特集 PR

sui sui duckが示す、次世代のバンド論。肩書きを溶かして活動中

sui sui duckが示す、次世代のバンド論。肩書きを溶かして活動中

sui sui duck『FEEL』
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:高橋一生(sui sui duck) 編集:矢島由佳子
2017/10/04

俺らがやりたいのって、ファッションブランド的な感じというか。毎年ひとつトレンドを決めて、それに沿ってやる感じなんですよね。(渋谷)

—“feel”のミュージックビデオも、二人でコンセプトを話して撮ったわけですか?

渋谷:そうですね。あれはグリーンバードスタジオという場所で撮ったんですけど、「大きいレコーディングスタジオで撮りたい」っていうのがまず自分のなかにあったんです。高校生のときに一度グリーンバードスタジオでレコーディングをしたことがあって、そのときのことが急にふと思い出されて、あそこで撮りたいなって。

高橋:あとは他のミュージックビデオとの兼ね合いも考えて。メンバーがしっかり出てくるライブシーンのミュージックビデオって、去年の“run”以降なかったんです。「エレクトロポップバンド」って打ち出してるわりには、今のメンバーの温度感があんまり感じられなかったから、ここで一回メンバーの温度感を出したいっていう話もして。

—“run”はまだ今のメンバーが固まってない時期ですもんね。

高橋:そうなんです。

—今のメンバーが揃ったことで、バンドが大きく変わりつつあるっていう、今日の話にも通じますよね。二人では「sui sui duckのコンセプト」っていう、大枠の部分の話もよくするんですか?

渋谷:二人で一番話し合うのは、「sui sui duckとして」というよりも、アルバムごとのコンセプトに対してどうアプローチするのか、ということですね。僕らはsui sui duckという名前で活動はしてるけど、アルバムごとに違うバンドになるようなイメージで。コンセプトアルバムを作るってそういうことだと思うんです。

昔はその0から50くらいまでを自分がやる体感だったんですけど、最近は0から1くらいで、残り99はメンバーとの話し合いで決まるようになってきました。sui sui duckっていう名前は変わってないけど、ほぼ違うバンドになりつつあると言ってもいいかもしれない。今年は「生活に寄り添う」っていうコンセプトで活動してきたけど、それもすでに変わってきてるしね。

高橋:エンターテイメント感が強くなってきてるよね。

渋谷:だから、バンドの紹介文とかも来年になったら変わってると思います。俺らがやりたいのって、ファッションブランド的な感じというか、sui sui duckとしての独自のスタイルがあった上で、毎年自分たちのなかでひとつトレンドを決めて、それに沿ってやる感じなんですよね。去年の年末に、今年の「生活に寄り添う」ってテーマを決めたけど、逆に来年は、浮世離れした、SF色の強い作風になるのも全然アリだし。

高橋:それが今日の美術にもちょっと表れちゃってるよね(笑)。

渋谷:日常生活のなかで蛍光灯下に置かないもんね(笑)。

渋谷勇太

J-POPバンドでありつつ、その周りの面白いことに好奇心で手を出してるだけっていうかね。(高橋)

—高橋くん自身としては、sui sui duckの活動を通じてどんなことをやっていきたいと考えていますか?

高橋:日本特有だと思うんですけど、まだまだクリエイターが名前分けされて、壁を立てがちじゃないですか? コピーライターはコピーしか書かない、デザイナーはデザインしかしない、みたいな。そうじゃなくて、いろんな分野で、もうちょっと境目が溶けたほうがいいと思うんです。

sui sui duckのなかの形ってそれに近くて、僕がアートディレクターではあるけど、すべてをディレクションしてるわけじゃなくて、メンバーと話し合って決めてる。壁を溶かす一番最初の実験の場が、sui sui duckだっていう考えが個人的にはあります。

渋谷:最初から「バンドだからこう」みたいなのはないよね。だから、王道のバンドではまったくないけど、J-POPバンドだっていう、そこが重要かも。「王道ではない王道J-POP」というか……これ、キャッチフレーズになりそう(笑)。

—確かに(笑)。

渋谷:実際、最近はハッシー(高橋)が持ってきた企業の広告案件で、サイトの曲を僕が作ったりもしてるんですよ。ちょっとした会社みたいな感じになってるよね(笑)。

高橋:企業さんの音楽に対するウェイトってまだ軽い部分があって、「フリー素材でいいだろ」と思われてるところもあるんですけど、その企業さんの世界観のある曲を作ると、映像ひとつにしても、めちゃくちゃアドバンテージになるんですよ。そういうことをプレゼンして、渋谷に曲作ってもらうと、企業さんの反応もすごくいいんですよね。

渋谷:やっぱり、もはやバンドではないよね(笑)。

高橋:クリエイティブ集団ね(笑)。

渋谷:最近いじられるんですよ。「クリエイティブ集団ってなんだよ?」って(笑)。俺らも別にそう思ってやってはいなくて、あくまでJ-POPバンドなんですけど。

渋谷勇太

高橋:J-POPバンドでありつつ、その周りの面白いことに好奇心で手を出してるだけっていうかね。

—王道じゃない王道J-POPですね(笑)。では最後に、途中で現在は表現の方向性がよりエンターテイメントに近づいてるという話がありましたが、実際今後どうなっていきそうか、現時点で話せるところまで話してもらえますか?

渋谷:実は来年のコンセプトはもう決まってて、来年はよりデヴィッド・ボウイを目指そうと思ってて、「宇宙とロック」がテーマなんです。

—おお、“Space Oddity”だ。

渋谷:そうなんです。なので、また表現の仕方が変わってきていて、より色とりどりな、スケール感の大きいサウンドになっていくと思います。壮大なんだけど、孤独っていうのがテーマですね。

高橋:ジャケットもミュージックビデオも、大きく変わると思います。

—2018年のS/Sからはまたガラッと変わると。

渋谷:そうなんです。S/SとA/Wで変えたくて、アー写を頻繁に変えるのもそういうことなんですよね。

2017年S/Sのアーティスト写真
2017年S/Sのアーティスト写真

2017年A/Wのアーティスト写真
2017年A/Wのアーティスト写真

渋谷:あとは「どう楽しんでもらうか」をより考えたいと思っていて、自分の発信だけじゃなく、お客さんが主役になれるように、ということをもうちょっと考えたい。お客さんが主役の目線で、宇宙を体験してもらうような、そういう活動ができればなと思っています。

Page 3
前へ

リリース情報

sui sui duck『FEEL』
sui sui duck
『FEEL』(CD)

2017年10月4日(水)発売
価格:1,728円(税込)
LUCK-2005

1. No news is good news(SE)
2. feel
3. circle
4. wave
5. swim2
6. pepper
7. sugar

イベント情報

『evening cinema × sui sui duck 共同企画 supported by TOWER RECORDS』

2017年12月4日(月)
会場:東京都 渋谷 WWW
出演:
sui sui duck
evening cinema
and more
料金:前売2,500円 一般2,800円(共にドリンク別)
※来場特典:原田夏樹(evening cinema)と渋谷勇太(sui sui duck)合作のコラボ楽曲にアクセスできるSpotifyコード付きステッカー

プロフィール

sui sui duck
sui sui duck(すい すい だっく)

2015年結成。見覚えあるあの黄色いアヒル。2016年4月からライブ活動をスタート。同年12月に自主制作EP『RUN』『WALK』をリリース。EAGLESとDaft Punkを敬愛するボーカル・コンポーザー渋谷が放つ楽曲からインスパイアされたアート・ファッション・ビデオなどをクリエイティブチームがコンセプチュアルに体現。音楽を中心にライフスタイルを提唱するプロジェクト集団でもある。メンバーは、渋谷勇太(Vo,Gt)、清水新士(Ba)、堀内拓海(Gt)、安達智博(Dr)、加藤亜実(Key,Cho)、高橋一生(Artwork Director)。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 鹿野淳が語る『VIVA LA ROCK』 エンタテイメント復興の道 1

    鹿野淳が語る『VIVA LA ROCK』 エンタテイメント復興の道

  2. 志村けん追悼特集が放送 『ドリフ大爆笑』『バカ殿』『変なおじさん』など 2

    志村けん追悼特集が放送 『ドリフ大爆笑』『バカ殿』『変なおじさん』など

  3. 長澤まさみが三浦春馬とダンス 映画『コンフィデンスマンJP』場面写真 3

    長澤まさみが三浦春馬とダンス 映画『コンフィデンスマンJP』場面写真

  4. コロナ感染拡大防止への文化施設閉鎖に伴う、助成金交付に向けた署名活動 4

    コロナ感染拡大防止への文化施設閉鎖に伴う、助成金交付に向けた署名活動

  5. 内山拓也監督が語る、Uru、平井堅、King Gnuの話題MVの裏側 5

    内山拓也監督が語る、Uru、平井堅、King Gnuの話題MVの裏側

  6. 松田翔太、桐谷健太、濱田岳が現代で5G体験、au新CM セカオワも登場 6

    松田翔太、桐谷健太、濱田岳が現代で5G体験、au新CM セカオワも登場

  7. フラカン、20代を振り返る。解散危機、失敗ライブ、ほしかった評価 7

    フラカン、20代を振り返る。解散危機、失敗ライブ、ほしかった評価

  8. 佐藤健の優しいまなざし 映画『るろうに剣心 最終章』新写真公開 8

    佐藤健の優しいまなざし 映画『るろうに剣心 最終章』新写真公開

  9. 田中みな実&ずん飯尾和樹が夫婦役 明治の新CM「TANPACTな夫婦」篇 9

    田中みな実&ずん飯尾和樹が夫婦役 明治の新CM「TANPACTな夫婦」篇

  10. King Gnu常田が語る、ロマンと人生観 妻夫木聡が「大人」を問う 10

    King Gnu常田が語る、ロマンと人生観 妻夫木聡が「大人」を問う