特集 PR

1冊の本を売る森岡書店店主が今後のカルチャーを語る。鍵は伝播

1冊の本を売る森岡書店店主が今後のカルチャーを語る。鍵は伝播

キリン株式会社
インタビュー・テキスト
麦倉正樹
撮影:鈴木渉 編集:野村由芽、久野剛士

東京、銀座の片隅に、「1冊の本だけを売る」という一風変わった本屋がある。昭和初期のモダンなビルの1階にある、その店の名前は「森岡書店」。神保町の老舗古書店で修行を積み、その後、本屋とギャラリーを併設した書店を茅場町にオープン。そして、10年目にして、その拠点を銀座に移し、現在の営業形態をスタートさせたという店主、森岡督行の意図するところとは? さらに、そんな彼が新たな試みとして最近スタートさせた「森岡書店総合研究所」とは、どのような集まりなのか? 時代や価値の変化に鋭敏な森岡店主に、「ビールシフト」「カルチャーシフト」を考えるキリンとCINRAの共同企画で取材を行った。

自分や著者、そして編集者が、販売する本の世界の中にお客さんをお招きするというイメージでやっています。

―まず改めて、森岡書店とは、どんな本屋なのでしょう?

森岡:基本的には「1冊の本を売る書店」というテーマで、ある1冊の本から派生する展覧会を行いながら本を販売している本屋です。正確に言うと、1冊ではなくて1種類の本ということなのですが、大体1週間で1種類の本を販売し、翌週はまた別の本を販売しながら、その本に関する展示をやっている感じですね。

さらに、著者や編集者、あるいはデザイナー、カメラマンなど、その本作りに携わった方々をできるだけ店にお招きして、「お客さんにその本を直接手渡ししていただく」というのが、コンセプトのひとつでもあります。お客さんは、ときどきお土産を持ってきてくださったりして……それに対して、著者の方はサインをしたり、「これからもよろしくお願いします」とあいさつをしたり。「1冊の本を介したコミュニケーションの現場であって欲しいな」と、思っています。

森岡督行
森岡督行

―1冊の本を介して、著者や関係者、そして読者が集う、「サロン」的な役割も果たしているわけですね。

森岡:まさに、そういった「サロン的な役割も担えたら」と思ってやっているところもあります。さらに言えば、本というものはもともと二次元のものですが、それを三次元に展開するような感じでしょうか。自分や著者、そして編集者が、その本の世界の中にお客さんをお招きするというイメージでやっていますね。

―「三次元に展開する」というのは?

森岡:本作りというのは、割とエネルギーが必要なものだと思うんです。さまざまな資料を集めながら、いろいろとアイデアを練り、そこから取捨選択して1冊の本を作っていく。つまり、展覧会を開くことができる材料というのは、その制作段階でいろいろとそろっているわけです。それを展示として見せていこうと。

あと、本作りというのは、基本的に内に向けたエネルギーだと思うのですが、それを外に向かってちゃんと出してあげるというか、そうやって本の中身を外に出すことによって、その本の世界を立体的に体験してもらいたいんです。

森岡書店
森岡書店

ただ物を買うだけではなく、買う行為そのものを体験として楽しもうという傾向になっていますね。

―森岡さんは、神保町の老舗古書店「一誠堂」を退社された後、茅場町で本屋+ギャラリーのお店を約10年なさっていたとのことですが、この本屋のアイデアというのは、いつ頃から温めていたのでしょうか?

森岡:最初に思いついたのは、もう10年前ぐらいですかね。自分では覚えてなかったのですが、茅場町の店舗を始めて1年ぐらいのとき、飲みの席で、「1冊の本を売る本屋」という話を、私が熱弁していたらしくて(笑)。

茅場町の店舗は、主に美術関係や建築関係の写真集などを扱っていて、併設のギャラリーで展覧会や新刊の出版記念イベントを行ったりしていたのです。そうやって1冊の本に対してお客さんが来てくださったり、そこで豊かなコミュニケーションが生まれているのは当時から感じていて、「1冊の本があれば、それで成り立つのではないか?」と思ったんですよね。それで茅場町の店舗が10年目を迎えたときに、「何か新しいことをやろう」と思って、2015年にいまの森岡書店を、この場所に立ち上げました。

―出店の決め手となったのは、いまの物件が借りられたことも大きかったと聞いています。

森岡:そうですね。この「鈴木ビル」という歴史的な物件に入ることができたのは、やっぱり大きかったと思います。この建物は、1929年に建てられたのですが、1939年からは「日本工房」という編集プロダクションが入っていて、当時の日本の対外宣伝誌を、ここで作っていたんです。

そこには土門拳さん、亀倉雄策さん、名取洋之助さんなど、当時の第一線で活躍するクリエイターが集結していて、その方々が戦後日本の出版界を牽引していった。そういう歴史的背景のある場所で、現代の本を紹介するのは、とても意義があることのように思えたんです。

森岡書店の入っている「鈴木ビル」
森岡書店の入っている「鈴木ビル」

―先ほど、ビルの内部を拝見させていただきましたが、かなり雰囲気のある建物ですよね。

森岡:そうなんです。実は、私は近代建築の中でしか、仕事をしたことがないんですよね。一誠堂も1931年に建てられたビルにあったし、茅場町の店舗が入っていたビルも1927年に建てられたものでした。そういった空間の特徴は、現代でもなければ昔でもない、東京でもなければ外国でもないところだと思っていて。そういう何か、心身ともに揺さぶられる体験ができるところが、こういう近代建築のいいところだと思うんです。

―そういう場所にやってくることが、ひとつの「体験」にもなるわけですね。

森岡:近年、「もの」から「こと」へといった感じで、消費の在り方が、ただ物を買うだけではなくて、買う行為そのものを体験として楽しもうという傾向にあると思うんです。そういった流れで言えば、最近は面白いトークイベントもたくさんあるし、有意義なワークショップなども、東京に限らず日本中どこの街でも行われていて、すごい豊かだなと思っています。ただその一方で、「次の何かがあってもいいな」とは思っていて。いま、自分が取り組んでいることは、もしかしたら、それに近いことなのかもしれないですね。

森岡督行

―というと?

森岡:簡単に言えば、「妄想を形にして、それを実現する」、そして「その過程を共有する」ということでしょうか。よりリアルな身体的体験及び、そこから発生する喜びや伝播力といったもの。そういうものがいいんじゃないかと思っています。

Page 1
次へ

イベント情報

『NEWTOWN』
『NEWTOWN』

2017年11月11日(土)、11月12日(日)
会場:東京都 多摩センター デジタルハリウッド大学 八王子制作スタジオ(旧三本松小学校)
料金:入場無料
※ 雨天決行、荒天中止
※クラフトビールを飲みながら授業を受けられる「大人の学校」も開催予定

プロフィール

森岡督行
森岡督行(もりおか よしゆき)

1974年、山形県生まれ。1998年に神田神保町の一誠堂書店に入社。2006年に茅場町の古いビルにて「森岡書店」として独立し、2015年5月5日に銀座に「森岡書店 銀座店」をオープンさせた。そして2017年、6月13日に「森岡書店総合研究所」を開設。著書に『写真集 誰かに贈りたくなる108冊』(平凡社)、『BOOKS ON JAPAN 1931-1972 日本の対外宣伝グラフ誌』(ビー・エヌ・エヌ新社)、『荒野の古本屋』(晶文社)など。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. ユニクロ「ドラえもんUT」登場 名言入り配送ボックスも用意 1

    ユニクロ「ドラえもんUT」登場 名言入り配送ボックスも用意

  2. 米津玄師の新AL『STRAY SHEEP』パッケージ公開 本日“感電”初オンエア 2

    米津玄師の新AL『STRAY SHEEP』パッケージ公開 本日“感電”初オンエア

  3. 花盛友里の写真集『NUIDEMITA ~脱いでみた。2~』刊行 写真加工一切なし 3

    花盛友里の写真集『NUIDEMITA ~脱いでみた。2~』刊行 写真加工一切なし

  4. 『MIU404』放送開始。綾野剛×星野源らキャストによる「刑事ドラマ」 4

    『MIU404』放送開始。綾野剛×星野源らキャストによる「刑事ドラマ」

  5. 都築響一が語る、日本のファッションの面白さ、本当のかっこよさ 5

    都築響一が語る、日本のファッションの面白さ、本当のかっこよさ

  6. 『アングスト/不安』に石野卓球、相沢梨紗、大石圭、江戸木純らがコメント 6

    『アングスト/不安』に石野卓球、相沢梨紗、大石圭、江戸木純らがコメント

  7. 長澤まさみの主演映画『MOTHER マザー』にYOU、米倉涼子らがコメント 7

    長澤まさみの主演映画『MOTHER マザー』にYOU、米倉涼子らがコメント

  8. アップリンク元従業員らが浅井代表のパワハラ「謝罪声明」を批判 8

    アップリンク元従業員らが浅井代表のパワハラ「謝罪声明」を批判

  9. 平野啓一郎と観る西洋絵画。「よくわからない」も楽しみ方の一つ 9

    平野啓一郎と観る西洋絵画。「よくわからない」も楽しみ方の一つ

  10. スピッツ、リモート制作による新曲『猫ちぐら』配信 ジャケットは長崎訓子 10

    スピッツ、リモート制作による新曲『猫ちぐら』配信 ジャケットは長崎訓子