特集 PR

映画『ポリーナ、私を踊る』監督取材。女の生き方は一つではない

映画『ポリーナ、私を踊る』監督取材。女の生き方は一つではない

映画『ポリーナ、私を踊る』
インタビュー・テキスト
島貫泰介
撮影:鈴木渉 編集:宮原朋之、川浦慧

2014年に日本語版が発刊されたフランスのバレエ漫画『ポリーナ』は、ロシア出身の少女が、ダンスを通して自分の生きる道を発見する物語だ。今年10月、数多の批評家から絶賛された同作の実写映画が、日本公開される。古典バレエと現代ダンスの世界を巡りながら、自分の居場所、自分の表現を探すポリーナの姿は、アーティストだけでなく、あらゆる若者の悩みや希望を映し出しているだろう。

今回、公開に先駆けて同作を監督したヴァレリー・ミュラーと、アンジュラン・プレルジョカージュ、そして舞踊評論家として活動する石井達朗のトークを行うこととなった。ヨーロッパ屈指の振付家でもあるアンジュラン自ら編集と振付を手がけたという意味で、『ポリーナ、私を踊る』はひとつのダンス作品と呼ぶこともできるだろう。異色のダンス映画を、三者はどのように捉えたのか?

新人ダンサーである彼女が経験することは、すべて現実にもありえることです。(ヴァレリー)

―なぜ、ヴァレリーさんとアンジュランさんは、バスティアン・ヴィヴェスのバンドデシネ(フランスにおける漫画)『ポリーナ』を映画化しようと思い立ったのですか?

ヴァレリー:いくつかの状況が、幸運にも重なったからです。私もアンジュランも、ヴィヴェスの才能にはかねてから敬意を感じていました。フランスでは、原作と作画を別の人が担当することがあるのですが、彼は絵もストーリーも自ら創造するクリエイティブなアーティストです。

そしてもう一つ。以前私はアンジュランをテーマにしたドキュメンタリーを撮っていて、ダンスを非常に興味深い題材だと感じ、「いつかダンスに関する長編映画を作りたいね」と話していたんです。そんなとき、本作のプロデューサーのディディエが『ポリーナ』の映画化権を買って、その脚色をアンジュランにオファーしました。そうして、彼と私の共同監督が実現したのです。

ヴァレリー・ミュラー
ヴァレリー・ミュラー

アンジュラン:輪がつながるように話は進みました。さらに言うと、じつは『ポリーナ』の原作のなかに、私が演出した『白雪姫』が引用されている箇所があるんです。映画でもその一部を登場させていますが、それを一つの起点として、ヴァレリーがシナリオを書き、私が編集と振付を担当しました。

アンジュラン・プレルジョカージュ
アンジュラン・プレルジョカージュ

ヴァレリー:私が原作に魅せられた理由をもう一つ。それは主人公ポリーナのキャラクターです。とてもモダンで現代的。紋切り型の古典バレエのダンサーとしてではなく、新しい女性として描写されている点がとても気に入りました。

―石井さんは映画をどうご覧になりましたか?

石井:ダンス映画としても素晴らしく、一人の女性が成長する物語として見ても説得力がありました。両方が一体になっている。

前半のロシアの場面で、ボリショイ・バレエの入団テストに合格するためにポリーナは一生懸命稽古していますよね。そこではポワント(爪先立ち)がクローズアップされます。しかし中盤、エクス=アン=プロヴァンスでの稽古の場面は、対照的にポリーナは床にはいつくばるように稽古をしている。そこでダンサー仲間の一人が、ニーパッドをポリーナに差し出します。激しくヒザを床に打ちつける振付なので、そのダメージを抑えるために。

石井達朗
石井達朗

―印象的な場面ですね。ここにはどんな意図が隠されているのでしょう?

石井:バレエにおけるポワントとは、ある意味でバレリーナの身体と精神を拘束する象徴で、それをバレエの美学としています。バレエから離れたコンテンポラリーの世界においても、彼女は自分の身体に対して新たな挑戦を突きつけている。しかし、その意味づけは大きく変容しつつあります。自分が踊りたいように身体を動かし、内側から溢れ出るものをダンスとしている。彼女は以前よりも自由になっているんです。ニーパッドは、体を痛めるけれどより自由になっていることの象徴です。そういった彼女の人間的な成長と、クラシックバレエからコンテンポラリーダンスに変わっていく過程が、密接に繋がっているのが強く印象に残りました。

映画『ポリーナ、私を踊る』場面写真 / レッスンを受けるポリーナ
映画『ポリーナ、私を踊る』場面写真 / レッスンを受けるポリーナ

映画『ポリーナ、私を踊る』日本版予告編

ポリーナ役のアナスタシアを選ぶまでに、600人もカメラテストしました。(ヴァレリー)

ヴァレリー:シナリオを書く際に気をつけたのは、フィクションの人生の軌跡に、現実の世界をきちんと反映させることでした。身体の制限、ダンサーとしての学び……新人ダンサーである彼女が経験することは、すべて現実にもありえること、けっしてフィクションではないのだと特徴づけたかったのです。つまり、この映画は一人の女性ダンサーを描いてはいるけれど、どんな若者も体験する解放と自己実現の物語なのです。

石井:例えばロシアでのバレエの稽古の厳しさは、とてもリアルに描かれています。そしてベルギーのアントワープ。ポリーナがコンテンポラリーを本格的に始めることになるフランスとベルギーの街の描写もまた現実感があり、わたしは気に入っています。フランスで師となる女性振付家は、おそらくアンジュラン自身の振付、そして彼のバレエ団での経験を重ねているのではないでしょうか? この振付家を演じているのは女優のジュリエット・ビノシュですね。彼女のダンス教師としての演技もとても素晴らしかった。

アンジュラン:ビノシュはこの役を演じるために、1日2時間、10か月にわたる厳しいトレーニングを経て、映画に臨みました。その間、彼女は私のカンパニーを訪ねて、私とダンサーたちの仕事を注意深く観察していましたから、それが映画にも反映されているのでしょう。

振付家を演じている女優のジュリエット・ビノシュ
振付家を演じている女優のジュリエット・ビノシュ

石井:ビノシュは今まで何度かダンサーとして舞台に立ったこともありますから納得です。女優であるビノシュが振付家を演じるように、この映画ではダンサーが俳優を演じ、俳優がダンサーを演じるといった、ミックスが随所に見られます。

―グザヴィエ・ドラン作品に出演するニールス・シュナイダーは本作でダンス未経験にもかかわらず、4か月間トレーニングを積みプロ顔負けのダンスを披露しています。

ヴァレリー:今回のプロジェクトの大きな狙いがまさにそれです。異なる世界に属する人々がそれぞれのノウハウを持ち込み、お互いに刺激し合い、影響を与え合う環境を作りたかったのです。

石井:アントワープでポリーナと出会う舞踏家を演じるのは、ジェレミー・ベランガールです。彼は古典バレエの殿堂、パリ・オペラ座で最高位のエトワールを務めた人物です。彼にあえてコンテンポラリー側の役を配役しているのも、その意図によるのですね。

アンジュラン:ジェレミーはとても勘のいいダンサーです。古典を踊っても、彼自身の個性が出てくる。そして、ちょっと動物的な、しなやかな自然さも持っている。以前から彼は俳優の素質もある予感があって、それでカメラテストに参加してもらいました。

石井:じゃあ、カメラテストで落とすこともありえたんですね? ジェレミーのような実力者であっても!

ヴァレリー:もちろんです。だって、ポリーナ役のアナスタシア(シェフツォワ)を選ぶまでに、600人もカメラテストしたんですから! もちろん、ジェレミーは最初のカメラテストで「間違いない!」と確信しましたけれども(笑)。

Page 1
次へ

作品情報

『ポリーナ、私を踊る』

2017年10月28日(土)からヒューマントラストシネマ有楽町、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国ロードショー
監督:ヴァレリー・ミュラー&アンジュラン・プレルジョカージュ
脚本:ヴァレリー・ミュラー
原作:バスティアン・ヴィヴェス『ポリーナ』(原正人訳、小学館集英社プロダクション)
出演:
アナスタシア・シェフツォワ
ニールス・シュナイダー
ジェレミー・べランガール
ジュリエット・ビノシュ
アレクセイ・グシュコフ
配給:ポニーキャニオン

プロフィール

ヴァレリー・ミュラー

1965年10月5日生まれ。芸術と映画の歴史を勉強しながら、助監督及びプロダクションアシスタントとして働き始める。その後ドキュメンタリーだけでなく、マリオン・コティヤール主演『La Surface de Réparation(原題)』(98)などのショートフィルムも制作。また、自身の制作会社であるリチウムフィルムとの共同プロデュースも多く、主な作品は、エヴァ・フッソン監督の『Tiny Dansers』(07)やアンジュラン・プレルジョカージュ監督の『La Dernière Pearle』(15)、オリヴィエ・アサイヤス監督のドキュメンタリー『Eldorado』(07)などがある。『ポリーナ、私を踊る』は彼女がアンジュランと初めて共同監督した長編映画。

アンジュラン・プレルジョカージュ

1957年1月19日、フランス・シュシー=アン=ブリ生まれ。古典舞踊を専攻したあと、カリン・ヴィーヌールの元でコンテンポラリーダンスに転向。1980年にはニューヨークに移住し、ゼナ・ロメットとマース・カニングハムに師事する。その後、ドミニク・バゲのダンスカンパニーに入団し、自身のダンスカンパニーを1985年に設立。以降、ソロから大規模なアンサンブルまで、振り付けは49作品にも及ぶ。それらは、世界中のレパートリーともなっており、ニューヨーク・シティ・バレエ団やミラノスカラ座、そしてパリ・オペラ座バレエ団など、有名ダンスカンパニーからも委託されている。CMや映画作品でも振り付けを担当しており、これまでに数々の賞に輝く実績を持つ。さらに、フランス文化大臣はレジオン・ドヌール勲章シュヴァリエと共に彼をナイト爵、そして芸術文化勲章オフィシエと国家功労勲章オフィシエの名誉職位を授与された。本作は自身初のフィクション映画である。

石井達朗(いしい たつろう)

舞踊評論家。ニューヨーク大学(NYU)演劇科ブライト研究員・同パフォーマンス研究科ACLS研究員などを経て慶応大学名誉教授、愛知県立芸術大学客員教授。関心領域として、サーカス、アジアの身体文化、ポスト・モダンダンス、ジェンダー / セクシュアリティから見るパフォーマンス論。著書に『身体の臨界点』『男装論』『ポリセクシュアル・ラヴ』『アクロバットとダンス』『サーカスのフィルモロジー』『異装のセクシュアリティ』ほか。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Suchmos“WIPER”

『日本レコード大賞』最優秀アルバム賞を受賞するなど、まさに「今年の顔」だったSuchmos。のべ2万5千人動員の全国ツアーを揺らしたアッパーチューン“WIPER”のMVには、7月に開催された日比谷野音ライブの映像を使用。カラフルでアーティスティックなアニメーションを加えて、とどまるところを知らない彼らの勢いと躍動感を伝えている。監督は山田健人。(佐伯)

  1. マグリット、ダリ、マン・レイら 横浜美術館のシュルレアリスム作品展 1

    マグリット、ダリ、マン・レイら 横浜美術館のシュルレアリスム作品展

  2. 高校生のサザエにマスオが公開告白 カップヌードル新CM「サザエさん篇」 2

    高校生のサザエにマスオが公開告白 カップヌードル新CM「サザエさん篇」

  3. 石野卓球のCD8枚組100曲超収録のワークス集、石野文敏(16)による楽曲も 3

    石野卓球のCD8枚組100曲超収録のワークス集、石野文敏(16)による楽曲も

  4. 『孤独のグルメ』大晦日に特番放送 松重豊「テレ東はこの時間帯を捨てたな」 4

    『孤独のグルメ』大晦日に特番放送 松重豊「テレ東はこの時間帯を捨てたな」

  5. 堀込泰行×D.A.N.櫻木対談 影響し合う二人による「歌詞」談義 5

    堀込泰行×D.A.N.櫻木対談 影響し合う二人による「歌詞」談義

  6. 広瀬すずがNHK朝ドラのヒロインに 2019年前期放送『夏空 ―なつぞら―』 6

    広瀬すずがNHK朝ドラのヒロインに 2019年前期放送『夏空 ―なつぞら―』

  7. 現代演劇ポスター展に宇野亞喜良、横尾忠則らの約300点 トークにKERAら 7

    現代演劇ポスター展に宇野亞喜良、横尾忠則らの約300点 トークにKERAら

  8. 長瀬智也×ディーン×高橋一生が共演 『空飛ぶタイヤ』特報&ビジュアル 8

    長瀬智也×ディーン×高橋一生が共演 『空飛ぶタイヤ』特報&ビジュアル

  9. KIRINJIからコトリンゴが脱退 12月の大阪公演が現体制ラストライブに 9

    KIRINJIからコトリンゴが脱退 12月の大阪公演が現体制ラストライブに

  10. 『この世界の片隅に』を野外無料上映 今週末に銀座で『ねぶくろシネマ』 10

    『この世界の片隅に』を野外無料上映 今週末に銀座で『ねぶくろシネマ』