特集 PR

なぜ自死した?美人作家ネリー・アルカンの苦悩に湯山玲子が迫る

なぜ自死した?美人作家ネリー・アルカンの苦悩に湯山玲子が迫る

PARCO Production『この熱き私の激情~それは誰も触れることができないほど激しく燃える。あるいは、失われた七つの歌』
インタビュー・テキスト
島貫泰介
撮影:豊島望 編集:宮原朋之

マドンナ、レディー・ガガ、ビョーク。世界に対して強烈なアゲインストを持つ「女」たちは、常に時代の最前線で戦い、多くの賞賛と批判を一身に受け続けてきた。その強く輝かしいリストに新たに名前を連ねる人がいる。カナダ出身の小説家、ネリー・アルカンだ。

ごく普通の家庭に育ち、大学に通いながら高級娼婦として働いた彼女は、自身の半生を圧倒的に凶暴な筆力で表現し、またたく間にベストセラー作家として活躍するようになった。だが、彼女は4作目の出版を前にして自死を選ぶ。

わずか36年のネリー・アルカンの人生には多くの謎がある。その深層に迫ろうというのが、「ディスカバー・ネリー・アルカン」プロジェクトだ。処女作『ピュタン』の再出版、彼女の人生に迫った映画『ネリー・アルカン 愛と孤独の淵で』公開に続き、11月4日から松雪泰子らが出演する舞台『この熱き私の激情~それは誰も触れることができないほど激しく燃える。あるいは、失われた七つの歌』も上演される。

そんなジャンルの異なる3つの作品について、今回話を聞いたのは、著述家・ディレクターとして活躍する湯山玲子。男、仕事、趣味、セックスなど、さまざまな角度から現代女性の生きる道を指し示すエバンジェリストは、ネリー・アルカンになにを見出すか?

「こじらせ女子」って、自分の頭のなかの男性性と、身体の女性性が一致しないから、いろんな面でこじらせちゃう。

―ネリー・アルカンという人物の印象はいかがでしたか?

湯山:彼女はカナダ・ケベック生まれの中産階級出身でしょう? 両親の不仲が原因になって大学生で娼婦をはじめたということだけれど、お父さんとお母さんがうまくいってないなんて、日本ですらごく当たり前のことだし、けっこう普通の子なんですよ。日本でいうと、大学生でAV女優デビューなんて、いまやザラだし。でも、それこそがネリー・アルカンを解くキーになる。

小説を読んでも「こんな変わった人生を経験したのか!」というルポルタージュ的な驚きはない。ひたすら自分の内面の吐露に終始している。まあ、私小説というものは、そういうものなんですが、彼女の鈍痛のような筆の展開は、妙に強度と重力があるんですよ。

湯山玲子
湯山玲子

―小説は極端に言うと、女や両親への恨み節日記みたいなものですけど、本当に読ませますよね。タイトルの『ピュタン(Putin)』には「くそったれ!」という意味があるそうですが、世界への恨みや嘆きに満ちている。

湯山:ネリー・アルカンにとって父親の存在がとてつもなく大きかったというのがよくわかる。娘と母の関係は文学でもマンガでもよく題材になるけれど、父との関係は珍しいですね。ひたすら娘のことを心配する過保護な父が結果として抑圧的な存在として何度も立ち上がってくる。心配といったけれども、そのなかに性的なニュアンスをネリー・アルカンの方は勝手に取り込んでしまっているようなフシもあって、それって父と娘の永遠の問題だったりもするんですよ。

小説『ピュタン-偽りのセックスにまみれながら真の愛を求め続けた彼女の告白-』
小説『ピュタン-偽りのセックスにまみれながら真の愛を求め続けた彼女の告白-』(Amazonで見る

―すごく敬虔なキリスト教徒だったそうですが、一人暮らしをはじめたアルカンの部屋のあちらこちらに十字架を飾るようなお父さんだったようですね。それはそれで怖いものがありますが。

湯山:小説から連想したのはトルストイの『クロイツェル・ソナタ』。汽車の旅で偶然出会った乗客が、正しい夫婦関係について語りあう一種の対話篇なんだけど、性にまつわる男の葛藤満載。「もうセックスなんて無くしてしまえ」などという過剰な主張が印象的な中編小説なんです。

「そもそもなんで性愛や性欲が存在するのか?」っていう疑問から「完全に男女差をなくしてしまえ!」というような過激なフェミニズムにも行き着くような発想を孕んでいて、ネリー・アルカンの小説もそれに近いところまでいってる印象がある。彼女は自分のなかの性を持て余した結果、こじらせまくってるわけじゃない?

ネリー・アルカン ©Ulf Andersen / Getty Images
ネリー・アルカン ©Ulf Andersen / Getty Images

―ネリー・アルカン=こじらせ女子だと。

湯山:極論すればね。「こじらせ女子」って、自分の女である肉体を自分の人生の「乗り物」として乗りこなせない人たちなんですよ。例えば趣味が格闘技観戦だったり、仕事中は完全に男の論理で思考し決断している、という「男女平等」な日常があるわけだけど、一方でその枠からはみ出してしまう自らの女性の肉体に辟易して、こじらせに至る。

ネリー・アルカンの場合は、それが外見の美醜への強迫として現れていて、とにかく若さを失うことへの恐怖に取り憑かれている。実はここにシビアな現実が透けて見えて、「男は若くて綺麗な女には、絶対に勃つが、歳を取った女にはそれは無理」ということですよね。

現実はそうでも無いこともあるんですが、この現実はあまりにも強固。女の内面の充実や尊敬で「男は勃たない」という事実は女性すべてを恐怖に陥れる、と。

ネリー・アルカンは、女なら誰にでもある実存的な恐怖の深淵をえぐるように描ける、稀有な才能の持ち主。

―映画には、まさにそういった要素がありますね。ネリー・アルカンは「運命の男」に出会って多幸感を得るけれど、他の若い女の存在を極端に忌避する。

湯山:女にとって「老いる恐怖」っていうのは切実なんです。美魔女みたいに若作りをしたり、整形手術するって選択肢もあるけれど、男はその痕跡を目ざとく発見するじゃない? そして人工的な美を死ぬほど嫌う。そういう実存的な恐怖は女なら誰にでもあるもので、ネリー・アルカンはその深淵をえぐるように描いた。表現の才能というよりも鈍痛のような展開でね。

湯山玲子

―では、湯山さんもネリー・アルカンには共感できるところがあったのでしょうか?

湯山:私はリア充だからさ(笑)。交友関係とか化粧やファッションとかを駆使してなんとかその地獄を切り抜けてきたんだけれど、彼女はそうした社会的なスキルとセンスが子供のときから決定的に欠けているんだよね。コミュニケーションがちょっとトンチンカンで上手く社会に所属できない。だからこそ、これだけの熱量の小説を書けたわけだけれども。

映画のなかで、2作目の小説のカバーから販促用の帯を外そうとするシーンがあるよね。帯には女性の半裸の写真がデザインされている。自分が本当に伝えたいことを書いたのに、大衆が望み、評価するのは、けっきょく私の顔とか身体なのか……っていう二重三重の失望が感じられるシーン。

映画『ネリー・アルカン 愛と孤独の淵で』場面写真 ©FILM NELLY INC. 2016
映画『ネリー・アルカン 愛と孤独の淵で』場面写真 ©FILM NELLY INC. 2016

湯山:あの気持ちはとてもわかる。岡崎京子も『ヘルタースケルター』で<何故神は まず若さと美しさを最初に与え そしてそれを奪うのでしょう?>って書いてるよね。まあ、その問題は人間が生きている限り、ずっと続いていく。

Page 1
次へ

イベント情報

PARCO Production『この熱き私の激情~それは誰も触れることができないほど激しく燃える。あるいは、失われた七つの歌』
PARCO Production
『この熱き私の激情~それは誰も触れることができないほど激しく燃える。あるいは、失われた七つの歌』

原作:ネリー・アルカン
翻案・演出:マリー・ブラッサール
音楽:アレクサンダー・マクスウィーン
振付:アンヌ・テリオール、奥野美和
出演:
松雪泰子
小島聖
初音映莉子
宮本裕子
芦那すみれ
奥野美和
霧矢大夢

東京公演
2017年11月4日(土)~11月19日(日)
会場:東京都 天王洲 銀河劇場

広島公演
2017年11月23日(木・祝)
会場:広島県 JMSアステールプラザ 大ホール

福岡公演
2017年11月25日、11月26日(日)
会場:福岡県 北九州芸術劇場 中劇場

京都公演
2017年12月5日(火)、12月6日(水)
会場:京都府 ロームシアター京都 サウスホール

愛知公演
2017年12月9日(土)、12月10日(日)
会場:愛知県 豊橋 穂の国とよはし芸術劇場PLAT 主ホール

書籍情報

『ピュタン-偽りのセックスにまみれながら真の愛を求め続けた彼女の告白-』
『ピュタン-偽りのセックスにまみれながら真の愛を求め続けた彼女の告白-』

2017年9月30日(土)発売
著者:ネリー・アルカン
翻訳:松本百合子
価格:756円(税込)
発行:パルコ

イベント情報

『ネリー・アルカン 愛と孤独の淵で』

YEBISU GARDEN CINEMAで公開中。10月28日よりシネ・リーブル梅田ほかにて全国順次公開
監督・脚本:アンヌ・エモン
出演:
ミレーヌ・マッケイ
ミカエル・グアン
ミリア・コル
ベイユ=ゴーブロー
上映時間:99分
配給:パルコ

プロフィール

ネリー・アルカン
ネリー・アルカン

1973年生まれの女性作家。本名イザベル・フォルティエは2001年、小説『ピュタン(原題:Putain)』で作家デビュー。フランスのSeuil出版社(Editions du Seuil という歴史のある有名な出版社)に原稿を送ったところ、2週間で出版が決まり、処女作『Putain』が出版され、一躍有名作家の仲間入りを果たした。その後、2004年に『Folle(「狂った女性」という意味)』と2007年に『A ciel ouvert(「野外」という意味)』の2冊を出版している。2009年9月24日に自宅アパートにて自殺。その数日後に『Paradis, clef en main(「天国、鍵を掴んで」の意味)』が店頭に並び、2年後に『Burqa de chair(「肉のブルカ」という意味)』が出版され、そのなかに未発表の作品『La robe(「ドレス」という意味)』と『La honte(「恥)という意味)』が世に出る。

湯山玲子(ゆやま れいこ)

1960年生まれ、東京都出身。著述家。文化全般を独特の筆致で横断するテキストにファンが多く、全世代の女性誌やネットマガジンにコラムを連載、寄稿している。著作は『四十路越え!』『ビッチの触り方』『快楽上等 3.11以降を生きる』(上野千鶴子との対談本)『文化系女子の生き方 ポスト恋愛時宣言』『男をこじらせる前に 男がリアルにツラい時代の処方箋』等々。クラシック音楽を爆音で聴くイベント『爆クラ』と美人寿司主宰。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『ひかりの歌』特報

「光」をテーマにした短歌コンテストで1200首のなかから選出された4首を原作とする映画『ひかりの歌』。プラネタリウムの流れ星や、濡れた道を照らす自販機に、人はどんな瞬きを感じとるのだろう。特報の息遣いが胸に貼りついて離れず、映画館の暗闇で同作に出会える春が待ち遠しい。(井戸沼)

  1. Ken YokoyamaからのSOS バンドに訪れた転換期を包み隠さず語る 1

    Ken YokoyamaからのSOS バンドに訪れた転換期を包み隠さず語る

  2. 新垣結衣×松田龍平W主演、野木亜紀子脚本『獣になれない私たち』放送開始 2

    新垣結衣×松田龍平W主演、野木亜紀子脚本『獣になれない私たち』放送開始

  3. 『音量を上げろタコ!』KenKen、PABLO、富澤タクら10人のキャスト写真公開 3

    『音量を上げろタコ!』KenKen、PABLO、富澤タクら10人のキャスト写真公開

  4. 自由な大泉洋、振り回される高畑充希&三浦春馬 『バナナかよ』場面写真 4

    自由な大泉洋、振り回される高畑充希&三浦春馬 『バナナかよ』場面写真

  5. 戸次重幸がヨガで白目&床に頬ずりして恍惚 パナソニックの動画4本公開 5

    戸次重幸がヨガで白目&床に頬ずりして恍惚 パナソニックの動画4本公開

  6. 『花椿』でペトラ・コリンズが「東京少女」撮影 満島ひかり×Chara対談も 6

    『花椿』でペトラ・コリンズが「東京少女」撮影 満島ひかり×Chara対談も

  7. 堀込泰行のソロ5年目はどんな感じ? 他者と交わる面白さを語る 7

    堀込泰行のソロ5年目はどんな感じ? 他者と交わる面白さを語る

  8. 松山ケンイチ×染谷将太が「聖職系男子」 ドラマ『聖☆おにいさん』予告編 8

    松山ケンイチ×染谷将太が「聖職系男子」 ドラマ『聖☆おにいさん』予告編

  9. 片渕須直×こうの史代×コトリンゴ オタフクソースのウェブアニメが公開 9

    片渕須直×こうの史代×コトリンゴ オタフクソースのウェブアニメが公開

  10. 隈研吾が設計デザイン「デリス横浜ビル」11月開業 食と文化の発信拠点に 10

    隈研吾が設計デザイン「デリス横浜ビル」11月開業 食と文化の発信拠点に