特集 PR

sui sui duckが示す、次世代のバンド論。肩書きを溶かして活動中

sui sui duckが示す、次世代のバンド論。肩書きを溶かして活動中

sui sui duck『FEEL』
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:高橋一生(sui sui duck) 編集:矢島由佳子
2017/10/04

もっと歌の説得力がないとダメだなって思ったんです。(渋谷)

—前回の取材では、「もともと自分の声があんまり好きじゃなかったけど、ファルセットなら勝負できると思った」ということも話してくれましたが、その後、自分の歌についての考えに変化はありますか?

渋谷:最近感じたのは、オートチューンをかけても、歌の熱量ってすごく伝わるなって。『FEEL』まではより力を抜いて、自分を出さないように歌ってたんですけど、それって「自分の声が好きじゃないから」という理由だけでやってたなと思うんです。

でも、表現方法のひとつとして、「声を張る」ということもかなり重要だなと感じて、「より力を抜く」よりも「ここは出す」っていう、プラスの考え方がいいのかなって最近は思っています。

—ボーカリストで好きな人を挙げると、どんな名前が出てきますか?

渋谷:Passion Pitのボーカルはかなり好きですね。それこそ、ファルセットかなり多めだし。あとはサム・スミス、The Weeknd。この三人は真似したいですけど……根本的に彼らめちゃめちゃ歌上手いんで(笑)、スキルアップは絶対必要だなって。

彼らは自分たちの聴かせどころをすごくわかっていますよね。たとえばサム・スミスって、サビが異様に高かったりして、「ここを聴かせたいんだな」っていうのがわかる。やるからにはそれくらいを目指さないとなって、最近はすごく思ってますね。

渋谷勇太

—ここまでの話を聞くと、『FEEL』はある意味過渡期の作品で、すでに目線は次に向いてるのかなって思うんですけど、『FEEL』の収録曲のなかで、一番この先を提示している曲を挙げるとすると、どれになりますか?

渋谷:最後に入ってる“sugar”ですね。かなりJ-POP要素が強い曲で、これを歌ってみて改めて、もっと歌の説得力がないとダメだなって思ったんです。

でも、これからはより明るくなっていくと思います。自分一人だと結構暗くなっちゃうんですけど、今のメンバーは暗いだけじゃないんで、もっと六人のキャラを押し出す意味でも、より明るい方向にいくと思いますね。あ、今回初めてスタジオでバンドで合わせて作った曲があるんですよ。

—どの曲ですか?

渋谷:5曲目の“swim2”です。みんなで合宿をしたときに、最終日に4時間くらい余って、そのときに作りました。これもわりと明るい曲調で、でも他の曲ともまたちょっと違う感じで、歌も結構いいなって思ってます。

sui sui duck『FEEL』ジャケット
sui sui duck『FEEL』ジャケット(Amazonで見る

—ちなみに、なんで「2」なんですか?

渋谷:もともと“swim”っていう曲を作ってて、単に被っちゃったんですけど、“swim”以外の曲名付けられなくて、じゃあ“swim2”でっていう(笑)。

—“swim”をアップデートしたとかじゃなくて、また新しい“swim”ができちゃったんだ(笑)。

渋谷:そうなんですよ。“swim”はいっぱいできるんです。最終的には“swim1”から“swim10”でアルバムできそう(笑)。

—“swim”というタイトルをつけがちなのは、やっぱりsui sui duckというバンド名からきているのが一番大きいと思うんですけど、ちょっと深読みしてみると、「流されてる感覚」みたいなことの表れだったりもするのかなって。

渋谷:あ、その感覚は実際強いです。小さい頃からやってるチェロも、自分の意志ではなかったので流されてやってきた感覚はあるし、あと小学校で受験して、中高大とエスカレーターだったから、そこも流されてる感がある。でも、sui sui duckに関しては、やっと自分でやりたいと思って始めたバンドなんですよね。

渋谷勇太

—「swim」の意味が「流される」から「自分で泳ぐ」に変わってきたというか。

渋谷:ですね。今の話で“swim3”が書けそう(笑)。最初の“swim”ってかなり暗いんですよ。出だしが「海底に向かって浮上していく」みたいな歌詞で、どんどん自分が深みにはまっていくようなことを書いた曲で。

—じゃあ、アルバムの『swim』は、その深みからいかに抜け出して、どこに辿り着くかを描くコンセプトアルバムだね(笑)。

渋谷:俺もイメージできました。次の次の次くらいの作品として出します(笑)。

(渋谷は)世間の人からは「高尚」と思われてるようなものを、どうエンターテイメントとして受け取ってもらうかを考えている。(高橋)

—ここからは、インタビュー中の写真を撮ってくれていたアートディレクターの高橋くんにも加わってもらおうと思います。高橋くんから見た渋谷くんのクリエイターとしての魅力を話してもらえますか?

高橋(Art Director):渋谷は単にいい曲を書くだけじゃなくて、全体を見た上で、バランスをとる能力に優れてるなと思います。漠然とはしてるんですけど、写真とか映像に対して、「これはもうちょっとこういう色のほうが」とか「こういう流れのほうがいいんじゃない?」とか、音楽以外も含めたもの作りに対する感覚がかなり鋭い人だなって。

あとは「普通」っていうものを作る感覚が研ぎ澄まされてるというか。渋谷自身はいろんな音楽を聴いてるし、美術館とかにも行くタイプで、世間の人からは「高尚」と思われてるようなものにも触れてるけど、それを芸術にそこまで興味ない人に、どうエンターテイメントとして受け取ってもらうかを考えている。その感覚が優れてるなっていうのは、曲を聴いててもすごく感じますね。

渋谷:うちのお父さんは音楽をやってる人なんですけど、「芸術は音楽だけじゃなくて、総合的なものだから」って昔から言うんです。なので、音楽だけに特化しても面白くないっていうのは自分の根本にあって、映画でもなんでも、毛嫌いすることなくまずは触れてみることが大事だなって常に思っています。

Page 2
前へ 次へ

リリース情報

sui sui duck『FEEL』
sui sui duck
『FEEL』(CD)

2017年10月4日(水)発売
価格:1,728円(税込)
LUCK-2005

1. No news is good news(SE)
2. feel
3. circle
4. wave
5. swim2
6. pepper
7. sugar

イベント情報

『evening cinema × sui sui duck 共同企画 supported by TOWER RECORDS』

2017年12月4日(月)
会場:東京都 渋谷 WWW
出演:
sui sui duck
evening cinema
and more
料金:前売2,500円 一般2,800円(共にドリンク別)
※来場特典:原田夏樹(evening cinema)と渋谷勇太(sui sui duck)合作のコラボ楽曲にアクセスできるSpotifyコード付きステッカー

プロフィール

sui sui duck
sui sui duck(すい すい だっく)

2015年結成。見覚えあるあの黄色いアヒル。2016年4月からライブ活動をスタート。同年12月に自主制作EP『RUN』『WALK』をリリース。EAGLESとDaft Punkを敬愛するボーカル・コンポーザー渋谷が放つ楽曲からインスパイアされたアート・ファッション・ビデオなどをクリエイティブチームがコンセプチュアルに体現。音楽を中心にライフスタイルを提唱するプロジェクト集団でもある。メンバーは、渋谷勇太(Vo,Gt)、清水新士(Ba)、堀内拓海(Gt)、安達智博(Dr)、加藤亜実(Key,Cho)、高橋一生(Artwork Director)。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来 1

    オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来

  2. 稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表 2

    稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表

  3. クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催 3

    クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催

  4. 『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介 4

    『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介

  5. ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る 5

    ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る

  6. 杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』 6

    杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』

  7. Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談 7

    Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談

  8. ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some  Collages』刊行 サイン入りも 8

    ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some Collages』刊行 サイン入りも

  9. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 9

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  10. ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性 10

    ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性