PR

宮内悠介がエミール・クストリッツァを直撃 監督の発想の源は?

宮内悠介がエミール・クストリッツァを直撃 監督の発想の源は?

『オン・ザ・ミルキー・ロード』
インタビュー・テキスト
麦倉正樹
撮影:豊島望 編集:宮原朋之、久野剛士

カンヌ、ベルリン、ヴェネチア……世界三大国際映画祭を制覇した世界的な映画監督・エミール・クストリッツァが、9年ぶりの新作『オン・ザ・ミルキー・ロード』を引っ提げ、久方ぶりの来日を果たした。戦争が終わらない国で、監督自身が演じるミルク運びの男・コスタと、「イタリアの宝石」モニカ・ベルッチ演じる美しい花嫁が恋に落ち、やがて決死の逃避行を繰り広げる物語。次々と登場する動物たちや、バルカンミュージックが鳴り響く祝祭など、クストリッツァらしいスラップスティックな魅力に溢れた本作で、監督が描き出そうとしたものとは何なのか。

その聞き手役を買って出たのは、大の「クストリッツァ好き」を公言する、気鋭のSF作家・宮内悠介。最新作『あとは野となれ大和撫子』が、自身3度目となる直木賞候補に選出されるなど、SFと純文学を横断しながら活躍する宮内は、敬愛する鬼才から、果たしてどんな言葉を引き出すのだろうか。

映画『オン・ザ・ミルキー・ロード』についてはもちろん、「文学と映画」「自由」「資本主義」「人間性」など、様々なワードが飛び出す、クストリッツァならではの刺激的なインタビュー。

文学は、物語や登場人物たちの心理を含めて思いのままに書き込めるが、映画にはストーリー作りのルールというものが存在する。(クストリッツァ)

宮内:今回の映画『オン・ザ・ミルキー・ロード』は、監督にとって『マラドーナ』(2008年)以来、9年ぶりの映画となります。その間、監督が何をしていたかについて知りたい日本のファンも多いと思うのですが、具体的にはどのような活動をされていたのでしょう?

クストリッツァ:もちろんさまざまなことをしていたけど、中でも大きいのは2つの町を作ったことかな。作ったというより、もともとあった町を再建築したと言ったほうがいい。1つは、通称「木の町」と呼ばれている町。

左から:宮内悠介、エミール・クストリッツァ
左から:宮内悠介、エミール・クストリッツァ

宮内:映画『ライフ・イズ・ミラクル』(2004年)のロケ地となった場所を気に入り、その町を買い上げ、「クステンドルフ」と名づけて映画村のような場所にしたと聞いています。その場所のことでしょうか?

クストリッツァ:そう、町を丸ごと買い取って、そこを中世の頃のような町並みにしたんだ。自分の想像と、古来からあるセルビアの風景を組み合わせて、町を作り上げていった。そして、その後に作ったのが、「石の町」と呼ばれている町だ。そこは、ノーベル文学賞を獲った旧ユーゴスラビアの小説家イヴォ・アンドリッチのために作った町で、「アンドリッチグラード」と名づけた。そこは、アンドリッチの代表作である『ドリナの橋』(1945年)の舞台となった場所でもあるんだ。

宮内:イヴォ・アンドリッチはかつてのユーゴスラビアを代表するような作家ですよね。確か、監督自身、『ドリナの橋』を映画化しようとされていた時期もあったとか。クステンドルフはセルビアの西部にあると聞きましたが、するとアンドリッチグラードはボスニアにあるのですか?

クストリッツァ:厳密に言うと、ボスニア・ヘルツェゴビナのスルプスカ共和国にある、ヴィシェグラードという町の一角だ。そこには、ドリナ川が流れていて、その向こう岸にクステンドルフのあるドルヴェングラードがある。だから、前作から今作までの間というのは、主にその2つの町を作ることに尽力していたのと、……あとは、本を2冊書いて出版したよ。

エミール・クストリッツァ

宮内:監督の自伝と、今回の映画のモチーフとなった短編「蛇に抱かれて」を収録した短編集『夫婦の中のよそもの』(2017年)のことですね。残念ながら自伝はまだ日本語訳が出ていないのですが、短編集は今年邦訳が出版されました。

『夫婦の中のよそもの』エミール・クストリッツァ著 / 田中未来訳 / 集英社 / 2017年
『夫婦の中のよそもの』エミール・クストリッツァ著 / 田中未来訳 / 集英社 / 2017年(Amazonで見る

宮内:『夫婦の中のよそもの』を拝読しまして、興味深いことに、小説の中には監督の映画の特徴でもある「音楽」があまり出てこないことに気がつきました。そういった点も含めて、「映画と小説の違い」について、監督の考えをお伺いできますか。

クストリッツァ:私は小説を書いているとき、ものすごく自由なんだ。時間を行ったり来たりすることもできるし、物事や背景のディテールをとことんまで書き込むこともできる。つまり、物語や登場人物たちの心理を含めて、そのすべてを想像のままに書き切ることができる。

けれども、映画では何よりも視覚性を重視しなくてはならない。さらにそこには、ドラマ作りのルールともいえるものが存在する。とりわけ、今日の映像制作の現場においては。なぜなら、今の観客はテレビの影響なのか、ストーリーやプロットがかなり明確なものでないと、受け入れてくれないから。けれども、文学には、そういった制約がない。だから、私は小説を書く際、何にも縛られることなく自由なんだ。

『オン・ザ・ミルキー・ロード』メインビジュアル ©2016 LOVE AND WAR LLC
『オン・ザ・ミルキー・ロード』メインビジュアル ©2016 LOVE AND WAR LLC

クストリッツァ:私は今、『Just One More Time』という新作映画の準備をしているが、そこで1つ、大きな実験に挑もうと思っているんだ。物語を一度、私が小説として書き切って、それを第三者の手で脚本化してもらい、それを私が監督する。つまり、誰か選択眼を持った人物に、私の小説から映画として成立するような物語を選び取ってほしいんだ。それを全部自分一人でやるには、私はちょっとナルシスト過ぎるんだ(笑)。君は小説家だからわかると思うけど、文学と映画というのは、それぐらい違うものなんだ。

Page 1
次へ

作品情報

『オン・ザ・ミルキー・ロード』

2017年9月15日(金)からTOHOシネマズ シャンテほか全国公開
監督・脚本:エミール・クストリッツァ
音楽:ストリボール・クストリッツァ
出演:
モニカ・ベルッチ
エミール・クストリッツァ
プレドラグ・“ミキ”・マノイロヴィッチ
スロボダ・ミチャロヴィッチ
ほか
上映時間:125分
配給:ファントム・フィルム

プロフィール

エミール・クストリッツァ

1954年生まれ、ユーゴスラビア・サラエヴォ出身。1978年にプラハ芸術アカデミー(FAMU)の監督学科を卒業。在学中に『Guernica』(1978年)を含む短編映画を数本制作し、カルロヴィヴァリの学生映画祭で最優秀賞を受賞。卒業後、故郷(当時はユーゴスラビア)でテレビ映画を何作か監督し、1981年に『Do You Remember Dolly Bell?(Sjecas li se Dolly Bell?)』で長編映画デビュー。成功を収め、ヴェネチア国際映画祭で新人監督賞を受賞した。その後、『アンダーグラウンド』(1993年)『黒猫・白猫』(1998年)『ライフ・イズ・ミラクル』(2004年)などの作品で、人気監督として不動の地位を築いている。

宮内悠介(みやうち ゆうすけ)

1979年、東京都生まれ。92年までニューヨーク在住、早稲田大学第一文学部卒。2010年、「盤上の夜」で第1回創元SF短編賞山田正紀賞を受賞しデビュー。第1作品集『盤上の夜』で第147回直木賞候補、第33回日本SF大賞受賞。第2作『ヨハネスブルグの天使たち』で第149回直木賞候補、第34回日本SF大賞特別賞受賞。他の著書に『エクソダス症候群』『彼女がエスパーだったころ』『アメリカ最後の実験』『スペース金融道』『月と太陽の盤 碁盤師・吉井利仙の事件簿』。最新作の『あとは野となれ大和撫子』(2017年)は、第157回直木賞候補に選出された。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“Four O'clock Flower”

ただシャムキャッツの四人がフラットに存在して、音楽を鳴らしている。過剰な演出を排し、平熱の映像で、淡々とバンドの姿を切り取ったPVにとにかく痺れる。撮影は写真家の伊丹豪。友情や愛情のような「時が経っても色褪せない想い」を歌ったこの曲に、この映像というのはなんともニクい。(山元)