特集 PR

高田唯に訊く。ズレや違和感も受け止める度量の広いデザイン世界

高田唯に訊く。ズレや違和感も受け止める度量の広いデザイン世界

『遊泳グラフィック』展
インタビュー・テキスト
杉原環樹
撮影:鈴木渉 編集:宮原朋之、川浦慧

一枚の紙の上に、ギュッと詰まった文字やイラスト。よく見かける、小綺麗なだけのデザインではない。要素はそれぞれの存在感を主張し、ぶつかって熱を放つ。その、どこか荒削りで生っぽい、天然なのか作為的なのかわからない手仕事感が面白い。

デザイン事務所Allright Graphicsを率いる高田唯は、そんな常識的な「美しさ」とは一線を画したグラフィックで知られるデザイナーだ。広告からパッケージまで、さまざまな領域でデザインを展開するほか、現在では希少な活版印刷工房も運営。教鞭を執る東京造形大学の授業では、学生に食品成分表や選挙ポスターを分析させるなど、独自のデザイン世界を広げている。その高田の個展『遊泳グラフィック』が、クリエイションギャラリーG8で開催中だ。

戦後のデザイナーたちの仕事に熱い視線を送りつつ、駅や路上で見かける「美しくはないが、工夫が伝わる」天然のグラフィックを貪欲に収集し、表現を吸収してきた高田。その作品世界はいかに築かれたのか。デザイナーである父の影響から、情報伝達と美しさの関係まで。異色デザイナーの半生と思想を、活版印刷機の音が鳴る事務所で訊いた。

想像通りにはいかない「ズレ」にワクワクするんです。

―高田さんの活動のひとつの特徴は、デザイン事務所と同時にいまでは廃れつつある活版印刷の工房も運営されている点だと思います。今日もここに到着したとき、ちょうど活版印刷機が動いていて、驚きました。すごい迫力ですね。

活版印刷機を動かしている様子
活版印刷機を動かしている様子

高田:あれは50年くらい前の活版印刷機なんです。東京でも、もう部品を作っている会社はほとんどないので、大切に使っていますね。

手に入れたきっかけは、2007年に開催された『活版再生展』という展示でした。この展示は、ある印刷所が活版印刷をやめる機会に、その技術を再考しようとしたもので、僕はアートディレクションを担当したのですが、会期後、不要になった印刷械を後先考えずに譲り受けたんです(笑)。

活版印刷機と高田唯
活版印刷機と高田唯

―なぜ、譲り受けようと?

高田:なんとなく、面白いかなと思ったんですね。もともと、学生時代から活版印刷には興味があって。たしかに、鋳造した文字をひとつずつ手作業で詰めないといけない活版印刷は、手間がかかる。でも、展示があった2000年代中盤は、いま主流のオフセット印刷が飽きられ、多くのデザイナーが特殊印刷や特殊加工に興味を持ち始めた時代でした。

そんななか、何かを印刷するときの選択肢のひとつとして、まだまだ活版には可能性があるだろうと。実際、今日いただいた名刺の中にも活版で刷ったものがありましたが、だいぶ一般的な選択肢になりましたよね。

―高田さんの作品は、文字の異物感が特徴的ですよね。たとえば、『ジョルジョ・モランディ 終わりなき変奏』展や『アートがあればII』展のポスターにもその印象がありました。

『ジョルジョ・モランディ 終わりなき変奏』ポスター
『ジョルジョ・モランディ 終わりなき変奏』ポスター

『アートがあればII』ポスター
『アートがあればII』ポスター

高田:それらはどちらも、活版と現在のDTPの間で主流だった「写真植字」(写植)という技術で文字を印画紙に焼いたものです。いま、パソコンを使ってデザインを組むと、どんな見栄えになるのかは、すぐにわかりますよね。だけど写植だと、どういう見え方になるのかは印画紙が上がってこないとわからない。

ひらがなのある部分が短かったり、想像通りにはいかないのですが、そんな「ズレ」にワクワクするんです。不便さのなかで「いいかな」と思えるものを取り込む。その辺をさまよう感覚が好きで、大切にしていますね。

高校受験に失敗し、夜間の定時制に通うことになったんです。でも、これが僕の人生においては良かった。

―グラフィックを印刷技術の面からも考える姿勢が伝わってくるのですが、そもそも高田さんがデザインの道に進まれたのは、どういう経緯があったのでしょうか?

高田:そこは長くなるんですけど、うちは父がデザイナーなんですね。

―高田修地さん。駅で誰もが見かける、国鉄(現在のJR)の路線図の原型も手がけたデザイナーさんですね。

高田:よくご存知で。そんな父のもとに育ったんですが、幼い僕は勉強嫌いなバスケ少年でした。絵を描くのは好きだけど、デザイナーという職業はよくわかっていなかった。ただ、いまにつながる変わった出来事として、高田家では「すべり止め」受験が禁止だったんです。「本気で入りたい人がいるのに滑り止めとはなんだ」と(笑)。それで案の定、高校受験に失敗してしまい、夜間の定時制に通うことになったんです。

でも、これが僕の人生においては良かった。おばちゃんからヤンキーまで、いろんな事情を抱えた人に囲まれて面白かったんです。一般的には「挫折」と呼ばれる状況でしたが、「踏み外してもどうにかなる」と実感できた。結局はバスケがやりたくて昼間部に移動したのですが、夜間部で得た心持ちは、のちに活きたと思います。

高田唯

―デザインという仕事は、どの時点で意識されたんですか?

高田:運動神経はそれなりだったので、体育の先生になりたいなと思って、一般大学の教育学部を受けたのですが、二浪してしまい……。そこからですね、デザインの領域に本気で目を向けたのは。父の勧めもあり、桑沢デザイン研究所の存在を知りました。

思えば、家にはデザイン系の雑誌や本がたくさんあったわけです。それはすごくラッキーで、亀倉雄策さんや田中一光さんなどの仕事から、グラフィックデザインとは何かを日常的に学びました。にもかかわらず、桑沢の昼間部には落ちて、夜間部に通うことになったのですが……。

―なかなか徹底していますね(笑)。

高田:昼間部に縁がないんです(笑)。桑沢の夜間部時代も、課題はさっさと出して外で遊んでいる学生でしたが、一方、とにかくあらゆるデザイン展や美術展、過去の図録や作品集を見まくりました。文字を読んで詳しくなろうというよりも、視覚的に何かを覚え込ませる感じ。視覚的な整理整頓です。そこで、だいぶ鍛えられましたね。

Page 1
次へ

イベント情報

高田唯展『遊泳グラフィック』
高田唯展『遊泳グラフィック』

2017年9月19日(火)~10月19日(木)
会場:東京都 銀座 クリエイションギャラリーG8
時間:11:00~19:00
休廊日:日曜、祝日
料金:無料

プロフィール

高田唯
高田唯(たかだゆい)

グラフィックデザイナー、アートディレクター。株式会社Allright代表。1980年東京生まれ。桑沢デザイン研究所卒業。good design companyを経て、2006年Allright Graphics設立。2007年Allright Printing設立。2017年Allright Music設立。東京造形大学准教授。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Bullsxxt“Stakes”

ラッパーのUCDを中心とする5人組ヒップホップバンド、Bullsxxtによる1stアルバムから“Stakes”のMVが公開。絡み合う枠線の中で自由に揺れる彼らを街の光が彩る映像は、まるで青春映画のよう。アーバンメロウな生音ヒップホップに耳が喜び、胸が高鳴ります。(井戸沼)

  1. NHK五輪生特番で椎名林檎“東京は夜の七時”TV初披露、Perfume×真鍋大度 1

    NHK五輪生特番で椎名林檎“東京は夜の七時”TV初披露、Perfume×真鍋大度

  2. 吉岡里帆を川島小鳥が秘宝館で撮影 『STUDIO VOICE』の「ゆらぐエロ」特集 2

    吉岡里帆を川島小鳥が秘宝館で撮影 『STUDIO VOICE』の「ゆらぐエロ」特集

  3. 『めちゃイケ』で注目を浴びた、三浦大知のすごさの本質に迫る 3

    『めちゃイケ』で注目を浴びた、三浦大知のすごさの本質に迫る

  4. Massive Attack来日ライブの追加公演が決定 チケット完売を受け 4

    Massive Attack来日ライブの追加公演が決定 チケット完売を受け

  5. 杉野遥亮、超特急タカシら「けだもの男子」が急接近 『花にけだもの』映像 5

    杉野遥亮、超特急タカシら「けだもの男子」が急接近 『花にけだもの』映像

  6. 松坂桃李が「娼夫」に 石田衣良原作の18禁映画『娼年』、監督は三浦大輔 6

    松坂桃李が「娼夫」に 石田衣良原作の18禁映画『娼年』、監督は三浦大輔

  7. 知念侑李と小松菜奈が濡れながらキス寸前 映画『坂道のアポロン』初映像 7

    知念侑李と小松菜奈が濡れながらキス寸前 映画『坂道のアポロン』初映像

  8. スタートトゥデイ前澤友作が123億円で落札したバスキアの作品が一般公開 8

    スタートトゥデイ前澤友作が123億円で落札したバスキアの作品が一般公開

  9. 吉祥寺の新映画館「ココロヲ・動かす・映画館○」が本日開館 開会式に代表が登壇 9

    吉祥寺の新映画館「ココロヲ・動かす・映画館○」が本日開館 開会式に代表が登壇

  10. エッシャー大規模展『ミラクル エッシャー展』来年開催 全作品日本初公開 10

    エッシャー大規模展『ミラクル エッシャー展』来年開催 全作品日本初公開