特集 PR

「男のためのプラネタリウム」を作ったプロデューサーの挑戦

「男のためのプラネタリウム」を作ったプロデューサーの挑戦

コニカミノルタプラネタリウム“満天”『Dancing in the UNIVERSE』
インタビュー・テキスト
黒田隆憲
撮影:西槇太一 編集:川浦慧、矢島由佳子

Underworldの楽曲に身を委ねながら、声優・杉田智和のナレーションに導かれ、遠い宇宙の果てへと旅をする。まるで、人気アミューズメント施設にある「ライド系アトラクション」のような体験ができるプラネタリウムのプログラム『Dancing in the UNIVERSE』が、コニカミノルタプラネタリウム“満天” in Sunshine Cityにて11月よりスタートした。

同館といえば、これまでにもサカナクション、GLAY、Superflyなど数々のミュージシャンとコラボしたプログラムを公開し、話題を集めてきたプラネタリウムである。今作では、UKクラブミュージックのカリスマ的存在であるUnderworldの代表曲をフィーチャー。まるでミュージックビデオのようなエッジの効いた映像の数々は、「プラネタリウム=デートスポット」や「女性が楽しむ場所」といった従来までのイメージを大きく覆すものとなっており、例えば、男性が一人でふらっと観に行ったとしても充分楽しめる空間といえるだろう。

この画期的なプログラムをプロデュースしたのは、コニカミノルタプラネタリウム株式会社の作品プロデューサー、林寛之。「観る前と観た後で、モノの見方が変わるようなプログラムを作りたい」と語る林は、本作『Dancing in the UNIVERSE』をどのように作り上げていったのだろうか。

久々にプラネタリウムを観て「これは何か、新しくて面白いことができるんじゃないか?」と。

—林さんは現在、コニカミノルタプラネタリウム株式会社でプログラムの企画を担当されていますが、以前はテレビのバラエティー番組を作っていたそうですね。

:はい。昔からお笑いが大好きで、自分でもお笑いの番組を作ってみたくて。大学を出てすぐ、番組の制作会社に入ったんです。

『Dancing in the UNIVERSE』プロデューサー林寛之
『Dancing in the UNIVERSE』プロデューサー林寛之

—ちなみに、好きな芸人さんは?

:昔から、くりぃむしちゅーが大好きです。だから今でも、お笑いとプラネタリウムを融合したものは、いつか作ってみたいと思っていて。

—落語とプラネタリウムのコラボレートは時々あるし、掛け合わせたら何か斬新なプログラムになりそうですね。

:ただ、私自身プラネタリウムで10年くらいやって来た中で、「プラネタリウムとお笑いは合わない」という判断を自分の中で出してしまったんですけど(笑)、もしかしたら何か方法はあるんじゃないかと模索しています。

—バラエティー番組の制作からプラネタリウムへ転職されたということは、映像作りは続けていこうと思われたんですね。

:はい。ちょうど担当番組が終わるタイミングで、自分のキャリアの積み方を見直そうと思ったときに、今までとは違う分野にチャレンジしてみるのもいいなと考えて、今の会社に転職しました。もう、かれこれ10年くらい前ですね。

—もともと、プラネタリウムにも興味があったのですか?

:小さい頃は、ときどき観に行きました。名古屋にある「名古屋市科学館」で観たプラネタリウムが、すごく楽しかった記憶が残っていて。

転職を考えるにあたって、当館のプログラムを観たんですが、小さい頃に観たプラネタリウムからのあまりの変化に驚きました。「これは何か、新しくて面白いことができるんじゃないか?」と思ったんです。それも入社の決め手となりましたね。

『Dancing in the UNIVERSE』プロデューサー林寛之

—入社後は、どんなことをされてきたのですか?

:入社してすぐは、全国の科学館や博物館で投映されるプログラムの制作をお手伝いしていました。科学館・博物館のスタッフは、情熱溢れる人が多くて。そういう方々に、プラネタリウムとはどういうものか、宇宙の楽しさはどういうものなのかを沢山教えていただきました。全国各地の科学館・博物館に、自分の師匠がいるような感じですね。

あるプラネタリウム館の学芸員の方からは、例えば、ナレーションでは子供でも分かるような平易な表現を使うこと、それも自分の言葉で落とし込むことなど、様々なプログラム制作の秘訣を教わりました。それは、私がプロデュースした『Feel the Earth 〜Music by 葉加瀬太郎〜』や、今回の『Dancing in the UNIVERSE』にも活かされていると思います。

Underworldの楽曲であれば、「宇宙の中の何か」ではなく「宇宙そのもの」を表現したら面白いと思った。

—『Dancing in the UNIVERSE』を観させていただきましたが、プラネタリウムの概念を覆されました。「アトラクション」に近い感覚というか(参考記事:大音量のUnderworldサウンドで味わう、満天のプラネタリウム)。

:ありがとうございます。

—この作品はどんな経緯で制作されたのでしょう?

:当館で制作しているプログラムは「音楽」を軸にしたものが多いのですが、その中でもテクノミュージックは「絶対に合うだろう」というのは以前から思っていたんです。それで、実際にプログラムを作りたいと考えたときに、「テクノといえば誰だろう?」と検討して挙がったのがUnderworldでした。

—いきなり本丸ですね。

:ええ。そんなビッグアーティストが楽曲の使用を許諾してくれるのかな……? と、最初は半信半疑だったんですけど、本人サイドから「NO」と言われるまで交渉してみることにしたんです。そこから、Underworldの音楽を使わせていただけるなら、どんな映像や内容がいいだろうと考えていきました。

—Underworldの楽曲ありきで考えたわけですね。

:はい。“Born Slippy(Nuxx)”や“Two Month Off”のような楽曲をフィーチャーするのであれば、やはり壮大なテーマの方が合うだろうし、「それならいっそ宇宙を丸ごとテーマにしてしまおう」と。「宇宙の中の何か」、ではなく「宇宙そのもの」を表現したら面白いんじゃないかということで、内容が決まっていきました。

Page 1
次へ

イベント情報

『Dancing in the UNIVERSE』

2017年11月3日(金・祝)~2018年9月24日(月)
会場:東京都 池袋 コニカミノルタプラネタリウム“満天” in Sunshine City

プロフィール

林寛之(はやし ひろゆき)

コニカミノルタプラネタリウム株式会社のプログラム企画担当・プロデューサー。テレビのバラエティー番組制作に携わった後、2008年より現職に。直営館をはじめ、全国の科学館・博物館で投映するプラネタリウム番組や番組素材を制作している。これまでに担当した直営作品に、『Feel the Earth~Music by 葉加瀬太郎~』や『ALMA まだ見ぬ宇宙へ』などがある。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『大人のためのグリム童話 手をなくした少女』予告編

映画『大人のためのグリム童話 手をなくした少女』予告編。高畑勲の実験精神に敬意を表する監督が「暗号描画」なる手法を使い、全ての作画をたったひとりで手がけたという。透けてしまいそうなキスシーンや、迫り来る波の一瞬一瞬に確かに手をひかれているようで、全貌が気になって仕方ない。オフィシャルサイトには片渕須直、今日マチ子らのコメントも。(井戸沼)

  1. 岩田剛典と元カノ・大政絢が再会 『パーフェクトワールド』新場面写真 1

    岩田剛典と元カノ・大政絢が再会 『パーフェクトワールド』新場面写真

  2. 『ギャングース』公開日決定&新場面写真にMIYAVI、篠田麻里子、山本舞香ら 2

    『ギャングース』公開日決定&新場面写真にMIYAVI、篠田麻里子、山本舞香ら

  3. 木村拓哉&長澤まさみのホテルマン姿 『マスカレード・ホテル』特報公開 3

    木村拓哉&長澤まさみのホテルマン姿 『マスカレード・ホテル』特報公開

  4. ガンダムシリーズ最新作『機動戦士ガンダムNT』特報、声優陣に榎木淳弥ら 4

    ガンダムシリーズ最新作『機動戦士ガンダムNT』特報、声優陣に榎木淳弥ら

  5. のんが武満徹『系図』の語り手を担当 谷川俊太郎の詩を朗読 5

    のんが武満徹『系図』の語り手を担当 谷川俊太郎の詩を朗読

  6. 森川葵×城田優のドラマ『文学処女』に中尾暢樹、泉里香、上遠野太洸ら 6

    森川葵×城田優のドラマ『文学処女』に中尾暢樹、泉里香、上遠野太洸ら

  7. 次号『CUT』は『銀魂』特集 実写からアニメ、原作漫画まで網羅の36ページ 7

    次号『CUT』は『銀魂』特集 実写からアニメ、原作漫画まで網羅の36ページ

  8. 満島真之介が『映画 おかあさんといっしょ』に出演 「人生の一番の夢」 8

    満島真之介が『映画 おかあさんといっしょ』に出演 「人生の一番の夢」

  9. アナログフィッシュ×呂布カルマ 小さな声でも人に刺さる言葉 9

    アナログフィッシュ×呂布カルマ 小さな声でも人に刺さる言葉

  10. 金閣寺で踊ったs**t kingzが感じた、ダンサーの社会的地位の変化 10

    金閣寺で踊ったs**t kingzが感じた、ダンサーの社会的地位の変化