特集 PR

三潴末雄が語る、アート作品のアプリ化が生む美術の新たな可能性

三潴末雄が語る、アート作品のアプリ化が生む美術の新たな可能性

凸版印刷株式会社『Hi-Res ART 池田学「誕生」のすべて』
インタビュー・テキスト
内田伸一
撮影:豊島望 編集:木村直大、宮原朋之

東日本大震災を機に3年以上の歳月をかけて生まれた、池田学の巨大かつ細密なペン画『誕生』。3×4mの画面を覆うように描かれた巨木は、大波のなか花を咲かせる。さらに絵に近づけば、それが自然の花々ではなく、全てが池田によって創造された人工の花々であることに気づかされる。その細部には無数の想いを宿した描き込みがちりばめられ、つながり合うことに驚くだろう。

2017年、この『誕生』を軸にした国内各所の池田展は累計約30万人を動員し、池田の出身地である佐賀県の県立美術館にコレクションが決まった。近い将来にはアメリカでの巡回展示も計画されている。

その『誕生』を超高精細データで隅々まで鑑賞できるアプリが、『Hi-Res ART 池田学「誕生」のすべて』だ。アプリ制作の発端は、会田誠や山口晃らを支えてきたミヅマアートギャラリーの三潴末雄が、池田のこの傑作を最良のデジタルデータで記録したいと考えたことだった。

相談を受けたのは、国内外の貴重な文化財のデジタルアーカイブやVR作品の製作・公開でも知られる凸版印刷株式会社。自社開発の文化財専用大型スキャナーで超高精細にデジタルアーカイブするだけでなく、さらに、誰もが『誕生』の世界へ潜り込めるアプリ制作を逆提案し、実現させた。今回、彼らがみた池田ワールドの魅力や、新しいアート鑑賞の可能性について話を聞いた。

21世紀は、培ってきた文化を逆に世界へ向けて翻訳し、伝えていくことが必要になる。(三潴)

—「コンセプト勝負一辺倒になった現代アートの閉塞の中で(中略)ダイレクトな“絵”の力を確かに備えている」。三潴さんは自著『アートにとって価値とは何か』(2014年刊、幻冬舎)の一節、「池田学の求道と超越」で彼をこう評していますね。

三潴:池田の技法は、丸ペンにアクリルのカラーインクを付けて紙に描くというもので、色面もすべて細かい描線の集積から成っています。それをあの大きさと細密さとでやり切るには、構想力と同時に修行僧のような忍耐力も必要。『誕生』も、完成までに約3年半かかりました。

『誕生』2013-2016年 紙にペン、インク、透明水彩 300×400cm 佐賀県立美術館蔵 デジタルアーカイブ:凸版印刷株式会社 ©IKEDA Manabu / Courtesy Mizuma Art Gallery, Tokyo/ Singapore
『誕生』2013-2016年 紙にペン、インク、透明水彩 300×400cm 佐賀県立美術館蔵 デジタルアーカイブ:凸版印刷株式会社 ©IKEDA Manabu / Courtesy Mizuma Art Gallery, Tokyo/ Singapore

三潴:僕の別の著書『手の国の鬼才たち』(2015年刊、求龍堂)でも書きましたが、日本は農業国家であったから、すごく手を使うわけです。だから、手を非常にたくさん使うもの作りは、日本らしさのひとつではないでしょうか。江戸期は特にそうだし、戦後も車や機械のもの作りで世界をリードしてきた。

池田はそこに通じる精神性を持ちつつ、「神は細部に宿る」的な表現と、絵画を全体として成立させる構想力も持ち合わせているのが特徴だと思います。

—三潴さんの率いるミヅマアートギャラリーは、日本独自の風土や歴史に根ざした表現で、世界に発信できるアーティストを発掘・支援しようという姿勢が強い印象です。

三潴:日本の明治以降の美術は、多くが欧米の模倣から始まっています。欧米の知性の翻訳によって自分たちの日本を分析し、生き方を構築してきた面があり、美術もその流れのなかにあった。

ただ、そういう時代は20世紀で終わったのではという気持ちがあります。21世紀は、これまで日本が培ってきた文化を逆に世界へ向けて翻訳し、伝えていくことが必要になる。すでに企業はそうして輸出を続けていますが、ある意味、文化も同じだと思うのです。

たとえば、わびさび、不完全の美、婆娑羅(ばさら。粋で華美な服装や振る舞いを好む、日本の中世の美意識)など、古くからの価値観の魅力に気づいた人たちから、新しいものが生まれてきている。チームラボなどはその一例ですね。

三潴末雄
三潴末雄

三潴:一方で、欧米的知性の行き着いた結果は、豊かさを生んだ反面、公害や格差も生み出し、世界中で若い人たちが不安に苛まれている。そして、日本は残念ながらその最先端にいるとも感じます。でも、だからこそ生まれた独特な表現もあって、たとえばアニメーションやマンガの作品にはそれが顕著なものもありますね。

こうしたこと全体を、安っぽいナショナリズムにはならないかたちで考えていくべきだと思います。僕のギャラリーの扱う表現は、10年位前はアートフェアでも「ドメスティックすぎる、国際的な現代アートではない」など散々言われてきましたが、最近はむしろ歓迎されている感があるんです。

三潴末雄

Page 1
次へ

商品情報

『Hi-Res ART:池田学「誕生」のすべて』
『Hi-Res ART:池田学「誕生」のすべて』

池田学氏の絵画作品「誕生」高精細デジタルアーカイブデータを、そのままの品質で鑑賞できるスマートフォン・タブレット端末向けアプリです。好きな箇所を実物以上の大きさに拡大することのできるビューアの他、池田氏の制作日記やこのアプリを用いて開催されたトークイベントの収録動画、作家インタビュー動画もコンテンツとして搭載されており、ビューア機能と合わせて多角的な絵画鑑賞体験を提供します。

イベント情報

肥前さが幕末維新博覧会特別展『温故維新-美・技の SAGA-』

2018年3月17日(土)~5月13日(日)
会場:佐賀県立博物館、佐賀県立美術館
時間:9:30~18:00
料金:一般500円
※高校生以下無料

プロフィール

三潴末雄(みづま すえお)

ミヅマアートギャラリー エグゼクティブ・ディレクター。東京生まれ。成城大学文芸学部卒業。1980年代からギャラリー活動を開始、94年ミヅマアートギャラリーを東京・青山に開廊(現在は新宿区市谷田町)。2000年からその活動の幅を海外に広げ、インターナショナルなアートフェアに積極的に参加。日本、アジアの若手作家を中心にその育成、発掘、紹介をし続けている。また、アジアにおけるコンテンポラリーアートマーケットの更なる発展と拡大のため、2008年に北京にMizuma & One Galleryを、2012年にシンガポールのギルマンバラックスにMizuma Galleryを開廊した。批評精神に溢れた作家を世界に紹介するとともに、ジパング展等の展覧会を積極的にキュレーションし、その活動の幅を広げている。著書に『アートにとって価値とは何か』(幻冬舎刊)、『MIZUMA 手の国の鬼才たち』(求龍堂刊)がある。

凸版印刷株式会社(とっぱんいんさつ かぶしきがいしゃ)

1900年創業。1990年代から、印刷テクノロジーで培ったデジタル画像処理技術やカラーマネージメント技術、立体形状計測技術を核に、文化財の高精細デジタルアーカイブに取り組んでいる。さらにデジタルアーカイブデータの公開手法としてVR技術を用いた「トッパンVR」の開発に取り組むなど、新しい文化財の鑑賞手法の開発も行なっている。近年では、デジタルアーカイブデータを用いた多ジャンルのゲストによるトークイベント「VR Visionary Talk」もシリーズ展開。先端技術を活用した、現代ならではの文化財の魅力発信を行なっている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像